「どうしても会社を休みたい!」

「朝起きたらだるくて行きたくない」

「会社に行くのが面倒…。」」

 

一年のうち何度かは、こういう日もあるものです。

僕もありましたから、よくわかります。

 

「なんとなく行きたくないんです」

なんて正直に言ったら、上司に怒られそうですし・・・。

 

 

「どう言えば、ズル休みってばれないのかな?」

「これって言った後、大変になる?」

 

いろいろ考えると、訳がわからなくなりますよね。

 

そこで、どうしても会社を休みたいときに使える理由を選んでみました。

使うときのポイントと注意点、さらにはオススメ度までお教えします!

 
▼このブログの管理人プロフィール


 
⇒プレゼント付きアフィリエイト無料メルマガ講座
 

仮病?ズル休み?休みたいなら休んでOK

朝起きたら仕事に行く気が失せた

二日酔いで仕事がつらそう

人によっては新しいゲームを買ったのでもしくは大事なイベントがあるから

という理由で会社を休みたいと思うことは誰しもあるのではないでしょうか。

 

定年するまで一度も“仕事を休みたい”と思った事がない、という人はおそらくいないのではないでしょうか。

 

もちろん、そういう気持ちを抑えて、一度も仕事を休んだことがないという立派な方も少なくないでしょう。

 

ましてや日本人は、給料が出ないサービス残業や労働基準法にも完璧に引っかかるほどの長時間労働すら文句を言わずにやる真面目な民族ですから、『仮病やズル休みは悪いこと』というイメージは少なからずあるでしょう。

 

そして実際に仮病やズル休みをしようものなら、こっぴどく叱られるでしょうし、信頼できない人という悪いレッテルを貼られてしまうことが必至です。

 

では、仮病やズル休みは本当に悪いことなのでしょうか。

おそらくほとんどの日本人は『悪いこと』『やっちゃいけないことだ』と答えることでしょう。

もしも仮病やズル休みをしたら、きっと罪悪感に苛まれることでしょう。

それだけ日本人は仕事熱心な人種ということです。

 

ただ、会社を休むことだけに限定したらどうでしょう。

例えば、高熱、腹痛で仕事がまともにできないという状況なら、『仕事に行っても会社に迷惑をかけるだけ』と思って、多少は悪いと思いながらもある程度堂々と休むのではないでしょうか。

つまり、罪悪感に苛まれるのは、仮病・ズル休みをするからです。

確かに体調不良の時に無理して仕事に行っても仕事の能率も悪いですし、仮にその体調不良が感染力のあるものだったら、同僚にうつしてしまう恐れもあります。

ですので、むしろ1〜2日休んで体調を万全にして出勤した方が会社にとってもいいでしょう。

 

ですが、体調不良とは発熱や腹痛といった身体の不調だけではありません。

やる気が出ない、気分が乗らない、というものれっきとした心の病です。

 

やる気が出なければ同じように仕事の能率も悪いですし、だらだら仕事をしていたら、それを見ている同僚もきっと気分が悪くなるはずです。

 

『やる気がないなら帰れ』なんて会話になって会社のムードも悪くなってしまうこともあります。

ゲームをやりたいイベントに行きたい、という状態でその気持ちを押し殺して仕事に行けば、仕事に集中できなくなります。

 

それならば、1〜2日でも休んで心をリフレッシュさせた方が会社にとってもいいでしょう。

残された同僚も『今日は○○さんが体調不良で休みだから、あいつの分も仕事頑張らないと』という気持ちになり、むしろ仕事の能率は良くなるかもしれません。

 

とはいえ、そこを正直に「やる気がないので休みます」なんて事を会社の上司や同僚に言えば「ふざけるな!会社に出てこい!」と怒られるでしょうし、当然その人の評価も悪くなってしまうでしょう。

ですので、そう思われないように会社を休む理由を上手に使う事が大切になります。

 

ただ、休む日によっても怪しまれてしまうこともあります。

例えば、連休前や連休後です。特にゴールデンウィークの前後、もしくはその中の出勤日などを休んでさらに長期連休をしたら、まず疑われてしまいます。

本当にそうだとしても疑われるのですから、そういった日は避けましょう。

 

罪悪感とどう付き合うか

明確な理由がなく(上司に怒られないような理由)会社を休むと、

どうしても仮病・ズル休みになってしまいます。

 

本来なら休みたいから休む、しかもたまっていた有給休暇を消化するのであれば、

認められている権利ですから本来は堂々と休んで構わないものです。

 

ですが、会社によってはいくら有給休暇を使うといっても、

いい顔をしないところも多いです。

結局、仮病を使ったりしてズル休みをせざるを得なくなります。

 

