基本的に会社の仕事にミスは許されません。

なぜならそこには迷惑を被る人が必ずいるからです。

ただ、人間だからどうしてもミスはしてしまいます。

それで毎日毎日上司から怒られている人も中にはいるでしょう。

人は怒られることによって、反省し、改善し、ミスが減っていきます。

しかし、その怒られる過程が嫌になって、仕事を辞めたくなってしまう人もいます。

もしそんな状態になったらどうすればよいのでしょうか。

怒られてばかりな理由を考えよう

なぜ自分は怒られてばかりなのか、その理由を真剣に考えておりますでしょうか。

実は、怒られる方よりも、怒るほうが大変です。

 

最近はパワハラという言葉に社会全体が敏感になっております。

ちょっと言い方を間違えたり、相手の受け取られ方で、会社の問題になってしまいます。だから、上司としては、怒らない方が絶対に楽なのです。

 

 

ただ、ミスをした人物には何かしらの指導をしないといけません。

その方法の一つが怒るという手法なのです。

もし部下の事をどうでもいいと思っている上司は決して怒ったりしません。メールなどで簡単に注意するぐらいです。

だから、それなりに部下のことを思っている上司だから、怒っているのです。

 

 

だから、怒られたということは、それなりのミスをしたり、誰かに迷惑をかけたということです。

まずはそこから理解しなければなりません。

自分がやってしまったことで、誰に迷惑をかけたのか、会社にとってどんな損害があったのか、その影響反映を考えましょう。

その上で、自分がどれほどの大きいミスをしたのか把握し、それに見合った反省をしなければなりません。

 

 

もちろん、反省とはただ落ち込むことだけではありません。

次に同じミスをしないように、どうすればよいのか、PDCAサイクルを基に改善策を見つける必要があります。

 

 

怒られるとついつい、恥ずかしい、腹が立つ、虚しいと負の感情が先にきてしまいます。でも、怒られるにはそれなりに理由があります。

まずは怒られたことと真剣に向き合って、前向きに考えていきましょう。

仕事ができないと思うほどの努力をしたのか

怒られるとついつい、自分は仕事ができない、どうやっても仕事が覚えられないと諦めてしまいます。

でも、それは逃げでしかありません。

 

 

誰もが簡単に仕事を覚えられるわけではありません。

もし周りに何でも無難にこなしてしまう人がいたとしても、その人は今までに経験があったり、陰で努力をしています。

仕事ができないと思うのであれば、本当にそれなりの努力をしたのか、向き合わなければなりません。

 

 

できないと諦めたり、自分にこれは覚えられないと思うのは簡単です。

それ以上の努力をしないと宣言しているようなものです。そんな人に対して、新しい仕事を任せようと思うでしょうか。

 

周りの人は評価するでしょうか。例え今仕事ができなくても、努力を続けることを諦めてはなりません。仕事ができるようになるまで努力をしましょう。

弱音を吐いていいのは、自分でもこれ以上できないと思うほどの努力をした人だけです。

 

 

ただ、仕事内容には合う合わないというのは必ずあります。

どれだけ頑張っても、どれだけ努力しても、苦手意識をぬぐえなかったり、同じミスを繰り返してしまうこともあります。

 

 

その場合は、その仕事は自分には合ってないと判断することもアリです。

合わない仕事をいつまでも続けるよりは、より自分に合った仕事を探し、それを続けた方が賢明です。

ここで注意なのが、判断が早計にならないようにすることです。

ある程度、時間と努力を続けた上で、判断するようにしましょう。

理不尽な怒られ方は反省する必要がない

中には、正当な理由ではなく明らかに理不尽な理由で怒られている人もいらっしゃいます。そんな人は、怒られてばかりと反省する必要はありません。むしろ、それは怒っている側の問題なのです。

 

例えば、上司が仕事に対して指示をしてその通りに行った、あるいは判断が難しい事は上司に判断を仰いだ。

 

その結果、仕事が上手くいかなかった時、もしその上司や、あるいは別の上の人間から叱責されたとしても、当人は何も悪くありません。だから、相手にしっかりと説明する必要があります。

