毎朝満員電車に乗って、会社についたら時間に追われるように仕事をし、定時で仕事が終わらず、残業をする。

そして帰った頃には疲れ果てて、寝るだけ。

 

 

そんな生活に辟易としている社会人の方もいると思います。

そんな人は、ついついスローライフな生活に憧れることがあります。

スローライフというと、田舎でのんびり農業をする、というイメージがありますが、最近はスローライフにも変化が起きているようです。

 

のんびりできる仕事はあるのか

田舎に行かずとも、会社勤めでのんびりできる仕事はないか、そう考える人も増えております。となると、職種から選ぶことになるでしょう。

 

 

のんびりできる、ということはつまり精神的に楽であるということだと思います。精神的に楽ということは、深く考えなくてもできる、責任を負わずに気楽にできる仕事になるのでないでしょうか。

 

 

そう考えると、一番楽なのはアルバイトやパートでしょう。

仕事によってはきついものもありますが、立場としては責任を負わずに済みますし、シフト制なので、自分の時間を大切にすることはできます。

 

 

ただ、社会人でいつまでもアルバイトやパートを続けるわけにはいきません。正社員としてのんびりできる仕事はあるか考えてみたいと思います。

 

 

残業がほとんどない、という点では事務職をお薦めいたします。

事務関連の資格があれば就職もしやすいですし、仕事内容も黙々と作業するものばかりです。そして残業はほとんどありません。

 

 

もちろん会社によって違いますが、他の職種に比べると圧倒的に少ないです。決められた時間で、マイペースで仕事ができる可能性が高い職種です。

 

 

 

ゆっくりできる仕事という点では、タクシーの運転手、あるいは送迎バスの運転手もお薦めです。

タクシーの運転手は、基本給プラス歩合という会社がほとんどです。もちろん基本給だけでは給料が少ないのため、歩合を稼がなければなりませんが、そこは自分のペースでできるので、ゆっくりと仕事をすることができるでしょう。

 

 

送迎バスも、決められた時間に運転をする必要がありますが、意外と待機時間も長く、その間はマイペースに過ごすことができます。

 

どれも給与面では期待できませんが、のんびりできる仕事を求めているのであればお薦めです。

 

のんびり暮らすなら正社員は捨てる

プライベートも含めて、のんびり暮らすことを重要視するのであれば、企業の正社員になることは諦めることになるでしょう。

なぜなら、正社員は最低でも週に5回は勤務する必要があり、一日8時間勤務が必須です。

となると、週の大半を仕事に費やすことになり、ゆっくりできるのは、休日の二日間だけです。

 

 

社会人としては当り前の生活になるのですが、のんびり暮らしたいと考えている人にとっては、理想ではないでしょう。

だから仕事の時間を減らす必要があり、そのためには正社員は捨てなければなりません。

 

 

アルバイトや派遣社員、契約社員であれば、ある程度時間を制限できます。だから、無理せずマイペースに過ごせるぐらいにシフトを入れることで、のんびり暮らしたいという夢は叶いやすくなります。

 

 

一般的には、月に160時間が平均的な勤務時間ですが、100時間前後まで減らせばかなり違います。

正社員という立場を捨て、その分余った時間で好きな事をする、まさに理想的な暮らし方ではないでしょうか。

 

 

 

ただ、ここでもやはり収入の問題が出てくるでしょう。

正社員ではないということは、ボーナスもなし、月収も減る、社会保険も自分で入らなければならない、と厳しい状況におかれることは確かです。

 

 

経済的に豊かな暮らしを選択するか、それとも精神的に安定する生活を取るか、それはその人の価値観次第です。

 

田舎でスローライフは?