会社に嘘を言って休む、となると、

真面目な日本人はどうしても罪悪感があるものです。

 

本当に体調不良で休む場合も、また身内の不幸で休まざるを得ない場合ですら、

『申し訳ない』と思うのですから、ズル休みをすればかなり罪悪感に苛まれることでしょう。

 

罪悪感があると翌日会社に出勤した時も、

申し訳ないという気持ちと、ばれてるんじゃないか、

という気持ちで変な態度を取ってしまうかもしれません。

 

本来なら普通に接していればばれるはずもないのに、

罪悪感があるからこそばれてしまう、なんてこともあります。

 

罪悪感を持つのはどうしても仕方がないことです。

ですので、まずはその気持ちとどう向き合うのかが大切になってきます。

 

まず、罪悪感を少しでも小さくするためには、

普段の仕事をしっかりこなすということも大切です。

 

普段から人一倍仕事を頑張っているなら、

1年のうちに1〜2日ズル休みをしても仕事量は他の同僚に引けを取らないでしょう。

そう考えることができれば、きっとそれほど罪悪感を抱くことはないはずです。

 

また、『無断欠勤ではない』ということもプラスに考えてみましょう。

会社に何の連絡もせずにズル休みしたら、おそらく上司も同僚も「何考えてるんだ、アイツは」と思われたり、「何かトラブルでもあったのか」と心配されることでしょう。

 

仮病やウソの用事だとしても、事前に休む事を伝えているなら、会社への迷惑は最小限で抑えられます。そういう気持ちでいれば、多少なりとも罪悪感は和らぐはずです。

むしろ罪悪感を持たずに休む事の方が問題です。

多少なりとも罪悪感を持てば、きっとその後の仕事もがんばれるのではないでしょうか。

 

うまい言い訳・理由とはどういうものか?

会社をズル休みする場合、正直に『行きたくないので休みます』なんて言ったのでは、怒られてしまいますし、場合によっては『もう来なくていい』なんてことを言われてしまう可能性もあります。

ですので、ズル休みをするにもそれなりのうまい言い訳・理由が必要でしょう。

 

うまい言い訳・理由とは、まさに会社の上司や同僚に疑われにくい理由、誰でも起こりえることを言い訳・理由にすることです。

上司や同僚に『そんなことってあるのか!?』とか『ありえないだろう』と思われてしまってはアウトです。いわゆる下手な言い訳です。

 

例えば、『友達の結婚式だったのを忘れてまして』なんていうのは一般的にありえないことです。

本当にそうなら人間性を疑われてしまうでしょう。

明らかに事前に分かっているようなことを理由に急に休んではいけません。

 

また『空き巣に入られた』とか『交通事故にあってしまい』なんていうアクシデントも、翌日に出勤した時にいろいろ聞かれるでしょうからばれる可能性大です。

 

まずは、コンサートなどに行くので休みたい、というように事前に休む日を決めているなら、それに合わせた明確な理由、やる気が出ないというような急にズル休みする場合の言い訳をしっかり使い分けすることが大切でしょう。

 

そしてスタンダードでいいので、十分誰にでも起こりえる理由、本当にそれで休むことがあり得ることを言い訳・理由にしましょう。

 

前日に伝える場合の理由

明日休みたい、そう思う時もあるのではないでしょうか。

会社側からしても急に休まれるよりは、前日に休むことを知っていたほうが仕事への影響も最小限に抑えられます。

 

そんな時に有効な理由としては、『身内の不幸』です。

家族など近い身内でなければ、連絡を受けた翌日に弔問に行くことも不自然ではありません。

 

また、翌日に葬儀になることも日程によっては十分ありえることです。

ですので、前日の仕事中に電話がかかってきたことを装い、『すみません、親戚が今日亡くなったそうで、明日葬儀なので休ませてもらえますか?』と言えば、おそらくOKでしょう。

 

ただ、その場合はカレンダーをチェックしましょう。

もしもその日が友引なら葬儀は行いません。

おそらく上司から、「友引なのに葬儀をするのか!?」とつっこまれるでしょう。

また、病院での検査なども前日なら有効です。

例えば、『最近ずっと腹痛と下痢が続いてまして、ちょっと明日検査に行っていいでしょうか』という理由なら信憑性があります。

 

前日から体調不良を訴えておくのも一つの方法です。『ちょっと具合が悪くて…』と言っておけば、翌朝に電話して『あれから高熱でて…』と一言言えば休めるでしょう。

ただ、前日から演技しないといけません。

 

自分ではなく子供の付き添いというのもありです。

『子供が風邪で寝込んでまして、昨日と今日は妻が仕事休んで看病しているんですが、3日も休めないということなので、明日私が休んでもいいでしょうか』というのも信憑性があるでしょう。

