会社員としてずっと働き続けるよりも、

いつかは起業して独立したいと思っている人もいることでしょう。

自営業(個人事業主)の方がサラリーマンよりも

自由な印象を持っている人もいるようです。

 

けれども自営業には自営業としての大変さがあるのではないでしょうか?

そこで、自営業(個人事業主)のメリットとデメリットなどについて探ってみることにしましょう。

 

自営業と個人事業主の違い

時々、自営業=個人事業主と思われている方がいますので、

この違いを最初に明確にしておきたいと思います。

 

自営業には、法人として設立されているものと、

個人として事業を行なっているものの2種類があります。

どちらで事業を行なっているかによって、税法上の取り扱いの違いがあります。

 

つまり自営業には法人・個人の事業も含まれることになります。

ただし、ここでは自営業の内の個人事業主に焦点を絞っていくことにしたいと思います。

 

自営業(個人事業主)のメリット

まずは、自営業(個人事業主)のメリットにはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

<簡単に始めることが出来る>

自営業を始める際、その事業を始めたいと思えば今すぐにでも簡単に始めることが出来ます。

税務署に開業届を提出することで手続きは完了します。

会社ではありませんので、資本金も必要ありませんし、法人登録を行なう必要もありません。

 

<経費計上が出来る>

税務署に開業届を提出すれば、自宅を事業として使用している場合、家賃や電気代などを経費として計上することが出来ます。

こうした費用を経費として計上することで、大幅な節税を行なうことが出来ます。

 

<人間関係の悩みから解放される>

自営業の場合、代表者は自分自身になります。上司や部下、同僚との人間関係がなくなります。

転職する理由の多くはこうした人間関係がありますので、自営業を始めることでこうした悩みから解放されることになります。

 

<働く時間を自分で決めることが出来る>

働く時間を自分で決めることが出来るのもメリットと言えます。

何時から仕事を始めても、何時に仕事を終了するのも自由です。

 

自営業(個人事業主)のデメリット

それでは、自営業(個人事業主)のデメリットとしてどんな点があるのか見てみることにしましょう。

 

<収入が安定しなくなる>

自分が働かなければ収入を得ることが出来ません。サラリーマンの場合は、基本的に毎月の給与が決まっていますので毎月決まった給与を得ることが出来ます。

 

<自分で全てのリスクを取らなければならない>

自分の失敗は自分で処理することが必要なります。誰も失敗をカバーしてくれたり責任を取ってくれたりはしません。

 

<全て自分で処理しなければならない>

備品の購入や営業、経理業務と言った全てを自分自身で処理する必要があります。時間が自由になりますが、反面雑務に煩わされることも多くなります。

 

サラリーマンと自営業(個人事業主)の比較

自営業(個人事業主)のメリットとデメリットについて見て来ましたが、サラリーマンと自営業を比較してみることにしましょう。

 

<加入出来る保険に違いがある>

自営業(個人事業主)の場合は、加入出来る保険に制限があります。

 

サラリーマンの場合は、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、

政府管掌健康保険あるいは組合健康保険に加入することが出来ます。

 

けれども、自営業(個人事業主)の場合は、国民年金保険、

国民健康保険に加入することになります。雇用保険や労災保険に加入することは出来ません。

 

ただし、自営業でも法人として設立した場合は厚生年金保険に加入することは出来ます。

けれども、経営者という立場ですので、雇用保険や労災保険に加入することは出来ません。

自営業の場合は、加入することの出来ない保険をカバーするために民間の保険に加入したり、小規模共済保険に加入したりすることを考えておいた方が良いかもしれません。

 

<収入の安定度>

自営業(個人事業主)の場合は、毎月決まった給与というのが存在しなくなりますので、収入の安定度が低くなってしまいます。

 

サラリーマンの場合は、毎月決まった給与が支給されますので、収入が全くない月というのは存在しません。

 

けれども自営業(個人事業主)の場合は、収入がゼロの月というのが存在することになります。

自営業(個人事業主)の場合は仕事をすればその分ダイレクトに収入を得ることが出来ますが、収入のアップダウンによるリスクを避けることは出来ません。

 

<仕事内容>

自営業(個人事業主)の場合は、全てのことを自分一人で行なう必要があります。

備品の購入、経費管理、青色申告まで全て自分自身で行なう必要があります。

サラリーマンの場合は、仕事内容は限定されています。営業職であれば営業に関わる仕事をメインに行なうことになります。

 

 

時間の自由度と言う点では自営業(個人事業主)の方が高いようにも思えますが、そのためには効率の良い仕事を始める必要があります。

起業して商売を始める場合は、初期費用以外にも運転資金が必要になることもありますのでこれらを総合してどういったビジネスを始めるか考えることが大切なのではないでしょうか?

 

せっかくサラリーマンを辞めて独立して起業するのであれば、赤字続きで儲からないビジネスでは自営業(個人事業主)を始めることはおすすめ出来ません。

 

儲かる自営業を始める

サラリーマンという職業を辞めて自営業を始めるのであれば、儲かるビジネスを始めたいと思いますよね。

サラリーマンとして働くことの悩みからも解放されてより幸せになれるのでなければ、意味がないようにも思えます。

 

最近では、インターネットの発達によってインターネットビジネスを副業として始める方も増えてきています。

副業として始めることで、そのビジネスの動向を見た上で今後の自分自身の身の振り方を考えることが出来ますので良い方法と言えるのではないでしょうか?

 

インターネットを使ったビジネスであれば、既にインターネット環境が整っていてPCなどを所有している人にとっては、ビジネス内容にもよりますが初期費用ゼロで始めることも可能です。

 

お昼休みや週末を利用して行なうことが出来れば、現在の仕事を続けることに問題もありません。

 

最近の厚生労働省の就業規則のモデルでも「副業を容認する」という記載が行なわれていますので、今後、副業に対する認識も多くの企業において変わって来るのではないでしょうか?

 

たくさんの成功事例があるビジネス

インターネットビジネスの中でも「アフィリエイトビジネス」はおすすめです。

既に多くの方が「アフィリエイトビジネス」を始めて、高収入を得ることに成功しています。成功事例がたくさんありますので、これから「アフィリエイトビジネス」を始める方にとっては、より早く成功を得ることが出来ます。

 

最初は、成功事例の方法に従って行なうことで確実に収入を得ることが出来るようになることでしょう。そして、そうしたノウハウが分かれば、更に高収入を得るための最善の方法を試してみることも可能です。

 

既に多くの成功事例がありますので、成功のための道は開かれています。あなたが道を新たに開拓する必要はありません。これはとてもラッキーなことだと思いませんか?

 

インターネットビジネスを行なったことがない方でも、足元を照らしてくれる灯りやガイドブックがあれば道に迷うことなく安心してゴールを目指して進むことが出来ます。

 

「アフィリエイトビジネス」は定期的にブログをアップするだけでOKですので、そのために使う時間は数時間で十分です。

ブログのアップは、あなたにとって都合の良い時間に好きな場所で行なうことが出来ます。

それ以外はあなたが自由に使うことが出来る時間になります。これまで通勤に使っていた時間も必要なくなります。

 

是非、僕の無料メルマガに登録して「アフィリエイトビジネス」のガイドブックをゲットされることをおすすめします。そして、高収入と自由な時間を手にいれて下さい。