この記事では、アフィリエイトの作業が便利になったり、リサーチに使えるツールを紹介していきます。

ぜひ使いこなして、たくさん稼げるようになってくださいね。

サイト管理・チェックツール

GRC(無料版)

GRCとは、自分のホームページが検索エンジンで検索すると何位で表示されるのかを確認できる検索順位チェックツールです。

無料版の有料版があり、無料版では項目数に制限がありますが、無料版でも十分に活躍するツールです。

Google、Yahoo、Bingでの順位が確認できます。

使い方は簡単で、ソフトをダウンロードし、自分のホームページのURLと順位を確認したい検索ワードを登録すればいいだけです。

アフェリエイトで稼ぐためには、検索順位は非常に重要になります。

検索順位が高ければ高いほどアクセス数が増えていきますので、常日頃自分のホームページの順位をチェックしましょう。

GRC

Google サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

Google サーチコンソールとは、自分のホームページがGoogleにどのように評価されているかがわかる無料ツールです。
Googleのクローラーのみ対象とはなりますが、今やGoogleは検索エンジンの再大手ですので、アフェリエイトで稼ぐためのSEO対策には必須のツールと言えるでしょう。

SEOでは、対象のホームページがGoogleにどう認識されているかが重要となります。

サーチコンソールは様々な機能があり、どのようなキーワードで訪問されているかのチェック、外部リンクの詳細確認、再クロールの申請など様々なことが可能です。

その分それぞれの使い方を覚える必要がありますが、どの機能も自分のURLを登録して使うことになり、かなり詳しく使い方が乗っているヘルプがありますので、それを参照にして使うようにしましょう。

Google サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

構造化データ テストツール(Google)

構造化データとは、検索エンジンやクローラーがよりホームページの内容をしっかりと理解できるようにタグ付をしたものです。

構造化データ テストツールを使い手順に沿ってサイトを更新すれば、簡単にGoogleがサイト内の情報をしっかりと認識できるようになります。

SEOで重要なことは、閲覧した人が理解できるかはもちろん、検索エンジンやクローラーが内容をしっかりと認識できることが重要になります。

そのため構造化データをしっかりと意識してホームページを作成しなければなりません。

構造化データテストツールにURLもしくはHTMLを入力すればそのページで設定した構造化データが正しく設定されるかを確認することも可能です。

Googleの無料ツールなのでもちろんGoogleに効果がありますが、別の検索エンジンにも一定の効果があるでしょう。

構造化データ テストツール(Google)

PageSpeed Insights(Google)

PageSpeed Insightsは、Googleの無料ツールの一つで、携帯端末やデスクトップ端末向けのホームページのパフォーマンスを測定できます。

サイトのパフォーマンスを0〜100までのスコアで判定します。

そのためPageSpeed Insightsでのスコアが低ければパフォーマンスが低いということになりますので何かしらの対策が必要になるのです。

アフェリエイトで稼ぐためには、携帯端末からのアクセスも考えなくてはなりません。

PageSpeed Insightsでは携帯端末向けのページのパフォーマンスも確認できますので非常に便利です。

一般的にスコアが85以上であれば高いパフォーマンスと言えますので、スコア85を目指しましょう。

PageSpeed Insights(Google)

AMPテスト(Google)

AMPテストとは、Googleで公開されているサービスで、AMPが自分のサイトで正しく実装できているかを確認できる無料ツールです。

AMPとは、簡単に言うとホームページを閲覧する時に早く表示させる仕組みです。

オープンソースで公開されているフレームワークに沿ってモバイルサイトを作成することで、Googleの検索結果からリンクを開くときの表示速度を早くすることができるのです。

アフェリエイトに直接的に関わってくるわけではありませんが、表示速度があまりにも遅いと読み込み途中で切断してしまう人も多くいるかと思いますので間接的には十分な効果があるでしょう。

アフェリエイトで効率的に稼ぐためにはこういった細かな気配りも重要になってきます。

AMPテスト(Google)

