「人と関わらない仕事ができたらいいのにな……。」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

 

仕事をしなければ生活していけないので、今の仕事を「嫌だから」「人間関係が大変だから」といってすぐに辞めるわけにはいきませんよね。

だからといってたくさん給料をもらっているわけではなく、毎日の出社が憂鬱だと疲れてしまうものです。

 

そんなあなたに朗報です!

 

探せば人と関わらない仕事はたくさんあります。

今の職場にとどまることもできますが、自分から積極的に情報を探して「これだ!」と思うものがあれば飛び込んでしまえばいいのです。

 

この記事を読めば今すぐにでも人と関わらない仕事に向かって行動できるようになります。

ではさっそく見ていきましょう。

この記事が今後の人生を明るくするきっかけになることを願っています。

 
▼このブログの管理人プロフィール


 
⇒プレゼント付きアフィリエイト無料メルマガ講座
 

1.人との関わりが少ない仕事—20選

さっそく、今すぐにでも候補にできる、「人との関わりが少ない仕事」を紹介していきます。

中には「そんなの知ってるよ」というものもあれば、「なにこれ?」というものもあるはずです。

まずは一通りチェックしてみましょう。

 

1-1.工場勤務

・人と関わる度合い/中くらい

作業自体は1人でできるが、ミーティングや朝礼あり

・必要な資格/基本的になし

・お給料/◯

正社員なら安定している

 

正社員として手軽に転職を考えるなら工場勤務があります。

しかし、工場で働けば人との関わりがなくなるわけではないので注意してください。

工場の中でも、ラインで働く流れ作業的な部分や、部品をピックアップするピッキングに携わることで、日中はほとんど人との関わりを避けることができます。

デメリットは、会社や班の一員として動かなければいけない点です。

会社が「会議だ」と言えば参加しなければなりませんし、班で勉強会だと言われれば行かなければいけません。

「いまより少し人との関わりを減らして正社員として働きたい」という人に向いています。

 

1-2.警備員

・人と関わる度合い/少ない

場所によっては複数で仕事をすることになる

・必要な資格/とくになし

・お給料/△

日当〇〇円と募集されることが多い

 

警備員というと、定年退職をした人がするものという印象かもしれませんが、街なかや大きな建物で警備を担当している人をよく見てください。

最近では、けっこう若い人がいますし、女性も増えています。

警備は人と共同で仕事をしなくてもいいため、転職者が多く集まっています。

とはいっても、確かに人と関わらないようにすることができても、仕事先によっては「いつも人に見られる状態」になってしまいますので注意してください。

 

1-3.農家

・人と関わる度合い/少ない

農業協同組合などに属すると、それなりに関わりが求められるかも

・必要な資格/基本的になし

・お給料/△

収穫する作物や規模による

 

一流企業に勤めている人や、ビジネスの最前線にいる人でも足を踏み入れるくらい、農業には独特の魅力があります。

その魅力の中でも大きなものは、「ひたすら大地と向き合うことができる」ことです。

自然のパワーを感じながら、ときには自分ではどうにもコントロールできない無力さも体験し、そんな中で農作物の成長を目にすることができるという、他では味わえない世界です。

早起きして汗をかきながら働くので、健康的な毎日を送る助けにもなります。

とはいっても、雇われで農業をやるとなると、結局は人と関わりながら仕事をしなければなりません。

だからといって自分で農地を買ったり借りたりして大々的に行うには資本と勇気が求められます。

まずは試しに、週末の趣味程度に利用できる小さなスペースを借りて農業体験をしてみるのもよさそうです。

 

1-4.新聞配達

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/バイク配達の場合は原付免許

・お給料/△

最初はバイト感覚。社員としての登用の可能性もあり

 

だれもいない朝の時間に働けて、しかも自分の時間を確保できるとあって、意外と人気なのが新聞配達です。

朝早く起きるのが苦手な人にとっては挑戦になりますが、慣れてしまえば健康的なリズムになって満足できるかもしれません。

新聞配達は副業として行なっている人が多く、朝の配達だけでは生計を立てていくのは難しいと言えます。

新聞一本で生活していくためには、朝刊だけではなく夕刊も配るとよさそうです。

1日に2回の配達や、集金業務などを合わせていくと、それなりの収入になります。

そこまでどっぷりと浸かっていくと、こんどは拡張業務など営業を依頼されることがあるので注意しましょう。

 

