アフィリエイトは、会社員の副業に最適であることをご存知でしょうか。アフィリエイトは、時間や場所に縛られず、初期費用も安く済むビジネスであるので、会社に拘束される会社員でもとても取り組みやすいビジネスです。

 

1.会社員の副業にアフィリエイトがぴったりな理由

以下では、会社員の副業にアフィリエイトがぴったりである理由を5つご紹介します。

1-1.初期費用がかからずローリスクで始められる

アフィリエイトは、初期費用をかけずにローリスクで始めることができるビジネスです。何かビジネスを起こす場合、少なからずリスクが伴うものであり、この点が会社員の仕事と大きくことなります。そのため、会社員の方のなかには、リスクを恐れて副業に手を出せない方も多いでしょう。

しかし、アフィリエイトは在庫を抱えることはなく、サイト作成も無料で行えるので、金銭的なリスクを背負うことはありません。強いてあげるならば、一銭も稼げずに記事執筆、サイト作成にかけた時間を失うリスクはありますが、アフィリエイトに取り組んだ経験は決して無駄になることはないので、リスクはほぼないと考えてよいです。

なお、有料ブログや自身でサーバーをレンタルしてサイトを構築する場合でも、コストは年間1万円以下に抑えられるので、家計の負担にはなりません。

1-2.本業で培った専門的な知識を活かせる

アフィリエイトでは、本業で培った専門的な知識を活かせます。たとえば、会社員の方は、自身の職場、業界の実情をよく知っているので、その情報を発信していけば、とても有益なサイトを作成できます。

業界の情報、その分野ならではの専門知識を発信できるのは、専業アフィリエイターにはない強みになります。一日の時間をすべてアフィリエイトに捧げることができる専業の方たちには敵わないと思っている方もいますが、会社員という強みを活用すれば、十分戦っていけます。

1-3.時間的な拘束が少なく本業に差し支えがない

アフィリエイトは、時間的な拘束を受けることがほとんどないため、本業に影響を与えるといったことはありません。

アフィリエイトでは、初めにサイト構築を行い、後はひたすら記事執筆をこなしていきます。この記事執筆作業は、時間的な制約を受けることがなく、自分で作業時間を調節できます。もちろん、気が向かない日は執筆しなくてもよいです。また、いつ作業するのかもとくに制限はありません。

このように、アフィリエイトは、会社員の仕事のように就業時間が決まっている訳ではないです。そのため、アフィリエイトの作業量を適度に調整すれば、本業でもこれまでとおりのパフォーマンスが出せます。

1-4.ネットビジネスの基礎を身につけられる

アフィリエイトは、リスクが小さく、実践を通してネットビジネスの基礎を身に付けたい方にとてもおすすめです。

アフィリエイトは、難しい知識が無くとも気軽に始められるビジネスですが、実はとても奥深く、ビジネスに必要なさまざまなスキルが鍛えられます。

たとえば、ブログのジャンル選びや、執筆する記事の内容の選定には、市場の需要を読み解く力が必要になります。これは、いわゆるWebマーケティングの力を鍛えることに直結します。また、記事を書くには、タッチタイピングのスキル、HTMLやCSSなどの知識、人を惹きつける文章力などが必要であり、アフィリエイトに取り組んでいると、これらの力が自然に身に付きます。

1-5.ブログ記事を書く力は本業に活かせる

アフィリエイトでブログ記事を書いていると、自然とWeb業界に詳しくなり、パソコンの扱いも上達します。パソコンのスキルは、本業にも活かせるものであるので、アフィリエイトで培った能力は無駄になることはありません。

アフィリエイトで本業に関係した情報を発信している人の場合、記事を作成する際に自分のなかにある知識の整理を行います。そして、その整理した知識を記事としてアウトプットします。この一連の作業は、本業に関する知識を深めることに繋がるので、とても有益です。

2.会社員が副業としてアフィリエイトを始める方法

アフィリエイトを始める際に行う手続きは、どれもとても簡単です。下記では、アフィリエイトを始める方法をご紹介します。

2-1.ブログのジャンルを決める

ブログでアフィリエイトを始める際に最初に行うのがジャンル決めです。ジャンルを決めずに雑記的なブログを書く方もいますが、ある程度知名度のある方でなければ、そのようなブログで集客することは難しいです。そのため、会社員の方がブログアフィリエイトを行う場合は、何かしらの専門性を持ったブログにするのが基本戦略です。

