「毎日残業して、上司からは無理難題を押し付けられ、毎月ノルマとの戦い・・・」

「みんな結果を残すべく、潰すか潰されるかの競争ばかり・・・・」

 

こんなストレスフルが続くと、精神的にとても辛いですよね。

 

僕も経験していますが、毎年大きな目標を掲げられ、それを何が何でも達成しなければいけないというプレッシャーはかなりのものです。

眠れない日もありましたからね。

 

給与も大事だけど、1日の大半を占める仕事ですから、精神的にも負担が少ない方が、毎日の生活が充実してくると思いませんか?

「でも、そんな精神的に楽な仕事ってあるの?」

意外とたくさんあります!!

 

ただし!

今回はパートアルバイトを含めず、正社員で長く勤められる、もしくは自分のペースで長く続けられそうな仕事を3つ厳選しました。

これからの人生長いですから、現状のままで精神的に追い詰められて疲弊するより、自分に合った仕事を探してみませんか?

「こんなはずじゃなかった!」とならないように、包み隠さずメリット・デメリット両方をご紹介していきたいと思います。

 

ルーチンワークの代表格!工場でのライン作業

人間関係が希薄で、精神的に楽だと言われている工場ライン作業。

専門知識がなくても、業務を通して学ぶ事ができるので、挑戦しやすい仕事と言えます。

流れを把握し、1度作業を覚えてしまえば、あとはエンドレスに黙々と作業するだけです。

・立ち仕事ができるだけの体力がある

・体調管理がしっかりできる

・コツコツ作業する事が苦ではない

・変化のない仕事でもモチベーションが維持できる

 

そんな人にオススメです。

 

ただし、一括りに工場ライン作業と言っても、業種によって勤務体系や職場環境は全く違うので注意が必要です!

というのも、扱う商品や会社の規模によっては、冷暖房完備ではなく・・・

夏はとにかく暑く、冬はとにかく寒い!という過酷な環境でのライン作業もよくある話なのです。

または、重い物を運ぶなどの力仕事をお願いするところもあります。

可能であれば、勤める前に実際に働く現場がどんな環境か、見学させてもらう事をお勧めします。

 

 

そして、工場なんていう大きな設備は、全国にポンポン作れるものではありません。

田舎にある1つの工場から、商品を全国発送なんてよくある事です。

そのため、1つの工場から可能な限りたくさんの商品を作る必要があるため、24時間365日フル稼働している工場も多いです(夜勤があるかどうか、応募前によく確認しておいた方が良いですよ!)

 

そういった場合は、土日祝日関係ない完全シフト制の日勤・夜勤の交代制勤務になってきます。だから、体調管理が大変重要になってくるんですね。

また、急に休む場合でも、ライン作業で誰もいないなんて事になったら困りますから、代わりに仕事してくれる人が必要になります。

だから、誰かにお願いしたり、代わりに誰かが休日出勤する場合もあります。

ですので、何かあった時に、最低限助け合える人間関係を作っておく事は重要です。

 

デメリットばかり言ってしまいましたが、仕事環境さえ合えば、同じ事の繰り返しなので楽に感じてくると思います。

モノづくりに関わる事で、自分が関わった商品を街で見かけたりすれば、やりがいも感じられますしね。

交代制勤務で夜勤もありますので、手当なども含めれば十分安定した収入が得られます。

僕が今までリサーチして見てきた中では、正社員で年収350~450万ぐらいでした。

 

また、やる気のある人は、ライン作業に留まらずチームリーダー、マネージャーなどの昇進も見込めます。

昇進に興味がなくても、一連のライン作業のどの仕事もできるようになれば、大変重宝されるようになりますよ。

 

そして、そこで知識や技術など学べば、その職場が辛くても、その技術を利用して転職する事も可能です。

僕の周りでも、モノづくりが好きで長年勤めている人はたくさんいます。

長年勤めていると、顔見知りばかりなので人間関係もぐっと楽になり、休日は趣味の合う工場ライン仲間同士でツーリングしたり、ゴルフに行ったりしている話をよく聞きました。

ご家族がいる人は、お子様の夏休み中などに、平日に家族旅行もされていましたよ。

 

異常がない限りはヒマ?ビルメンテナンス

時間に余裕があると、心の余裕にも繋がります。

高層ビルを始め、マンションや商業施設などで、利用する人が気持ちよく安全に過ごせるように、点検や修理を行うビルメンテンナンスはいかがでしょうか?

 

これだけ聞いていると大変そうですが、大変なのは資格取得だけで、後は自分のペースで仕事を進められます。

というのも、設備点検や修理をするためには資格がないとできません。

でも、資格取得をしておけば一生ものなので、そこは頑張りましょう。

給排水設備・電気設備・空調設備など、管理する設備は多岐にわたります。

そのため、下記の資格は基本4点セットと言えます。

 

・第二種電気工事士

・二級ボイラー技士

・第三種冷凍機械責任者

・乙種第4危険物取扱者

 

上記の資格を取得しておけば、ビルメンテンナンスへの転職も有利になるはずです。

 

そして、管理する施設も注意しなければいけません。

大型商業施設や病院、工場、ホテルなど人の利用が多い施設は基本的に忙しいので、オフィスビルをメインで管理する会社に就職するのが1番良いかと思います。

 

