仕事へ行くのが憂鬱な時やストレスに感じるときは度々あります。

混雑した通勤ラッシュの電車に乗るだけでもストレスを感じてしまうという方も多いと思います。

 

通勤時間は仕事へのON・OFFモードの切り替えの時間でもあります。

通勤時間の長さにもよりますが、その過ごし方は千差万別です。通勤中でもできるリラックス方法を活用して、憂鬱な気分を少しでも和らげてみてはいかがでしょうか?

 

季節の変わり目や冬場・春先はマスクをして通勤されている方も多いと思います。マスクに少しアロマをたらすと、つらい通勤時間も癒しの時間に変わります。

 

また、いつもより少し長めに歩いて緊張をほぐしてみましょう。

例えば一つ手前の駅で降りて歩いてみたり、普段通らない道を歩いてみると、楽しい発見にもつながります。
電車の方は、周りの方に迷惑にならない程度に、音楽を聴いたり、本を読むこともリラックスに繋がります。

いつもより少し早めに出勤し周辺の公園などで緑を眺めながらコーヒーを飲むのもよいリラックスになるでしょう。
通勤時間をリラックスの時間に使うことで、仕事への憂鬱さを乗り切りましょう。

 

自分の気持ち確かめよう。どうしてこんなに憂鬱なんだろう?

まずはどのような事に憂鬱と感じているのか?を見つめなおしてみましょう。

 

どんな人でも必ず1度は仕事へ行くときに憂鬱だと感じたことがあるでしょう。

多くの人は、月曜の朝は必ず憂鬱だと感じてしまいます。

仕事自体はとても楽しく、職場の人間関係も良好なのですが、楽しかったお休みモードから仕事モードの切り替えに少し時間がかかるようです。原因が分かっているような時は良いのですが、憂鬱さが長引いたり、毎日となるとこれはおおきな問題です。

 

仕事から遠く離れ友人や家族などに心のモヤモヤを聞いてもらうことで、自分の気持ちが整理されることもありますので、まずは身近な人に話を聞いてもらいましょう。

 

また、なかなか相談をする人がいない…できない…という方は、紙に書いていくのも良い方法です。自分の感情や不満など思いつくままに書いてみましょう。

そうすることで解決方法や、どのような事に憂鬱さを感じているのか見えてくることがたくさんあります。その上で早急に対処しなければいけないものなのか、単なる一過性のものなのか、見極めていくことも大切になってきます。

 

重要なことは、憂鬱さの原因であり、解決できずに長期にわたって抱えているような悩みや、人間関係の疲れなどは時間がかかり、精神的・身体的にも影響が出やすいので注意するようにして下さい。

 

1分以内に出来る、リラックス方法 ~体を動かす~

・呼吸法
4秒で吸って7秒息を止め8秒で吐くやお腹を使って深く呼吸をするなど、呼吸法はリラックスにとても良いです。

 

・顎を緩める
口を開き下あごを左右に動かしてみて動かしやすかった方へゆっくりと動かし一番こことの良いところでキープします。疲れる手前で下あごの力をフッと抜いてみましょう。

 

・ストレッチ
簡単にできるストレッチはたくさんあります。自分に合った一番気持ちの良いストレッチを試してみてください。

 

・ハンドマッサージ
疲労が蓄積されている手のツボをマッサージしてみましょう。

 

・耳を引っ張る
耳は疲れのリセットボタンと言われており、耳を引っ張り柔らかくすることで、全身の疲れが取れると言われています。

 

1分以内に出来る、頭の体操 ~ココロをほぐす~

・間違い探し
集中力・観察力・洞察力が養われ、間違いを見つけられた時の達成感も得られることが出来ます。ひらめきと集中力を持続することで脳の活性化にもつながります。

 

・パズル
パズルと言っても、たくさんの種類のパズルがありますが、どのパズルにも共通して集中力と記憶力を高め、イメージをフル回転させ前頭葉を刺激してくれます。問題解決の力を蓄え心が前向きになります。偏った心のバランスを整える効果もあり意欲向上にもつながります。

 

・クイズ
頭の体操にとても最適です。最近ではインターネット上でもたくさんのクイズがありますし、アプリなども便利です。集中力とひらめきで頭の中をリセットすることができます。

 

まとめ

身近で簡単に心や体をリラックスさせることができます。

最近ではスマートフォンのアプリでも塗り絵や間違いさがしやパズルが出来るようになりましたので、電車通勤の方などは通勤時間にすることが可能です。

 

頭の中がリセットされ、塗りはじめのワクワク感や、集中して塗っているため通勤時間があっという間に感じます。

また、塗り終わったときの達成感も感じることができるので、個人的にとてもお勧めです。

 

仕事とプライベートのON・OFFの切り替えにとても役に立っています。

すぐにできて時間も場所も取らない方法がたくさんあります。

まずは試してみてください。あなたに合うリラックス方法で憂鬱を吹き飛ばしちゃいましょう。