ただ、簡単に『子供が熱なので明日休みます』とだけ言うと、「奥さんに看てもらうわけにはいかないのか?」とつっこまれかねません。

間違っても、『明日風邪で休みます』なんて元気に言ったり、『親戚が亡くなりそうなので』というのは使えないので気をつけましょう。

 

当日に伝える場合のコツ

朝起きたら急に仕事に行きたくなくなった、そういう時の言い訳・理由が一番困ります。

少なくとも、友達の結婚式や法事という理由が使えないからです。

その理由によっては、ウソがばれてしまう可能性もあります。

 

当日に休むことを伝える場合の理由としてスタンダードであり、かつ有効的な理由が『体調不良』です。というか、やる気が出ない、行きたくない、というのも見方を変えれば体調不良のようなものですから、あながち間違いではないでしょう。

 

肝心なのは、どこの体調が悪いのかです。

一番手っ取り早いのが風邪でしょう。

風邪はいつでもひく可能性があり、症状によっては1日で体調が戻ることもある応用のきく体調不良です。

 

最悪、『風邪かと思ったら1日で良くなって…風邪じゃなかったのかな』という言い訳すらできます。

そして仮に、『病院に行ってからでも仕事に出てこい』なんてことを言われて出勤せざるを得なくなっても、ごまかしようがあります。

特に、頭痛などは他人にはわからない症状ですから使えます。

 

『風邪だとありきたりすぎるかな』なんてことを考えて、下手な理由を考えたりすればそれこそ失敗のもとです。

例えば、インフルエンザなどの特定の病気で休もうとすれば、出勤するには医師の診断書も提出しなければいけなくなります。

また、ぎっくり腰なども急に休む時は有効ですが、翌日ぴんぴんした姿だと『お前、ぎっくり腰じゃなかったの?』なんて疑われかねません。

 

体調不良でズル休みをする危険性は、翌日は病み上がりを演出しなければいけない点です。

また、場合によっては自宅にお見舞いにこられたりするので、ばれる可能性はあります。

 

体調不良以外の理由としては、身内の不幸もいいでしょう。

亡くなるのは急ですから、突然休むことも可能です。そして外出していてもズル休みとばれることはありません。

逆に家にこもっていれば不審に思われますが…。

また、1日だけでなく2〜3日休みたい時にも使えます。

 

ただ、亡くなった当日、知らせを受けた当日に葬儀ということもありえませんから、本当に身近な親戚しか使えない方法です。

しかも身内の不幸はそう何度も使えるものではありませんし、近い身内なら年賀状も出せないのでその点も考えないといけないでしょう。

 

また、子供がいるなら子供の体調不良も有効でしょう。

『妻がどうしても仕事を休めない状況なので』ということにすれば、おそらく仕事が忙しい時期でなければ問題ないでしょう。

 

どうしても当日急に休むときの理由

 

朝起きたら、どうしても会社に行きたくなくなった・・・

 

これ、僕の多かったパターン。

罪悪感もありつつ、ウソを言ってお休みしたこともあります。

 

そんな経験から、「ピーン!」とくるものをご紹介します。

 

まず、休みを取る前に大切なことが2つあります。

それは、普段から真面目に仕事をすることです。

 

「いつも頑張ってるから疲れちゃったのかな?」

と思ってもらえるようにしておく必要があります。さらに可能であれば、仕事を先取りで進めておきましょう。

 

これはほかの方に迷惑を掛けないことはもちろん、休み明けに自分の負担が増えないようにしておくといいですよ。

 

せっかく休みを取ったのに、休み明けはデスクの上が山積みに…という状態だと疲れてしまいますよね。

 

その為にも仕事は先に進めておきましょう。

それでは、当日に休む時の理由を紹介します。

当日の朝、急に休む時は「その理由が長く続かないもの」がおすすめです。

 

それでは紹介していきますね。

オススメ度は、★の数で判断してくださいね!
★10年に1度くらいなら使える

★★  3~5年に1度くらいなら使える

★★★ 1年に1~2度なら使える

 

■急に熱が出た、風邪を引いた
オススメ度★★★
体調不良と言ったら風邪が王道です。使う時は翌日も体調が悪そうに振舞うと良いです。数日前から風邪をひいていたことも一緒に伝えるとより良いです。

 

熱があるのに、「会社に来い!」という人はまずいないでしょう。

 

<ポイント>

・会社に電話するときは、ちょっとだるそうにしつつ話をする。

・翌日、まだ完全にはよくなっていないフリをすること。

 

<注意点>

体温は思いきって38度にしてみましょう。

 