1-5.デイトレーダー

・人と関わる度合い/ほぼない

・必要な資格/なし

・お給料/取引の次第による

元本割れのリスクあり

 

株の変動を利用して、毎日売ったり買ったりを繰り返すのがデイトレーダーの仕事です。

絶対に毎日売らないといけないわけではなく、自分の好きなように仕事をすることができそうですが、売り買いのタイミングを間違えると大変なことになる可能性があります。

デイトレーダーになるためには、運用するための資金が必要になります。

加えて、素人が何の知識もなくやってきてどんどん稼げるような甘い世界ではありません。

もしデイトレーダーを目指すなら、いまのうちから株取引の基本をしっかりと身に着けておくことをお勧めします。

 

1-6.ガスや電気、水道の検針員

・人と関わる度合い/ほぼない

・必要な資格/必要なし

・お給料/△

月のうちで仕事日が多くない

 

申し込んでみるとわかるのですが、検針系の仕事の募集にはかなりの人数が殺到しますので、応募してもなかなか当たらないことがあります。

逆に言えば、それだけ魅力的な仕事です。

人との関わりがほとんどなく、しかも時給ではなくて件数でお金をもらえるので、頑張ってまわれば効率よく稼げます。

ただし、どれくらいの仕事量をもらえるかによって収入が変わってきます。

将来的に言えば、どんどんメーター類はスマートメーターになっていきますので、仕事自体は減る傾向にあります。

 

1-7.プログラマー

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/特定の資格というより、技術が必要

・お給料/契約次第で高収入の可能性もあり

 

身の回りのいたるところでプログラミングの需要があります。

そんな中、プログラマーの求人はいろいろなところから出されています。

もちろん、だれでもなれるようなものではなく、「人と関わりたくないから」という理由だけでは成立しません。

プログラミングの世界は進歩のスピードが速く、たとえ専門学校でみっちり学んだとしても、その知識だけでずっと乗り切れるような甘い世界ではありません。

働きながらも勉強を重ねていく状態になります。

企業に属してプログラマーとして働くと、どうしても人との関わりが多くなります。

方法としては、フリーランスのプログラマーとしてクラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注し、それを重ねていく中で活動の方向性を決めていくのがよさそうです。

 

1-8.ハンドメイドの職人

・人と関わる度合い/ほぼない

・必要な資格/基本的に不要

・お給料/売り方や需要次第

 

かつては内職的な要素が強かったハンドメイドですが、いまでは自分の才能をいろいろな場で披露する機会に恵まれています。

クラウドソーシングサービスや、自分の特技を売りに出すサイトを利用することで、それらを求めている人とやり取りをして収入を得ることができます。

意外に思えるものが人気になって、爆発的に売れることもあり得ます。

反対に、どれだけ作ってもほとんど収入にならないことも考えられます。

思い当たる特技があるなら、会社勤めをしている間にチャレンジしてみるとよいです。

 

1-9.内職

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくに必要ない

・お給料/まとまったお金にはなりにくい

 

いまでも内職をする人を募集している会社はたくさんあります。

基本的に、自分の住んでいるエリアで探すことになりますが、自宅まで届けてくれて、決まった日に回収に来てくれます。

電子部品など、細かなものを組み立てて、「1個〇〇円」といった具合の作業になります。

今の会社でもらっているお給料と比較すると、同じだけの金額を内職で得るのは至難の業です。

あくまで人と関わらない仕事の一環として、内職を含めておきました。

 

1-10.治験バイト

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくにない

健康状態や既往症によって断られることがある

・お給料/△

 

1回ごとの報酬で、何度も重ねると体に影響があったり、応募できなかったりする

長く続けるというより、とにかく今の人間関係に疲れて会社をやめたい。当面の生活費をどうしよう…というときに考えることができるのが治験バイトです。

薬の効き目を確かめるなど、新しい薬のデータを取るためにこのバイトが必要とされています。

正確にはバイトではなくボランティアになります。

相応のお金が謝礼として支払われます。

通院では1日につき1万円前後、入院では1日2万円など、薬の種類や拘束時間によって報酬が変わってきます。

投薬の瞬間や検査のとき以外は、人との接触はほとんどなく、自由時間として過ごすことができます。

とらえ方にもよりますが、これから多くの人の命を救うことになる新薬の誕生に貢献できるやりがいのあるお仕事と言えます。

 

