「自分に向いてる仕事がわからない」「自分の適職って何?」と思う理由

就職活動などを経て、今の会社や職場で働いている方々の中には、「自分はこの会社や仕事、職業に向いていないんじゃないか」と疑問や不安を抱いている方々がいることだと思いますし、あるいははっきりと「自分はこの仕事(職業)に向いていない」と実感している方々も多くいることと思います。

 

 

また、そうした疑問や思いを抱いていることから、「この会社や仕事、職業が合ってないというのは、もしかして自分は社会不適合者であるのかもしれない……」というような思いを続けて考えてしまっている方もいるかもしれませんね。

 

 

これらの思いを抱いていれば、仕事が辛く思え、「今の会社や仕事を辞めたい……」という思いにも繋がってしまうものです。当たり前の話ですが、どんな人であったとしてもそれぞれの方々に合った仕事・職業というのはあるはずです。

 

 

ですが、「この会社や仕事に向いていないかもしれない」のように思っている場合、いくら誰にでも適職はあるとは言え、自分に向いてる仕事はどういうものなのだろうか、と自身に問いかけたとしても、答えがわからず「自分に向いてる仕事がわからない……」、「自分の適職って何だろう……」と途方に暮れてしまいませんか?

 

この記事では、選ぶポイントも含め、自分に向いてる仕事や職業を選ぶことについて、ご紹介したいと思います。

 

自分に向いてる仕事・職業を選ぶポイント

まずは、「やりたいと思えるか」というのを考えることが、自分の向いてる仕事や職業を選ぶポイントです。

 

 

ですが、いきなりこう言われても、「自分が何をやりたいかわからない」と思う方も多くいるはずですので、そのような場合は逆から考え、自分の性格や考え方、働き方や好き嫌いから「自分は何をやりたくないか」という観点で考えることも一つの手です。

 

 

例えば、見知らぬ人と話すのは苦手な性格の人の場合ですと、営業や接客業は難しいですし、机に座ってパソコンに向かい続けるのは気が滅入る、というのであれば、事務職などは不向きですよね。

 

 

そういった方向から、自分がやりたいと思えるものを絞っていくのも一つの手です。

 

また、これらのこととは少し方向性が変わることで、多くの方は「やりたいと思えるか」に関して仕事内容の側面からのみ考えがちですが、そればかりではありません。

 

 

「仕事内容以外っていうと、給料が安いところで『やりたいと思えるか』っていうこと?」と思われた方もいるかもしれませんが、そうではなく、「一緒に働きたいと思える人たちのいる会社や仕事か」という面、つまり人間関係から「やりたいと思えるか」を選ぶのもとても大きなポイントなのです。

 

人間関係から仕事を見ること

多くの会社や職場、仕事や職業において、深さや範囲の違いはありますが、人間関係が絡むことはほぼ避けられません。

 

仕事内容的には心からやりたいと思っていたものでなくとも、その周囲の人たちとの関係がかなり良好で、例えば仕事をこなしたらそれだけ認められたり、誰かの仕事を手伝ったら感謝の言葉が都度返ってくるような職場環境だったら、そこで働くのが楽しくなると思いませんか?

 

 

こういうところであるなら働く意欲が高まることで続けられて、初めは乗り気でなかった仕事内容でも「ここで働けて良かった」や「これは自分にとって適職だ」という思いを抱けるはずです。

 

 

逆に、人間関係がギスギスしていて、仕事をこなしても認められず、ほんの小さなミスと叱責の比率がおかしい上司がいたり、同僚も協力よりはライバル意識しか持っていなく、またこっちが仕事を手伝っても感謝の言葉もなく、むしろこっちが仕事を手伝ってもらおうとも拒否される、なんて職場だったら、いくら心からやりたいと思っていた仕事や部署であったとしても、きっと働く意欲は削られるはずです。

 

 

そうして働く意欲が削られたからこそ、「自分はこの仕事に向いていない」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

また、このような会社や職場の人間関係というのは、ストレスや心的な疲労とも大きく関係があります。

 

 

仕事をしていく中での、うつ(鬱)になってしまう原因は、性格や考え方にもよりますが、仕事で休みがない、というもの以上に、人間関係の問題でなってしまうことが非常に多いです。

 

 

先ほどの真逆の二つの例を見た場合、自分がその立場に立った時、どちらがストレスや心的疲労が溜まりやすいと思いますか?

