「仕事がだるい・会社を休みたい」からの「会社を辞めたい」

日々繰り返される仕事の日々で、朝起きた瞬間からやる気が出ずに、「仕事がだるい……会社を休みたい……」と思ってしまうこと、毎日のようにあることかと思います。

 

特に休み明けであったり、連休明けの朝なんて、「ああ、会社が爆発四散しないかな……」というような思いを強く抱いているのではないでしょうか。あるいは、朝に感じている「仕事がだるい」という思いを、午後になっても引きずっており、一日中その思いの中で仕事をしている方もいることだと思います。

 

 

会社で働かなければならない日は毎日これらのように思い、また朝の出勤前だけでなく午後の仕事中においてもそういった思いを抱いているのなら、その思いから「仕事を辞めたい」という思いを続けて抱いてしまっていることでしょう。

 

 

仕事を辞めたくもなってしまう気持ちに直結する、「仕事がだるい」「会社を休みたい」という思いを解消する方法、また乗り越えたり乗り切るためにはどういった対処法があるでしょうか。

幾つかご紹介したいと思います。

 

仕事がだるく、会社を休みたい思いの解消法と対処法

精神論となってしまいますが、会社で働いている人はみんながみんなそういう思いを抱きながら仕事をしているんだ、と思ってやるしかない部分は確かにあります。

 

 

ほとんどの人が、大なり小なり、「仕事がだるい」「会社を休みたい」と思いながら会社に向かい、仕事をしていますので、そこで「自分だけじゃなくてみんなそうなのか」と仲間であることを意識することは大切なことだと言えます。

 

 

また、それらの思いから「仕事、嫌だな」とネガティブに思ったまま仕事に臨んでいると、仕事が増えた時などに「なぜ自分がやらなければいけないんだ」であったり、イライラや面倒くさいと思う気持ちを抱いてしまうもので、一日の間にそれが続けば、朝よりも午後になったらさらにイライラや面倒くさい思いが増してしまうことになりかねません。

 

 

そこを「仕事、嫌だな……でも、みんなそうだし、どうせやるものだから、やるか」とネガティブに思うことなくポジティブな気持ちで仕事に臨むことができると、心にかかる負担がかなり楽になります。

 

 

特に休み明けや連休明けは、仕事の生活に戻ることで仕事に対しネガティブな思いを抱きやすくなりますので、より意識的にポジティブな考えに持っていくことは大切です。

 

 

それに加えて、「仕事は給料を得るためのものだ」や「将来の自分のためだ」と思うことも、ポジティブなやる気を出すカンフル剤となってくれるかもしれませんね。

 

とは言え、これらは精神論の側面がかなり強く、よほどの鋼鉄の精神力を持っていないと、毎日こういったことでやる気を出すのはなかなか難しいものがありますよね。

 

他の解消法や対処法としては、仕事を忘れられる趣味の時間を大切にしたり、あるいは新しいことをし始めるのも効果があります。

 

仕事を忘れて趣味や自分の好きなことに没頭すれば、それだけ心はリフレッシュされますし、そういったことがない方には新しいこと、例えば新しい趣味を見つけたり、資格の勉強をし始めるなどといったことを見つけると、暗い気持ちや考えの良い抜け道となってくれます。

 

「仕事だるい」の原因が仕事内容や人間関係であるのなら

解消法や対処法を幾つかご紹介しましたが、そもそも、その「仕事だるい」と思うのが、現在の仕事に合っていないからであったり、会社や職場の人間関係の問題が原因である場合でしたら、異動をすることを考えることが重要かもしれません。

 

 

ですが、会社全体に流れている社風そのものと合ってないと思うのなら、異動したとしても、会社の社風自体が変わるわけではありませんので、そうした場合は転職という選択を考えた方がいいでしょう。

 

 

または、異動を聞き入れてもらえないような上司や会社である場合もありますので、そうした場合も同様です。ただ、転職をすることにはいくつかのリスクがあることにも注意を払ってください。

 

 

例えば、とりあえず今の会社を辞め、それから転職活動に臨む場合ですと、その間は収入が入らなくなってしまい、尚且つ転職活動の間にも生活費・転職活動に際しての費用もかかってしまうなどといったことから金銭的なリスクが生じてしまいます。

 

 

また、転職活動がすんなりとすぐに終わらないリスクもありますので、気持ちが追い込まれてしまったりする精神的な面でのリスクも生じる可能性もあります。

 

こういったもの以外にも、転職をする、という選択には様々な面で多かれ少なかれのリスクが生じますので、そこはよく考えるべきことです。

 

