あなたは人見知りですか?

 

僕自身、初めての人に気軽に話しかけられるかと言われれば、やはり苦手意識があります。

僕が自分で「人見知り」だということに気づいたのは、中学生の頃です。

 

「人にどう見られているのか気になる」

「話しかけられてもどういった反応をしていいかわからない」

「たくさんの人と一緒に話している時に話の輪に入ることができない」

 

そういう風にだんだんと悩み始めて、人と話すこと自体が怖くなる時期がありました。

人と関わらず過ごせればいいのですが、特に社会に出るとなるとコミュニケーションは欠かせないものになってきます。

 

人見知りとは

人見知りというのは具体的にどういう風な人のことなのでしょうか。

改めて整理して解決方法を解説していきたいと思います。

 

・目を合わせて話せない

目を合わせて話そうとすると、緊張してそらしてしますことありますよね。

相手の目をみて話をすることは「話をちゃんと聞いていますよ」という意思表示になります。

目が合わないと「話がちゃんと伝わっているのかな?」「何か後ろめたいことがあるのかな?」「何を考えてるんだろう」と相手も不安に感じさせてしまうかも。

 

 

・1対1で話そうとすると言葉が出ない

みんなで話している時は普通に話せるのに、いざ二人きりで話すとなると話が続かない、話が弾まないように感じる。

相手が一生懸命話をしようと話題を振ってくれているのにだんだんと気まずくなってしまう。

「何を話そう」「気まずい思いをさせてしまったらどうしよう」と不安になってしまって話がうまくできなくなることも人見知りに入るようです。

 

 

・人前で話そうとすると頭が真っ白になる

人前で話さなければならない時に「上手に話さなければいけない」「失敗してはいけない」と思うあまりいっぱいいっぱいになってしまう。

とってもわかります。

特に社会に出ると人前で話す機会はたくさんあるのでちゃんとしなければと思えば思うほど空回りしてしまうことありませんか?

 

 

・たくさんの人がいる場所に行くのが苦痛、輪に入れない

通常の仕事では問題なく話ができるのに、「飲み会」等の社外のコミュニケーションをとるのが苦手。

その日のことを考えると憂鬱になる…。

実際に参加した後はなんだか気疲れしてぐったりしてしまいますよね。

その他、家族や昔からの友人となら普通に話せる等人見知りには色々あるようです。

 

人見知りに対する世間のイメージ

それでは、人見知りをする人に対して相手はどう感じているのでしょうか。

 

・コミュニケーションがとりにくく愛想が悪い、暗い

・反応が薄く、冷たい。話していても面白くない

・近寄りがたく感じる

・特定の人しか話さないから感じ悪く見える

・嫌われているのかなと思う

・人見知りを理由にして逃げている、甘えている。人付き合いから逃げている

 

 

こうしてみてみると、「人見知り」対して周りの人はあまり良いプラスの印象は持っていない様子。

とはいえ、みんながみんな「コミュニケーションが得意」「初めての人とでもすぐに仲良くなれる」というわけではないはずです。

 

どの人でも、少なからずコミュニケーションを苦手だと感じているでしょう。

自分には明るく友達が多く人気者に見える人でもよくよく話を聞いてみると「自分は人見知りだよ」ということもあるかもしれません。

人見知りを克服する方法

悪い印象を持たれたくないのは全員同じです。

どうせなら、話しやすいなと感じてもらえたほうがコミュニケーションをとりやすいですよね。

日々意識することで少しずつでも変えられるかもしれません。

 

・自信を持つ

「自分のことどう思っているのかな?」

「嫌われていないかな?」

「こんな話して嫌がられてないかな?」

 

会話をする中でいろいろ不安に感じてしまうと余計に会話を難しく感じてしまいますよね。

自分に自信がない人はいません。

みんな何かしらのコンプレックスを抱えています。

 

そういった短所を逆手にとって武器にしている人もいます。

まずは、自分に自信をつけていくことが大事です。

小さな成功体験を重ねたり、得意なこと、好きなことを突き詰めたり、新しいことに挑戦していくことで自信がつき、そこまで気にならなくなるかもしれません。

 

 

・相手の話を聞く、自分から頑張って話そうと思わない

どうしても自分が人見知りだな、話すことが苦手だなと思う人の中にはたくさんしゃべらなきゃと思ってしまう人もいるかと思います。

しかし、実は短めに会話を続けたほうがテンポよく進んでうまくいくことも。

また、会話の上手な人は聞き上手ともいわれています。

 

 

・うまくしゃべろうと思わない

人見知りの人の多くは「上手に話さなきゃ面白いことを言わなくちゃ」と思っている人も多いはず。

そうすると、それがプレッシャーになり自分が思っていたようにできなかった場合さらに自信を無くして話すことがさらに苦手になってしまう可能性があります。

 

 

・「ま、いっか」とポジティブに考える

人はそれほど自分の話を聞いていないし、ずっと覚えているはずもない、というように軽く考えてみることで前向きに考えられます。

すぐにこういった考えにするのは難しいかもしれませんが。

 

 

・自分をよく見せようとしない

自分が心を開かないと相手もなかなか開きづらいもの。

付き合いづらいなと一度思われてしまうと相手も距離をとってしまって余計に話しづらくなってしまいます。

 

 

・沈黙を怖がらない

1対1で話をしている時にふと話が途切れると「どうしよう」「場が白けてしまわないかな」と不安になること、ありますよね。

こう感じるのは、相手から好かれたいから嫌われたくないという気持ちが強いから。

会話が途切れることは怖くありません。

話をしていて間が空くのは仲が良くてもそうでなくても当たり前のこと。

 

まとめ

以上のことを踏まえた上で、話すことよりも比較的に簡単な「挨拶をすること」からチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

「人見知り」だということは悪いことではありません

自分が思っているほど周りは気にしていないことが多いです。

周りに気を遣い過ぎず、自分らしく仕事ができ、自分のことを嫌いにならないで自分自身を好きになれるといいですね。