 

 

とはいえ、日本の会社は上下関係がはっきりしていたり、年功序列な面が強いです。明らかに上司のミスであっても、部下が責められることは大いにあります。

もし、上司が尊敬できる人であれば、そのミスを受け入れた方がよいです。心の中では反省する必要はありませんが、ひとまずミスを受け入れることでその場を収め、上司の顔を立てておくと、社内の評価もいずれ上がるでしょう。

 

逆に、上司が自分のミスを部下に押し付けるような陰湿な人であれば、自分の正当性を主張し、身を守った方がよいです。

 

いずれにせよ、自分が起因のミスではないのに怒られているのであれば、反省する必要はありません。その辺の切り分けは上手くやる必要があります。

ストレスが酷い人は辞めるべき

どんな人も、怒られる経験というのは重要です。

子供もそうですが、やはり叱られて伸びるという人はたくさんいます。ただ、中にはその方法が合わない人もいます。どうしても、怒られることに慣れないのであれば、仕事を辞めることも視野に入れた方がよいでしょう。

 

 

判断基準としては、自分がどれだけストレスがたまっているかどうかです。

ストレスは体にすぐに現れるので、総合的に見て判断しましょう。

症状でよく見られるのが、頭痛、めまい、吐き気、胃痛、腹痛、下痢などです。これらは、自律神経の乱れによって引き起こされます。ストレスを感じすぎると、交感神経が活性化され、それにより瞳孔は開き、全身の筋肉が緊張し、呼吸や脈拍も早くなります。

 

 

それゆえ、至る所に不具合が生じてくるのです。

もしストレスによって毎日どこかしらに不調を感じるようであれば、危険信号です。最初は頭痛などの症状であっても、いずれ大きな病気に繋がる事があります。そうなる前に、仕事を一旦辞めて、精神状態を安定させた方がよいでしょう。

 

 

ただ、いきなり辞めるのも早計なので、部署を変えてもらったり、あるいはまとまった休暇を貰えないか交渉してください。

会社としても、人に辞められるのは避けたいところです。もしストレスの原因が明らかに怒られていることが起因しているのであれば、上司の接し方も変わるでしょうし、多少気を使ってくれます。

だから、幾分かはストレスは軽減する可能性があります。もしそれも無理そうなのであれば、退職する方法しかないでしょう。

療養している間にやるべきこと

仕事を辞めた場合、心配なのが生活費です。

最初は、ある程度の貯蓄や有給休暇で凌ぐことができるでしょう。しかし、収入がなければいずれお金が底をつきます。

 

だから、その前に次の仕事を見つけなければなりません。ただ、有給休暇中は次の仕事はできないですし、まずは休養が必要です。その間に生活費を稼ぐ手段として、在宅ワークを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

在宅ワークは副業で行っているサラリーマンがたくさんいます。そして毎月数万円の安定した収入を得ることも十分に可能です。

 

何より家で仕事ができますので、精神的にも安定します。せっかく時間があるのですから、家にいる時間を使って、少しずつ仕事を始めてみましょう。

 

 

在宅ワークの種類は意外とたくさんあります。特に近年メインとなっているのがパソコンを使った仕事です。テキスト入力やデータ入力、テープおこしなどの比較的簡単な作業はけっこう募集してます。

他には、ライターやWEB製作、WEBデザイナーなどクリエイティブな仕事もありますし、インターネットオークションやモニターなど楽しみながらできるものもあります。

基本的にはインターネット環境さえあればできるものばかりなので、まずは気軽に始めてみましょう。

 

そして中でもお薦めなのが、アフィリエイトです。何となく名前を聞いたことがあっても、よく知らないという人は、無料ぜひメルマガに登録してみてください。アフィリエイトとは何か、どうやって稼ぐのか簡単に教えたいと思います。

毎日仕事で怒られて、疲れきっている人は、一旦冷静になって自分の仕事を振り返ってみましょう。改善できるところは頑張って直し、無理そうであれば会社に相談して部署を変えるか、休養するなど、まずは自分の身を守ってください。