会社に電話すると、「熱は何度?」など症状を聞かれることもあります。

37度では休めるかどうか、微妙なところ。

 

ただし、40度以上にしてしまうと「インフルエンザ」や感染症を疑われてしまうので、やめましょう。

 

 

■頭痛がする 

オススメ度★★★

周りから見ると、頭痛ってどのくらい痛いのかわかりにくいですよね。

休むといわれれば、上司としては断りにくいものです。

 

<ポイント>

電話の際は、眉間を親指と人差し指でつまんでみるといいかも。

頭が痛い気分になってリアリティが出ます。

 

<注意点>

頭痛を我慢して会社に行っている人からすると、「頭痛ごときで休むなんて」と思うことも。

 

次の日に、「一日休んだらよくなりました。急にお休みしてしまい、ご迷惑をおかけしました。」と話せば、悪くは思われないでしょう。

 

他の使える言い訳

【腹痛が酷い】

【扁桃腺が腫れてしまった】

【転んで足をねん挫した】

【歯が痛い】

 

なども使えます。

 

体調不良を理由にしてしまうと、外には出られませんよね。

それもちょっと困る、という方はトラブルを理由にするのがオススメ。

 

 

■車のエンジンがかからない 

オススメ度★★

JAFをよんだり修理を待ったりして一日中かかった・・・なんてことは、実際に車が故障したときでもあることです。

休む理由としては、とりあえず納得してもらえるでしょう。

 

<ポイント>

「エンジンがかからなくなってしまったので、修理してもらう」

という状況を説明しましょう。

 

<注意点>

車以外の通勤手段がある人(電車でも行けるなど)は、他の手段で出勤しなさいといわれる可能性も。

代替え手段がある人は、使わない方がよいでしょう。

 

 

■財布やカードを失くした 

オススメ度★

通勤途中で財布やカードを落としたら、その後やるべきことはたくさんあります。

ですので、休む理由としては、きちんとした理由になります。

 

<ポイント>

財布やカードは、当日の朝に落としたことにしましょう。

前日に落としたのであれば、警察への届け出やクレジットカードの停止手続きなどは、前日に行うべきことです。

 

<注意点>

財布を落としたのに、翌日も同じ財布を使っていると、確実にあやしまれます。

別の財布を準備するひと手間が必要です。

落としたはずのカードを入れてしまわぬよう、注意しましょう。

 

 

前日に休みを伝えるときの理由

 

「なんだか明日は休みたいな~」

「明日は会社を休みたい気分だな」

 

会社を休むことは労働者の権利です。

労働基準法の年次有給休暇制度で定められているので、理由を告げる事もなく堂々と休めばいいのです。

 

とは言っても有給は取り辛かったり、休むなら理由を言わなくてはいけないこともあるかと思います。

前日に休みを伝える場合は、前日の夜に電話をかける方法があります。

 

前日に電話することで面倒な電話を早く済ませてしまい、翌日心置きなく休めます。

会社としても当日急に休まれるよりは穴埋めの予定を組みやすくなり、結果的にあなたの印象が良くなります。

 

それでは前日に休みを伝えるときに使える理由を紹介します。

 

■身内が病気やけがをした  

オススメ度★★

 

<ポイント>

身内がどんな状態なのか、なぜ自分が休む必要があるのかを話し、納得してもらいましょう。

例: 父親がけがをしたので、通院に付き添います

 

<注意点>

実家で世話をすることにしてしまうと、仕事の電話が実家にかかってくる可能性も。

家族に協力をもらえるなら、一言お願いしておきましょう。

 

 

■具合が悪いので明日病院へ行きたい

オススメ度★★

 

<ポイント>

1日で解決できるような病気にしておきましょう。

・お昼過ぎから熱が上がってきた

・なんだか腰が痛いので、一度診てもらってくる

 

<注意点>

場合によっては診断書の提出を求められる可能性もあるので、重い病状を理由にしない方がよいです。

 

 

■空き巣に入られたようなので確認をしたい 

オススメ度★

 

<ポイント>

「確実に入られた」ではなく「なんとなく入られた気がする」という、あいまいさがポイント。

翌日は「すみません、よく調べてみたら違ったみたいです」と言えばOK。

 

<注意点>

「空き巣に入られた」と聞くと、周囲の人は心配します。

あなたが社内の「話題の人」になってしまい、詳しく話をききたがる人も出てくるかもしれません。

ある程度の作り話を準備しておきましょう。

 

他に使えるの言い訳

【むちうちやぎっくり腰になった】
急遽休みたい時に使いましょう。

 

