「50歳だけど転職したい」そう考えている方はたくさんいます。

でも難しそうだなと諦めていませんか?

 

50歳からの転職は簡単ではありませんが、ポイントさえ押さえれば決して不可能ではありません。

今までの経験を生かして転職しましょう。

50歳からの転職に必要なことをまとめました。

 

50歳からの転職は決して非現実的ではない

「転職は35歳まで」とよく言われるように40代、50代での転職は本当に難しいです。

中高年になればなるほど若者より仕事の覚えが悪くなる、今までの仕事のやり方に固執してしまうなどの傾向が高まるからです。

 

企業側からすると中高年を雇うより能力や経験はないけれど将来性のある若者を雇う方がコストが低くなります。

その上、50歳で転職をする場合これまでと同じ条件で再就職できるとは限りません。

たとえ就職できたとしても「年収が下がる」「役職がなくなる」などの変化はある程度覚悟しておく必要があります。

 

だからと言って転職をあきらめる必要はありません。

業種によっては、50代を積極的に採用している企業も増えています。

その理由は労働者は減少傾向にあり、多くの業界で人手不足になっていることです。

 

その為若い世代だけでなく40代や50代へのニーズが高まっています。

さらに、新興企業での経営陣の年齢が若いため、実績経験のある経験豊富な人材を起用したいというわけです。

「経験を積んだベテランならではの実績や人脈」を求めて採用を行っているようです。

 

50歳から転職する上で大切なことは「なりたい自分」を明確にして、その上で企業へ貢献できるポイントをアピールすることです。

さらに、今いる環境から1歩飛び出し、様々な人に意見に耳を傾けたり、新しい知識やスキルを学ぶことも大切です。

これは転職活動のアピールポイントにもなるのでしっかりやっておくと自信にもつながります。

 

転職活動の進め方5つのステップ

①転職を決めたら、まず転職理由を明確にしましょう。

ただ単に「会社の将来が不安」「スキルアップをしたいから」という理由だけでは転職は厳しいです。

なぜ今、転職したいのか考えてみましょう。

 

②転職理由が明確になったら次は情報収集をしましょう。

50代の転職は非常に難しいと言われています。

その為、少しのチャンスも見逃さないように、しっかり情報収集しておきます。

駅やコンビニに設置されている求人誌、新聞の折り込みなど様々な媒体を活用しましょう。

 

③50代の転職から異業種に行くことは難しいです。職探しをするうえで不安になっていると「別の業種でもいいかな?」などと思うかもしれませんが、それは避けましょう。

50代の転職はそれまで培ったキャリアやスキルを求められています。

今のキャリアを最大限生かせる企業を探しましょう。

専門知識の中でも語学力やIT系、金融系のスキルを持っている人は、業界で人材が不足しているので採用されるケースが高いです。

 

④転職活動でも近道は人脈です。ハローワークや求人サイト使っての活動はもちろんですが、昔の同僚やお世話になった先輩や仲の良い取引先で働いている方に相談するだけでも道は広がります。

 

⑤今まで培ったスキルを整理して、希望する転職先に合った応募書類を作成しましょう。

自分がこの仕事にどう活かせるか、自分の何が会社の役に立つかをしっかり書きましょう。

 

転職が成功するまでには時間がかかることも

50代の転職は若者世代と違い独自の戦略が必要です。

就職活動で意識したいポイントをご紹介します。

 

【何があっても負けない心】

会社の一歩外へ出てみると厳しい現実を目の当たりにすることが考えられます。

書類選考や面接で思うような結果が出ない状況になる場合もあるかと思います。

この状況は仕事で困難な状況に直面しても粘り強く解決策を探す力は経験を積んだベテランにこそ求められます。

そのような場面に出くわした時に大切なのは折れない心です。これは転職を成功させるうえで重症なポイントです。

 

 

【人間関係を大切にする】

ここでの人間関係とは、たとえ会社を離れたとしても個人で付き合いを続けられる信頼関係のことです。

人との人間関係を築いておくことで思わぬところから転職に結びついたり、新しい仕事をするにあたっての心強い協力者になってもらえることもあります。

 

 

【じっくり焦らず】

焦って転職しても以前と状況が変わらなければいみがありません。

ある程度の期間は覚悟して精神的にも経済的にも余裕を持って就職活動に臨みましょう。

 

 

【家族の理解を得る】

新しい仕事を見つけるまでに時間がかかる場合もあります。

家族に転職を理解してもらうことが大切です。

転職活動や転職後は生活環境が変わるため家族の支えや協力が必要になります。

家族にはしっかり相談や報告をしましょう。

 

 

【正社員で採用される保証はない】

50歳を対象とした公が少ないため正社員での採用枠も少ないのが現状です。

正社員雇用だけでなく契約社員やパートでの雇用も視野に入れて転職活動しましょう。

雇用条件を広げれば採用確率も増えます。

 

 

【柔軟性も必要】

企業は柔軟性も求めています。転勤は可能か、残業や休日出勤は可能かなども求められます。

「転勤はできません」と言った自分の都合を押し通しているとなかなか転職できません。

柔軟性をもって活動しましょう。

 

 

【積極的に行動する】

転職活動は情報収集や応募など自分からアプローチしなければ成功しません。

求人の中には年齢で応募すらできない場合もあります。

それでも魅力的な会社があるならダメ元でも応募してみるくらいの積極性は必要です。

熱意をもって応募してくれているなら面接してくれる企業もあるかもしれません。

 

 

【起業する方法もある】

ある程度蓄えがあり、生活に余裕があるなら独立する方法もあります。

飲食店やコンビニなどのフランチャイズ展開による開業や今までの経験を活かした会社を設立するなどやり方はたくさんあります。

 

 

まとめ

・経験を積んだベテランならではの実績や人脈を求めている企業はたくさんあります。

・まず転職理由を明確にし、情報収集をしっかりしましょう。

・時間がかかっても何があっても負けない心で転職活動をしましょう。

 

50歳からの転職は不安ばかりかもしれません。

しかしこれまでのキャリアを武器にすれば成功の可能性は広がります。

必ず会社に貢献して見せますという意欲をもって転職を成功させてくださいね。