「一生懸命やっているのに、仕事がうまくいかない。」

「人付き合いが苦手で仕事に支障が出てる…。」

「生きるのが辛い…。しにたい…。」

「自分は社会不適合者かも?」

 

 

仕事がうまくいかないうえ原因もわからないとなると、社会不適合者ではないかと疑ってしまいますよね。

 

 

そこで、

社会不適合者の特徴はなにか、

適した職業はあるのか、

現代の日本において社会に出ると苦労する方の特徴や適職についてまとめました。

 

是非前向きになれるように参考にしてください。
 
▼このブログの管理人プロフィール


 
⇒プレゼント付きアフィリエイト無料メルマガ講座
 

そもそも社会不適合者とは?


社会不適合者とは、

その名の通り『社会に適合できない人』ということになります。

 

もっとわかりやすく言えば、社会に出る=仕事をする、

ということになるので、仕事をする上において重大な欠陥があり、

会社や同僚、周囲の人に迷惑をかけてしまうという人になります。

 

『自分は社会不適合者だ』とまでは思っていなくても、

 

仕事が全然うまくいかない

いつも怒られてばかり

友達もいないし相談できる人もいない

結局仕事が長続きしない

 

という方は社会不適合者と呼ばれてしまうかもしれません。

 

逆に言えば、仕事が好きで一生懸命頑張っているけど思ったほど成果がでない、

だけどやりがいはある、上司や同僚とも仲が良い、

という人は、たとえ仕事があまりできなくて悩んでいても社会不適合者ではないでしょう。

 

社会不適合者は、仕事に魅力を感じない、

仕事をする意味すらわからない、会議や商談はもちろん、同僚ともろくに話ができないのです。

 

口を開けば会社の愚痴、同僚の愚痴ばかり、

自分が仕事ができないのは会社のせい、とまで思っているのでしょう。

 

もちろん、誰でも『うちの会社はブラック企業だ』

なんて愚痴を言う事はありますけど、それでも仕事は辞めずに続けられます。

 

それは仕事が嫌い、といってもどこか楽しい事があるからでしょう。

社会不適合者はその楽しい事すら見いだせない、見出そうとすらしないのです。

 

結局、社会不適合者がいると、周りの人たちも気分が悪くなりますし、迷惑もかけてしまいます。

それでますますその人への対応が悪くなってしまい、どんどん悪い方向へと進んでしまうのです。

 

実際、社会不適合者は一括りにはできないものですが、

社会に出ると自分はもちろん周囲も苦労する、

職場になじめない、仕事・職場が向いていない方の事を指す事が多いです。

 

育ってきた環境もあるでしょうが、

必ずしも本人だけが悪いというわけではありません。

 

人間は千差万別、いろいろな特徴の人がいますので、

結局のところ、社会・職場に合う、合わないもその人の特徴によって変わってきます。

 

ですから、社会不適合者だから、

どんな仕事でも無理、というわけではないことを頭に入れておきましょう。

 

社会不適合者にみられる特徴

そもそも社会不適合者とは、社会の一般的な要求に応えられずに社会適合するのが困難な人のことです。

 

要するに「社会に上手くなじむ事ができない」「社会生活をしていく中で困難を極める」人です。

 

社会不適合者といっても、一括りにできません。

ただ、一般的に“社会不適合者”と言われる人には共通する特徴もいくつかあるようです。

 

では具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

社会不適合者と思われる人の特徴をあげてみます。

その特徴がある人は社会不適合者だ、ということではありませんが、参考までにチェックしてみるといいでしょう。

 

空気が読めない

仕事を円滑に進めるためにはチームワークが必要です。

その場その場で対応していくためにも相手の考えていることや空気を読む必要があります。

人の気持ちに鈍感な人の場合、場の空気を読むことが難しく感じられてしまうようです。

 

極端に時間にルーズ

日本の社会は特に時間に厳しいです。

ほとんどの会社が始業時間が決まっており、

1分1秒遅れただけで“遅刻”となり非難されます。

 

ましてや、大事な会議、商談に遅れるなんてとんでもないことです。

それだけで上司からきつく絞られてしまうことでしょう。

就業時間に5分でも遅刻すれば上司から怒られ、場合によってはボーナスをカットされたり、クビになってしまう可能性もあります。

 

とはいえ、日本人なら小さい頃から時間に対してはきっちり教えられてきています。

 

恋人とのデートや友達との待ち合わせ時間に遅れる事はあっても、

仕事に遅刻することはほとんどないでしょう。

 