【家族が病気】
家族の看病や病院への付き添いと言えば違和感もありません。「田舎の母が倒れてしまって田舎に帰りますので明日は休ませてください」などと伝えます。看病は身内の事なので無理なく休めます。

 

【体調不良】
「今朝から体調が悪く、それが悪化してきたので明日は休ませてください」という感じで伝えます。

 

【水道が壊れて業者が来る】
突然のアクシデントも会社を休む言い訳になります。体調不良意外の理由を探している方にもおすすめです。

 

【ガスの点検があるので立ち会う】
土日に休みたい時におすすめです。

 

【身内の手術に立ち会う】

 

【葬式へ参列】

この場合は遠方の親戚が亡くなったと言うのが良いです。

 

【田舎から両親が来る】
「明日急に来ることになりました」と言えば承諾を得られます。

 

【ペットが他界や看病】
ペットに理解がある上司に使える口実です。

 

【住宅ローンの手続きで銀行や役所に行く必要がある】

 

1週間から数週間前に伝える場合の理由

コンサートやライブ、スポーツ観戦などのイベントに行きたい、旅行に行きたいので休みたい、というケースも少なくないでしょう。

かといって、正直に『○○のコンサートがあるので休ませてください』というのはほとんどの会社で通用しませんし、仮に休んでも立場は悪くなってしまうことでしょう。

 

そんな1週間から数週間前など休みたい日が決まっている時に有効な理由としては、法事があります。

法事はたいてい数週間前くらいに連絡が来たりする(1ヶ月以上前の場合も)ので、事前に伝える理由としては最適です。

 

しかも法事だと、ご近所、親戚などいろいろな人に呼ばれることが多いので、比較的何度でも使える方法です。

 

ただ、法事は急な葬儀と違って、参列してもらう人のことを考えて土日祝日に設定することが多いです。

ですので、週のど真ん中に法事、ということはほぼ考えられません。

ですので、これを利用するなら『遠くの親戚で、前日から行かないといけない』とか『その日に帰れないので翌日も休みが欲しい』という理由が妥当です。

ですので、金曜日もしくは週明けの月曜日を休む場合に限られてしまうかもしれません。

 

また、子供がいる場合には幼稚園や学校行事を理由に休むのも一つの方法です。

それなら数週間前から知っているでしょうから、使えるでしょう。

 

ですが、運動会や学芸会といった主要な行事はたいてい土日に設定しますし、ある程度時期もあります。

 

例えば12月に『運動会があるので』とか、4月に『学芸会があるので』なんて言うのはあり得ません。ですので、子供の行事を利用するなら、最近平日行うことも多くなった親子遠足、PTA行事などを理由にするといいでしょう。

その際には『普通、平日にやりますかねぇ』と一言学校の愚痴を言ったりすればより信憑性があります。

その他には、病院での検査や身内の手術の立ち会い、というのも使えます。

これらは事前に分かっていることですし、平日でも問題ありません。

 

ただし、あまりに重病にしてしまうと、逆に心配されてしまうこともあるので、胃潰瘍とか十二指腸潰瘍など、今となっては比較的簡単な手術にしておくといいでしょう。

自分だと心配されますから、やはり家族の付き添いというのが妥当です。

 

数日~1カ月前から休みを申請するときの理由

前もって届け出をしておけば、当日は連絡する必要もなく休めますね。

予め休みを取る場合は、この日でないといけないという理由が必要になります。

 

カレンダー通りの勤務体系の職場では平日にしかできない所用を言い訳にすることで欠勤することができます。

1日休んだだけならお詫びを伝えるだけで良いですが、数日休暇を取る場合は、社会人としてその後の対応も大切です。

みんなに配れるような手土産を持っていき、お礼を伝えると完璧です。

 

 

■結婚式がある 

オススメ度★★

 

<ポイント>

友人でも兄弟姉妹でもかまわないので、結婚式が遠方で行われるため前日に移動が必要なことを話す。

 

<注意点>

・結婚式はたいてい土日に行われるので、休みは金曜日にしておくのが無難です。

・式当日が「仏滅」や「先負」にあたっていないか、申請前に調べておきましょう。

 

 

■法事がある

オススメ度★★

 

<ポイント>

・誰の法事か

・前日に移動が必要であること

を話しておく必要があります。

 

<注意点>

・法事も土日に行われることが多いので、遠方で行われることにしておきます。

・話をテキトーに作ってしまうと、あとで話のつじつまが合わなくなり、ズル休みがばれてしまいます。

 

例: 大阪に親戚がいないのに、いると言ってしまう

→ 何かのきっかけに、会社の人から「大阪の親戚の方とお話したい」と言われたら困りますよね・・・。

 

 

■自宅の工事に立ち合う

オススメ度★★★

 

