会社を辞める勇気がないと悩んでいませんか?

仕事を辞めたいと思いながらも働いている方も多いと思います。

 

時には勇気を出して会社を辞める決断をすることも必要です。

そんな方にために、会社を辞めるリスクと手順についてまとめましたので参考にしてみてください。

 

仕事を辞めたい…その理由はなに!?

仕事を辞めるのはとても体力と気力を使います。だからこそ、どんな方も悩みに悩み結論を出します。

 

【給料が安い】

【有給が負担できず、残業も多い】

【パワハラなどの人間関係が悪い】

【従業員が少なく一人の業務負担が大きい】

 

仕事を辞める方の理由で多いのは、「給料が安い」「休みが少ない」などの待遇面や上司など一緒に働く人の人間関係に不満を持っている方が多いようです。

 

まず、今の会社を辞めたらどうなるかできるだけ細かく思い浮かべてみましょう。

会社を衝動的に辞めてしまうと必ず後悔します。

「収入が変化して生活はどうなりますか?」「家族との関係はどうですか?」。

5年後、10年後まで考えてみてください。

 

次に、なぜ今の仕事を辞めたいのか考えてみましょう。

「ずっと前から辞めたい理由があった」「心身ともに限界」など、自分の考えを整理しましょう。

 

また、仕事を辞めたいと思っている理由は頑張ったり工夫することで改善できませんか?

辞めた後に後悔しませんか?

改善できることなのか不可能なのかを確認することで辞める勇気を持つ事が出来ます。

 

人は「経済的に豊に暮らしたい」「心豊かに生きたい」それを達成するために働いています。

しかし、働くことで心身を壊すなら意味がないですよね。

そのような状況で働き続けるのは心身ともに大きなリスクを背負うことになります。

 

仕事を辞めたらどうなる!?その先のリスクも考えてみよう

今働いている会社を辞めるとなるといいことばかりではありません。勇気があるだけで辞めると取り返しがつかないこともあります。

退職をするとなると今の環境を変えることはできますが、リスクも大きいことも理解しておきましょう。

 

【金銭的リスク】

仕事を辞めたら一番気になるのは金銭面ではないでしょうか。

次の就職先がない状態で仕事を辞めてしまうと収入が0になります。

 

「失業保険がもらえるから大丈夫!」と思われるかもしれませんが自己都合の場合だと最低でも会社を退職してから3か月以上先になります。

 

また、働いている多くの人が入っている会社の社会保障です。

働いている間は会社が社会保険料を福利厚生で負担してくれていたものが自分で負担することになります。

健康保険も使えなくなり、病院に行った際の支払金額が3割から全額負担になります。

また、扶養している家族がいる場合はさらに負担が増えてしまいます。

 

【再就職先を見つけるのに時間がかかる】

年齢が高ければ再就職先を見つけるのに時間がかかり、経験が少なければ今より条件の良い会社に再就職できるとはかぎりません。

 

【転職回数が多いほど市場価値が下がる】

焦ってよく考えずに再就職しようとしていませんか?転職を繰り返すほどに年齢は上がり求人が減ります。

 

【転職することで新たな悩みになることも】

転職しても「給与は良くなったが時間がない」「通勤に時間がかかる」など新たな悩みが出てくる場合もあります。

 

【退職金が不利になる】

長く務めることでもらえたはずの退職金がもらえなかったり、少なくなったりする場合もあります。

 

【辞めない選択肢もある】

人間関係や給与など明確な問題があり、退職を迷っているのであれば上司や総務、人事部などに相談してみる方法もあります。

部署移動が出来たり、収入が増えたりと環境が変わればわざわざ会社を辞めるリスクを負う必要はありません。

 

仕事を辞める決意が固まったら!?どんな準備や手順を踏めばいい!?

【転職先を見つける】

新しい仕事を見つけておくのは必要があります。

そうすれば安心して仕事を辞めることができ、辞めた後の生活費の悩みを持つ心配もありません。勇気にもつながります。

 

【出来るだけ早く申し出る】

引継ぎや後任者への指導などを考えると退職する2か月前には会社に申し出ることが望ましいとされています。

ですが、会社の繁忙期は避ける方が良いです。まず、直属の上司に辞めたい旨を伝えます。「少しお話したいことがあるのですが…」と切り出すと話しやすいと思います。

その際に「なぜ辞めるのか」「やめてどうするのか」など聞かれると思いますので明確に答えられるようにしておきましょう。会社を辞めたい理由について考えることで説得力も増します。

 

【退職届を書く】

直属の上司に退職の意思を伝えて承諾を得られたら退職届を制作します。

書き方が分からない方は書籍を参考にしたり、インターネットで正しい書き方を調べて日付と氏名を記入します。退職理由は「一身上の都合」にします。

パソコンなどは使わずに必ず手書きで書くようにしましょう。

 

【引継ぎ業務はしっかりと】

どんな退職の理由があっても引継ぎはしっかりしましょう。

引継ぎをおざなりにすると後任者に大きな負担になります。相手に口頭で伝えるのではなく、自分で資料を作成しておくのがベストです。

さらに、取引先への挨拶も後任者と一緒に行きます。

 

【退職の挨拶をする】

最後の出社日までには「お世話になりました」としっかり伝えるようにします。

人との繋がりは本当に大切です。会社を退職しても人との関係は続いていきます。

いつか関わることもかるかもしれません。

 

【最低限の生活資金を準備しておく】

仕事を辞めると収入がなくなってしまうので、生活資金を用意しておくことも大切です。

新しい就職先も支払いの関係で給料を受け取れるのが遅れる可能性もありますし、最初の数か月は給料が少ない場合もあります。

転職までの期間が空いてしまうと国民保険などの支払いも出てくるので多めに資金を準備しておくと安心ですし、勇気を持つことができます。

 

まとめ

・なぜ今の仕事を辞めたいのか真剣に考えてみましょう。

・再就職するまでに金銭面は問題ないか考えてみましょう。

・退職する場合は出来るだけ早く申し出て、引継ぎをしっかりします。新しい就職先をみつけて、生活資金を用意しておくも大切です。

 

生きていくために仕事をしてお金を稼ぐことはとても大切なことです。

僕自身も人間関係がうまくいかず仕事を辞めた経験があります。

その際上司は「あなたは仕事を辞めて本当にハッピーなの?」と言いました。

この言葉はずっと心の中に残っています。

仕事を辞めて本当にハッピーと思えるなら、それは次へのステップにつながると思います。

応援しています。