冒頭でも触れましたが、スローライフというと田舎でのんびり働きながら生活するというイメージが多いでしょう。

農業や酪農、漁師など第一産業を行っているのは、都会から離れた地域です。人口も少なく、自然も多い環境なので、時間がゆっくりと過ぎていくように感じるでしょう。

 

 

実際に、地方創世活動の一環として、今田舎に若者を呼び込もうという動きが活発です。地方は過疎化が進み、高齢者ばかりになっております。

若い人にきてもらうことで活気を生み出し、少しでも地方を盛り上げたいと考えている自治体が多いのです。

 

 

だから、若者にとって田舎でスローライフを送ることは、徐々に実現しやすくなっております。

ただ、田舎は仕事は少なく、遊ぶところもほとんどありません。ネットショッピングがあるとはいえ、買い物は不便ですし、飲食店も少ないです。

もし都会から行く場合、そのギャップは想像以上になることを覚悟する必要があります。

 

 

 

また、田舎の人は親切で優しいというイメージがあります。確かにそういった一面はあるかもしれません。

 

しかし、よそ者には排他的であるという地域もあれば、村八分という言葉もあります。

気に入られれば快適に過ごせますが、少しでもトラブルがあると、たちまちそこには居づらくなります。

 

田舎でスローライフを送るには、まず仕事と住むところを見つけ、周りの人と上手くやることが重要になります。

闇雲に田舎に居住しようとしても、上手くいかず結局元の場所に戻る羽目になるので注意しましょう。

 

今いる場所でのんびり働くにはどうすればよいのか

では、今いる場所で、のんびり働きたい、そして経済的にも充実したい、そう考えることも無理なことなのでしょうか。

そうではありません。

 

正社員ではなくても、田舎暮らしをしなくても、十分にスローライフを送ることはできます。

 

 

そのヒントは、在宅ワークです。

自宅にいながら仕事をすることができるので、周囲に影響されずにマイペースで仕事をすることができます。

 

 

在宅ワークというと、主婦がよくやっている、おもちゃにシールを貼ったり、部品を組み立てたりするものが代表的でした。

しかし、近年はインターネットが発達したことで、仕事の種類も大幅に増えたのです。

 

 

 

例えば、ネットオークションもその一つです。

商品を安く仕入れて、オークションで高く売ることで利益を出すことができます。

人気のある商品や希少価値の高い商品であれば、飛ぶように売れますので、やり方次第では、会社員より収入を稼ぐことができます。

 

 

他にも、ライターやデータ入力などの事務作業、モニターなんかも自宅ワークです。周囲に気を使わずに、のんびり仕事したいという人には、まさに理想的な仕事ではないでしょうか。

 

在宅ワークだけでは、十分な収入を得るまでに時間がかかることもあります。

その場合、外ではアルバイトやパート、派遣社員などで稼ぎ、足りない部分を在宅ワークで補うという働き方をお薦めいたします。

 

 

社会との繋がりもキープしつつ、自分のペースで働くことができ、更に収入も安定するという、お薦めの働き方です。

近年は個人事業主やSOHOという言葉も一般化しており、フリーランサーの働き方も社会に認められつつあります。

 

オススメの在宅ワークは?

在宅ワークも、職種が多いため、何をすればよいのか迷うと思います。

理想的な選び方は、リスクが少なく、特殊なスキルがなくてもできる、そして収入にも期待できる仕事です。

総合的に考えた場合、アフィリエイトは、なかなか優れた在宅ワークです。

 

 

やることは、ブログやメルマガを書き、そこに商品の広告を貼るだけです。

そこから商品を購入してくれれば、報酬を得られるビジネスモデルです。

 

 

十分な報酬を得るためには、もちろん多大な苦労はあります。

人を引き付けるタイトルや記事を書くこと、最低でも一日一度は記事をアップする必要があるなど、相応の努力は必要です。

 

 

ただ、失敗してもリスクはないですし、文章さえ書くことができれば誰でもできます。そしてアクセス数を稼げるようになれば、月収100万円以上も夢ではありません。

 

もし、アフィリエイトについてもっと詳しく知りたいという人は、無料メルマガに登録してみてください。

読んでいただければ、スローライフを送るための方法のヒントにしていただけることでしょう。今の働き方に疑問を持っている人、もっと自分らしい働き方をしたい人は、ぜひ一読ください。