1-11.アフィリエイト

・人と関わる度合い/ほとんどなし

・必要な資格/とくになし

・お給料/軌道に乗ればお金の不安から解放される

 

アフィリエイトという言葉は聞いたことがあっても、具体的にはよくわからない人が多いようです。

ビジネスモデルとして正確な定義があるわけではありませんが、いわゆる広告業のようなものです。

自分が運営するサイトやブログに広告を貼って、その商品が売れたり広告が読まれたりすることで収益が発生する仕組みです。

だれでも手軽に始められる一方で、しっかり稼げている人は少ないのが現状です。

逆に、しっかり取り組んでいる人は、会社員時代とは比べ物にならない収益を上げています。

 

1-12.清掃員

・人と関わる度合い/中

・必要な資格/とくになし

・お給料/△

時給や日給のことが多い。それほど給料は良くない

 

大きな建物やお店、閉店後などの清掃を担当します。

とくに経験がなくても始めやすく、求人もたくさんあります。

慣れてしまえば1人で作業できるのですが、それまでは研修として他の人に教えてもらうことが必要になります。

働く場所によっては、その会社の人や担当者からいろいろ指示されたりクレームを言われたりしてストレスがあります。

そのような場合は、孤独な状態で作業できる開店前や深夜の時間帯を選ぶとよいです。

 

1-13.ウェブライター

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/単価による。

慣れていけば作業が速くなったり単価が上がったりして収入が増える

 

紙媒体のライターよりも、いまではウェブ媒体のほうがたくさんの需要があります。

しかも、ランサーズやクラウドワークスなどに登録することで、だれでもライターデビューすることができる時代になっています。

1記事〇〇円などのタスク形式の仕事をこなしていく分には、人との関わりをほとんどなくすことができます。

ただし、タスクをたくさんこなしても、時給に換算するとアルバイトをしている方が割に合うというケースも少なくないので注意してください。

もっと文字単価の良い仕事になると、それなりのライティングスキルや取材、打ち合わせなどが必要になってくることもあります。

 

1-14.トラック運転手

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/大型運転免許など

・お給料/◯

正社員として働ける可能性あり

 

日本の物流を支える仕事です。

荷物をある場所から別の場所へ移動させて、帰りには別のものを引き取ってくる、そんなお仕事です。

荷物を積むときや積み荷をおろして納品するときには人との接触が必要になりますが、運転している間は1人で過ごすことができます。

とくに大型車の場合は長距離が多く、その分だけ荷降ろし等で人と接触する回数が少なくなります。

「運転しているだけで楽」と思われがちですが、思っている以上に腰へ負担がきますし、睡眠時間が不規則になるなど体調面への影響も考慮に入れて決めるべきでしょう。

 

1-15.ポスティングの仕事

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/配る部数と単価による

 

ポスティングは、家庭や会社のポストにチラシやタウン誌を投函するお仕事です。

基本的にチャイムを鳴らす必要がなく、配っている間は自分ひとりで黙々と続けていくことができます。

配布する物を取りに行って、自分の担当するエリアの家や会社に配っていき、指定された方法で報告を送って完了です。

契約によりますが、毎月の仕事量と収入が計算しやすいのがメリットです。

ただ、稀に投函しようとしたときにクレームを言われることがありますし、天気が荒れている日のポスティングには神経を使います。

人との関わりが少ない点では魅力的です。

 

1-16.庭師などの職人になる

・人と関わる度合い/中

修行期間あり。お客さんとの関わりあり

・必要な資格/造園技能士や造園施工管理技士など

・お給料/◯

 

体力がいりますが、「思い返してみると、小さい頃から体を動かすことが好きだった」という人にはチャレンジしてみても良さそうなのが、庭師などガテン系のお仕事です。

単調な作業のように見えて奥が深く、いちど体験すると魅了される人も少なくありません。

資格がなくても働けますし、実務経験を積んでいくことで資格試験に取り組んでみるのもいいでしょう。

ただ、どうしても修行期間が必要になりますので、「だれのもとで働くか」が重要になります。

 