<ポイント>

ガスの法定点検や水道の水もれ工事など、実際に立ち合いが必要な工事を理由にしておきましょう。

家のリフォームなども使えるかと思います。

 

<注意点>

近所に会社の同僚や上司が住んでいる場合は、ズル休みがばれる確率が高いので使わない方がよいです。

 

他に使える言い訳

【持病の検査でその日しか病院の予約が取れない】

 

【田舎の両親が上京する】

 

【子供の参観日のため】
小学校の授業や懇談会は学期ごとに必ずあるので3か月に1回は使えます。

 

【資格試験のため】
自分のスキルアップのために試験を受けるというのは仕事上においてもイメージは悪くありません。申し込みもしているので予定がずらせないと言えば説得力があります。

 

【免許の更新や紛失による手続き】

 

【役所に書類を提出しなければならない】

 

【役所のがん検診を受けたい】

会社での健康診断は受信できる項目が限られています。公的サービスは平日中心なので、平日に休みたいときにおすすめです。

 

【町内会の集まり】
意外とこういう理由で休む人は多いです。

 

 

 

1ヶ月から半年前に伝える場合の理由

場合によっては1ヶ月から半年前くらいに休みたい日が決まっているケースもあるのではないでしょうか。

前述のようにコンサートなどのイベント、旅行などもそうでしょうし、クリスマスや彼女の誕生日などもかなり前からわかっていることです。

しかも急に休むとなれば、会社が忙しい時期などはなかなか休みづらいですが、1ヶ月以上前、特に半年くらい前なら状況は分からないですから、OKしてくれる可能性は大です。

 

そんな時に有効なズル休みの理由は『友人・親戚の結婚式』があります。

友人の結婚式は少なくとも1ヶ月以上前からわかっているでしょうし、たいていの人はそういう経験があるので、仕事休んでも参列して祝ってあげたいという気持ちは理解できます。

 

ですので、疑われることなく休めるはずです。

しかも友達の結婚式は、身内の不幸と違って何度でも使える方法です。

 

ただ、結婚式はたいてい土日祝日、そして仏滅は避ける傾向にあるので、平日の仏滅に友達の結婚式で休む、なんてことはまずあり得ないでしょう。

ですので、結婚式が遠くでするから前日から行かなければいけない、もしくはその日に帰ってこないから翌日も休みたい、という感じにしないと違和感があります。

 

休む際に気を付けたいこと

【連絡方法】
自分の都合で仕事を休むのは言いにくいと思います。

しかし、欠勤すると決めたら職場や上司に早めに連絡を入れましょう。

 

当日休むことになった場合は会社に人が集まるくらいの時間に連絡をするのが良いです。

連絡の仕方の基本は会社へ直接電話して事情を伝えるのがマナーです。

 

会社に繋がらない場合は直接上司の携帯に電話してもOKです。

最近ではLINE(電話通信アプリ)などで連絡する人も多いですが避けるのが無難です。

一番大切なのは「迷惑をかけて申し訳ない」という気持ちで簡潔、的確に連絡することです。

上司の出社時間に上司に直接話をするのが良いです。

 

〈例〉
「おはようございます。急で申し訳ありませんが風邪をひいてしまったので、今日お休みを頂いてもよろしいでしょうか?」

「今日休みます」という言い方より「お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」

と了承を得る形の方が印象がいいですよ。

 

【他の人が休むときはフォローする】
休みたい時の気持ちはみんな一緒です。なので、休んだ社員の穴埋めをしっかりしてあげましょう。これは真面目な勤務態度にもつながります。そして、自分が休む時にも有利になります。

 

怪しまれない上手な伝え方

急にズル休みをする際は、当日の朝に会社に電話連絡をするかと思います。

最近ではメールやLINEで伝える非常識な若者もいるようですが、当たり前ですがしっかり電話をかけることが大切です。

 

その際の伝え方としては、迷惑をかけて申し訳ない、休ませてほしいと伝えるのも言いにくい、という雰囲気を醸し出す事が大切です。

間違っても元気な声で『おはようございます!今日風邪ひいたんで休みます』なんて言うと、『元気そうじゃないか。

出てこれるだろ』なんて言われかねません。

なんといっても申し訳ない気持ちが微塵も感じられないようだと、相手も不快に思うことでしょう。

 

ですので、『昨夜から熱が出てまして、とても仕事できる状態じゃないので、忙しい所申し訳ないんですが今日だけ休ませてもらう訳にはいかないでしょうか』と本当に心をこめて伝えましょう。

おそらく、仮病ではなく本当に体調不良の時はそう言うはずです。

 