これまでを踏まえて、提案する一つの選択肢

以上の解消法や対処法をご紹介しました。

精神論であったり、リスクを考えて対処を取るように、などといった内容で「結局どうにもできないのか」と思われたかもしれません。

 

 

そこで、今までご紹介したことを踏まえて、一つの選択肢を提案させてください。「新しいことをし始めてみる」ということと「転職や異動をすること(のリスク)」の二つをクリアできるものとして、副業をしてみる、というのはどうでしょうか。

 

副業という今までやっていなかったものや、そのための勉強をし始めることは、新しい世界に飛び込むことで気持ちをリフレッシュできるかもしれませんし、また副業では収入を得ることもできることから、やる気ややりがいを新しく作りつつお金が入る、という一石二鳥なものにもなります。

 

 

そして、会社や仕事などが合わない方にとっても、まずは副業で別の収入源を作り、その副業で将来的に生活を送れるような収入を得られるなら、そこで会社を辞める選択を取ることもできます。

 

 

こういった側面のある副業という選択肢を提案します。また、それらに該当する副業としてオススメするとしたら、「アフィリエイト」というものを勧めます。

副業としての「アフィリエイト」

アフィリエイトというのは、ブログなどに広告を貼ることで得られる広告収入のことです。

 

基本的なやり方は、ブログなどを書き、そこに商品やサービスといった広告を貼ります。その広告から誰かが商品ページにアクセスをし、また商品やサービスを購入してくれたら、報酬が貰える、というものです。

 

 

副業、と聞くと、株などのようなハイリスクなものや、少なくない元手が必要なものを想像されるかもしれませんが、このやり方の通り、アフィリエイトに必要なものとしては、最低でもパソコンとインターネット環境の二つで、何か在庫を抱えて売買をするわけでもないのでローリスクでできるものなのです。

 

また同じ理由から、誰でも、どこでも、どんな年齢でもできるものである点もオススメできるポイントです。

 

そして、アフィリエイトでどれくらいの収入を得られるのか、についてですが、成功者と呼ばれている人たちは、月に数十万円や数百万円以上もの収入を得ています。

 

ただ、このクラスの収入を安定して得るまでには、少なくない労力と時間、そして頑張りが必要であるという点は同時にお伝えせねばなりません。

 

なぜそういった労力や時間などが必要であるかと言うと、最初のうちはアフィリエイトに慣れておらず、安定した収入・高収入を得るために必要なコツやノウハウ、スキルというものを身につけていないからで、それらを身につけるためには時間とそれに伴う経験値が必要なのです。

 

またそれには時間だけかければよいわけではなく、それらを身につけるために努力する心や挫けない心、学び取ろうとする意志が不可欠です。

 

「え、難しそう……」

これまで書いてきたことから、アフィリエイトってかなり難しそう、と思われたかもしれません。

 

実際、簡単なことではありませんが、ただ、努力する心・挫けない心・学び取ろうとする心や意志というのは、どんな会社に転職するのであっても、また新しく始めるどんな趣味においても必ず必要なものではないでしょうか。

 

 

アフィリエイトが違うのは、自宅でもできるもので、且つそれが収入を得られる特徴を併せ持っている、ということですから、その点に魅力や興味があるのなら、必要な心や意志はそれらと同じでありながら、アフィリエイトは多様なメリットを持っている働き方、と言えるかもしれませんよ。

 

 

それに、転職の代わりにせよ、新しい趣味として始めるものでも、コツコツと努力し、収入が堅実に増えていけば、やりがいや生きがいに繋がるはずですし、もちろん副業として始めたものを本業化する計画の実現にも近づくことになり得ます。

 

一歩を踏み出すこと

新しく踏み出す世界のことですから、怯んでしまったり、不安な気持ちを持つのは当たり前のことです。

 

ですから、今一番必要なものは、こうしたアフィリエイトという新しい世界に一歩を踏み出す勇気と言えるかもしれませんね。

 

 

その一歩を踏み出すのなら、まずは無料のメルマガに登録することから始めることをオススメします。

そのメルマガには、アフィリエイトでお金を稼ぐとはどういうことか、ということや、僕を含め成功者と呼ばれる人たちがどういうやり方・意識でやってきたか、その経験談や体験談などが書かれており、役に立つツールとなりますので、まずはメルマガの登録からしてみてください。

 

「仕事がだるい」「会社を休みたい」そしてそこから繋がる「会社を辞めたい」という思いの解消法や対処法として、それらの逃げ道や活路になってくれるかもしれないアフィリエイト、その可能性への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。