GTmetrix

GTmetrixは、自分のサイトがどれだけ効率化されているかを確認できる無料ツールです。

面倒な登録などもなく、調べたいサイトのURLを入力するだけで、そのサイトがどれほど効率化されているかがわかります。

どのような項目で時間がかかってしまっているかなどの詳細もでてきますので、サイトの高速化に非常に役に立つでしょう。

しかし、このツールは全て英語表記となっているため少し使いにくい部分もあります。

英語が苦手の方であれば、サイト内にある簡易の翻訳ツールを使ったり、使い方を解説してくれているサイトもありますので参考にしながら使いこなしましょう。

SEOでは、サイトの高速化は重要な課題の一つとなっています。

そのため、アフェリエイトでも重要になってくるのです。

GTmetrix

競合調査・SEOツール

ahrefs

ahrefsは、対象のサイトがどのようなキーワードで検索上位で表示されているのかを調べたり、どのページからリンクを獲得できているのかを調べたりすることができるツールです。

当たり前の話ではありますが、自分のサイトのアクセス数を増やすたい場合は、似たようなサイト、ようは競合サイトがどのようなキーワードで検索されて表示されているのかを知ると非常に参考になります。

また、SEOでは被リンクが重要視されているため、自分のサイトがどのページからリンクを獲得できているかというのも非常に有益な情報でしょう。

他にも、競合サイトや自分のサイトの把握しにくい情報を確認できるのがahrefsというツールなのです。

使い方も非常に簡単で、検索窓に調査したいドメインまたはURLを入力し条件を選択するだけです。

ahrefs

MOZ Open Site Explorer

MOZ Open Site Explorerは、無料の会員登録をすれば利用できる被リンク確認ツールです。

アフェリエイト稼ぐために重要な要素であるSEOで、関連性のあるサイトからの被リンクは非常に重要です。

自分のサイトよりも検索順位が上位であるサイトがどの程度被リンクされているか、または、どのようなサイトから被リンクされているかを知ることにより、自分のサイトと比較をすることができます。

MOZ Open Site Explorerでは、被リンクの一覧リストや「.com」「.jp」などの信用度が高いドメインからの被リンクの割合、被リンクされているアンカーテキストなど、被リンクに関する様々な情報を確認することができます。

URLを入力するだけで情報を見ることができますので気軽に使うことができます。

MOZ Open Site Explorer

Majestic SEO

Majestic SEOも、ahrefsやOpen Site Explorerなどと同じく無料で使える被リンク調査ツールです。

Majestic SEOを利用するにはユーザー登録をする必要がありますが、無料版もあります。

有料版では、シルバーからプラチナまでの段階があり、解析可能な被リンク数の上限やレポートの質などが変わってます。

被リンクの増減を視覚的に確認することができ、検索順位と合わせて確認をしていくと被リンクによってどれだけ検索順位が推移するのかがわかるため、被リンクの重要性を確認するためにも使える便利なツールです。

Majestic SEO

SimilarWeb

SimilarWebは、競合サイトのアクセス情報を確認することができるツールです。

無料版と有料版があり、調査できる項目に違いはありますが、無料版でも十分に有益な情報を調査できるツールです。

無料版で確認できる項目でも、アクセス概要、訪問前と訪問後のサイト、検索のトラフィック、など様々な項目を確認することが可能です。

使用方法は、ユーザー登録後ログインをして、調査したいサイトのURLを入力するだけです。

英語での表記とはなりますが、必要となるのは調査項目と結果のみですので、翻訳サイトや使用方法を解説しているサイトを参考にして利用しましょう。

SimilarWeb

ドメインチェック

WayBackMachine

WayBackMachineは、URLを入力するとそのサイトの過去のページを保存することが可能です。

自分が使用するドメインが以前どのようなサイトで使われていたのかを確認することがあります。

多くのサイトの過去を保存することができますが、中にはデータがなかったり、見られないようにすることも可能ではありますので、全てのサイトの過去が見られるわけではありません。

