僕は外注サイトや外注業者さんを使って記事を依頼しまくっています。

もう何年も依頼しているし、いろんなところに依頼しているので軽く100万円は越えています。

 

今回、ずっと気になっていたShinobiライティング」に依頼してみました。

 

「1文字1円で100記事が最短3日で納品」ということで、早く記事がほしかったのとできれば安く済ませたかったので、お願いしてみることにしました。

 

依頼はエクセルのフォーマットに記入するだけでOKでとてもカンタンでした。

次に審査があり、支払いをして執筆という流れです。

納品は支払いをした翌日に納品されたので、早くて驚きました。

 

しかし、納品されたものはダメダメでした。

 

ダメな理由は

・誤字脱字がある

・字数稼ぎのために普通ではない表現が多い

・内容も素人が適当に書いたもの

 

だったからです。

 

SEO効果をうたっていますが、おそらく検索エンジンに評価はされにくいと思います。

上位表示は…うーん難しいんじゃないでしょうか。

 

こんな記事にお金は払いたくなかったので修正依頼をしたところ、

「安く請け負うためいかなる理由があろうとも修正はしない」ということでした。

 

言い換えると「どんな低品質な記事でも修正しません」ということで「安かろう悪かろう」と言っているわけです。

 

そもそも、こういった記事作成代行業者は、素人さんを集めてプロのライターに育て、記事のディレクションをするのが仕事です。

 

しかし、Shinobiライティングは安さと早さにこだわったばかりに、その両方が手薄な印象です。

44万人もライターが在籍しているらしく、44万人を教育してディレクションすることは不可能です。

 

マニュアルを渡して、最低限のチェックで納品するしかないでしょう。

 

しかも広告を使って誰彼構わずライターを募集している印象もあります。

よくよく考えれば、100記事を3日で納品できる時点で、このことに気付くべきでした。

ライターさんの当たり外れもありますが、全てダメダメだったので。

 

というわけで僕はお金をドブに捨ててしまったわけですが、一番のおすすめはクラウドワークスランサーズなどの外注サイトです。

 

安価で自分の思った通りの記事を書いてくれます。

2,000文字を数百円で書いてくれ、さらに上位表示も可能です。

 

ただ、指示や教育ができる人ではないとちょっと厳しいですね。

 

 

ある程度記事のイメージが決まっている、という人は「記事作成代行ドットコム」がいいでしょう。

 

担当者さんのレスポンスも早いし、指示が甘くても、こちらの意図を汲んでくれるような記事を作成してくれます。

 

過去に依頼した記事が、狙ったワードで上位表示されていますのでSEO的にもよいでしょう。

 

難点は、1文字2円なので安くはないこと、納期が3週間あることです。

 

高くて納期も遅いけど高品質な記事が欲しい方にはおすすめですね。

 

Shinobiライティングに依頼した他の人のブログを見ると、同じようにあまりよくない結果だという評判になっていました。

逆に「すげーいい記事が納品された!」「質の高い記事だった!」と言っているブログはアフィリエイトブログなので、報酬目的で高評価を書いているわけであまり信用できないですね。

 

Shinobiライティングは、とにかく早く大量に記事が欲しい方に適していると思いますが、ダメダメな記事を大量に投入してブログ評価される時代は終わりを迎えつつあるので、長い目で見るとおすすめはできません。

 

※この記事は誹謗中傷を目的としているわけではなく、体験談を記載しているだけです。また、記事の良し悪しは個人の見解もあります。僕以外の人はよいと評価するかもしれません。

SEO効果については僕なりの意見ですが、最終的に判断するのはGoogle等の検索エンジンですので、僕の主張は一つの意見として捉えてくれるとありがたいです。