再就職や転職をするなら

34歳、35歳、36歳あたりが限界という説がありますが本当でしょうか?

今よりも良い条件で転職したいなら34歳までに転職した方がよいとも言われています。

35歳、36歳になってくるとわずか1歳、2歳の差なのに求人件数が格段に減って来てしまい、女性の方が男性に比べてその傾向は更に強くなってしまっているようです。

現在の労働市場は売り手市場と言われているにかも関わらず、

どうしてこういう状況が起こってしまっているのでしょうか?

その原因を探ってみたいと思います。

 

売り手市場なのは限定的な現象

ご存知の方も多いと思いますが、先日のニュースで

企業の47%が労働力不足を感じているというショッキングなニュースが発表されました。

この数字だけを見ると、今転職のため就職活動をすれば

仕事は選び放題と思ってしまいそうですが、現実はそうではありません。

 

企業が労働力不足と感じてしまっているのは、

「企業が望む人財が不足している」という状況なのです。

決して転職をすれば引く手あまたで、誰でも望む会社に転職出来るということではありません。

 

つまり、一部の職務に関して

企業が望むスキルに達している人が不足しているということなのです。

現在の転職市場は転職を希望する方全てにとって、

パラダイスのような状況では決してありません。

 

限られた年齢層や限られた職種での人財不足が起こっている状況ですので、

むしろ、転職格差が起こってしまっている状況と言えるのではないでしょうか?

 

転職=企業が望むスキル経験を身に着けること

ご存知の通り、今よりも良い条件で転職をするためには、

企業が望むスキルや経験を身に着けることに努力や労力を費やす必要があります。

 

そうしたスキルや経験を身に着けることが本当にやりたいことであれば良いのですが、

そうでない方にとっては、一種のストレスになってしまう場合もあります。

 

最近では企業のグローバル化が進んで、

「英語力」が以前よりも問われるケースが多くなって来ました。

語学が好きな方や得意な方にとっては苦痛ではないでしょうが、

苦手な方にとってはそれが理由で転職を考えてしまう方もいます。

 

ずっと英語を使う機会がないまま10年以上過ごして来た人にとっては、

かなり厳しい状況になってしまう場合もありそうです。

特に有利な条件で転職するための限界年齢とも言われている34歳前後の方にとって「英語力」は、より良い条件で転職するための必須条件になりつつあります。

 

会社で生き残るための条件

また、転職を考えてはいなくても現在の会社で生き残って行くためには、

会社が望むスキルを身に着けて行くことは重大な前提条件になります。

 

多くの会社が、昇給や昇進時期になると人事考課を行ないます。

人事考課を行なう内容は「会社が必要としているスキルがあって、

会社が期待している効果をあげているかどうか」という点にあります。

 

もちろん、企業というのは利益を上げることが大切ですので、

その目標に向かって経営戦略を立て、実行している訳ですので、

そのために必要なスキルや経験を社員に対して求めるのは当然と言えます。

 

会社員という働き方を続けている限りは

こうした人事考課から逃れることは出来ません。

 

会社が望むような業績を上げることが出来なければ最悪の場合、

現在の職を失ってしまう可能性もあります。

 

ましてや、より高い収入や出世を望んでいる人にとっては、

いわゆる会社好みの人財になる必要があります。

 

けれども、そうした努力をして得られた地位や収入は、

会社を退職すると同時に失うものでもあります。

 

また、会社には決められた給与体系がありますので、

どんなに努力してもその壁を越えて収入を得ることは出来ません。

 

つまり、会社員という働き方は決められた檻の中でしか働くことが出来ないとも言えそうです。

転職限界年齢とも言われている34歳や35歳に差し掛かろうとしている人にとっては、今の会社でこれから先も働き続けるかどうかの決断も迫られている状況に置かれていることになります。

 

会社員では制限や限界を破ることが出来ない

転職を考えるにしても、現在の会社でこれから先も働き続けるにしても、会社員という働き方には、定年退職、給与体系、人事考課等、様々な面で制限を受けてしまう働き方であることに変わりはありません。

 

定年制を設けている会社がほとんどですので、

定年に達したら好むと好まざるとに関わらず職を失うことになります。

どんなに業績を上げて会社に貢献しても給与体系という規定がある限り

その規定を超えて収入を得ることも出来ません。

こうした多くの制限を受けてしまっているにも関わらず

、他に収入を得る方法を見つけることが出来ないために会社員を続けている方も多くいることでしょう。

 

会社が望む人財になるためにスキルを身に着けたり、

ブラッシュアップしたりするために多くの時間や費用を費やしている方もたくさんいます。

そうした努力に対して見合った収入を得ることが

出来て満足しているのなら良いですが、不満を持っている方が多いのも事実です。

自分はこの会社から正しく評価されていると思っている人ばかりなら、

転職関連ビジネスは成立しなくなってしまいます。

 

現実は、たくさんの転職サイトがあり人財紹介会社が存在しています。

中にはより良い待遇を手に入れるために定期的に転職を繰り返している人もたくさんいます。

 

また、働き安さの指標とも言われている新卒者の3年後の離職率はおよそ3割に達しています。

この割合は転職した場合の満足度にも通じるものがあるようにも思えますが、どうでしょうか?

新卒者にとって魅力的でない職場は転職者にとっても魅力的でないように思えます。

 

限界や制限を受けない働き方

それでは、限界や制限を受けない働き方というものはあるのでしょうか?

そのためには、会社員という働き方以外のものを探す必要があります。

 

起業するという方法がありますが、その場合もどういうビジネスを始めるかによって

初期費用が異なって来ますので、慎重に選ぶことが必要になって来ます。

初期費用が少なくて済むビジネスであれば手軽に始めることが出来ますし、

万が一軌道に乗らなくても少ない損失で済みます。

会社を設立してしまうと法人登記をする必要が出て来ますので、面倒な手続きがありますので、まずは、個人で始めることが出来るビジネスが理想ではないでしょうか?

個人で始められて、なおかつ少ない初期費用で始めることが出来るビジネスとして、ネットビジネスをお勧めします。

ネットビジネスであれば取り扱うものによっても異なりますが、

基本的にインターネット環境とPCがあれば気軽に始めることが出来ます。

ネットビジネスの場合は、問い合わせなどのやり取りもネットを通じて行なうことが出来ますので、対象となる顧客は基本的にインターネットにアクセスすることが出来る人全てになります。

インターネットビジネスは、場所や時間による制限を受けませんので顧客になる可能性のある人の母数がとても多いことになります。

 

お勧めのインターネットビジネス〜アフィリエイト〜

インターネットビジネスの中でも、

「アフィリエイトビジネス」はお勧めのビジネスです。

例えばネット販売を行なう場合は、

場合によっては在庫を持つことが必要になったり発送や入金管理を行なったりする必要が出て来ます。

けれども、「アフィリエイトビジネス」は、定期的にブログで文章を書けばOKという手軽さですので、ネットビジネスが初めての方でも気軽に始めることが出来ます。

ブログを書いたことがない方は、出来るかどうか不安に思ってしまうかもしれません。

けれども「アフィリエイトビジネス」にはたくさんの成功者がいますので、そうしたノウハウを知ることが出来ます。

ネットビジネス初心者に役立つ情報満載の資料をゲットすることが出来る無料メルマガに、是非登録してみて下さい。

年齢や収入の制限を受けることの無いネットビジネスの世界に踏み出すチャンスです!