毎日、毎朝、仕事が憂鬱……辞めたい……

毎日、起きた瞬間から仕事が憂鬱で会社に行きたくない。

 

毎朝毎朝、満員電車に揉まれて出勤したり、渋滞と時計を見比べて運転をして会社や職場に向かうのが憂鬱すぎて嫌だ。

 

 

会社に着いて、仕事前の段階でもこれからの一日の仕事のことを考えると、ため息ばかり出るし、苦手な先輩やミスの大きさと叱責のバランスがおかしい上司との一日の人間関係を考えても、本当に嫌になる。

 

 

毎日の仕事や職場などに対し、これらのような思いを抱いている方はとても多くいることと思いますし、こういった思いに続けて「もう仕事を辞めたい」「この会社を辞めてしまいたい」と心の底から思っている方もまた多くいるはずです。

 

そういった仕事への憂鬱な気持ちや考え方を解消するためのポイントであったり、その対策といったものをここでご紹介したいと思います。

 

仕事への憂鬱な気持ちや考え方の解消や対策の方法

仕事を憂鬱に思えて辞めたくなる原因が、仕事の内容であったり、その職場の人間関係が起因となっているのなら(そして、実現可能であるなら)まず考えるのは異動させてもらうことはできないか、ということです。

 

 

なぜかというと、働く場所や部署を異動することができるなら、仕事の内容を変えることができますし、現在の職場の人間関係で悩んでいるならそれを解消できる可能性もある選択だからです。

 

 

ですから、異動ができる会社であるなら、上司にその旨を相談してみることをまず考えてください。

 

ですが、その上司との人間関係が悪く、相談することができないというのなら、そのさらに上の上司であったり、人事部といった存在に相談をするようにすると気持ち的にも楽になるかもしれません。

 

 

仕事内容や職場の人間関係が原因でない場合、例えば、そもそも社風などの働いている会社そのものから憂鬱に思ってしまうなどならば、転職という選択肢を考えるべきでしょう。

 

なぜ転職という選択肢になるかというと、社風や雰囲気というのは会社全体のもので、他の部署に異動したとしてもまるで変わることはありませんので、異動することは対策にならず、従事する会社そのものを変える必要があるためです。

 

 

ですが、転職活動をするという選択は、幾つかの注意点やリスクが発生するのを避けられないものであると肝に銘じなければなりません。

 

例えば、とりあえず現在の会社を辞めてから転職活動をする、とした場合、転職先が決まるまで収入が途絶えてしまうリスクが発生し、それは転職活動がもし長引いてしまった場合の金銭面、生活面での大きなリスクとなってしまいます。

 

 

他にも、決して良いとは言えない景気の世の中ですから、転職活動がうまくいかなかった場合は、追い込まれてしまったり、焦りを抱いてしまったりといった気持ちの面でのリスクも生まれてしまいます。

 

 

転職を選択する場合は、こういったものをよく考える必要があります。

 

会社の社風が馴染めないという気持ちに通じる部分も多少あるかもしれませんが、「会社に行って、また会社に従事して仕事をすること自体が憂鬱」であるとか「組織の中の一人として仕事をすること自体が嫌に思えて憂鬱になる」という人の場合は、会社組織で働くこと自体がそれぞれの方々の仕事観や働く意識と合っていない場合がありますので、会社で働く以外で収入を得る方法を選ぶことも対策の一つです。

 

 

収入を得る方法というのはなにも、会社に従事し、組織の一員として働くことだけではなく、会社で働くこと以外で収入を得て、生計を立てている方々は今も昔も多くいますし、何ら間違えた意識や考え方ではありません。

そういった選択を考えることも立派な解消法であり、対策です。

 

仕事の憂鬱さを解消したり、対策しないと……

上記のような仕事への憂鬱さを解消したり、対策しないで無理やり働き続けるのには大きなリスクがありますし、それは危険性の芽でもあります。そうして無理やり働いていると、ストレスが溜まって心の方に深刻な悪影響が及んでしまい、それは心の病を発症してしまうリスクである、ということとイコールです。

 

 

心が限界を訴えると、それは体の方に表れてきます。例えば、「微熱が続く」「下痢や腹痛に悩まされる」「眠れない」「午前中は体調が悪く、午後になると良くなる」などが心が訴える代表的な症状です。

