「WP-Optimize」はWordPressのデータベースを自動クリーンアップ&最適化できるプラグインです。


ワードプレスを運営していると、データベースにゴミが溜まっていき、ごちゃごちゃになっていきます。
そうするとサイトの表示速度が遅くなってしまいます。

そいつらを片付けてくれるのがこの「WP-Optimize」ちゃんです。


使い方も簡単なので、早速インストールしてゴミを掃除してサイト速度を上げましょう。

WP-Optimizeのインストール

左メニューのプラグインの「新規追加」をクリックします。




キーワード入力欄に「WP-Optimize」と入れて検索をして、「インストールボタン」をクリックします。



「インストールボタン」をクリックすると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリックします。




クリックすると画面が切り替わり「WP-Optimize」が表示されます。
「最適化」をクリックします。

WP-Optimizeでどれだけ軽くなるかが確認

タブが4つタブが4つ現れます。
「テーブル情報」は最適化することでどれだけ軽くなるかが確認できます。
「データサイズ」が現在の容量で「インデックスサイズ」が最適化後の容量です。

WP-Optimizeでデータベースを最適化(お掃除)する方法

「WP-Optimize」タブを選択します。
赤枠で囲った箇所をクリックすることで、一括・個別で最適化が可能です。

今後自動でデータベースを最適化させる設定方法

次は今後自動でデータベースを最適化してくれるよう設定します。
以下と同じように設定して「変更を保存」をクリックします。

これで完了です!
常にデータベースがキレイな状態になります。

お疲れ様でした!

WordPressのサイト速度を上げるプラグイン設定方法一覧

Autoptimizeの設定方法
Lazy Loadの設定方法
EWWW Image Optimizerの設定方法
W3 Total Cacheの設定方法
WP-Optimizeの設定方法
JetPackの設定方法