ビジネスで成功するために必要なことは、

人に”購入”という行動をしてもらうことです。

それは、リアルビジネスであろうが

ネットビジネスであろうが変わりません。



人の心理要素を刺激して購買意欲を高める

ビジネス心理テクニックを上手く使えば、

人は購入という行動を起こしてくれるようになります。



アフィリエイトであればコピーライティングに用います。



稼いでいるアフィリエイターたちは、

意識的にこのようなビジネスで使える

心理テクニックを使って文章を書いています。

これから紹介するビジネス心理テクニックを使えば、

あなたがもしアフィリエイト初心者であろうが、

すでに稼いでようが、今より多くの金額を稼げるようになるはずです。



この記事では、購買意欲を掻き立て、購入を促すために使える心理学をまとめました。

このテクニックを使えば、見込み客はあなたの商品に飛びつくでしょう。

ぜひあなたのアフィリエイトのコピーライティングに活かして大きく稼いでください。

あなたがこの記事をきっかけに売上げアップのお役に立てれば嬉しいです。

アンカリング効果



アンカリング効果とは、最初もしくは同時に提示された特定の特徴や数値(価格)、情報が印象に強く残ってしまい、意思決定や判断に影響をおよぼす傾向のことです。


例えば、こんなチラシや店頭での価格表示を見かけませんか?


「ビデオカメラ 定価 69,800円」


という価格表示を、 2本の赤線で消し


「特価 29,800円」


と書いてある値札。

「他社は39,800円、当店は29,800円」


と書いてある値札。



普通に「29,800円」と書かれているよりもお得に感じませんか?

つまり、「高いほうの価格」を先に印象づけ、そうすることで購入者に、それを基準として意識させることで、判断に影響を与え、 「お買い得だ」 と思わせることができる心理効果です。

実際のビデオカメラの性能やコストパフォーマンスなどよりも、アンカリング効果を狙って提示された「価格差」に、
意識を奪われてしまうのです。


アンカリング効果を価格に利用する例としては、


「通常価格との比較」

「他社価格との比較」

「メーカー小売希望価格との比較」


があり、これらは店頭表示やネットショップなどでよく使うアンカリング効果の例です。


ここで、アンカリング効果に関する面白い実験をご紹介します。


まずは各人に、3枚のカードから、1枚を引いてもらいます。


3枚のカードには、それぞれ、

「100」、「1000」、「10000」



の数字が書いてあります。


その数字を見た後、1本のボールペンを見せ、その価格を当ててもらうという実験です。


すると、小さな数字のカードを引いた人は低い価格を答え、大きな数字を引いた人は、高い価格を答える傾向があることがわかりました。

そして、興味深いことに、そのボールペンの使用感や品質について感想を述べてもらったところ、小さな数字を引い
た人からは、安っぽい、とか、書き味がよくない、といった評価が多く、大きな数字を引いた人からは、高級感がある、手が疲れない、といった評価があったそうです。


ボールペンの価格とは何の関係もない数字であっても、人の判断にこれだけの影響を与えるのだということです。

バンドワゴン効果

「23秒に1個、売れてます」



「累計10万個突破!」

というようなキャッチコピーを見たことがあると思います。

これは、あなたに、


「たくさんの人が買ってるんだなー」



と思わせるための言葉です。

「いま流行っている、たくさんの人に支持されている、 みんなが持っている、使っている」という意識を消費者に持たせれば、その商品を支持する心理が高まります。


これが「バンドワゴン効果」です。



そして、他商品との比較において、購入者がその商品を選択する可能性が高まるだけでなく、購入後の評価にまで影響を及ぼし、満足感や安心感までもが高まっていきます。


その結果、新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客の満足度も高めますから、リピーターを増やす効果も発揮するわけですね。

3.ザイオンス効果

ある楽曲を何度も耳にしていると、最初は好みじゃなかったとしても、だんだん好きになり、自然に口ずさんだりしてしまう。


また、特に意識していたわけじゃないけれど、よく会う人に対しては、だんだん好意を持つようになる。


人は、何度も見たり聞いたりしているうちに、そのことに対して、親しみを感じたり、よい印象を持ちます。

これを「ザイオンス効果」といいます。


このザイオンス効果は、様々なものに対して起こります。


最初はなんとも思わなかった、図形、漢字、衣服、味、においなどにおいても、視覚や嗅覚、聴覚などで何度も触れ
ていくだけで、だんだんと好印象を持つようになります。

同じものを何度も目にする、CMなどの広告を見ていると、自然にいい商品に思えてきたり、欲しくなってきたりするのは、このザイオンス効果の影響です。


メールによるセールスやマーケティングにも意識して使われますが、あまりにも高い頻度で配信すると、しつこい、とか、一方的だ、などと思われ、スパム扱いをされてしまいますので、注意してください。

あくまでも、接する相手との良好な信頼関係を築くことを目的として、節度を保って活用するようにしてください。

4.スノッブ効果

誰でもいつでも簡単に手に入れることができるものでなく、「自分だけが持っているもの」、「他人とは違うもの」
が現れると、欲しくなるものです。



あなたもきっと、


「レアもの」

「希少品」

「数量限定」


などについ反応してしまうことがありませんか?

