就職活動を始めたら気になるのは「自分が志望している会社はブラックではないか?」という点ですね。

ブラック企業と言う言葉を聞くようになって久しいですが、そのような会社は相変わらず確実に存在しています。

ブラック企業とは?ホワイト企業との違いとは?

幸せな働き方について深く考えている僕が解説していきますね。

ここで改めて確認して、ブラック企業に捕まらないように、意味のある就職活動にしましょう!

 

ブラック企業の見分け方とその特徴5つ

ブラック企業の見分け方と特徴を知れば、こちらから、就職活動の段階でふるいに掛けることができます。
まずは、見分け方と特徴を確認しましょう。

 

・労働環境が悪い、残業が多い、休みが少ない

・給料が安い、残業代やボーナスが正当に支給されない

・セクハラ、パワハラが横行している

 

誰もがよく思いつく特徴だと思います。
でも、これらは実際に採用されて働き出した後に気づくことですね。

 

就職活動中にブラックかどうか判断するポイントは、以下のものです。

 

1) モデル年収が現実的ではない

求人票に掲載されているモデル年収が、極端に高いのは危険です。
高いノルマが達成されたときの金額だ、みなし残業代が加算されている、分かりづらい手当が複数ある、などの理由で、実現が難しい金額を提示されている可能性があります。

初任給が高い場合も同様です。
逆に、給与が低い場合も、昇給が保障されているわけではなく、理想とする生活が成り立つかどうか考える必要があります。

 

 

2) 頻繁に求人広告を掲載している

常に採用活動をしている会社や大量採用を謳っている会社は、人員の入れ替わりが激しい職場だと考えられます。

仕事や労働環境になじめず辞めていく人が多い一方、「また雇えばいい」という企業の思惑が見て取れます。

仕事を教えてくれる先輩も、頼りになる上司もいない状況で働かなければなりません。
加えて、即日採用など簡単に採用される会社も、人員不足で勤務環境が厳しいと考えられます。

 

 

3) 評判・口コミが悪い

会社の名前をネット検索してみて、口コミが出てきたら是非読んでみてください。
それが生の声と思ったほうがいいです。

さらに、悪い口コミに反論があったら少し気にしてみてください。
もしかすると、会社の内部の人が、いい会社に見せかけているのかもしれません。
可能なら会社の近くに行ってみたり店舗やサービスを利用してみると、気づくこともあるでしょう。

情報を読んだり聞いたりすること以上に、自分の肌で感じることも重要です。

 

 

4) 採用担当の反応が悪い

例えば、採用に関する問合せをしたら「電話を折り返します」と言われたとします。
電話がくるまでに何分かかったか、深夜や早朝などを避けて一般的な時間にかかってきたか、通話内容は高圧的ではないか、などの反応が分かります。

企業内の人と直接話をすることで、自分で不快に感じる点がないか、同じ会社で働きたいと思えるか、という判断を自分で下すことが出来ます。

担当者の反応が悪い会社が、丁寧な採用活動をしているとは思えません。

 

 

5) 早朝または深夜に電気がついている

会社の近くを通ってみて、業務内容に対して早朝からもしくは深夜まで人がいる気配がすると、長時間勤務を強いられる会社かもしれません。

もしフレックスタイム制が採用されていた会社だとしても、業界として不相応な時間に会社が動いているということは、将来自分もその時間に働かなければならない状況が起こりうるということです。

 

例えば、いくら午後からの出勤でいいと言われても、果たして終電後も勤務が可能かどうか、など、自分の生活と照らし合わせてよく考えてみましょう。

 

 

この5つのポイントを参考に、その会社で働くことに不安がないか、その会社の採用活動に不満がないか、を感じ取って、ふるいに掛けてみてくださいね。
逆に、一般的にブラック企業とは言われなくても、自分の希望とかけ離れた会社であれば長続きは出来ません。
どのような働き方がしたいか、志望する会社はその働き方が可能か、吟味しましょう。

 

ホワイト企業とブラック企業を比較して見分ける力を身に着けよう

では、ホワイト企業にはどんな特徴があるでしょうか。

1) 法律を遵守している

2) 従業員を大事にしている

3) 従業員も会社を大事にしている

 

当たり前のようですが、これらの点がホワイト企業と言われる特徴として上げられます。

 

以下の質問は、ホワイト企業とブラック企業を比較しやすい点です。

YESと答えられればホワイト企業と言えるでしょう。
実際に働いてみないと分からない点も含まれますが、参考にしてみてください。

 

・勤務時間は守られているか

・休憩はきちんと取れるか

・休日は規定どおり休めるか

・有給休暇は取得できるか

・残業はないか、もしくはあっても残業手当が適切に支給されるか

・給与や賞与などで勤務が正しく評価されているか

・福利厚生は内容が明確か、充実しているか

・社内は清潔か

・研修が充実しているか

・働きやすい仕組みが整っているか、女性に優しい制度があるか

・商品、サービスに独自性や魅力があるか

 

環境や人間関係に恵まれれば多少の困難には打ち勝てる、というのが、私の社会人経験からの感想です。

ブラック同様、ホワイト企業かどうかの判断の自分の感じ方で変わると思いますが、「この人たちと働きたい」「この環境で働きたい」という企業に採用されたいですね。

離職率がポイント!?ブラック企業の定義とは!?

ところで、ブラック企業に、きちんとした定義はあるのでしょうか?

厚生労働省によると、

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

 

これが、厚生労働省のホームページで紹介されているブラック企業の定義の一般的な特徴です。

 

一般的に、ブラック企業は離職率が高いです。

従業員がよく辞めていく会社は、その組織自体に問題があるのに改善される気配もなく、社員を大事に育てることをしない会社です。

つまりそれがブラック企業です。

 

離職率の高低を判断する1つの基準に、就職四季報に掲載されている3年後離職率というものがあります。

これは、新卒入社者のうち3年以内に離職した人の割合を示しており、3割が平均と言われています。

業種によっても異なるので、希望する業種と他の業種または同業種の他社と比較して、離職率の高い低いを判断するのがいいでしょう。

 

もちろん、離職率だけで全てが判断できるものではないですが、ブラック企業かどうかを判断する大きな基準となります。

 

まとめ

1) ブラック企業の特徴を知る

2) ホワイト企業とブラック企業の違いを知る

3) 離職率に注目してみる

 

ブラック企業は正式に定義されてはいませんが、上記のような特徴があることが分かりましたね。

採用された後に後悔することがないように、希望する会社がどんなところか、自分が長きに渡って勤められそうかどうか、十分に考えてベストの就職活動をしてくださいね!