1-17.データ入力

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/△

競争も多く、稼ぐためには量をこなす必要あり

 

パソコンを使ってエクセルなどにデータを入力していくお仕事です。

これまで会社の事務員によって行なわれていた仕事を、アウトソーシングする企業も増えており、その分だけ大量の仕事が市場に流れています。

とくに経験がなくても、クラウドソーシングサービスを利用して始めることができます。

ただし、始めることは難しくなくても、時間の割に稼いでいくためにはある程度のスピードが必要になります。

人と関わらないことを優先したい人、細かな作業が苦にならない人に向いています。

 

1-18.校正の仕事

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/△

 

原稿を一字一句チェックして間違いがないかどうか確認するのが校正のお仕事です。

校正と言っても、新聞や雑誌など、社内に専門のスタッフを抱えているところもあれば、ウェブ媒体の記事などではオンラインでチェックする場合もあります。

校正は基本的に文章、画面と向き合っていることがほとんどなので、人との関わりによるストレスはかなりの程度軽減できます。

その一方で、自分の仕事に対しての責任が大きく、本当に良い仕事ができるようになるまでのプロセスは楽ではありません。

 

1-19.イラスト制作などのクリエーター

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/仕事の受注内容次第で稼げる

 

自分で書いたイラストを、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用して販売することで収入を得るお仕事です。

作業自体は自宅や好きな場所になりますので、人との関わりは自分でコントロールすることが可能です。

もちろん、クライアントとの打ち合わせなどをまったく排除できるわけではないので、多少の関わりは求められますが、フリーランスなら自分の好きな量だけ仕事を受けることができ、柔軟な働き方ができます。

 

1-20.せどり

・人と関わる度合い/少ない

・必要な資格/とくになし

・お給料/利ざやや扱うものによって開きがある

 

せどりとは、買ってきたものを、買値よりも高く売ることで利益を得る仕事です。

代表的なのは古本ですが、いまではさまざまなアイテムに手をのばすことができます。

実際の店舗だけではなく、ネット上で手に入れてネット上でさばくこともできます。

 

せどりは人との関わりがほとんどなく、あるとしても店舗に行って購入するときに店員さんと関わることくらいです。

しかし、ノーリスクではありません。

買ってきたものが高く売れない、大幅に安くなってしまうリスクもあります。

 

ある程度の在庫を抱えていると、「本当にさばけるのだろうか」と精神的ストレスを抱えてしまう可能性もあります。

うまく行けば毎月10万円程度を稼いでいる人もいるようですが、会社員並みに収入を得ようとするのは簡単ではありません。

2.在宅で仕事をする時代が来た!

以前は、家で仕事をすると聞くと内職を思い浮かべたかもしれませんが、そんな時代はとっくに過去のものになっています。

いまではさまざまな職種・業種で在宅ワークが可能なんです。

 

少し難しい話になりますが、日本政府自体も東京オリンピックの関係もあって、テレワーク(オフィスに行かないで自宅で仕事をすること)を推奨したり、通勤ラッシュを緩和するための時間差出勤を促したりしています。

人と関わることを避けるためには在宅ワークがピッタリです。

 

例えば、在宅勤務が可能な企業を紹介しているサイトから求人情報を入手することができます。

他には、フリーランスが多く活用している「ランサーズ」や「クラウドワークス」に登録して、手始めにいろいろなタスクをこなして経験を積んでいき、やがては完全に在宅で活動できるフリーランサーを目指すこともできます。

 

2-1.在宅勤務の良い点

在宅勤務には次のような良い点があります。

 

・人との関わりを減らすことができる

・効率良く働ける

・通勤によるストレスがない

・フレキシブルな予定を立てて働くことができる

 

もちろん、フリーランスで働く場合と、企業に正社員として雇われていながら自宅で働く場合では条件は違ってきます。

それでも、人との接触が少ない1日を過ごせる点と、毎日のゾッとするような通勤地獄を経験しなくて済むようになるメリットは大きいと言えます。

 

