ネットビジネスは、人気のあるお小遣い稼ぎ・副業の一つです。ブログで、月10万円以上、人によっては、月100万円以上稼ぐ人もいます。

もちろん、何も考えずにブログを立ち上げ、新しい記事を更新し続けるだけでは稼ぐことは難しいです。稼げるブログに成長させるためには、稼げる書き方で記事を作成していく必要があります。

 

ブログで稼ぐためには、SEOのキーワード対策が不可欠である一方、読みやすい文章であるかも重要です。

つまり、記事全体の構成力や内容の濃さなど読み応えがある記事で、かつWebコンテンツとして良質な記事とGoogleが判断してくれれば、検索順位で上位を狙えます。

 

例えば、ブログの記事ページ内で、ある商品を紹介するとします。そのブログ記事の情報をきっかけとして、広告主のサイトでユーザーに商品を購入させられるような文章をライティングできるでしょうか?

 

実際にSEO対策やWebマーケティングなども考慮して、良質な記事を書き上げようとしても、なかなかできるものではありません。ある事柄を分かりやすく説明する文章には、きちんとしたテクニックがあるからこそ簡単ではないのです。

 

ライティングの上で意識するべきこと

・検索意図を意識する

検索エンジンでキーワード検索をする人には、情報を検索する意図があります。知りたい情報や、買いたい商品などがこれに該当します。コンテンツ制作では、そうした意図を汲み取るのが大事です。

 

そうでないと、検索意図とそれを解決してくれるコンテンツとの間に食い違いが生じ、読み手が記事から離脱し、読まれない・稼げないコンテンツになってしまいます。検索上位に表示させるのも大切ですが、ユーザーの知りたい情報を踏まえた内容を書くのも心がけるべきことの一つです。

 

・わかりやすい説明を心がける

同時に、説明が解りやすいかどうかも重要になってきます。検索ユーザーの意図をよく理解できていたとしても、伝えるための文章テクニックがないために、わりづらい文章になってしまっては意味がありません。

 

意図を理解し、それに即した記事構成と文章の記事作成をすることが、コンテンツSEOになります。これこそが、上位表示に最も効果を発揮する内部対策SEOであり、コンテンツマーケティングの極意でもあります。

 

また、テキストだけではなく、画像や動画を用いたほうがよい場合があります。つまり、文字情報だけではわかりづらいなと感じたら、必要に応じて、図解をするのもコンテンツ制作において重要です。

 

例えば、エクササイズの方法を解説する場合は、動画で見るほうが動きを把握しやすいですよね。

動画を使用するときは、テキストを動画の解説や補足説明として併用すると有効です。がユーザーにとって、参考になる情報を掲載しているサイトがある場合は、アンカーテキストを使って、参照元サイトへのリンクを設置してあげるのもおすすめです。

こうした工夫が、わかりやすい説明につながり、ひいては稼げる記事につながっていきます。

 

・代名詞を多用しない

文章がわかりづらくなってしまう原因に、代名詞の多用が挙げられます。

「これ」や「それ」で文章を構成することは避け、具体的に「それ」が指し示す単語に差し替えるとわかりやすくなります。

しかも、代名詞に気をつけるだけで、SEOキーワードを記事内に複数回含めることも可能。

 

もちろん、同じ代名詞を何回も使えばくどい表現になり、かえってわかりづらくなる場合もあります。読みやすさを考慮しながら、適宜、代名詞をキーワードに置き換えて文章を構成していきましょう。

 

・見出しタグを利用して整理された文章を意識する

見出しタグの活用が、SEOに効果があると耳にしたことはあるでしょう。

見出しタグは、SEO効果だけではなく、読みやすい文章を構成することにも有効です。段落ごとに見出しを設けることで、文章全体が整理され、読みやすくなります。文章がだらだらと続かないよう、段落をわけてメリハリをつけましょう。

 

・タイトルの文字数とkw(キーワード)を挿入する

検索ユーザーが最初に見るのは、記事(ページ)のタイトルです。

現在、タイトルが30文字程度ならば、ほぼ省略されずに検索結果に表示されます。32字以上になるとそれ以降が省略され、「…」と表示されます。

 

せっかく作ったタイトルが省略されてしまわないよう、30字を一つの目安にしてタイトルを作成するといいでしょう。

さらに、タイトルにキーワードを含めることも忘れてはいけません。集客に利用したいメインのキーワードをタイトルに入れると、それだけでSEO効果が見込めます。

記事を上位表示させるために、記事のメインテーマになるキーワードや関連キーワードを1つ~3つ選び出します。

そのキーワードを使って、ニーズを満たすタイトルを作成してください。検索意図と理解し、SEO対策もされたタイトルは、その情報を求めるユーザーにとって良質な記事として認識されやすくなるでしょう。

 

読みやすい文章を心がけることが第一歩!

Googleのアルゴリズムは日々改良され続け、ユーザーと検索エンジンにとっての優れたコンテンツは一致しつつあります。

 

検索ユーザーが読みやすいと思う文章を書くことが、SEO集客に成功することにつながるという意味です。SEO対策キーワードも重要ですが、同時に読みやすい、わかりやすい文章が求められます。

 

SEOライティングの方法がどうしてもわからなければ、専門の講座やセミナーに参加するのもいいでしょう。ライティング講座・セミナーは、コラムやエッセイ、初心者向けなど、ジャンルは様々です。講師や内容をチェックして、自分の求めるテクニックが少しでも学べる講座に参加してみましょう。