もちろん、何らかの理由でたまに遅刻することはあっても、

遅くとも5分前には到着しているハズです。

 

ですが、社会不適合者は仕事に対しても極端にルーズです。

これは責任感のなさからくることかもしれませんが、

1分遅れたって何も変わらないと考え、自分の生活を一番重視してしまいます。

 

結局毎日のように遅刻し、

周囲からは『時間も守れないいい加減な人』というレッテルを貼られてしまいます。

 

社会にはルールがあり、時間を守るのもルールの一つです。

社会不適合者は「時間は守らないといけない」「人を持たせるのは失礼」という概念がありません。

どれだけ注意しても治らない人は社会不適合者の可能性があります。

また、それを守れないのはやはり社会不適合者でしょう。

 

人とのコミュニケーションが苦手

積極的にコミュニケーションをとることが苦手なのも特徴の一つです。自分から話かけようとせず、黙々と作業するのが好みです。

 

・自分の話ばかりしている

・相手と目線を合わせられない

・自分から話しかけることがない

など、周りと意思疎通を図ることが苦手な場合です。

 

会社でうまくやっていくには、周りの人から意見を聞いたり、質問があれば自分から聞いたりすることが必要になってきます。

 

コミュニケーションがとれないと、一緒にやりにくい人だと思われてしまいます。

 

 

他人を信じられない(人間不信)

社会不適合者は『信じられるのは自分だけ、

他人はまったく信用できない』と思っている人間不信の人が多いです。

 

友達が少なく、ひとりで行動することが多い傾向にあります。

人を信用してない場合もありますし、他人には全く期待していないケースもあります。

他者と共存できないというコンプレックスを抱えているので、一人で物事を進めます。

なかには、信頼する人に裏切られた過去がトラウマになっている人もいるようです。

 

人見知りや初対面の人と話をするのが苦手、

緊張して上手く話ができないという方はいますが、

たいていの人は付き合っていくうちにだんだん仲良くなって意気投合していくものです。

 

社会不適合者も他人と話をするのは苦手ですが、

緊張して話ができないのではなく、他人をまったく信じていないために話ができない、したくないのです。

 

社会生活を送る上では、仕事でも私生活でも一人では決して生きていけないものです。

相手を信じていなければ、自分の意見も言わないでしょうし、

相手の意見に耳を傾けようともしません。

 

そういったコミュニケーション不足が仕事の上では大きな失敗に繋がり、

職場に居づらい雰囲気を作り出してしまうのです。

自分を信用していない人と一緒に仕事をしたいと思う人は少数です。

 

仕事が続かない

社会不適合者は仕事が続きません。

しかも1週間や1ヶ月程度で辞めてしまいます。

仕事はみんなで協力して進めるものなので、社会不適合者にとっては苦痛でしかありません。

その為誰との会話をしなくていい作業員や日雇いバイトをするケースが多いです。

正社員や派遣社員として継続的に働くのは困難なようです。

 

 

虚言壁がある

日曜的に小さな嘘をつくのはお手の物です。

社会不適合者は自分を大きく見せたくて嘘をつきます。

しかも誰でもわかるような、あきれてしまう程の嘘です。

 

 

極端にマイペース

時間を守れない、いつも遅刻する、ルールが守れないなど、周りのペースに合わせらない。

 

会社では時間通りに人が動きますから、周りの人からは「無責任なやつ」と思われていまします。

 

 

ウソをつくのが普通である、思い込みが激しい

いわゆる「虚言癖」があるタイプの人です。

意識せずに嘘をついてしまいます。

 

「明らかに嘘」と悟られてしまう可能性も高いので、周りから信用されなくなります。

 

自信過剰で誰に対しても上から目線

社会不適合者とは、

どこか仕事ができない、自分に自信がない、

というイメージがありますが、そういう人ばかりではありません。

 

自分では社会に適合していると思っていても、

周囲からは不適合者と見られてしまう人もいます。

 

社会不適合者の特徴としては、

自信過剰で誰にでも上から目線、プライドが高く特に下のものに対しては見下して酷い扱いをするのです。

「自分は優れた存在だ」「みんなが間違っている」という考えがあるようです。

 

極端な話、自分以外はダメ人間と思ってしまうのです。

人を見下した話し方をする、ついダメ出しをしてしまうなど、いつも自分が正しいという視点から話をしてしまう。

 

周りからすると、あの人はいくら良くても認めてくれないし、馬鹿にされるので一緒に仕事をしたくないと思われてしまいます。

 

