出来れば会社に雇われない生き方をしてみたい!

という衝動にかられてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか?

そうは言っても、今の仕事を辞めて突然フリーランスになるのはかなりリスクが伴います。

リスクを伴わずに会社勤め以外の仕事を始める可能性について探ってみることにしましょう。

 

雇われない生き方に憧れるのは何故?

会社員として働いていると、時々息苦しさを感じてしまうことはありませんか?

 

誰かに雇われて働いているということは、仕事を通して雇い主を満足させることになりますので、時には自分の意にそぐわないことにも従わなければならない状況に出くわしてしまうことがあります。

 

そんなとき、こんな会社に雇われたくない!

と心の中で叫びながらも、面と向かった反発する勇気がない自分に嫌になってしまうこともあるものです。

 

時には、取引先の理不尽な要求や無理難題に応じなければいけないという立場に立たされてしまうこともあるのではないでしょうか?

雇われた生き方というのは、時には自分自身を押し殺してしまわなければならない立場や状況に置かれてしまっては我慢しなければならない生き方とも言えそうです。

だからこそ、雇われない生き方に憧れるのではないでしょうか?

映画やドラマのヒーローの中にはそうした憧れの気持ちを反映してか、破天荒なタイプや自由人が多いものです。

 

雇われない生き方に変えることが出来ないのは何故?

そうした会社に雇われない生き方に憧れていながら、

なかなか雇われない生き方に自分自身を変えることが出来ないのは何故でしょうか?

もしかすると、会社という守りがなくなってしまうことに対して

ある程度の恐怖を感じてしまっているのかもしれません。

 

普段何気なく交換している名刺ですが、その肩書は常に『○○会社の□□さん』です。

取引先もあなたのことを○○会社の社員としてして見られることはあっても、一個人としてあなたのことを見られることは少ないのではないでしょうか?

 

そうなのです。

仕事上出会う人の多くはあなたのことを『○○会社の□□さん』と見た上で接しているのです。

 

雇われない生き方に変わるということは、

『○○会社の□□さん』から『□□さん』に変わることなのです。

つまり会社の後ろ盾を失ってしまうことになりますので、

全ての成功も失敗も自分自身が背負うことになります。

 

他にも収入が安定しなくなることへの不安の存在も大きいのではないでしょうか?

雇われない生き方の場合、毎月決まった収入を得ることが出来る保証はなくなってしまいます。

会社員であれば、少なくとも毎月の給与は会社がある限り保証されています。

これらの点からもリスクの高さを感じてしまって、雇われない生き方に憧れながらもなかなか切り替えることが出来ないのではないでしょうか?

 

会社員の安定性は確実なもの?

これまで会社員という働き方をして来た人にとって、

雇われない生き方に対してリスクを感じてしまうのは仕方のない事かもしれません。

 

けれども、会社員であれば収入が安定していると言う考え方は、

最近は当てはまらなくなりつつあります。

いわゆる大手企業の大リストラが当たり前のように行われています。

そうした火の粉が自分には絶対降りかかって来ないと言い切ることが出来るでしょうか?

 

いわゆる大手企業に就職した人の中には

雇用が安定していると思って入社した人も多かったのではないでしょうか?

 

明日、自分が勤めている会社が退職者を募集する可能性はゼロではありません。

会社員だから収入が安定していると言うのは、実はいつ崩れ去ってしまうか分からない不確かなものと言えるかもしれません。

 

会社員のメリットとデメリット

それでは、会社員のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

まずはメリットから見てみることにしましょう。

 

メリット

・原則毎月安定した給与を得ることが出来る。
・休日や休暇を取ることが出来る。
・社会保険料の半分を会社が負担してくれる。
・クレジットカードやローンをスムーズに組むことが出来る。

 

デメリット

それでは、デメリットにはどんなものがあるでしょうか?

・仕事の結果が100%給与に反映されない。
・仕事の自由度が低く自分で仕事や上司、部下などを選ぶことが出来ないことが多い。
・会社の方針に原則的に従わなければならない。
・自分が期待している評価が得られるとは限らない。
・収入の上限が決まっている。

 

 

会社員として働くことによるメリットもたくさんありますが、その反面会社という枠組の中で働くことを余儀なくされていますので、様々な面において制限があるケースが多くなります。

収入面ではどれだけ稼いでも、会社の既定によって上限が決められていますので、その規定以上の収入を得ることは出来ません。

生涯年収枠は入社と同時に決まっていると言えます。

 

雇用されない生き方のメリットとデメリット

それでは、雇用されない生き方にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

最大の魅力はその自由度と収入に制限がない点にあると言えそうです。

会社という枠組の中で仕事をする必要はありませんので、仕事を自由に選ぶことが出来ます。

働く時間も自由に決めることが出来ます。

毎日決まった時間に決まった場所に出向く必要もありません。

 

収入に関しても給与規定は存在しませんので、

自分が働いた分に応じて収入を得ることが出来ます。

 

上限も下限も決まっていませんので、最低収入の保障はありませんが、

会社員として得ることが出来ない高収入を得ることも可能です。

 

自由度の高さは大変魅力的ですが、その分全ての結果に対して自分自身で責任を負うことになりますので、誰もフォローしてくれたりすることは期待出来ません。

 

自由度も高く高収入のビジネス

自由度も高くて高収入を得ることが出来るビジネスはないものでしょうか?

出来ればリスクも低い方が良いですよね。

そんな都合の良いビジネスがあればすぐにでも始めてみたいと思いませんか?

 

インターネットビジネスの中でも「アフィリエイトビジネス」は、誰でも始めることが出来る上に、手軽に高収入を得ることが出来ると注目を浴びているビジネスです。

インターネットにつながることが出来ればお持ちのPCなどですぐに始めることが出来ます。

既にこうした環境が整っているのであれば、初期費用ゼロで始めることも出来ます。

特に難しいテクニックも必要ありませんので、現在「アフィリエイトビジネス」を行なっている大半の方がインターネットビジネスは初めてという方たちです。

 

そうは言っても、インターネットビジネスが初めての場合、本当に自分に出来るかどうか不安に思ってしまうのも当然だと思います。

 

けれども、「アフィリエイトビジネス」で既に多くの方が成功して高収入を得ていますので、短期間で成功するためのノウハウは手を伸ばせば届くところに用意されています。

 

「アフィリエイトビジネス」は、ブログを定期的にアップするだけでOKですので、そのために費やす時間は数時間です。週末や移動時間などの空き時間に行なうことが出来ます。

 

そのため、軌道に乗るまで現在の会社員としての仕事を続けることが出来ます。

ある程度軌道に乗って収入が安定してから、会社員を辞めることが出来ますので、リスクも大変少なくて済みます。

 

新しいことを始めるのは何かと不安なものですが、現在の収入を確保したまま始めることが出来るビジネスという点も「アフィリエイトビジネス」の人気の秘密かもしれません。

 

「アフィリエイトビジネス」は始めてすぐに結果を出すことが可能なビジネスですので、数ヶ月後には雇用されない生き方に移行することも可能です。

いつ自由度の高い生き方にシフトするか決めるのはあなたです!

ぜひ僕の無料メルマガに登録して「アフィリエイトビジネス」を成功させるための方法を手に入れてみてはいかがでしょうか?

会社員としての不自由な生き方を見直して別れを告げるチャンスになるかもしれません。