そこで注意しなければいけないのは、過剰に演技しないことです。

わざと咳き込んでみたり、具合悪そうな声を出すのは、わざとらしく見えます。

 

電話だとそもそも声は違って聞こえたりするので、普通の声でも『風邪をひいた』と言うだけで『何か声も変わっているぞ』と思われることでしょう。

ですので、過剰に演技する必要はないでしょう。

 

また、変な説明も不要です。例えば、『昨日は大丈夫だったですけど、帰ってきたら熱っぽくて、夜に計ったら38.0で、朝に計ったら39.0になっていたんです。

 

子供が同じ熱を出していたのでたぶんうつったのかと思います。

あと残業続きで疲れていたのも重なったのかなと。

多分インフルエンザではないと思いますが、他の人にうつしたら悪いので、今日は休ませてもらいます』なんていちいち説明する必要はないでしょう。

逆に後ろめたい人ほどいろいろな言い訳を用意するものなので、「何かウソ臭いな」と思われかねません。

 

ただ、先方から、どういう症状なんだ?いつから?家族も風邪ひいてるのか?なんて聞かれた場合の事は想定しておきましょう。

 

もし、当日ではなく前日もしくはそれ以上前から休む事を決めていた場合には、おそらく会社で休む事を直接伝えることになります。その場合も余計な説明は不要です。

 

せいぜい『結婚式(法事)があって、式は日曜日なんですど、遠いところなので日帰りができないので翌日に休みをもらっていいですか?』程度でいいでしょう。

 

下手に『中学校時代からの友人で、僕も出たくはないんですけど、どうしても出てほしいと言われまして…。本当は二次会も行かずに帰って来たいんですけど、そうもいかないと思うので、どうなるか分からないので一応翌日休みをもらいたいんです』と聞かれてもいない事まで言うとウソ臭いです。

 

ただ、この場合も、突っ込まれた時のためにある程度のシチュエーションは考えておく必要はあるでしょう。

怪しまれないためには、まずは自然体で話をすることを心がけましょう。

 

バレないような休日の過ごし方

せっかく会社をズル休みしたのに、バレてしまっては元も子もありません。

休日の過ごし方しだいでは、すぐにバレてしまうことがあるので注意しましょう。

 

もし、特に用事もなく行きたくないから休んだ、そしてその理由が体調不良ということにしたのであれば、やはり自宅から出ないで過ごすのが基本です。

 

極力外出は避けることが一番です。

街に遊びに出かけてしまえば、いつ誰と遭遇するかわかりません。会社の人と出くわす事もあるかもしれません。

かといって、遠出も注意が必要です。

 

もしかしたら、会社の同僚がお見舞いに来る可能性もあるでしょう。

忙しい会社で、自分にしかわからない事があったりすれば、会社から電話がかかってきて、『具合が悪い所申し訳ないですが、ちょっと確認したい所があるので寄りたいのですが』なんてことになるかもしれません。

 

何が起こるか分からないので、家にいるのが無難です。

せいぜい、スーパーやコンビニ買い物に行く程度なら、“病院に行っていた”とか“ちょっと何か口にしないとと思って…”と言い訳もできるでしょう。

 

友達や親族の結婚式などで休みを取った場合には、逆に家にいるのはダメです。

家にいるなら居留守を使って一切家から出てはいけません。当然、近くで買い物もいけません。

そして、大切なのは体調管理はしっかりすることです。

ズル休みをして暴飲暴食、不摂生をしていると、本当に体調不良を引き起こしてしまうことになりかねません。

しっかり翌日元気に出勤できるようにしないといけないでしょう。

もちろん、体調不良なら『まだ治らない』と言う選択肢もありですが、そうそう何日も休むわけにはいかないでしょう。

 

休日のNGの行動

ズル休みをしたら、その理由に合わせた行動を行わなければいけません。

一番多いのは、安気が出ない、仕事に行きたくない時に体調不良を理由でズル休みをするケースです。

 

この場合、家でゴロゴロしていれば問題ないでしょうが、実際は体調は悪くないですから、家にいる場合もゲームをしたり、インターネットで楽しんだりするのではないでしょうか。

体調不良でなくても、居留守を使えば問題ありません。

ですが、『家にいればいいや』と思うと大失敗のもとです。

 

今はゲームと言えばオンラインゲーム、インターネットはスマホやパソコンでツイッターやインスタグラム、その他SNSを利用する方法が主流です。

 

普段から利用している人は、ついついやってしまうのではないでしょうか。

コレがNG行動です。

 

同じようにオンラインゲームをしている人がいれば『あれ、こいつ体調不良じゃなかったっけ』と思われかねません。

特に注意が必要なのがSNSの投稿です。

“いいね”くらいなら、ベッドの上でも結婚式の会場でもできますが、SNSを投稿したら危険です。

特にイベントに行った時などはついついアップしがちですが、もろバレてしまうでしょう。

 