ドメインの調査は非常に重要なもので、自分が使うドメインが以前悪用されていたのもなどの場合はアフェリエイトにも影響がでてきます。

アフェリエイトで稼ごうと思ったら、自分が使っているドメインにも気を配りましょう。

WayBackMachine

aguse

aguseは、サイト情報検索ツールで、URLを入力すればそのサイトがどのようなサイトかをアクセスする前に調べることができます。

本来は、フィッシングサイトであるかどうかやウイルス対策として使用するのですが、ドメイン調査にも使用することができます。

URLを入力すると、様々な調査結果が出てきます。サーバー証明書やまIPアドレスはもちろん、最終更新日やマルウェアも検出することが可能です。

使用方法は、調査したいURLを入力するだけですが調査に多少の時間がかかります。

無料で使用できるツールで、使用方法も非常に簡単なので、アフェリエイトを行う際のドメイン調査に利用しましょう。

aguse

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェックは、対象のドメインがブラックリストに載っていないかチェックができる無料ツールです。

アフェリエイトを初めて、いくらSEO対策をしていても、使用しているオールドドメインがブラックリストに載っていると検索順位が一向に上がらず、アクセス数も稼ぐことができません。

理想は、ドメインの契約前に、そのドメインがブラックリストに載っているかどうかを確認した方がいいですが、すでに契約をしてしまっている場合でも、自分のサイトの検索順位がいつまでたっても上がらない場合は、念のためチェックしておいたほうがいいでしょう。

ドメインがブラックリストに載ってしまう原因は様々ありますが、過去に違法サイトのドメインとして使われていたりするとドメインがブラックリストに載ってしまいます。

その場合は、クローラーにはじかれてしまいますので検索順位が上がらなくなってしまうのです。

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

ドメイン年齢

ドメイン年齢は、その名の通り、対象のドメインの年齢を確認できる無料ツールです。

ドメインの年齢はSEOに大きく影響します。ドメインの年齢が、古ければ古いほど検索順位が上がりやすくなるのです。これからホームページを立ち上げようと思いオールドドメインの購入を考えているのであれば、必ずそのドメイン年齢を確認することをおすすめします。すでにドメインを購入済みであったとしても、自分の使用しているドメインの年齢がどの程度であるかを確認しておけば相対的に検索順位が上がらない理由がわかるかもしれません。使用方法は簡単で、URLを入力するのみとなっており、一度に20個まで調べることが可能です。

アクセス解析

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、WEBアクセス解析ツールの一つで、無料で使える高性能なツールです。

自分のサイトの訪問数、アクセスされている時間、どのようなキーワードで検索されているのか、リアルタイムでの訪問数、アクセスされている地域、アクセスされている端末の種類、など様々な情報を確認することが可能です。自分の情報を解析することによってより効率的にSEO対策をすることができます。

Googleアナリティクスは様々な機能があり、使用する際は多少なりとも知識が必要になってくるツールではありますが、使いこなせばアフェリエイトで稼ぐ際に非常に助かるでしょう。

無料版と有料版があり、扱うデータ量の制限などが変わってきますが無料版でも十分に活躍します。

Googleアナリティクス

THK Analytics | 国産最高峰の無料アクセス解析プログラム

THK Analyticsは国産最高峰の無料アクセス解析プログラムです。

自分のサイトのアクセスを詳しく解析することができます。

THK Analyticsは、PHP+MySQLで動作するサーバーインストール型となっています。

そのため使用には多少インストールなどの準備が必要となってきますが、インストールもそれほど難しいものではありませんし使い方も直観的に使えますので使いこなすまで時間はかからないでしょう。

ビジュアル的に非常に見やすいグラフで表示をしてくれるため閲覧や管理がしやすいという特徴があります。

もちろん、無料で使用することができ、広告なども表示されないため評価がとても高い無料ツールの一つです。

THK Analytics

Ptengine

Ptengineも、無料で使えるアクセス解析ツールですが、他のアクセス解析ツールにはないヒートマップ機能という機能がついています。

ヒートマップ機能とは、自分のサイトを閲覧しているユーザーがそのサイトのどの部分を熟読しているのかを色を付けて視覚的に確認できる機能です。

仕組みは、マウスの動きを追跡して、マウスのログからどの部分を見ているのかを解析、解析したデータを視覚的に見やすくしているのです。

サイトを見ている人の目は、80%以上の確率でマウスと同じところを見ていることが実証されているそうで、

マウスの動きを見れば見ている人の視線を確認できるということになります。

これがわかれば、自分のサイトのどの部分に力を入れればいいのか、注目してもらいたいところはしっかりと見てもらえているのかを確認することができます。

Ptengine

サイト設計

Cacoo(カクー)

