「EWWW Image Optimizer」は画像を圧縮してくれるワードプレスのプラグインです。

画像の容量が大きいとそれだけサイト表示は遅くなります。
その画像を圧縮し容量を少なくすることで、サイトの表示速度を上げることができます。

このプラグインを導入後は、アップする画像が自動で圧縮されていきます。
また、このプラグインのいいところは、過去にアップした画像も一括で圧縮してくれることです。

インストールも使い方もとっても簡単です。

早速導入手順を解説していきます。

「EWWW Image Optimizer」のインストール

左メニューのプラグインの「新規追加」をクリックします。



キーワード入力欄に「EWWW Image Optimizer」と入れて検索をして、「インストールボタン」をクリックします。



「インストールボタン」をクリックすると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリックします。



クリックすると画面が切り替わり「EWWW Image Optimizer」が表示されます。

アップ済みの画像を圧縮・軽量化する

まずは、既にアップロードされている画像を圧縮・軽量化しましょう。

左メニューの「メディア」にカーソルを合わせると、
「一括最適化」、もしくは「Bulk Optimize」が表示されます。それをクリックします。



「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。



スキャンが終わったら、「最適化を開始」をクリックします。

英語表記の場合、「最適化を開始」⇒「Start Optimzing」となっています。



画像の最適化が終わるまでしばらく待ちましょう。



「完了」が表示されたら既存の画像の最適化は終わりです。

「今後アップする画像」を最適化していくための設定

次は、「今後アップする画像」を最適化していくための設定を行います。

左メニューの「プラグイン」にカーソルを合わせ、「インストール済みプラグイン」をクリックします。



「設定」をクリックします。



タブが4つ表示されるので、左から2番目の「高度な設定」を選択します。
「無効にする pngout」にチェックを入れます。

英語で書かれている場合は、

「高度な設定」⇒「Basic Settings」
「無効にする pngout」⇒「Remove metadate」

となっています。



一番下に「変更を保存」ボタンがあるのでクリックします。



次に「変換設定」のタブで「コンバージョンリンクを非表示」にの箇所にチェックが入って入ればOKです。

英語表記の場合、

「変換設定」⇒「Advanced Settings」
「コンバージョンリンクを非表示」⇒「disable pngout」

です。





最後に一番下の「変更を保存」ボタンがあるのでクリックします。

これで「EWWW Image Optimizer」の設定は完了です。

今後画像をアップロードすると、自動的に「EWWW Image Optimizer」が画像を圧縮し軽量化してくれます。

これでサイトの表示速度が速くなります。

お疲れ様でした!

WordPressのサイト速度を上げるプラグイン設定方法一覧

Autoptimizeの設定方法
Lazy Loadの設定方法
EWWW Image Optimizerの設定方法
W3 Total Cacheの設定方法
WP-Optimizeの設定方法
JetPackの設定方法