 

断然、人間関係がギスギスしている方が、キツいですよね。

ですので、その会社や職場、業界などの人たちと自分は一緒に仕事をしたいか、というところから「やりたいと思えるか」を考えるのも、とても大きなポイントなのです。

 

「辞めたい」けれど「辞められない」と思うのなら

もし、「今のものが自分に向いてる仕事、職業ではない」「辞めたいな」と思い、転職をすることを考えるなら上記のポイントを参考にしてみてください。

 

 

また、今の仕事や会社を辞めたいとは思いつつも、辞められないな、という思いもあるのなら、まずはその辛い感情や心の逃げ道として、副業という形で他の収入を得ることを考えるのもアリです。

 

 

副業という形なら、今の会社を辞めるリスクや、転職活動をするリスクなどを負うことなく、別口で収入源を確保できます。

 

「辞めたい。けれど、辞められない」という逃げ道のない状況や心理は余計に気が滅入ってしまいます。

 

そういう気持ちに逃げ道を作ってあげることは大切なことで、その逃げ道として作ってあげたものでも収入が得られれば、一石二鳥ですよね。

 

そうして副業をし始めて、将来的にその副業一本で生活を送れるようになれれば、一足飛びで一石四鳥くらいになりますし。

 

そういった観点から、副業をオススメしたいのです。そしてその副業の中でもオススメなのが、「アフィリエイト」というものです。

 

アフィリエイトとは、そしてオススメのポイント

アフィリエイトはブログなどに好きな商品広告を貼り、その広告から誰かが商品やサービスを購入してくれたらその報酬として収入を得られる、というものです。

 

 

オススメのポイントは、このやり方の通り、株などのようなかなりの額の元手が必要ではなく、最低限必要なものがパソコンとインターネットの環境である点です。

 

 

また同様に株などのようなハイリスクなものでもない点もオススメできるポイントです。

 

肝心の得られる収入額についてですが、アフィリエイトで高収入を得ている人たちは、月に数百万円以上稼いでいる人がおり、このクラスの収入でも稼いでいる額で見ると中堅クラスの収入であると言われています。

 

 

ですので、将来的な本業に繋がる副業、という可能性の面でもオススメできるポイントです。

 

そして、アフィリエイトは、この記事で解説したものと密接に絡んでいるものがあります。

 

それが「人間関係」です。

 

アフィリエイトは基本的には自学自習していくもので、人間関係が絡む仕事ではありません。

 

ですから、会社や職場のギスギスとした人間関係がないところで働きたい、という方や、人間関係が原因でうつ(鬱)になってしまい人間関係でまた嫌な思いをしたくない方々などにもオススメできますし、冒頭で少し触れた「この仕事や職業は向いていない」や「自分に向いてる仕事がわからない」という実感から「自分は社会不適合者なのかもしれない」と思っている方に対してもオススメできます。

 

そもそも、社会不適合者とは「コミュニケーションが苦手」であったり「異常に時間にルーズ」などの特徴を持ち、一般的に流布される社会に適合できない人のことを言う言葉ですが、アフィリエイトはコミュニケーションが必要ない仕事ですから、そういった方々には場合によっては適職となれる可能性があります。

こういった点から副業としてアフィリエイトをし始めることをオススメします。

アフィリエイトの注意点

とは言っても、何事もそうですが、うまい話ばかりではないことをお伝えしなければいけません。

 

アフィリエイトは上手く稼げば、月に数百万円以上も稼げますし、実際に稼いでいる人たちが多くいるのは事実ですが、始めたばかりの時は月に数千円ほどしか稼げないものでもあります。

 

 

そして、その月数千円ほどしか稼げない期間を抜け出すのには、少なくない時間を要するものでもあります。

 

 

ですから、アフィリエイトで安定的で且つ高収入を得るためには、その月に数千円ほどしか稼げないことにも挫けない心、またその中でもコツやノウハウを身につけるための努力であったり、学び得ようとする意志や心を持って続けていくことが肝心で、必要なものでもあるのです。

 

 

そうして続けていくことで、先ほどの月に数百万円以上稼いでいる、成功者と呼ばれる人たちの中に入ることができるわけです。

 

難しいじゃないか、と思われたかもしれませんね。

確かに、簡単なことではありません。

 

 

ですが、挫けない心や、努力したり学び得ようとする心というのは、どんな会社や仕事に就いたとしても、必ず必要な心であるとも言えます。

 

 

仮に、転職などをする場合にもその心を持つ必要に迫られますし、そもそも現在働いている会社の仕事を覚えるなどの際にもそれらの心は持って臨んでいたはずですので、あなたは既に持っている心ですよ。

 

 

それに、その成功者と呼ばれる人たちも、例外なく全員がその道を通り、またこれらの意志や心を持ってやり続けて、その収入としてきたものですので、誰も通れない道ではないのです。

 

おわりに

確かに簡単なことではありませんが、アフィリエイトは人間関係という非常に重たい問題をクリアできる働き方でもあります。

 

ですから、これが適職だ、と感じる方も少なくないはずですので一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

こういったアフィリエイトに興味を持たれましたら、その一歩として、アフィリエイトの詳細などを知ることのできる無料のメルマガに登録することから始めることを合わせてオススメします。