Cacoo(カクー)は、ホームページを作成する際の初期段階で、ワイヤーフレームを作成することができる無料ツールです。
Cacoo(カクー)はインストールが必要なくWEBブラウザでワイヤーフレームを作成することが可能なため、非常に簡単にワイヤーフレームを作ることができます。

自分でホームページを作ったはいいけどデザインがうまくいかない、まとまらないなどで、ホームページの見た目が悪くなっていることもあるかと思います。

そのような場合、デザインの初期段階であるワイヤーフレームを作成する時点で失敗してしまっている可能性があります。

アフェリエイトで稼ぐためには、ホームページのデザインも重要です。

なかなかうまくいかない場合は、一度Cacoo(カクー)を使ってワイヤーフレームから見直してみるのもいいかと思います。

Cacoo(カクー)

Xmind

Xmindは、無料で使用できるマインドマッピングツールです。

マインドマッピングとは、トニー・プザンという人が提唱した、自分の頭の中で起こっていることを視覚化するノート術の一種です。

基本は紙の中心に主題を書いてそこから放射上に付随するキーワードを書いていきます。

これをすることによって、紙の中心に書いた主題について考えがまとまったり、アイディアを出しやすくなったりする効果があります。

Xmindは、そのマインドマッピングをさらに気軽にできるようにしたツールです。

ホームページを作る時はさまざまなアイディアをまとめなければなりませんので、頭の中だけで考えていると混乱してしまいます。

そのため、Xmindを使い効率的にマインドマッピングをすると考えがまとまりなにか新しいアイディアが浮かぶかもしれません。

Xmind

デザイン作成補助ツール

ScreenPresso

ScreenPressoは、無料で使える画像加工ツールです。

今まで、Skitchという無料の画像加工ツールが非常に人気でした突然windowsがサポート対象外となってしまいました。

そこで新たに人気が急上昇しているのがScreenPressoです。

加工の機能は13種類あり、画像に様々な注釈をつけることができます。

矢印、テキスト、枠線、ナンバリングなどの注釈を簡単につけることができますので、ホームページを作成している人やブロガーに大変人気の無料ツールです。

しっかりとしたホームページを作成するためには画像の加工はかかせません。

ScreenPressoを使えば簡単に、画像加工ができるためアフェリエイトでも活躍するでしょう。

ScreenPresso

キーワード調査

グーグルサジェストキーワード一括ダウンロードツール

アフェリエイトで稼ぐということはアクセス数を稼ぐということです。

アクセス数を稼ぐためには多くの人に見てもらえるホームページを作らなければなりません。

そのために重要なことは、インターネットで検索する人はどのようなキーワードで検索をしているのかです。

せっかく特定のキーワードでの検索順位が上位になったとしてもそのキーワードを誰も検索してくれないのでは意味がありません。

そこでグーグルサジェストキーワード一括ダウンロードツールが活躍します。

グーグルサジェストキーワード一括ダウンロードツールは、Googleで表示されるサジェストを一括でダウンロードすることができるため、任意のキーワード入力すれば、そのキーワードがどのようなキーワードとセットで検索されているかがわかります。

それに合わせてホームページを作成して、検索順位をあげることができれば閲覧数が爆発的に増えるでしょう。

グーグルサジェストキーワード一括ダウンロードツール

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールは任意のキーワードを入力するだけで、Gogleサジェスト、Yahoo知恵袋、教えて!Gooの三つより情報を取得して関連ワードを表示してくれます。

関連キーワード取得ツールはインストールの必要もなくWEB上で確認できるため非常に気軽に使用することができます。このツールを使用すれば、関連キーワードを確認できますので、インターネットで検索をする人がどのようなことに興味があるのか、どのようなキーワードで検索するのかがわかります。

使い方も任意のキーワードを入力するだけですので、ホームページを作成する際、SEO対策のためテキストや検索ワードを再考する場合などとりあえずこのツールを使ってみるといいでしょう。