休み明けの態度や周りからのツッコミ対応(言い訳など)

会社をズル休みした場合の最後の難関が、休み明けの態度、周囲の人からのツッコミ対応ではないでしょうか。

一番スタンダードなズル休みの理由は、やっぱり風邪などの体調不良でしょう。

本当に体調不良で休んだなら、1日程度では体調が万全にはなっていないはずです。

 

少なくとも休んだ翌日は、病み上がりを演技しないといけないでしょう。

厳密に言えば“体調は万全ではないけど元気を装う”ことを演技するのです。

コレが意外と難しいです。

やってはいけないのは、ズル休みをして髪を切って来た、日焼けしていることです。

一発でズル休みとバレてしまうでしょう。

 

また、おそらく体調不良で休んだら会社の人から『大丈夫なの?』と心配されることでしょう。

それに対する対応も考えておきましょう。

 

ただこの場合も細かく説明する必要はありません。逆に怪しまれてしまいます。

せいぜい『病院に行ったから、少し良くなったよ。心配かけて申し訳ない』くらいで十分です。

裏工作をするなら、薬の袋は準備して飲むふりをするのもいいでしょう。

 

絶対やってはいけないのは、休んだ翌日に飲みに行ったりすることです。

たとえ治っている人でも病み上がりは飲みになど行かないものです。

 

もし、どうしても行かなければいけない会社の懇親会などなら顔だけ出してアルコールは飲まずに早めに帰る、という対策も必要でしょう。

 

もし、法事や結婚式などの理由でズル休みをした場合、会社にお詫びを込めてちょっとしたお土産を買うのもいい対策です。

○○に行って来る、と言っているでしょうから、その土地のお土産も準備しましょう。

今はアンテナショップもあるでしょうし、事前にネットで注文しておけば文句なしです。それさえ渡せば誰も疑う人はいないはずです。

 

まとめ

波風立てずに会社を休めむための理由は?

 

当日休みたいとき

①熱がある

②頭痛がする

③車のエンジンがかからない

④財布やカードを失くした

 

 

前日に休みを伝えるとき

⑤身内が病気やけがをした

⑥具合が悪いので明日病院へ行きたい

⑦空き巣に入られたようなので確認をしたい

 

 

数日~1カ月前に申請するとき

⑧結婚式がある

⑨法事がある

⑩自宅の工事に立ち合う

 

 

やはり一番のオススメは体調不良を理由にすること!

腹痛や発熱などの理由は辻褄を合わせやすいし、他の方を巻き込まないので罪悪感を感じる必要もありません。

 

今の日本では有給休暇を使うからと、正直に休みたい理由を伝えても、会社側では納得しないでしょうし、嫌みの一つも言われてしまうでしょう。

実際に、やる気が出ない、気分が乗らない、もしくは上の空で仕事をするよりも、いっそのこと休んで英気を養った方が会社にとってもいいことかもしれません。

ただし肝心なのは、仮病や嘘の理由が絶対にばれてはいけない、ということです。

ですので、会社を休み理由は安易に考えてはいけません。

まずは、自分が会社を休んで何をするのか、それに合わせてズル休みの理由を決めましょう。

 

家でゴロゴロしたいなら体調不良でいいですし、どこか遠出したいのなら、法事や結婚式などを理由にしてもいいでしょう。

 

ただし、あくまで嘘をつく訳ですから、ちょっとしたミスで嘘がばれてしまうこともあります。

会社の中での何気ない会話で、「えっ、お前あの日風邪で休んだんじゃなかったっけ?」とか「あの日○○に行ってたんじゃないの?」となりかねません。

 

ですので、いろいろなケースを頭の中でシミュレーションしておく事も大切でしょう。

また、前もって休みを取ると決めていたなら、そのための下準備も必要でしょう。

ちょっとした罪悪感がバレてしまう原因にもなりかねないので、休むと決めたら堂々と休みましょう。

会社を一度も休まない、ということは素晴らしいことです。

ですが、一番素晴らしいのは会社にとって有益を与えることです。そのためには、休まない事よりも休んで英気を養うことも大切なことです。

 

ただし、何度も使わないようにしてください。

「体調管理のできない人」とみられたり、ズル休みを疑われたりと、いいことがありません。

 

会社での自分に対する信頼を失わないためにも、使うなら年に1~2度程度にしておいてくださいね!

それにより、仕事のやる気もでてくるものです。まずは休む理由を上手に使い、仕事と付き合っていくようにしていきましょう。