ブログのジャンルを選ぶ際は、「知識が豊富にある分野」「自分が興味のある分野」「稼げる分野」の3つを意識して選ぶとよいです。

アフィリエイトには、金融系、美容系、転職系など稼げるとされているジャンルがいくつかあります。これらのジャンルは、大手企業なども参入しており、競合が強いですが、切り口を変えれば副業アフィリエイターでも稼ぐことは十分可能です。

会社員の方の場合、本業に関する知識が活かせるジャンルを選ぶのがおすすめです。なぜなら、本業で得た知識は、ほかのアフィリエイターにはない強みになるからです。自分の持つ力はなるべく活かす方向で進めていきましょう。

自分の興味のあることをブログのジャンルに選べば、楽しく記事を執筆できるので、途中で挫折することを防げます。しかし、自分が好きなジャンルが稼げないジャンルであると意味がありません。自身の興味関心をジャンル選定の最優先事項に置くのは控えましょう。

2-2.サイト・ブログを開設する

ブログのジャンルが決まったら、次にサイト、ブログを開設します。ブログは、有料、無料のブログサービスを利用する方法、もしくは自分でサーバーをレンタルして作成する方法の2つに分類できます。

ブログサービスを利用する場合は、会員登録を行うだけでブログが作成できます。お手軽に始められるので、デザインを凝ったものにしない方はこちらで十分でしょう。

サーバーをレンタルして構築する場合は、ブログ構築をすべて自分で行うことになるので、少し面倒です。ただし、アレンジ性に優れているので、オリジナリティ溢れるサイトが作成可能です。好みに応じて使い分けるとよいでしょう。

2-3.ASPに登録して広告リンクを取得する

アフィリエイトを行うにはASPへの登録が必須です。ASPとは、広告主とアフィリエイターを繋ぐプラットフォームのことであり、アフィリエイターたちは、ASPから広告リンクを取得してアフィリエイトを行います。

ASPはいくつか存在しますが、どれも登録作業は簡単です。画面の指示に従って必要事項を入力すれば、誰でもお手軽に登録が行えます。

2-4.ブログ記事を執筆して投稿する

広告リンクを設置するには、ブログ記事を執筆する必要があります。記事の内容は基本的に自由ではありますが、誤った情報や、誇張が行き過ぎた表現にならないよう気を付けましょう。

2-5.記事に広告リンクを貼り付ける

記事の執筆が完了したら、記事のなかに広告リンクを貼り付けます。広告リンクを貼り付ける場所や数に決まりはないので、自分の好きなように貼り付けることができます。

ただし、貼る場所や広告の量によって、クリック率が変わってしまうことがあります。そのため、適当に貼り付ければよいという訳ではありません。ほかのサイトを参考にしながら、さまざま貼り方を実践して、どこが一番よいのかを自分なりに研究しましょう。

3.会社員が副業としてアフィリエイトを成功に導くコツ

アフィリエイトにはいくつかコツが存在します。ここでは、副業アフィリエイトを成功に導くコツをご紹介します。

3-1.自分が得意でライバルが少ないジャンルを選ぶ

副業アフィリエイトで稼ぐには、自分が得意でライバルが少ないジャンルを選ぶことです。会社員の方の場合、本業の仕事が自分の得意分野であることが多いので、その分野のジャンルに参入するのがよいでしょう。もちろん、それ以外に得意とするものがあるのならば、そちらを選んでも構いません。

ライバルが少ない分野に参入するというのもとても重要です。大手企業やトップアフィリエイターがひしめき合うジャンルに副業アフィリエイターが参入しても、これらのサイトを押しのけて上位表示されるのは困難です。ゆえに、ライバルの少ない穴場を見つけ出し、そこで勝負するようにすべきです。

もちろん、ライバルが少ないジャンルは、その分稼げる額も少ないです。しかし、月数十万円が限界であっても、副業として考えれば十分でしょう。なお、ライバルが多い分野であっても、切り口を変えたり、一部分に的を絞ることで副業でも稼ぐことは可能です。

3-2.自分に合ったブログの開設方法を決める

ブログサービスには、無料のものと有料のものがあります。それぞれ一長一短であるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

無料ブログの利点は、お金がまったくかからないところです。無料ブログであれば、始めようと思えば今からでもアフィリエイトを行えます。ただし、機能が制限されたり、広告が表示されたりするので、使い勝手が少し悪いです。