逆に言えば、それが一般的でみんなが持っていたり、どこにでも売っていたりすると、購入意欲は減退します。

このような心理現象を「スノッブ効果」と呼びます。


先ほどの「バンドワゴン効果」とは逆ですね。



これは、自分を他人と差別化したい、という心理が働くために起こる欲求です。

ビールやカルピスや食パンなど、「プレミアム」を冠した商品がヒットした例があります。

これは、他とはちょっと違いますよ、というスノッブ効果を、まずは引き金にして、そのヒットが報じられることでバンドワゴン効果が働き、ブームを生み出した事例です。

付け加えれば、次に説明する、「高級感」を訴求するヴェブレン効果も働いていて、「希少性」を訴求するスノッブ効果、「流行」を訴求するバンドワゴン効果の3つの効果を、うまく組み合わせて使うことができている、というわけです。

5.ヴェブレン効果

有名な高級ブランドの高価な時計に憧れを持つ人はたくさんいます。


冷静に考えれば、ただ時間がわかればいいだけの道具なのに、なぜ、そんな高価なものを欲しくなるのでしょうか?



その心理は「ヴェブレン効果」と呼ばれています。

ヴェブレン効果とは、商品の価格が高ければ高いほどそれが欲しくなるという心理的現象です。

それは「必要だから」ということではなく、いわゆる「みせびらかしたい」という自己顕示欲、または、「自分は超高価な時計を身につける人間だ」という自己満足の心理が働くからです。



そのような欲求を持つ人にとっては、価格こそが価値です。


いわゆる高級ブランド品を購入する心理ですね。


商品の使用価値自体ではなく、希少性や、高級感を付け加えれば、価格を高くしたり、購入欲求を高めたりできるわけです。



このヴェブレン効果は、バンドワゴン効果や、スノッブ効果と同様に、外向きの欲求が起こす消費として、効果的な技法です。

6.アンダードック効果

「カープ女子」という女性たちのことをご存知でしょうか?プロ野球チームの広島カープを応援する女性たちのことです。


広島カープはここしばらく優勝から遠ざかり、なおかつ選手たちの年棒がプロ球団の中でも最下位レベル。「だったら私たちが」と応援してあげているうちに、ファンになった女性たちです。


人は、弱い立場や不利な立場にある人を見ると、その人を応援したくなったりします。


地下アイドルの女性たちを応援する男性も同様の心理を持ち合わせています。

そして、その人が一所懸命に努力していれば、その思いが高まって、手を差し伸べてあげたくなります。


このような現象を「アンダードッグ効果」と呼びます。


言葉は悪いですが、アンダードッグとは「負け犬」という意味です。


小学校のマラソン大会で、ビリの子どもが最後まであきらめずに走り続けてゴールを目指す姿には、見ている人たちから、「がんばれー!」と声援が沸き上がります。

また、住宅メーカーの営業で、何回も、何十回も手直しをした設計図面を見せて、「こんなに頑張ってくれたんだ」とお客様に思わせてOKをもらう。


不器用なんだけど、こんなに頑張ったんです、という印象を与えたほうが、スマートに完成品を見せるより、効果を生む場合があるというわけです。

7.ディドロ効果

昔、フランスのある伯爵が、友人から緋色のガウンを贈られました。


伯爵は、そのガウンをとても気に入り、夜、そのガウンを着て、部屋の中でゆったりとした時を過ごす自分の姿をイメージして、とても満ち足りた気分になりました。



しかし、伯爵が部屋の中を見ると、これまでずっと使ってきたテーブルや椅子、そのほかの調度品が、この立派なガウンを着てくつろぐためにはふさわしくないように思え、すべて新しく買い替えてしまったそうです。



このように、これまでと違う理想的なスタイル、例えば、雰囲気、イメージ、デザインなどのものが、新たに入ってきた場合、これまでのものを、その新たなスタイルにあわせて変えていこうとする心理現象が、「ディドロ効果」です。


例えば、エコや節約のスマートな消費志向の人に向けて、しっかりしたものを直販で低価格で届けたり、ちょっと高いけどランニングコストを重視した商品を揃えるとか。


サーフィンを始めた人が、身のまわりのものやファッションに、サーフィンや海に関連するデザインが増えていくとか。

人は意識的にも無意識的にも、自分がどういった人間なのかを周囲に自己顕示しています。

その欲求を刺激するように、このディドロ効果を使って、購入者にアップセルや、レターで商品の提案を行うといい
でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こういった人の心理というものを理解していれば、

人を行動に移すことができ、モノを売るという行為のハードルはぐっと下がります。

一度読んだだけでは、アフィリエイトの

コピーライティングにうまく盛り込むことはできないと思いますので、

何度も読んでしっかりと理解して、

あなたの文章に積極的に取り入れて売上をアップしてくださいね。

あなたにとってお役に立てたのならば嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。