「Autoptimize」は、ワードプレスのHTML、CSS、javascriptといったプログラムを縮小・最適化してくれるプラグインです。


PageSpeed Insightsでサイトの表示速度を計測すると、

修正提案として以下のものが表示されることがあります。

  • JavaScript/CSS を排除する
  • JavaScriptを縮小する
  • CSSを縮小する
  • HTMLを縮小する



こいつらを「縮小・最適化」してれるプラグインです。


分かりやすいように”プログラム=言語”とイメージしてみるといいかもしれません。

このプラグインを入れていない状態は、「人間が読みやすい言語」で書かれています。

しかしサイトを表示させるとき、プログラムは人間が読むのではなく、機械が読むのもです。


Autoptimizeを入れると、「人間にとっては読みにくいけど機械にとっては読みやすい言語」になって速く読んでくれるというわけです。

そういう理由からサイト表示速度も速くなります。


設定はとっても簡単。

「Autoptimize」で検索して、有効化、HTML、CSS、Javascriptの3つにチェックを入れるだけです。

Autoptimizeのインストール

左メニューのプラグインの「新規追加」をクリックします。




キーワード入力欄に「Autoptimize」と入れて検索をして、「インストールボタン」をクリックします。




「インストールボタン」をクリックすると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリックします。

Autoptimizeの設定方法

クリックすると画面が切り替わり「Autoptimize」が表示されます。
「設定」をクリックします。




HTML、CSS、JavaScriptの3つにチェックを入れ、「変更を保存」をクリックします。


※このキャプチャでは日本語表記になっていますが、英語表記の場合でも、同じ配置になっていますので、
それぞれチェックを入れてください。




以下の画面のように「設定を保存しました」と表示されれば「Autoptimize」の設定完了です。

これでサイト表示速度が上がります。

お疲れ様でした!

WordPressのサイト速度を上げるプラグイン設定方法一覧

Autoptimizeの設定方法
Lazy Loadの設定方法
EWWW Image Optimizerの設定方法
W3 Total Cacheの設定方法
WP-Optimizeの設定方法
JetPackの設定方法