新入社員として会社に勤めて、初めての異動。

社会人として色々失敗したりしながらも少しずつ容量もわかってきて自信もついてきたところ。

新しい仕事内容に新しい上司、先輩。

うまくやっていけるかなと不安や緊張ももちろんあるけれど楽しみでもありますよね。

しかし、新しい職場で怖い上司や怖い先輩に出会ってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

 

先輩の怖さどんな種類があるだろう?部下にイラっとした体験談まとめ

私も先輩の立場に立った時、後輩にイラっとしたことはもちろんあります。

 

しかし、「なんだか気に食わない」というような理不尽なことでイラっとしたことはありません。

では、世の中の先輩方はどんな場面でどんなことでイラっとしたのでしょうか。

 

仕事ができない後輩にイライラする

「異動してきたばかり、きっと不安だろうな…。」先輩としてはできれば1日でも早く仕事を覚えてほしいので、一生懸命に教えます。

 

しかし、人によっては説明したにもかかわらず「メモを取らない。メモを取ってもまとめていないので結局わからない」そして「毎日小さなミスを繰り返す」なんてことも。

 

教えたはずのことを何度も何度も聞かれると、やはり先輩は「やる気があるのか」とイラっとしてしまうようです。

 

学生のようないいわけ、表面的にしかやる気を見せない

仕事ができないに近いものはありますが、まだ学生気分が抜けてないという様子が見えてイラっとすることがあるようです。

 

特に仕事でミスしたときに反省している態度がみえないと注意した側としてはイラっとするようです。

 

また、「次は、失敗しません。頑張ります!」と言ったにもかかわらず仕事をせず私語ばかりするような態度も先輩からすると頭にくる様子。

 

ミスをした時には間違っても笑いながら謝ったりせずにしっかり謝罪して、一度したミスは二度としないくらいの気持ちで取り組むといいかもしれませんね。

 

 

仕事を丸投げする

こんな人いるの?!ととても驚いてしまいましたが…。

特に仕事が立て込んできたときに自分の余裕がなくなると「先輩、これお願いできますか」とお願いすることもお願いされることもあります。

 

しかし、それが日常茶飯事になってしまうとちょっと厄介。少しずつでいいですから、自分のまかされた仕事は段取り良く期限内に終わらせられるようにできるといいですね。

 

先輩だって人間です!踏み込んで話をしてみよう!

どうせなら先輩と「仲良く」とまではいきませんが、毎日顔を合わせて仕事をする同士、うまくやっていきたいですよね。

僕も先輩後輩どちらの立場にも立ったことはありますが、やっぱり仕事は毎日のことですから、人間関係は良好で行きたいものです。

 

まじめに仕事をする

当たり前じゃん!と思われるかもしれませんが、これがなかなか相手には伝わりにくいもの。

相手が見て聞いて感じなければ自分は頑張っていたとしてもなかなか伝わりにくいものです。

 

目で見える態度としては、

・挨拶をきちんとする

・素直でいる

・悪口や噂話にのらない

・先輩の言うことは適度に流す

ことが大切なようです。

 

怖いと思わないように工夫する

難しいかもしれませんが、真面目な人であればあるほど先輩の理不尽な態度をまともにうけとってしまったり、そのまま鵜呑みにしてしまってミスをしてしまうことも。

 

そんな時には、

・怖い先輩はどこにでもいる

・仕事ができないから叱られて当たり前、間違ったことは言っていない

・正しく指導してくれている、今は修業期間

 

というように、自分に言い聞かせて気持ちを落ち着かせることも大切かもしれません。

 

僕もそうでしたが、どうしても態度がきつい先輩に対しては話しかけるだけでもものすごく勇気がいりました。

 

そうするとどうしてもおどおどした態度になってしまったり、何が言いたいのかわからなくなってしまうことも。

その姿を見て先輩によってはイラっと来ることもあるかもしれません。

 

あれ、この人ヤバイ人?いい先輩、悪い先輩。巷の声。

世の中にはいろんな人がいます。どんな場所にでもいい人、悪い人がいます。

もちろん、いい先輩も悪い先輩も…。あなたのまわりにもこんな先輩はいますか?

 

悪い先輩

・仕事ができない、自分のやりたくないことをおしつける

・毎日職場の誰かの悪口を言う

・意地悪をしてくる、やたらと怒る、ひきをする

・ありがとうの言葉がない

・嫌味を言ってくる、自分のミスは棚に上げて後輩のミスは追及してくる

・気が強く言葉尻も強く怖い、いつもイライラしている

・相手によって態度をかえる、期限の良し悪しで態度を変える

・目を合わせてくれない

・見えない圧をかけてくる

 

いい先輩

・とにかく仕事ができる

・悪いところはびしっと注意してくれ、良いところはほめてくれる

・何かあったときには守ってくれる

・笑顔が多く、話しやすい。感情的にならず冷静。

・仕事に真面目に取り組んでいる

・助言や対処法を自分の経験を踏まえて話してくれる

・質問に対しての回答が的確

・仕事に対していっぱいいっぱいでなく余裕がある

・愚痴や人の悪口を言わない

・「ありがとう」と言ってくれる

 

さいごに

こうしてみてみると、世の中には本当にいろんな人がいます。

怖い人だと思っていたら実はすごく優しい人だったなんてことも…もしかしたらあるかもしれません。

まずは、自分を振り返ってみてそれから先輩とよりよい仕事関係を築くことができるようにできればいいですね。