そのため、自分より下と思ったら年齢・立場も関係なく、

『だからきさまはダメなんだ』とか

『お前と一緒にいたらこっちまで悪く見られる』なんて事を平気で言います。

 

本来『実るほど頭を垂れる稲穂かな』のように、

人間ができている人ほど誰に対しても優しくできるものですが、

地位や名声を利用して下の立場の人を見下すのは社会不適合者でしょう。

いるだけで周囲の空気を乱してしまいます。

 

その他にも

プライドが高い

 

など特徴がありますが、要するに

社会になじもうとしない

人と交わりたくない

という自己中心的な人

それでいて自分の考えは間違っていないという頑固な人が社会不適合者となる事が多いです。

 

時間にルーズなのも社会になじもうとしていないからであり、

それでも自分は間違っていないという思いがあるからです。

 

挨拶ができない、仲良くなれないのも人と交わりたくない、他人を信じていないからでしょう。

自信過剰で上から目線だからこそ、挨拶もせずに、平気でうそをつくようになるのです。

 

社会不適合者かどうか診断テスト

 

どんなシチュエーションで社会不適合者の特徴が出やすいのでしょうか?

 

それでは、あなたの「社会不適合者度」をチェックしてみましょう。

 

①ルールを守る意味が分からない

②毎日決まった時間に仕事をする意味が分からない

③働く意義を見出せない

④休憩時間、ランチタイムは一人でいたい

⑤飲み会や慰安旅行には絶対参加したくない

⑥大人数が苦手

⑦アイディアが非現実的すぎる

⑧人と仲良くできない

➈先輩や上司を尊敬でいない

⑩テンション高い人が苦手

⑪反対意見ばかりいいたくなる

⑫会社に尽くすという感覚を理解できない

⑬2~3日お風呂に入らなくても平気

 

上記の質問に8個以上当てはまる場合は社会不適合者の可能性があります。

 

 

他にも「社会不適応チェックリスト」なるものをみつけました。

 

ただし、参考程度にとどめておくのがよいかと思います。

 

紹介されていたサイトはこちらです。

https://magazine.gow.asia/column/life/1646/

 

 

今どきは飲み会が嫌いな人も多いって聞きますし、親と一緒に住んでいるのもそう珍しいことではないはず・・・。

 

このチェックリストで社会不適合者か否かを決めることは、むずかしいような気が・・・。

 

 

ただ、質問を変換させてみると、自分の特徴や苦手な面を知ることができます。

「あ、自分ってこうだったんだ」という発見もあるかと思います。

 

各項目を別の言葉に変換してみますね。

 

 

1.制服が似合わない

→みんなと同じじゃイヤなんです

 

2.朝礼の意味がわからない

→時間にしばられず、自分のペースで働きたい

 

3.休憩や昼食はひとりがいい

→ひとりでいる方が気楽です

 

4.企画にリアリティがない

→思い込みが強すぎるかも

→しかし、オリジナリティにあふれている

 

5.大人数が苦手

→大勢中にいると、何を話していいのかわかりません

→コミュニケーションが苦手です

 

6.先輩や上司が敬えない

→つい上から目線で見ちゃいます

 

7.飲み会が嫌い

→人付き合いは面倒です

→コミュニケーションが苦手です

 

8.社畜の同僚が嫌い

→自分の生き方が正しいと思います

→上から目線で人を見てしまう

 

9.盛り上がっている人が苦手

→どう接していいのかわかりません

→コミュニケーションが苦手です

 

10.視線が気になって休憩所に行けない

→何か嫌なことを言われるんじゃないかと不安です

→他人を信じることができません(人間不信)

 

11.1日くらいはお風呂に入らなくても平気

→めんどくさいし、まぁ明日でもいっか

→マイペースで過ごしたい

 

12.親と一緒に住んでいる

→面倒なことはしたくない、楽をしたい

→マイペースな生活を送りたい

 

13.他人がほめられているといやだ

→自分だってほめられたいし、自分こそほめられるべき

→自分の方が優秀だと思っている(プライドが高い)

または

→うらやましい、どうせ私なんかほめられやしない

→他人より自分が劣っていると感じている(劣等感をもっている)

 

 

自分自身のことがわかると、対処法を考えるきっかけにもなるかと思います。

 

例えば、こんな感じです。

 

・どんな言葉がけだと上から目線になるのか、調べてみよう。

・どうして上から目線になっちゃうんだろう、プライドが高い?それとも劣等感のせい?

