Social Media Blog Ideas Concept

多くの人が取り組んでいるブログ。情報発信を行うツールではなく、アフィリエイトなどを通して収益を得ることもできます。そんなブログを盛り上げ、多くの人に読んでもらうブログにするために欠かせないのが「画像」や「写真」を掲載することです。

しかし、ただ適当な画像を掲載していては、人は引きつけられませんし、著作権を無視して転載するようなことがあれば違法になります。

そこで今回は、ブログに画像を掲載すべき理由と注意点をご紹介。最後にブログ向けに画像をダウンロードできるおすすめサイトもご紹介します。

ブログの記事に画像を入れるべき理由

ブログを書いているけれど、文字だけで特に画像は入れていないという人もいるでしょう。きっと画像を入れる必要性を感じていないからと思われます。

しかし、多くの人に読んでもらい、再度ブログに訪れ、購読してもらうようにするためには、ブログの記事に画像を入れることは欠かせません。その理由としては、次の3つが挙げられます。

理由1:視認性を高めることができる

訪れたユーザーが自分のブログを読むとき、何か探し物をしている可能性もあります。そんなとき、適切な画像があれば、パッと見て認識しやすいという「視認性」が高まります。

例えば、何か目新しいスイーツを探しているユーザーがブログに訪れたときに、スイーツの画像が掲載されている記事を一目見ただけで「私の求めていた情報だ!」ということが分かります。そうすれば記事の本文も読んでもらいやすくなるでしょう。

理由2:記事のイメージを掻き立てる

同時に、画像は識別に役立つだけでなく記事イメージもかきたててくれます。自分が今読む記事はどんな内容なのか文字で読む前から感覚でつかめます。

理由3:特に女性読者を引き付けることができる

女性は読む記事を決めるときに、「可愛い」「かっこいい」「美しい」画像にまず着目し、読むかどうか判断する傾向があるといわれています。女性向けの記事であれば、ますます画像は洗練されたものが必要になってくるでしょう。

 

このことから、ブログ記事に画像を掲載することは、多くの人を引きつけ、記事を読んでもらうことができる可能性が高まるというメリットがあるのです。

画像を使う際の注意点

とはいえ、画像をブログに使用や投稿するときには次のような注意が必要です。

1.著作権侵害にならないようにする

他人が撮影した画像、制作したCGをはじめとした著作物を、ブログに無断で掲載及び加工、編集をすると著作権侵害に当たります。掲載したい場合、著作者に許可を得るか、使用料を支払う必要があります。
また、著作権侵害だけでなく、そこに移っている人物の「肖像権」にも注意しなければなりません。肖像権とは、顔や体などの容姿を無断で利用されない権利です。

2.「引用」するならルールを守って行う

「引用」なら他人の画像をアップロードしてもいいのでは?と思うかもしれませんが、それはある一定の条件の下に許されています。画像を引用する場合、出典を明示しているか、必要不可欠かどうか、必要な範囲内かどうかなど、さまざまな条件を満たす必要があります。画像によってはそもそもの引用が完全NGとなっている場合もあるので注意が必要です。

3.素材サイトからダウンロードするときはライセンスに注意

基本的に、ブログに掲載する画像は、自分で撮影した写真素材やイラスト、画像素材サイトの画像を利用するのが一般的です。しかし、注意が必要なのは、素材サイトの画像だからといってすべてが掲載できるとは限らないことです。

それぞれの素材サイトには利用規約として「ライセンス」が定められており、中には「商用利用は不可」「クレジット表記が必要」といった場合もあります。画像サイトごとによくライセンスや使用方法を確認してから使用しましょう。

おすすめフリー素材サイト4選

最後に、おすすめ無料写真素材の画像サイトをご紹介します。いずれもライセンスを自分の目で確認してから利用するようにしましょう。

pixabay

https://pixabay.com/ja/
すべての画像と動画のライセンスは、「Creative Commons CC0(=著作権フリー)」となっており、ファイルのダウンロード、改変、配布、および使用を自由に行えます。商用利用もOKです。

タダピク

http://www.tadapic.com/
商用利用OKで、クレジット表記も不要の画像素材が探せる検索エンジンです。今現在、全38サイトの横断検索ができます。念のため利用するサイトのライセンスは確認しておきましょう。

ぱくたそ

https://www.pakutaso.com/
商用利用可能、かつ無料で利用できます。ロイヤルティフリーでクレジット表記や利用報告も不要です。

photoAC

https://www.photo-ac.com/
こちらも商用利用可能で、無料、クレジット表記や利用報告も不要です。登録が必要なことと検索とダウンロードに回数制限があるので注意してください。

まとめ

ブログの記事には、ぜひ記事に合った魅力的な画像を掲載しましょう。画像利用には十分に注意し、著作権侵害などにならないようにしてください。無料の素材サイトであっても、何でもOKというわけではなく、利用規約の範囲内においての利用が認められています。ぜひ確認して十分理解した上で利用しましょう。