2-2.在宅勤務の注意点

在宅勤務にはメリットが多いのですが、デメリットがないわけではありません。

以下が在宅勤務のデメリットと言える点です。

 

・仕事とプライベートの線引きが曖昧になってしまう

・コミュニケーション不足による問題が生じるかもしれない

・正社員として働いている場合、在宅の割合が多いと出世にひびく

 

とくに自分の家で仕事をする場合には、自分をしっかりと律することができないと思うように仕事を進めていくことができません。

仕事を進めることができないと、締め切りに遅れてしまったり、仕事量が少なくなって収入が減ってしまったりします。

在宅が自分に向いているかどうか、まず自分と向き合って考えて見る必要がありそうです。

3.人と関わらなければいいわけではない

人と関わることが好きな人もいれば、極力人と関わりたくないタイプの人もいます。

人と関わりたくないときには、人と関わらない仕事が役に立ちます。

 

でも注意してください。

なんでもいいので、人と関わらない仕事を選べばそれでいいわけではありません。

もう少し言えば、人と関わらなくて済むという条件を満たしていても、その他の要素によって仕事が苦痛になってしまう可能性が十分にあるということです。

 

3-1.自分に合った仕事をすることが大切

転職とまではいかなくても、「これは自分に合っているな〜」と思える仕事を選ぶことが大切です。

「ただお金をもらうことができて、しかも人とそれほど関わらずに済むなら何でもいい」という人は別ですが、ほとんどの人はそれなりにやりがいのある仕事をしているときに満足感や幸福感を味わうものです。

それで、ただ「人と関わらない」だけを条件にすることがないようにしましょう。

4.人と関わらない仕事のメリット

それでは、人と関わらなくて済む仕事のメリットは何でしょうか?

 

4-1.鬱陶しい人間関係から自由になる

人と関わることは、自分にとって喜びとなることもあります。

人と関わることによって幸せに感じる瞬間もあります。

ただ困ってしまうのは、こっちが望んでいないのに妙な人間関係の中に組み込まれてしまうことです。

「生きている以上はお金を稼がなければいけない。お金を稼ぐためには嫌な人との関わりも我慢しなければいけない」と考える人もいまだにいるようですが、人と関わらずに済む仕事を選べば鬱陶しい人間関係から自由になります。

 

4-2.自由がきく

人と仕事をしていると、自分が主導権を握っているときはいいのですが、そうではないときは相手や周りに振り回されることになります。

つまり、自分のタイミングで仕事ができなくなってしまいます。

一方、人と関わらない仕事をするということは、完全にそうではないとしても、人に左右されることがメッキリ少なくなります。

自分で予定を立てることができますし、時間をずらすこともできる、気分が乗るときに一気に仕上げることもできれば、思いつきで休むこともできます。

この自由は、会社員として多くの人に囲まれながら働いていては決して得られないものです。

 

4-3.人と関わりたくなるかもしれない

「人と関わりたくないんだから、なんで人と関わりたくなることがメリットなの?」と思うかもしれません。

でも考えてみてください。

もしかしたら、ストレスとなる会社での人間関係によって、休みの日も休日前の夜も人と接触するのが嫌になってしまっているのかもしれません。

今の仕事を切り替えて、今度は仕事で変なストレスを抱えなくて済むようになれば、自然と、そしてちょうどよく“人恋しく”なるかもしれません。

もちろん、関わりたいと思わないのに無理にそうする必要はありません。

5.人と関わらない仕事のデメリット

人と関わらない仕事には、それなりにデメリットに思えることがあります。

 

5-1.不安定な生活になるかも

人と関わらない仕事=不安定というわけではありません。

しかし、今の仕事を続けていけば、普通に給与をもらえてボーナスもある。いまのところリストラの心配もないという人にとって、人と関わらない仕事へスイッチするということは、不安定な生活への入口になる可能性があります。

安定した生活が優先事項なら、いまのストレスをなんとか我慢しておいたほうがいいかもしれません。

 

5-2.特定の能力が成長しなくなるかも

人と関わることを避けるわけですから、苦しみながら培っていくコミュニケーション能力や、状況の中で賢く振る舞う調整能力など、人がいることによって身につき、伸びていく能力の成長が止まってしまうかもしれません。