・カウンセリングに行ってみようかな・・・。

・スマホのリマインダー機能を使って、時間を管理してみよう!

 

 

それでもつらさを感じる場合は、職業そのものを見直してみてはいかがでしょう?

 

辛い心を軽くする対処方法

社会不適合者というレッテルを貼られると、きっとそれは辛いはずです。

そうでなくても、仕事に行けば誰とも話もせず、仕事もろくにできない、そんな状態では仕事を辞めたくなってしまうのも無理はありません。

 

仕事を転々とすればするほど、

『自分は社会不適合者だ、ダメ人間だ』と自分を責めてしまうことでしょう。

 

確かに、しっかり仕事をして同僚や友達と協力している人が多い人が多数派ですから、そうできない少数派の自分が嫌になってしまうことでしょう。

 

ですが、人それぞれ性格も違えば得意・不得意もあります。

仕事になじめない、という人はただそういう性格だ、ということです。

 

仕事に対しても向き・不向きがあり、

心が辛いのはきっとその仕事が自分に向いていないからです。

 

一般的な仕事ができる人間が “まともな人間” と思うこと自体間違っています。

 

『俺はまだ本気を出していないだけ』という映画がありますが、

主人公はマンガ家を目指してはいるものの、一般的に見たら社会不適合者です。

 

言い換えれば「型にハマったサラリーマンが嫌だ」と思って何かをしようと思っている人の多くは社会不適合者ということになってしまうでしょう。

 

ですので、そういう辛い心を軽くするためには、自分に向いていない仕事を続けるのではなく、まずは自分にあった仕事を見つけてみることです。

 

社会不適合者と言われる人でも、きっと“コレ”という仕事が見つかるはずです。

 

まずは、今辛い気持ちでいる人は

『自分には合わない仕事・生き方だから』と割り切ることも大切です。

 

まさに“俺はまだ本気を出していないだけ”というちょっと気楽な気持ち、ポジティブな考え方をしてみるのも一つの方法でしょう。

 

 

社会不適合者の就活方法

社会不適合者は、なかなか仕事が長続きしない、

すぐに辞めてしまう、という方が多いのではないでしょうか。

 

そういう方は仮に新しい職場が決まるまで

コンビニや引っ越し業者などでアルバイトをしたところで、同じ事です。

おそらくすぐに辞めてしまうことでしょう。

 

でも生きて行くためには働いてお金を稼がなければいけません。

もしかしたら、常にいつも就活中と言う方もいるかもしれません。

 

では、そんな社会不適合者の人は、

これから新しい仕事をするのに、どんな就活方法があるでしょうか。

 

就活方法はいろいろありますが、一つだけ言えるのは、これまでと同じような会社勤めを目指してはいけない、という点です。

 

社会不適合者の中には、自分には自信があり、“悪いのは会社”と思う人もいます。

 

なので『大企業なら自分の力が発揮できるはず』もしくは『小さな会社の方が自分の実力を発揮できる』と思う方もいるでしょう。

 

ですが、どんな会社でもルールはあり、それに従わない、従えないような人はどんな会社に就職しても同じ結果になるだけです。

 

むしろ大企業になればなるほど、その影響は大きいはずです。

結局、社会不適合者は人に使われる会社勤め自体が向いていないのです。

結局、同じことの繰り返しになり、ますます自分が嫌になってしまうこともあります。

 

“悪いのは会社”という考えを肯定するわけではありませんが、

社会不適合者が仕事が長続きしないのは、やはりその人に合っていない仕事だからです。

 

言い換えれば、自分の性格、能力を生かした仕事に就けていないだけです。

 

ですので、まずは、自分にはどんな能力があるのか、

これまでの会社では何で失敗したのか、何がダメだったのか、を見つめ直してみましょう。

 

それを知らないうちはいくら就活しても同じ結果が待っているだけです。

厳密に言えば“会社が悪い”のではなく、“仕事が自分に合わない”のですから。

 

例えば、時間にルーズで、いつも遅刻する、

それでトラブルになっているようなら、自由に出勤できるフレックスタイムの仕事、

人と会うのが苦手ならパソコンを使ったネット上での仕事もあります。

 

また、何か資格や特技、経験があるなら、

人に使われるのではなくいっそのこと自分で起業する、なんて選択肢もあります。

 

ただ、それらの仕事にもメリット・デメリットがありますから、

その点をよく見極めて就活しなければいけないでしょう。

 