一方、有料ブログでは、広告が表示されることはなく、無料ブログよりもさまざまな機能を扱うことができます。また、独自ドメインを設定できる会社もあります。有料ブログにかかる費用は、年間数千円程度であるので、本気で稼ぎたい方は検討してみましょう。

3-3.複数のASPに登録して稼ぎやすい広告を探す

ASPごとに広告単価が異なる場合があります。当然、広告単価の高いASPから広告リンクを取得したほうがお得なので、1ヶ所だけではなく、複数のASPに登録するのが得策です。

また、ASPごとに扱っている案件が異なるので、複数のASPに登録しているほうが、幅広い商品、サービスを紹介することができます。なお、基本的にASPへの登録は無料なので、費用の心配はいりません。

3-4.記事の執筆を日々のルーティンに入れる

副業アフィリエイトを成功させるコツは、記事の執筆を日々のルーティンにしてしまうことです。アフィリエイトでは、とにかく記事を執筆し続けることが大切です。なぜなら、ある程度記事を執筆しないと、SEO的に弱く上位表示されないからです。

また、記事の量が少ないと、サイト分析に必要な情報が不足するため、サイトの改善、研究といったことがまともに行えません。ゆえに、初めのうちはひたすら記事を書き続けなければなりません。

この記事を書き続ける作業は、人によっては大きな苦痛になります。さらに、アフィリエイトではすぐに成果が表れないこともあり、それが原因で多くの人が途中で挫折します。

途中で挫折しないために大切になってくるのが、記事執筆の習慣化です。習慣化してしまえば、作業の苦痛は和らぎます。習慣化するコツとしては、決まった時間に執筆する、入浴後に執筆するなど、自分なりにルールを設定してあげることです。こうすることで、迷うことなくすぐに作業に移れるようになります。

4.会社員が副業としてアフィリエイトを始める際の注意点

ここでは、アフィリエイトを始める前に知って欲しい注意点をご紹介します。

4-1.成果が出るようになるまで時間がかかる

アフィリエイトは、普通のアルバイトのように始めたその月から報酬が得られるようなものではありません。どんなに多くの作業時間を投下しても結果が反映されるまでに最低3ヶ月~半年はかかります。

そのため、すぐに稼げるようになりたいと全力で作業をすると、長続きしません。収益をあげるまで1年くらいはかかると考え、長いスパンでサイトを成長させていく心構えで望みましょう。

4-2.記事を書き続けるには忍耐が求められる

記事を書く作業は思いのほか大変です。とくに、文章を書きなれていない人の場合、1,000文字程度の記事を執筆するのに数時間かかってしまうこともざらにあります。この作業を毎日続けるとなると、それは大きな苦痛であり、決して楽な副業とはいえません。

記事執筆を継続させるためには、やはり好きなジャンル、興味のあるジャンルを選ぶことが大切です。もちろん、好きなジャンルがアフィリエイトに向いていない、稼げないジャンルである場合は別ですが、そうでないのならば、なるべく自分の好みに合ったジャンルを選ぶようにしましょう。

4-3.収入を得た場合は確定申告を忘れずに

アフィリエイトでの収入が20万円を超えた場合は、確定申告が必要になるので注意しましょう。確定申告とは、毎年1回、自分の収入を各自治体に申告する手続きです。この申告を基に納税額が決定します。

確定申告を怠ると、後から追徴課税を請求されるので、たとえ収入が少なくても申告手続きは怠らないようにしてください。

4-4.就業規則で副業禁止とされている場合

会社の方針によっては副業が禁止されている場合があります。会社の規則を破ってアフィリエイトを行うと、後々トラブルに発展する恐れがあるので、会社の就業規則は事前に確認するようにしてください。

副業が禁止されている場合は、アフィリエイトは諦める、もしくは転職するなどの選択が考えられます。また、上司に相談して許可を取るという方法もひとつの手です。

【まとめ】アフィリエイトは毎日コツコツと継続することが大切

会社員の副業にアフィリエイトが向いている理由とアフィリエイトの始め方、成功させるコツ、注意点をご紹介しました。アフィリエイトは、初期費用が少なく、時間に縛られることもないので、本業の傍らでも取り組むことも十分可能です。

しかし、楽に稼げるという考えは捨てるべきです。アフィリエイトで稼ぐためには、毎日コツコツと作業を続けることが必須です。そのことを理解したうえで、副業として取り組みましょう。