もちろん、「そんな能力はそもそもいらないよ!」という人にとっては問題ありません。

 

5-3.完全に関わりを断つのは難しい

頑張って人と関わらないようにしても、完全に関わりを断つのは難しいという現実があります。

とはいっても、「完全に遮断」を目指すのでなければ、人との関わりを意識的にかなり減らすだけで、今のストレスやなんとも言えない気持ちは驚くほど軽減されるはずです。

6.トータルでおすすめできるのはこれ

人と関わらない仕事についていくつか紹介してきました。

大切なのは自分に合った仕事をすることです。

その中で、人との関わりが少なく、今抱えているようなストレスから解放されたら最高です。

それだけではなく、生活の不安からも解放され、やればやるだけ稼げるような仕事だったらいいと思いませんか?

とはいっても、なかなかそんな条件にかなう仕事はありません。

ただ、アフィリエイトはすべての条件にかなっていると言えます。

 

6-1.アフィリエイトの魅力とは

アフィリエイトとは、自分が運営するブログやサイトに広告を貼って、それがクリックされたりそこから購入されたりすることで手数料をもらえる仕組みのことです。

 

アフィリエイトにはこんな魅力があります。

・人と関わらずに自分だけで作業できる

・特別な資格や技術を必要とするわけではない

・楽ではないが、やりがいがある

・続けていくことでお金の悩みや将来への不安から解放される

 

いかがでしょうか。

こんな項目を満たす仕事が他にあるでしょうか?

もし魅力を感じるなら、この機会にチャレンジしてみませんか。

まずは無料のメルマガなどを活用して、情報を収集することから始めましょう。

 

6-2.アフィリエイトを始めるために必要なもの

いざ始めようとしても、アフィリエイトはどうすれば始められるのでしょうか。

基本的に用意するものは次のものです。

 

・パソコン

・無料ブログか独自ドメインと自分のサイト

・正しい情報

 

アフィリエイトは、パソコンとブログがあれば簡単に誰でも始められます。

ただし、始められることと成功することには大きな違いがあります。

パソコンとブログは基本として、大切なのは正しい方法によって進めていくことです。

「正しい」というのがポイントです。

残念ながら、アフィリエイトに関する情報は氾濫していて、なかにはあまり役に立たないどころか、いまでは時代遅れで禁止されているような方法を堂々と紹介したり、情報自体が高額であったりするケースも少なくありません。

正しいアフィリエイトをするための情報を入手することが大切です。

 

6-3.会社に勤めているうちに始めておきたいアフィリエイト

正しい方法で進めていけば、アフィリエイトはかなり魅力的な仕事です。

ただし、「よし頑張るぞ!」と今日からがむしゃらに始めたところで、来週にはその頑張りに比例してすぐに結果が出るものではありません。

作業量にもよりますが、まずは3ヶ月、半年といったスパンで育てていくことになります。

それが何を意味しているかと言うと、「自分はアフィリエイトで食べていく!」と決めて今の仕事をやめてしまうと、少しの期間は無収入になって貯金を切り崩す生活になるということです。

そのような生活は思っている以上にストレスを感じる原因ともなり得ます。

だからこそ、もしいま会社員として雇われているのであれば、いまのうちにアフィリエイトの下準備を始めておくことで、無収入で不安を抱えながら生活する時間をなくすことができます。

 

具体的に言えば、いまのうちにアフィリエイトについて勉強しておきましょう。

いきなりサイトづくりを始める必要はなく、手引書やメルマガを活用できます。

「やると決めたんだから!」と意気込んで高いものに投資をしなくても、まずは無料のメルマガに登録してみたり、手引書を買ってみると良いでしょう。

いまから準備を進めれば、やがてお給料がわずかな金額に思えるほどの収入を得ることが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

人との関わりがストレスになっているなら、いっそのこと環境を変えてみるのも手です。

もちろん、人との関わりが少ないだけではなく、生活をしていくための収入についても考えてみる必要があります。

今回取り上げた中で、「これはいいかも?」と思えるものがありましたか?

もしそうなら、さっそく具体的に考えてみましょう。

今の仕事の息苦しさから解放されて、しかも将来のお金の不安からも解放されることを願っています。