関連キーワード取得ツール

KOUHO.jp

アフェリエイトで稼ぐためには多くのアクセスを稼がなければなりません。

そのため、最大手のGoogleやYahooの検索エンジンだけではなく、様々な検索エンジンを視野に入れてホームページを作成すると非常に有利です。

KOUHO.jpはGoogleだけではなく、様々な場所でのよく検索される関連キーワードを確認することができます。Amazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、はてな連想後、Yahoo知恵袋、Twitter共起語の関連キーワードを確認することが可能です。

どの関連キーワードを調べたいのかを選び、任意のキーワードを入力するだけで調べることができます。

検索結果の関連キーワードは五十音順で表示されますので、大量の関連キーワードでも見やすくなっています。

KOUHO.jp

共起語検索

SEOで意識しなければならないことの一つとして共起語というものがあります。

ようするに関連キーワードのことなのですが、簡単に説明すると、特定の言葉の後によく使われる単語です。

SEOにおいては関連キーワードやサジェストとほぼ同じ意味になります。

自分が作るホームページのキーワードの後にどのような言葉で検索されているのかを知ると、よりSEOを意識したホームページ作成ができます。

共起語検索という無料ツールを使えば、ブラウザ上でGoogleとYahooの検索でどのような共起語が使われているかを一括で調べることが可能です。

共起語検索

類語辞典シソーラス

類語辞典シソーラスは、人気のキーワードを同義語や同意語を検索することが可能な無料ツールです。

アフェリエイトのためにホームページを作るときは、どのキーワードで検索されると自分のホームページが検索結果に表示されるかが重要になります。

そのため、自分が検索してほしいキーワードと同じ意味を持つ言葉でも検索結果に表示されるようにできれば検索数をさらに稼ぐことができます。

類語辞典シソーラスで検索し、同じ意味で違う言い方の言葉を把握し対策をすればSEOのキーワード対策になるでしょう。

使い方も、検索バーに入力するか、五十音順で調べていくだけなので非常に簡単に調べることができます。

類語辞典シソーラス

Googleトレンド

アフェリエイト目的でホームページを作る場合、どのようなホームページを作ればいいか迷うかと思います。

いかに自分の得意分野であっても、マニアック過ぎるとそもそも検索する人が少なくなり、アクセス数を稼ぐことができません。

そのため、多くの人が関心のあることをテーマにホームページを作成することが重要です。

Googleトレンドというキーワード調査ツールを利用すると、国や地域ごとのトレンドを確認することができます。

任意のキーワードのトレンドの確認、急上昇しているキーワードの検索、キーワードの年間ランキングなどを調べることが可能です。

Googleトレンド

Yahoo!急上昇ワード

Yahoo!急上昇ワードはYahooで検索されている人気キーワードを調べることができるキーワード検索ツールです。

GoogleトレンドではGoogleでの検索のみに限られますので、Googleトレンドと併用して利用するのがいいでしょう。

Yahoo!急上昇ワードでは、急上昇ワード、つぶやき、画像、動画、人物というジャンルごとにキーワードを確認できるほか、デイリーランキング、ウィークリーランキング、マンスリーランキング、と期間ごとのランキングも確認可能です。

大手検索エンジンと言えば、GoogleとYahooです。GoogleトレンドとYahoo!急上昇ワードを併用すれば、今のトレンドをしっかりと把握できるでしょう。

トレンドを把握した上でホームページを作成すれば、何も考えずにホームページを作るよりも、アフェリエイトにおいて劇的に有利になります。

Yahoo!急上昇ワード

OMUSUBI(おむすび)

OMUSUBI(おむすび)は、任意のキーワードを入力すれば、選択した検索エンジンのサジェストでマインドマップを自動で作ってくれる無料ツールです。

例えば、Googleを選択し「おむすび」というキーワードを入力すると、おむすびにつながるサジェストがマインドマップとして出てきます。

サジェストは一つのキーワードから何個も枝分かれしますので多少把握が面倒な部分がありますが、OMUSUBI(おむすび)であればマインドマップとして表示されますので、非常に簡単にサジェストの枝分かれを把握することが可能です。

表示可能サジェストは、Google、YOUTUBE、Amazon、Bing、Dailymotion、Wikipediaから選ぶことができますので、OMUSUBI(おむすび)複数のサイトでよく検索されているワードを確認可能です。