社会不適合者の生き方はどうすればいい?就職活動から・適職を解説

社会不適合者の自覚があっても落ち込む必要はありませんよ。

必ずあなたにぴったりな仕事は見つかります。

 

それでは、社会不適合者の適職とはどんな仕事でしょうか。

仕事につくときに優先して頂きたいのが実力が反映される環境かということです。

 

例えば開発であったり、製品管理であったり、人と関わる事よりも何かに熱中できる仕事をおすすめします。

また、社会不適合者は空気を読むことが苦手です。

 

こうした図々しい精神力があるからこそ、自分に向いている仕事で道を切り開けるパワーがあると考えられます。

 

自分自身の特徴や苦手な面を知ることができれば、「どんな観点から仕事を選べばよいか」がみえてきます。

 

自分の興味にそって、自分に合う仕事選びをしてみましょう。

 

 

<適職を探す際のポイント>

・好きな分野である

・一人でもできる

・マイペースにすすめられる

・人とのやり取りが少ない

・1対1のやりとりを中心にする

 

<具体的な職業>

【WEBコピーライター】
昔は会社勤めが一般的でしたが、今は仕事の選べる幅が広がっています。

WEBライターはインターネット上で商品を売るような文章を書く仕事です。

 

これを専門として独立する人も増えています。

WEBコピーライターになるにはまずスキルを身に付けることが必要になりますが、学校に通う必要もないので、独学で覚える事ができます。

最近だとクラウドソーシングサービスを活用すれば今すぐにでも仕事ができます。

 

【カウンセラー】

社会不適合者という名称は聞くことは少ないでしょうが、実際にそれに近い人はいます。

そしてそういう方は最近の若者に増えてきていると言われます。

そういう人達の悩みは、一般の人には理解できませんし、理解しようとすらしないかもしれません。

 

ですが、同じ境遇の人なら、きっとその人の気持ちが理解でき、解決策も見つかるはずです。

そういった人達に対するカウンセリングの仕事も向いているのではないでしょうか。

 

人の話をじっくり聞くことは社会不適合者に向いています。

特にプライドの高い目立ちたいタイプの方には適職です。

悩みを持つ多くの人は、社会との関りに問題を持っている場合うが多いです。

同じように苦い経験をしたことを話すことで、同じ境遇の方にしっかり寄り添って問題解決に導くことができるはずです。

 

もちろん、そのためには、自分自信が苦しんでいる状態ではそうはいきません。

もしも、社会不適合者としてのレッテルを貼られてしまっても、何かの仕事を続けてきた、やり遂げたという方は、その経験を伝えることでもきっと心の支えになるはずです。

 

もちろん、そういった仕事に就くためには、実際に自分もカウンセリングを受けたり、その勉強をする必要があるでしょうから、その行動自体が自分のためにもなります。

 

 

【起業家】
起業家は社会不適合者に最も向いている仕事です。

会社という大きな組織を動かす揺るぎない自信とチャレンジ精神が必要です。

大きなことを成しえるには、自信と常に前向きに進もうとする意志と大胆さも大切です。

自分に自信のある方には適職です。

 

 

【代行ビジネス】
リスクなく起業しやすいのが代行ビジネスです。

名前の通り誰かの代わりに何かをしてあげるビジネスです。

 

代行ビジネスは普通の人では思いつかないし、やろうとも思いませんよね。

しかし、社会に適さない人ほど思いもつかないアイディアを思いつきますし、大成功します。

 

 

【フランチャイズ】
これはある程度資金がある必要があります。

フランチャイズとは「のれんわけ」のことです。

 

コンビニやファミレス、チェーン店のオーナー店長になることができます。

 

最近では貴金属やブランド商品などを買い取るビジネスが人気です。

理由は立地にも左右されず小さなスペースで企業できるので初期投資も抑えられます。

一人からでも気軽にできるのでおすすめです。

 

【プログラマー】
プログラマーもおすすめです。

基本的には仕様書に従ってプログラミングを使いながら黙々と作業していく仕事なので、人間関係の悩みも少ないです。

 

しかし、この仕事には厳しい納期が設けられることも多いので時間にルーズな方にはおすすめできません。

 

 

【デザイナー】
しっかりデザインの目的さえ確認しておけばあとは一人で黙々と仕事をする事ができます。

デザイナーが携わる領域も広がっているので将来性のある仕事です。

アイディアが豊富だったり、柔軟な発想ができる方におすすめの仕事です。

 

 

【アフィリエイター】

あなたのオリジナリティや個性が武器になる可能性も。

自分のペースですすめられますし、人とのやり取りも少なく済みます。

 