あとは24時間勤務の交代制が多いので、決められた時間に出勤し、点検後、問題がなければモニターで確認するくらいで精神的に楽な仕事といえます。(宿直がどうしても無理!という人は、宿直や夜勤がない会社もあります)

 

時間が自由な分、給与は年収350~400万程度です。(もちろん、お持ちの資格や管理する設備によって、更に上の年収を狙う事も可能です)

通常業務では基本的に1人での作業なので精神的に楽でしょうが、テナントやオーナーに工事の日程や、トラブルがあった場合の説明などは業務上しなければいけないので、最低限のコミュニケーション能力は必要と言えます。

 

 

そして何よりビルメンテンナンスの最大の魅力は、年をとっても続けられる事です。

基本的に室内での作業が多いため、60歳過ぎても続けている人はたくさんいます。
常に人材不足でもあるため、たとえ40歳過ぎでも転職して正社員になる事も十分可能です。

また、最近は、室内業務で資格さえあれば復帰しやすいという事で、女性でも目指す人はいるようです。

男女関係なく、これからも十分将来性がある仕事といえるのではないでしょうか?

 

対人関係なしがいいなら在宅ワーク

昔、在宅ワークといえば、簡単な商品の袋詰めや組み立てなどの内職がメインでした。

僕も小さい頃、母の内職(シール貼り)を家で手伝った記憶があります。

 

けれど、最近はパソコン1台あれば、気軽に在宅ワークができるようになりました。

子育て中のママさんや、病気で外出できない人以外にも、新しい働き方としてクラウドソーシングが浸透しつつあります。

 

在宅ワークの良いところは、やはり対人関係がなく、自分のペースで進められる事が最大の魅力ではないでしょうか?

 

ただ、口を動かさない分、手を動かさいとメールなどで仕事のやりとりができないので、クラウドソーシングで仕事をしたい人は、必要最低限のパソコンスキルは必要になってきます。

 

・キーボード入力がとにかく早くて正確な人は、文字入力やテープ起こし

・調べるのが好き、文章を考え書くのが得意な人はライター

・イラストやロゴを考え、デザインするのが得意な人はデザイナー

・英語など、外国語の読み書きができる人は翻訳

 

など、あなたの得意な事で選び、身近なテーマから始めると続けやすいですよ。

 

最初は「ネット上だけの取引で大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、運営会社がちゃんと管理しますし、仕事をしたのに支払われないなんて事もありません。

興味がある人は、ひとまず登録しておく事をお勧めします。

・クラウドワークス https://crowdworks.jp/
・ランサーズ    https://www.lancers.jp/
・Shinobi  https://crowd.biz-samurai.com/
・shufti   https://www.shufti.jp/

(初心者には上記のマッチングサイトがオススメです!)

 

最初は単価も安く、不安になるかもしれませんが「継続は力なり」です。

外で働く時だって、最初はどの仕事を選ぼうが慣れるまで大変だし、給与だって安いはず。

あなたがコツコツと仕事をこなしていけば、自然と単価も上がり、良い仕事が舞い込んでくるはずです。

 

 

裁縫や編み物、DIYが得意な方は、ハンドメイド雑貨を販売するのも良いですね。

今は、店舗を持たなくてもアプリなどで気軽に販売できる時代になりました。

・minne    https://www.shufti.jp/
・Creema   https://www.creema.jp/
(上記は初心者にオススメの利用者数が多いハンドメイド雑貨販売アプリです!)

 

人気作家さんになると、口コミで広がり、販売と同時に即完売するぐらいです。

僕も商品を見ましたが、「本当に素人?」と思うくらい職人レベルの商品がたくさん販売していて、感動しました。

最近はTVや雑誌などでも紹介されていますよね。

あなたの作った作品が、誰かを笑顔にしているとしたら・・・
そんな素敵な事はありませんね!

 

 

日雇いやアルバイトも含めれば、精神的に楽な仕事や暇な仕事はたくさんあると思います。

前は「サンドイッチマン」と呼ばれた、「展示場はこちら!」と書かれたような案内看板持ちの人を道路でよく見かけましたが、最近は減りましたよね。(真夏の炎天下さえ耐えれば、あんな暇な仕事はありませんからね!)

でも、副業レベルの収入などでなく、長く続けられるのも大事なはずです。

暇な仕事はいずれ、今注目されている「AI」に代わる日もそんな遠くないでしょうから。

 

さいごに

精神的に楽な仕事というのは・・・

 

・人間関係が楽

・ノルマがない

・休日がしっかりある

・残業が少ない

・生活できるだけの給与がもらえる

 

が当てはまるのではないでしょうか?

あとはそれ以上に、あなたに合うか合わないかが重要だと思います。

 

どんなに忙しくても休みが少なくても、元気に働いている人はたくさんいますから。

昔の職場でも「主」と言われるぐらい、いつ見ても職場にいる人がいました。

離婚したって気にせず、より仕事にのめり込み、どんどん昇進して、仕事が趣味になってましたよ。周りが心配しても、本人は楽しそうでしたからね。

仕事がなさすぎても「この会社、将来大丈夫か?」ってなりますしね。

 

あなたが好きな事。

自然と体が動いて夢中になれる事。

もしくは、これだったら誰にも負けないという得意な事。

そんな事を仕事にできたら・・・
それこそ精神的にも良いし、最高に幸せな事だと思いませんか?