仕事が気になってグッスリと眠ることができない……

そんな不安を一度は経験したことがある人は多いのではないでしょうか?

 

何度もチェックはしたけれども、ミスが不安でストレスを抱えてしまっているのはあなただけではありません。

そんな不安を解消する良い方法について考えてみることにしましょう。

 

ミスは誰にでも起きるもの

仕事にミスはないか気になることは誰にでもあります。

どんなに慎重に見直しても、見落としやチェック漏れというのは誰にでも起きるものです。

 

 

慣れない仕事や、初めての仕事をしたときには、もしかして、ミスをしてしまったのではないかと心配をしてしまったことがある方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

ミスを気にして何度も何度も見直していては、仕事が進まなくなってしまいます。そんな時は誰かにチェックをお願いしてみるのは有効な方法です。

 

人は自分以外の人が行ったことの間違いを発見するのは得意なものです。

自分が行ったことを自分でチェックしていると、見落としや確認漏れが起こりやすいものですが、他の人の間違い探しはとても得意なのです。

 

 

仕事は完璧であることは素晴らしいことですが、ミスを100%避けることは難しいことを現実として認めて受け入れることは大切です。

 

そして、ミスをしたときに、どうやってカバーすることができるかという点に視点を移してみることで、ミスをしてしまうことへの不安や心配は軽減されるのではないでしょうか?

 

ミスを防ぐ方法

それでは、誰にでも起こってしまう可能性があるミスを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

多くの会社では数名でチームを組むことで仕事のミスを早い段階で発見できるようにしています。

 

 

たまに、誰かのミスや間違いに気づいたことを声高に言ってしまい、ミスや間違いをしてしまった人を非難してしまう人がいるのは残念なことです。

本来はこうした行動こそ、非難されるべきなのです。

 

 

人は誰でもミスや間違いをしてしまうものだという前提があるからこそ、複数で仕事を行っているのです。

 

その目的は、ミスや間違いを早い段階で見つけ、お互いに協力し助け合ってスムーズに解決するための手段なのです。

この点を誤って理解している人が多いため、ミスを犯してしまうことへの不安や心配を生み出してしまっているのではないでしょうか?

 

 

こうしたことで不安や心配が積もり積もって来ると、仕事が気になって寝られない……

そんなストレスを抱えながら仕事を続けなければいけないのは、とても辛いことです。

 

 

自宅に帰っても、仕事が気になって何をやっても気もそぞろ……

こんな状態では、かえってミスや間違いを増やしてしまいそうです。

 

減点方式の弊害

仕事が気になって眠ることができない状態になってしまっているのなら、即刻そうした状態から抜け出すことが必要になって来ます。

 

仕事でミスをしてしまうのではないか?

と言った「心配」や「不安」はどこから生まれてくるのでしょうか?

 

 

 

学校での評価方法や会社での評価方法は加点方式よりも、減点方式を採用しているところが多く、そうした方法に慣れてしまっていることが、人を委縮させてしまうとも言われています。

 

 

減点方式の問題点については良く言われることがありますので、ご存知の方も多いとは思いますが確認しておくことにしましょう。

 

減点方式はマイナス要素を見つけて点数を減らして行ってしまいます。

つまり、人を評価するときに良い部分ではなくて、悪い部分に目を向けてしまう傾向にあります。

そのため、ミスや間違いをしてしまうと、それだけでその人の評価が一気に下がってしまうことになります。

 

 

他にどんなプラス面があっても、マイナス面の比重の方が大きくなってしまいます。

これでは、前向きに何かを行う気持ちになることも難しくなってしまい、才能の芽を摘んでしまいかねません。

 

 

もちろん、ミスや間違いをしないに越したことはありません。

けれどもミスを100%しないことは難しいのもまた事実です。

例えば、手が滑って食器を割ってしまったり、何かを壊してしまったりしたことがない方はあまり多くないのではないでしょうか?

 

自分を評価するときは加点方式に変えてみませんか?

もし、あなたが自分のことを減点方式で評価しているなら、加点方式に切り替えてみてはいかがでしょうか?

自分の良い部分を自分で見つけてみてください。

 

 

「自分はミスばかりしてダメな人間」というレッテルを自分で自分に貼ってしまうことは止めにしませんか?

人には得意な分野と不得意な分野があるものです。

細かな数字を見ることが得意な人もいれば、初対面の人とすぐに打ち解けて話をすることが得意な人もいます。

 

 

もし、今行っている仕事でミスが多いのであれば、その仕事はあなた向きの仕事ではないのかもしれません。

一度、ご自分の得意分野と不得意分野を洗い出してみられることをオススメします。

 

 

ご自分のプラスの面に目を向けてプラスのレッテルを自分で自分に貼ってみてください。

そうすることで、これまで自分が自分に対して持っていた思い込みに気が付くことができるかもしれません。

自分は経理の仕事が向いていると勝手に思いこんでいるケースもあるでしょうし、セールスが向いていると思い込んでしまっているケースもあるでしょう。

 

 

本当に現在の職種がご自分に向いているのかどうか確認するのには、加点方式でご自分を評価することは大切です。

そうすることで、今後の目標や方向性も見えてくるのではないでしょうか?

 

セルフエバリュエーションでストレスを軽減してみる

自分で自分を評価する、つまるセルフエバリュエーションすることはとても大切です。

ストレスを作りだしてしまうのは、実は他人ではなく自分自身によるところが大きいからです。

 

 

同じストレスを与えても、それに対する反応は人によって違います。

酷いストレスを感じてしまい、食事も喉を通らなくなってしまい、寝れなくなってしまう人もいれば、酷いストレスを感じることもなく、食事をおいしく取ることができ、夜もぐっすり眠ることができる人もいます。

 

 

こうした反応の違いは、ストレス耐性の違いと言われていて、人によってストレスに強い人もいれば、弱い人もいます。

ストレス耐性が高いほど社会で生き抜いて行く能力が高いとも言われています。

 

 

セルフエバリュエーションすることで、自分自身の強味を見つけ

「自分も結構できることや良い面がたくさんある!」と思え、

ポジティブになることも可能です。

 

 

それでもミスへの不安や心配をなかなか頭から追い出すことが難しいこともあるかもしれません。

その場合は、無理をしてその仕事にだけしがみつくことを止めてみてはいかがでしょうか?

 

セカンドビジネスを始めてみる

現在の仕事にしがみつくことを止めてみるために、セカンドビジネスを始めてみられることをオススメします。

収入源が1つしかない場合は、その仕事にしがみつこうとしてしまいます。けれども、その仕事以外に収入源がある場合はどうでしょうか?

その仕事への執着を随分と軽減することができるのではないでしょうか?

 

 

つまり、セカンドビジネスである程度の収入を得ることができれば、仕事が気になって寝れないといった不安を軽減することが可能になります。

 

そうは言っても、セカンドビジネスを行う時間はない!そう思われているかもしれません。

 

 

そんな方にピッタリなのがアフィリエイトビジネスです。

アフィリエイトビジネスは、ネット環境とPC等のデバイスがあれば、いつでもどこでもビジネスを始めることができます。

 

無料メルマガにご登録頂けば、アフィリエイトビジネスに関するお役立ち情報を手に入れることができます。

セカンドビジネスを始めて仕事への不安や眠れない日々から解放されてみませんか?新たな一歩を踏み出す鍵を、無料メルマガに登録してゲットしてください。