【投資家】

今は株式や為替などに投資して小遣い稼ぎをしている人もいます。

相当稼いでいる人もいるようです。

 

ただ、投資は一分一秒を争うので、仕事の片手間でできるものではありません。

逆に言えば、会社勤めをせずに家にいる人ほど向いていると言えるでしょう。

仕事になじめずやめてしまった、また転職を繰り返しているような人は、むしろ投資を生業とするのも一つの選択肢かも知れません。

 

もちろん、それなりのお金や知識、経験が必要ですが、これも一つの選択肢でしょう。

最近では仮想通貨でかなり儲けを出した人もいます。

 

これも投資ですから、いろいろな情報を入手してやりくりすれば、生活していくだけの稼ぎは得られるかもしれません。

実際にこれを仕事としている人もいるのですから、できないことはないでしょう。

 

【自営業、フリーランス、起業】
仕事に対して自信がある、自分はできると思っている方、それでいて時間に縛られるのが嫌だという方に向いているのが、自分で仕事を始める、まさに自営業やフリーランスという職業です。

 

自分が思った通り、やりたいようにできますし、仕事の内容によっては時間だって自分で自由に決められます。

 

少なくとも他人の目を気にすることはありませんし、上司や部下と言ったわずらわしい関係からも解放されます。

基本的に自分の思う通りにできます。

 

もちろん、仕事の内容によってはまったく人づきあいがないわけではありませんが、会社勤めをするよりは人とかかわる事は極端に少ないでしょう。

 

また、自分で仕事をすることで、自分の欠点を再認識させられることもありますし、やらなければいけないという責任感も出てきて、知らない間に性格までも変わっていくこともあるでしょう。

気が付くと、もう社会不適合者ではなくなっているかもしれません。

 

一般的に起業する場合、たとえ自分に能力がなくてもスタッフが有能ならやっていけます。

ですが、そもそも人との関わりが苦手なために起業するという社会不適合者はきっとスタッフともうまくやっていけないでしょう。

 

ですので、そういう方が起業を考えるなら、とりあえず自分一人だけでもできる仕事を立ち上げるべきでしょう。

そのため、単なる自信過剰では失敗する可能性が高いですし、少なくとも起業してやっていけるだけの能力・技術は必要でしょう。

 

例えば、自動車整備関係の仕事に就いていたなら、自分で工場を立ち上げる、調理師の資格と経験があるなら料理屋・居酒屋を始める、というのならやっていけるでしょう。

最近ではパソコン一つで起業できるネット関連の会社もありますから、パソコンのスキルがある方はちょっと勉強して起業することもできるでしょう。

 

社会不適合者におすすめの変わった仕事とは?

【ライター、クリエイター】

社会不適合者は人とは違う能力が備わっていることがあります。

興味のある事に対してはとことん追求できる方が多く、そちらの方面で能力を発揮できる人もいます。誰にも縛られず、黙々と仕事ができるのがライターやクリエイターです。

そのほとんどがパソコン一つあればできますから、特異な能力を使えばきっと素晴らしいライターやクリエイターになれることでしょう。

 

もちろん、中にはそんな特別な能力はない、ただ人と接するのが苦手なだけという方もいます。

そういう方でも最近は在宅ワークで気軽にライターもできます。

これも慣れが必要かもしれませんが、きっと会社勤めよりもリラックスできて仕事ができるはずです。

実際に何の知識がない状態からでもできる場合があります。

【ブロガー、ユーチューバー】

社会不適合者は、人と交流すること、話をするのが苦手でしょう。

ただ、だからと言って何も考えていないというわけではありません。

 

むしろ、他人と話す事が少ないため、自分の中ではいろいろな発想、考えを持っているはずです。

中にはその考えを口に出すと非難される、ドン引きされるから口を閉ざしている、なんて人もいるでしょう。

そういった方の適職としてはブロガーやユーチューバーがあります。

 

ブロガーは多くの人が呼んでくれるブログを、ユーチューバーは多くの人が観てくれる動画を作って、それにより広告収入を得るという新しい働き方です。

 

むしろ、今人気のブロガーやユーチューバーのほとんどは副業ではなく本業としてやっているでしょうし、会社勤めよりも稼いでいる人もたくさんいます。

そして、全員とは言いませんが、ほとんどの人はおそらく『社会不適合者』なのかもしれません。

 

