初心者のブロガーが、ブログ運営を始めるうえで必要となるのがSEOに関する知識。SEOのノウハウを理解することは必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

とはいえネット上には憶測で書かれたSEO情報が溢れている状況にあり、初心者にとっては何が正しくて何が間違っているのかがわかりづらい状況です。

 

でも、Googleが提供している『webmasterofficehour』や『海外SEO情報ブログ』というブログを参考にすれば問題ありません。SEO対策のことで理解できずに壁にぶち当たったときや、正しいSEO情報を必要になったときに、強力な味方になってくれるでしょう。

 

正しいSEO情報はどこで仕入れるべき?

パソコンだけでなく、スマホやタブレットといった携帯端末の普及によって、幅広い世代の人々が日常的にインターネットを利用している現在。

 

利用者はインターネットの上級者から、あまり詳しくない初心者までさまざま。でも、上級者でも初心者であっても、ほぼすべての方が最初に使うのが検索エンジンなのです。

 

日本での検索エンジンのシェアは、YahooとGoogleだけで90%以上とも。そのYahooも現在ではGoogleの検索エンジンを使用しているので、Googleの検索結果を利用していると言っても過言ではありません。

SEOの正しい知識を身につけるために、最初に行うべきことはGoogleから発表される情報のチェック。

ネットに溢れている2次情報ではなく、あくまでもGoogleオリジナルの情報に目を向けましょう。

 

周知のこととは思われますが、Googleは収益の大半を広告収入から得ています。ネットユーザーの信頼と広告主からの受注拡大のために、スパム対策や関連性の低い検索結果を必死に削除することに日々務めているのです。

ブログについても、Googleはその良し悪しを判断して、クオリティーの高い検索結果をユーザーに届けようとしています。

 

これらはすべて、Googleのポリシーである「ユーザーに役立つコンテンツを高評価する」という考え方がベースになっています。

この先、Googleがどんなに新しい情報をリリースしようとも、ポリシーが変わることはありません。ですから、正しいSEO対策のためには、まずはGoogleのポリシーをきちんと理解とておくことが大切なのです。

 

SEOの知識を身につける方法

webmasterofficehour

『webmasterofficehour』とは、Googleの社員が、イベントページ上に寄せられたユーザーからの質問に答える動画のことです。

ユーザーと Googleとの間で情報交換を行うといったコミュニケーションの場でもあり、ブログ初心者のみならず最新のGoogle事情について気になる方々にとっても有益なツールといえます。

 

定期的に動画はアップされていて、ウエブ上にはかなりの量が公開されています。SEO対策についての基礎的な知識を身につけたいという方にとって、わかりやすくて楽しい内容になっていますので、ぜひともチェックしてみてください。

 

海外SEO情報ブログ

SEOに特化したブログとしては、日本でも3本の指に入るほどのアクセス数があるという『海外SEO情報ブログ』。

SEOを中心にコンバージョン率アップ、ユーザーエクスペリエンス最適化、アクセス解析などをテーマとして、SEO業界で有名な鈴木謙一氏が2007年1月に開設。2012年11月には2000記事に到達しました。

Googleからの発表をメインに形成されていて、更新頻度も高いので、価値のある新しい情報の収集におすすめです。

 

小手先に惑わされずにGoogleの声を聴こう

ブログ記事を書き続けていくうちに、誰もが「SEO対策したけれども、思うように効果が表れない」「SEO対策にはいろいろな方法があって、正解がどれなのかがわからない」などという疑問を持つ機会もできてくるでしょう。

 

その原因はSEOの本質を理解していないからだと思われます。本質を理解することなしに、ただやみくもにSEO対策に手を出しても、絶対にいい結果が出るはずがありません。

 

昨今のSEO対策は、かつてのようなな小手先のテクニックで行うものではなくなっています。対策をしっかりと立てて、作り込んでいかなくてはいけません。

そうして初めて結果となって表れるものなのです。SEOの本質をきちんと理解できていれば、SEO対策が可能になります。そのためにはGoogelの理念を理解することが先決なのです。

 

つまりGoogleの考え方、理念を理解できているかが、正しいSEO対策の重要なポイントとなります。大切なのは小手先のテクニックではなくGoogelの声。

Googleのメッセージをキャッチする姿勢を忘れずに、ユーザーのためになる素敵なコンテンツを作り続けることを心掛けてください。