 

 

また多くの人はこういった心が訴えている症状を、心の(精神的な)疲労が溜まっていることで起こっていると気付かずに、「体に疲れが溜まっているんだな」と勘違いして、栄養ドリンクを飲むなどの対処で無茶を強いてしまうものでもあります。そうして無茶を続けてしまい、心の病を発症する、というのが危険性の芽が育ってしまった後の悲劇なのです。

 

でも、仕事の憂鬱を解消したり、対策しろって言っても……

いくら解消や対策をした方がいいと言っても、異動もできないし、辞めることもできない、という方もいるはずです。

 

であるなら、とりあえず仕事を辞めることは置いておいて、副業という形で別の収入を作ることはどうでしょうか。

 

 

それでしたら、会社を辞めて転職活動などのリスクが発生することもありませんし、また違った仕事をすることが気分転換になる可能性もあります。

 

 

そしてもし、その副業として始めたものが将来的に、本業として生活を成り立たせられるものであるなら、現在の会社を辞められることにも繋がってきます。

 

 

ですが、副業と言っても、株取引などのハイリスクなものを勧めることはできません。

 

そうではなく、もっと堅実にコツコツと少しずつやっていける副業をオススメしたいです。

 

そうした副業としてオススメしたいのは、「アフィリエイト」という稼ぎ方です。

 

副業としての「アフィリエイト」

アフィリエイトとは、ブログなどに商品などの広告を貼り、誰かがその広告から商品などを購入してくれたら、その報酬が収入として入ってくる、という仕組みのものです。

 

 

このやり方の通り、最低限必要なものはパソコンとインターネット環境の二つです。

 

 

また、同じくこのやり方の通り、アフィリエイトは最低限この二つがあれば、いつでも・どこでも・誰でもできるものですので、解消法や対策の中で書いたような、「会社に従事すること」「組織の一員として働くこと」自体が嫌な方にもオススメできるものでもあります。

 

 

他のオススメポイントとして、アフィリエイトで高収入を稼いでいる人たちは、月に数十万円や数百万円以上ものお金を稼いでいますので、副業として始めたものを本業とできる可能性もある点です。

 

 

とは言っても、この点は同時に注意点でもありまして、アフィリエイトの収入は始めたばかりの時からある程度の期間は月に数千円ほどしか稼げなく、すぐに数十万円や数百万円クラスの高収入を安定的に得られるものではありません。

 

 

それらを実現するためには、アフィリエイトというものに慣れ、また高収入を安定的にさせるためのコツやスキルを身につける必要があり、それらを身につけるために低収入でも挫けない心や努力する心、学び取ろうとする心を持つことが大事なのです。

 

ですが、言い方を変えれば、それらの心を持つ必要があるのは、どんな会社や仕事であっても変わりありませんよね。

 

また、株取引のようなハイリスクなものではない、ローリスクで、少しずつ堅実に努力し、コツコツと積み重ねていくことでやがて成功を収めることのできる働き方、とも言い換えられます。

 

 

確かに、月に数十万円や数百万円クラスほどの高収入を、安定的に得られるまでには時間がかかるものですが、アフィリエイトは、会社に従事し組織の一員となることなく、異動や辞職をすることができない状況の中でもリスクを負うことなく地道にやっていける働き方・稼ぎ方です。

 

 

そして、アフィリエイトで別口の収入源を作ることは、心の健康面にも好影響を与えられる可能性がありますし、少しずつ収入が増えていけばそれはやる気ややりがい、生きがいに繋がるものでもあります。

 

こういったポイントから、副業を、そしてその中でもアフィリエイトをオススメしたいです。

 

おわりに

このようなアフィリエイトに興味を持たれましたら、まずは無料のメルマガに登録することから始めるのを合わせてオススメします。

 

メルマガでは、初心者さん用にアフィリエイトの始め方講座や、アフィリエイトでお金を稼ぐというのはどういうことか、アフィリエイトで高収入を稼ぐ人がどうやってきたか、実際に僕の手法を配信していますので、ぜひここから始めてみてください。

 

毎日の仕事が憂鬱で、もう仕事を辞めたい……そんな悩みや悲痛な思いを解消させるための対策を取ってあげてください。

あなた自身のそうした気持ちや言葉が、あなたの心を救ってあげられるのです。