ユーチューバーなどは『子供がなりたい職業』の上位にランクインするほど人気の職業です。

もちろん、簡単に利益が出るものではありませんし、本業の片手間で稼げるほど簡単なものではありません。

だからこそ社会不適合者に適した仕事なのでしょう。

 

【マンガ家】

社会不適合者の中には、マンガを読むのが好きと言う方もいるはずです。

というか嫌いな人はいないのではないでしょうか。

 

むしろマンガが好きすぎて仕事に行くのが嫌になる、なんて人もいます。

そんな方はマンガ家を目指すというのも一つの選択肢です。

マンガ家は自分のペースで書けますし、自分の世界に入り込みやすい人、妄想癖がある方ほど向いています。

 

もちろん、有名マンガ家になればアシスタントを雇うことになりますが、そこまでじゃなくても生計を立てることもできるでしょう。

 

また、実際に有名マンガ家でもアシスタントなしで書いている人もいます。

おそらくマンガ家の多くは、会社勤めができない、もしくは向かないでしょう。

今のマンガ家は絵が書けなくても原作としての道もあります。

 

逆に物語を考える能力がなくても絵が書ければ作画としての道もあるのです。

絵を描くことが好き、マンガが好き、という方は思い切ってマンガ家を目指すのも一つの手です。

 

副業から起業を目指すのもアリ

仕事がやる気が出ない、長続きしない、特に何の取り柄もないから起業なんてもってのほか、そう思っている人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、自動車整備士、調理師、理・美容師、などのように、手に職を持っている人なら、雇われるのではなく自分で起業するという道もあります。

 

ですが、これまでの職歴によっては、起業できるようなスキルは何も身についていない、という方も少なくないでしょう。

 

また、豊富な人脈でもあればそれを生かして起業、なんて事もあるでしょうが、そもそも人と関わりあうのが苦手な方は豊富な人脈もないでしょう。

 

結局、生きるために続かない仕事を転々としている社会不適合者もいるのではないでしょうか。

 

ただ、これまでの職歴がそうだっただけであって、何も能力がないとは言い切れません。

自分でもわからない隠れた能力がある、なんてこともあります。

とはいえ、何が向いているのかわからないでしょう。

 

そんな時は、まず副業として何かを始めてみるといいでしょう。

副業というと、昔なら“内職”というほとんどお金にならないようなボールペン作成などのような軽作業が多かったですが、

最近は“在宅ワーク”といったパソコンを用いて行うライティングや情報収集、入力作業、ホームページ作成などもあります。

 

初めてという方も少なくないでしょうが、こういった副業から、今度は起業して逆にそういった在宅ワークをする人を雇う、なんて事も可能です。

 

まったくの未経験では先が知れますが、そういった副業をしていればれっきとしたスキルとして身に就いてくるでしょう。

 

ホームページを作成できるスキルがあれば、ホームページ作成会社などを立ち上げる事も出来ますし、逆にそれを教えるスクールを運営することだってできるでしょう。

またライティングの能力が高くなれば、

WEBライターとして起業することもできるかもしれません。

 

また、ハンドメイドで何かを作る副業をしていれば、その能力を生かして今度はインターネット上でショップを作ることもできます。

店舗を構えるのも、インターネットショップを立ち上げるのも同じですから、これもれっきとした起業です。

 

副業から起業を目指すメリットは、失敗が少ないということでしょう。

副業として稼げていなければ、起業しようなんて思わないでしょうから、それなりの収入は得られるはずです。

そしてなんといっても自分に合った仕事になるでしょうから、長続きもします。

 

死ぬなんて考えたらダメ!社会不適合者の生き方とは?

職場に馴染めず、一日中誰とも話をしない、仕事では失敗だらけ、もう生きているのが嫌になってくる、という人もいるのではないでしょうか。

 

社会不適合者でも、自信過剰で他人の事は見向きもせず自分勝手に生きている人であればいいですが、ほとんどの人は毎日苦しい思いをして生きていることでしょう。

 

仕事を辞めて再就職し、今度こそ頑張ろうと思っていても、結局同じことの繰り返しになってしまうことも多いでしょう。

 

家族からもいろいろ言われると、家にも居場所がない、なんてことになり、『自分はダメ人間だ、生きている価値なんてない』と思ってしまうかもしれません。

 

確かに、辛い日々を過ごしていたら、将来への希望も感じられないのかもしれませんが、それでも死ぬなんて考えてはダメです。

 

世の中には同じように社会不適合者と言われる人はたくさんいますし、その中にはそれでも充実した毎日を送っている人もいます。

では、そういう方はどういう生き方をしていけばいいのでしょうか。

 

