勇気を出して「退職する!」と決めたものの「どう切り出せばいいの?」と疑問に思う方も多いと思います。

タイミングさえ分かれば損することなく退職できます。

自分の都合に合った退職方法を進めましょう。

円満に退職するための退職届の書き方をご紹介します。

 

退職に適している時期

退職する前に確認して頂きたいことがあります。

まずは、有給の残りです。

 

有給を消化してから退職することで自分自身の負担が軽減されます。

有給の残日数は給料明細書に記載されている場合が多いです。分からない場合は総務に確認する必要があります。

 

次にボーナスの支給時期を考えます。

ボーナスを支給されてから退職しても遅くありません。

ボーナスは基本的に今までの働きに対する物なので貰ってからやめても問題ありません。最後に月末に退職予定日を設定しましょう。

 

月の途中で退職してしまうと、健康保険や厚生年金の被保険者から外されてしまいます。被保険者期間は前月の末日に設定されてしまい、国民健康保険と国民年金の保険料を支払う必要が出てくるので、退職は月末がベストです。

さらに、退職前には転職先を決めておくことをおすすめしいます。転職先が決まる前に退職してしまうと不利な条件で転職することになってしまいます。

 

民法では、退職届を提出した時点から2週間以降であれば退職が可能と決められています。しかし、多くの企業の就業規則には退職の1か月前に退職届を提出するように決められている場合もあります。

そして、退職を決めていきなり退職届を提出するのではなく、まずは上司に相談しましょう。了承が得られてから、退職届を制作します。

上司に提出する際は必ず手渡しにするのがマナーです。

 

退職するまでの一般的な流れは以下の通りです。

①退職時期を決める
②上司に報告や相談する
③退職届を提出する
④引継ぎを終えて退職日を迎える

 

退職手続きの方法

退職時には会社から支給された名刺や制服などを返却します。また、会社から受け取る書類もあるので忘れずに申請しましょう。

 

〈会社に返却するもの〉

名刺
制服
社員証
健康保険被保険者証(扶養家族がいる場合はその方の分も返却)
現物支給の定期券
会社の経費で購入したもの
自分がかかわった仕事の書類
その他支給されているもの

 

〈会社から受け取るもの〉

離職票
厚生年金加入員証
健康保険被保険者資格喪失確認通知書
雇用保険被保険者証
源泉徴収票
年金手帳
退職証明証

離職票と同時に退職を証明する「退職証明証」を。

採用先の企業で提出を求められることがあるので退職前に発行をお願いしておくとスムーズに手続き出来ます。

 

〈退職日までにする手続き〉

退職日までに住民税の手続きが必要になります。住民税は毎月給料から天引きされて納めています。その為、最後の給料からその年の残りの住民税を一括で支払うか分割して自分で納める普通徴収に切り替える必要があります。

 

〈退職後の手続き〉

退職後すぐに働けない場合は失業保険の申請の手続きをします。自己都合の場合失業保険の給付日数は90日から150日で申請してから支給までに最短でも3か月かかります。失業保険の受給期限は退職位から1年なので早めに手続きしましょう。

 

退職届の書き方

退職届は会社と個人の雇用関係を解消するための大切な書類です。

その為、本人が書いたことに間違いがないように手書きが一般的とされています。会社によっては会社指定の用紙がある場合もあるのでその場合は会社の指示にしたがって提出するようにしましょう。

 

そもそも「退職届」と「退職願」の違いをご存知でしょうか。

「退職願」とは会社との労働契約を解除してもらうための申し出をする書類のことです。なので、「退職願」を提出しただけでは退職することは出来ません。

その為会社側が合意する前であれば撤回することも可能です。一方の「退職届」は「会社を退職します」という意思表示をする書類なので一度提出すると撤回できません。

今から「退職届」の書き方について解説していきます。まずは書き方は縦書きが一般的です。必要な事項の記載を忘れないように作成して提出しましょう。

 

〈用意するもの〉

手書き用の白い無地の便せん サイズはA4もしくはB5のもの
白無地の二重封筒(郵便番号が印刷されていないもの) サイズは長形3号(A4サイズの用紙を3つ折りにして入るサイズ)
ボールペンや万年筆(消せるボールペンはNGです)
印鑑

 

〈退職届の書き方〉

①表題を書く
他の文字より少し大きめに「退職届」と中央に記書きます。

②本文
「退職届」と書いた所から一行あけて、一番下に「私事」か「私儀」と書きます。

③退職理由を書く
退職理由の詳細は書く必要はありません。どんな理由であっても「一身上の都合により」とします。その後に「退職いたします」と記入します。

④退職日、部署名、氏名を書き、押印する
退職する日付を和歴で記載し、退職日時点での所属部署と氏名を書きます。氏名は社長の名前よりも下にくるように書き出しを少し下げます。押印は三文判でも問題ないですがシャチハタは避ける方が無難です。

⑤宛名
会社の正式名称を書き、宛名は社長とし、フルネームで記載します。敬称は「殿」もしくは「様」にします。

 

〈例文〉

2018年〇月〇日
株式会社○○
代表取締役○○様
○○事業部○○課
氏名㊞
退職届

私事、
この度、一身上の都合により
平成〇年〇月〇日をもって退職いたします。
以上

〈封筒の書き方と入れ方〉

①表面中央に「退職届」と書きます。

②裏面の左下に所属部署と氏名を書きます。

③便箋を3つ折りで、文章を封筒した3分の1からまず折り、さらに上3分の1を被せるように三つ折りを作ります。

④手渡しであれば封筒の封はしてもしなくても構いませんが、あらかじめ糊が付いている封筒の場合は封をします。提出するまではクリアファイルなどに入れて折れないように保管しておきましょう。

 

まとめ

・退職届を提出する前に一度上司に相談しましょう。
・退職時には会社から支給されたものを返却し、会社から受け取る書類あるので漏れがないか確認しましょう。今の会社だけでなく転職先にも迷惑をかける可能性があります。
・退職届は基本的には手書き、手渡しをしましょう。

会社を退職するにあたっていろいろな書類や手続きが必要で大変になると思います。

「あの時手続きしておけばよかった…」となる前にあらかじめ準備しておきましょう。