OMUSUBI(おむすび)

goodkeyword

goodkeywordは、任意のキーワードの関連キーワードやサジェストを調べることができる無料ツールです。

Google/Bingサジェスト、Googleサジェスト、マルチサジェスト、楽天サジェスト、GooglePlayサジェストの中から選択をして、検索バーに任意のキーワードを入力し検索ボタンを押すだけで結果が表示できます。

検索結果で出てきた関連キーワードをクリックすればさらに掘り下げることも可能です。検索結果の右側に小窓がついており、結果をコピーできるようにもなっていますので、保存したい場合はここからコピーをして保存しておくことが可能です。

関連キーワードを把握しておくことは、アフェリエイト目的のホームページ作成においては必須とも言えますので、goodkeywordを利用してきっちりと把握の上ホームページを作成しましょう。

goodkeyword

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、ホームページ作成の際のキーワード選定に役立つ無料ツールです。

2016年に、大幅な仕様変更があり、無料版ではかなり制限がかかってしまうようになりました。

しかし、制限がかかったといってもまだまだ使える無料ツールです。使い方は、調べたいキーワードを入力するだけです。

調べたいキーワードを入力すると、そのキーワードがどれだけ検索されているかやそのキーワードの競合性を確認できます。

競合性の高いキーワードを使いホームページを作成してしまうと、同様のキーワードを使い多くのホームページが作られているということになりますので、それだけ検索順位で上位を獲得することが難しくなるのです。

キーワードプランナー

Yahoo!公式ラーニングポータル

アフェリエイトで稼ぐためには、いち早くトレンドを感知し、どこよりも早くトレンドに合わせたホームページの作成をすることが一番の近道です。

すでに多く検索されているキーワードでホームページを作成しても競合サイトが多くなかなか検索順位を上げられません。

逆に、誰にも検索されていないようなキーワードでホームページを作成して上位を獲得してももちろんアクセス数を稼ぐことはできません。そのようなときに便利なツールがYahoo!公式ラーニングポータルです。

Yahoo!公式ラーニングポータルは、これから検索数が上昇するキーワードを予測している記事が公開されています。これから、アクセス数を稼げるホームページを作ろうとしている場合は、Yahoo!公式ラーニングポータルを参考にしてみるのも一つの手段でしょう。

Yahoo!公式ラーニングポータル

日本の行事・暦

日本の行事・暦は、文字通り、月ごとに日本で行われている行事を確認できる無料ツールです。

一見、アフェリエイトと関係ないようにも見えます。

しかし、検索数を稼ぐためにはタイムリーな話題でホームページを作ること一番なのです。

長くアフェリエイトを行っているとネタが尽きてしまうこともあるでしょう。

そんな時は日本の行事・暦を見て、今またはこれからどのような行事があるのかを再確認してみると新たなネタが見つかるかもしれません。

日本の行事・暦ではかなり細かな行事まで確認ができ、行事はもちろん、旬の食材、咲く花、行事とは言えないが一般的に家で行われていることも確認できます。

日本の行事・暦

ウォーカープラス

ウォーカープラスは、現在のトレンドニュースを確認できるサイトです。

こちらも、アフェリエイト目的のホームページ作成において重要なトレンド把握ができるサイトです。ネタ探しとして見てみるといいでしょう。

特に、今週開催される注目の祭りやイベントを確認することができるのが非常にネタになります。

祭りやイベントは年代に限らず関心があることになりますので、閲覧数を稼ぎやすいでしょう。

また、地域別にニュースやイベントを閲覧できることも非常に便利です。ネタ探しのために、自分が住んでいる地域のイベントに参加してみるのもいいですし、地域ごとに分かれていると情報を整理しやすいでしょう。

ウォーカープラス

まとめ

アフェリエイトで使える無料ツールをいくつか紹介しましたがいかかでしたでしょうか?

全ての無料ツールを使いこなすのはなかなか難しいかもしれませんが、どれも便利なものになります。

同じような目的で使用されるツールも多いので、一度一通り使ってみて、自分に合った無料ツールを見つけ出すのがいいでしょう。