まず大切なのは、無理をして『社会適合者』を目指す必要はない、ということです。

 

社会適合者を目指そうとするから苦しい思いをするのです。

人それぞれ生き方は違いますから、社会不適合者は社会不適合者なりの生き方をすればいいのです。

 

世間一般的には『社会適合者は善、社会不適合者は悪』といった見方をされがちですが、そんな事は一切ありません。

 

すべてがそうだとは言いませんが、例えば、芸術家などは無口で一人で黙々と作業し、自分勝手に生きているいわば社会不適合者ですし、マンガ家だってそうでしょう。

 

そして有名大学の研究所で働く研究員もおそらくその類かもしれません。

 

社会適合者は悪くいえば、自分の思い通りに生きられない、会社の歯車としてしか生きられない視野の狭い人です。

つまり考え方一つで善にも悪にもなるのです。

ですので、社会不適合者がダメ人間ということは決してありません。

 

おそらく、社会不適合者は会社に行きたくない、という気持ちが強いはずです。

本当に会社にいるのが辛い、

将来への希望もないなら、転職を考えるべきでしょう。

働かなくても生きていけるなら転職すら必要ありません。

 

ただ、たいていの人は稼がなければ生きていけないはずです。

ですので、まずは働き方から考え直しましょう。

 

いろいろな仕事がありますから、その中にはきっと自分に適合した仕事もあるはずです。

自分に合った仕事であれば、辛いなんて思うことはないでしょうし、家族に何か言われる事もなく堂々と生きていけるはずです。

そして自分に合った仕事であれば、将来に向けてもいろいろな目標が見えてくるでしょう。

大切なのは、社会不適合者を自覚し、そして自信を持って生きることです。

死ぬ事を考えていたらせっかくの才能がもったいないです。

それを考えずに、まずは自分らしい生き方を考えてみましょう。

 

まとめ

社会不適合者が社会で生きてい上で辛いものになるかもしれません。

社会不適合者と言われる人は年々増えていると言われています。

 

会社に行ってもまともに同僚と話しもしない

仕事もできないのに愚痴ばかり

約束は守らない、嘘ばかりつく

そんな人はおそらく会社でも迷惑な存在になってしまっているでしょう。

 

それが俗に言う社会不適合者です。

そういう人が会社にいれば、周囲の人にも迷惑をかけてしまいますし、当然いろいろと文句も出てくるでしょう。

結局、その会社には自分の居場所ができず、辛い日々を過ごす事になります。

 

おそらく、自分でも周囲に迷惑をかけている事、家族に心配をかけていることも分かっていることでしょう。

 

だからこそ、『自分はダメ人間だ』なんて思って、

死にたいとも思っているのかもしれません。

 

本当のダメ人間は自分が社会不適合者だとも、

ダメな人間とも思っていないでしょうし、どうしたらいいかも悩まないでしょう。

 

仕事や生き方に悩んでいる人は、

少なくとも社会不適合者の自分を変えたいと思っているはずです。

 

そもそも“社会不適合者”という言葉自体、間違いであり、この言葉があるからこそ自分はダメ人間だと思ってしまうのでしょう。

 

まずは、社会不適合者という考えを改める必要があります。

単純に、今の仕事、生き方が自分に合わないだけ、と気楽に考えてみましょう。

 

今は、人と合わせるのが苦手、ルールに縛られるのが嫌だ、という方でもできる仕事はたくさんあります。

 

むしろ、そういった人にこそ向いている、俗に言う社会適合者では長続きしない仕事もあるのです。

 

そういった仕事・生き方を見つけられれば、自分が社会不適合者だなんて思わないはずです。

 

まずは、自分を変える一歩として、自分の性格、考え方を再確認してみましょう。

その上で自分に合った仕事・生き方を見つけてみるといいでしょう。

 

自分を理解することで自分に合った最適の仕事を探す事ができます。

もし、すぐに転職するのも躊躇してしまう、というのであれば、まずは副業として何かにチャレンジしてみるのも1つの方法です。

 

今いる環境から少し視点を変えて新しい一歩を踏み出すことで大成功につながるかもしれません。

 

その上で自分に合った仕事、

向いている仕事を見つけ出してから、そちらの道に進んでみるといいでしょう。

 

もしかすると、起業をしたり投資をしたり

「会社員の立場からするとうらやましい」と思われるような生活が待っているのかもしれませんね。

頑張ってください。