「はぁ~明日から仕事か~」

そう思ってため息が出ることありますよね。

 

週末の夕方から月曜の朝にかけて仕事に行くことがとても苦痛に感じる。

夕方からなんだかだらだらしてしまって、いざ出勤するときも足取りは重い…。

仕事を簡単に休むわけにはいかないですし、どうにか気分を紛らわせることはできないものでしょうか。

 

僕も仕事を始めたばかりのころは仕事に慣れることに一生懸命でそこまで考えることがありませんでしたが、月日が経つにつれいろんな悩みが浮上し休み明けの朝はなかなか起きられないこともありました。

 

週明けがしんどい…月曜日が憂鬱なのは自分だけ!?

実は社会人でも学生でも半数ぐらいの人が月曜の朝を憂鬱に感じているようです。

 

・日曜の朝から「明日は仕事か…」と考え1日憂鬱な気持ちで過ごし、月曜の朝も必死で支度をする。仕事に行ってしまえば仕事に没頭するので考えなくて済むが。

・月曜日は特に忙しくバタバタするので、そのことを考えると暗い気持ちになる。

・休み明けが特に仕事に行くのが嫌でたまらない。

・仕事をすることが苦痛でたまらない。休みの日に仕事のことを忘れようと予定をぎっしり詰め込んでみるがうまくいかない。

 

 

休み明けの仕事に行きたくないという思いが生まれるのは人それぞれで

「仕事内容自体が嫌だ」

「人間関係で悩んでいる」

「週末に仕事で大きな失敗をしてしまった」

「上司にいろいろ言われるのではないか」

「週明けが一番忙しいのでそのことを考えるだけで嫌になる」

 

等本当に様々です。

 

逆に、月曜の朝をスッキリ明るく迎えられる人もいるようです。

では、どうすれば週末も月曜の朝も憂鬱にならずにすむのでしょうか。

 

みんなどうやって乗り切るの!?月曜日の憂鬱に効く対処法

暗い気分で迎えてしまった朝、もう仕事に行かざるを終えませんよね。

では、そんな月曜の朝の対処法を紹介します。

 

 

・あれこれ考えずにとりあえず会社に行ってみる

朝が憂鬱なのは、あれこれ「嫌だな」と考えて色々と想像してしまうから。

「上司に怒られないか」「残業でまた帰るのが遅くなる」…ネガティブなことを考えてしまうからこそ足取りも遅くなります。

 

それならいっそのこと、何も考えず淡々と準備をして電車に乗ってしまうと案外良いかもしれません。

また、好きな音楽をきいたりして、気持ちを紛らわせてみては?

 

・次の休みのことを考える

月曜の朝からもう?!という感じですが、考えるだけでも少しはましな気持ちになるかもしれません。好きなことを考えると気持ちも明るくなりますよね。

次の休みはあれをしよう!

と楽しみな予定を入れてみるとその日向けて前向きな気持ちになれるかもしれません。

 

・早起きして会社に行ってみる

遅く起きてバタバタと準備をし、食事もろくに取らず走って仕事に行く…。

考えるだけでもため息が出そうですね。

それならば、逆に早起きをして余裕をもって準備して、美味しいコーヒーを飲んで普段より早く出社してみると普段は気づかないことに気づけたり、早く会社に来たことが自信になって少し気持ちを紛らわせられるかもしれません。

 

 

・月曜の夕方から楽しみな予定を入れる

月曜を「つらい」「大変」「苦しい」ものと考えているから余計に嫌いになってしまいます。

それなら、月曜の仕事終わりに楽しみな予定を入れるという方法も。

 

習い事は月曜の夕方にしたり、おいしいものを食べに行く、デートをする等気分が上がる予定を入れてそのことを考えてテンションをあげてみることもできますね。

 

そのほか、「朝活をする」「ネクタイやハンカチなど新しいアイテムを用意してみる」「朝ご飯を少し豪華にする」等色々と自分に合った対処法を試されているようです。

 

月曜日を楽にしたい!!おすすめ週末の過ごし方とは!?

実はNGな週末の過ごし方もあるそうです。僕も当てはまるものがあり少しドキッとしましたが、月曜の憂鬱な気持ちはもしかすると休日の疲れが原因かもしれませんよ。

休日に間違った休みの取り方をすると月曜日がより憂鬱になってしまうそうなので、是非、一度おすすめの過ごし方を取り入れてみるのもよいかもしれません。

 

 

【NGな休みの取り方】

・平日の睡眠不足を取り戻そうと、長い時間寝てしまう
ついついお昼前まで眠ってしまいたくなりますがそれも月曜の疲れの原因に。

寝すぎるのは体のリズムを崩し、体調不良につながってしまうことも。

 

 

・休みがもったいなくてついついだらだらと遅い時間まで起きてしまう
いつもよりも遅い時間まで起きていることで次の日の朝に起きるのにたくさんエネルギーが必要になってしまうそうです。

長時間のネット、テレビの使用も睡眠の妨げになり、頭がさえてしっかり眠れなくなってしまうかもしれません。

 

 

・予定を詰め込み過ぎる
せっかくの休みだからと言って予定をたくさん入れてしますと逆に疲れてしまってストレスが溜まってしまうことも。

適度に予定を入れて夜はリラックスするようにメリハリをつけると憂鬱な気分も軽減されるかも。

 

 

【おすすめの休みの取り方】

・土曜は仕事のことを完全に忘れて過ごし、日曜は予定前に月曜の仕事の段取りだけ考える

休みの日にまで仕事のことなんか考えたくない人がほとんどだと思いますが、考えたくなくても1日中どこかで考えてしまっていませんか?

それならあえて、仕事のことを考える時間をとって楽しい時間を過ごしている時にふと思い出したり考えないようにするのも1つの方法かもしれません。

 

 

・体を動かす、運動をしてみる
程よい運動をすることで質の良い睡眠がとれる。激しい運動は交感神経を刺激してしまうので眠りの妨げになってしまうことも。

気分がすっきりする、体力がつくという良い効果もあります。軽いランニングやウォーキング、散歩程度で構いません。さわやかな気持ちになれますよ。

NGな過ごし方とは逆で

「眠る直前にテレビ、携帯などの光を眠る前に見ない」

「カフェインを摂取しない」等、睡眠リズムを狂わせないことや、

 

「夕方から好きな人テレビや映画を見る」

「明るい人、友人と過ごす」等、好きなことをして過ごすというのも有効的なようです。

自分に合った方法を見つけて日曜の夕方から憂鬱な気分を解消できるといいですね。