ホワイト企業に勤めている、傍から見ると羨ましいと感じられるかもしれません。

 

しかし、実際に働く人は、毎日がつまらなくて辞めたいと感じている人も少なくありません。これは一体なぜなのでしょうか。

 

ホワイト企業はつまらない!?

近年、ブラック企業という言葉が一般化され、働く環境に対し見直されるようになりました。

 

かつては、残業してでも働き続け、仕事一筋で生きるということが、ある種美学のように捉えられておりました。

しかし今は、働くこと、そしてプライベートの生活どちらも充実させることが求められております。

 

そこで誕生したのがホワイト企業という言葉です。

明確な定義はないのですが、入社した後の福利厚生がしっかりしているところ、離職率が低い企業がそう呼ばれております。

 

逆にブラック企業は、残業の多さ、従業員への待遇の悪さが酷い企業が総じてそう呼ばれております。

近年は、ホワイト企業トップ○○、ブラック企業トップ○○というランキングを発表している機関もあります。

 

もしブラック企業に認定されてしまったら、顧客離れが進み、新入社員も集まらなくなるため、企業は従業員への待遇と労働環境を見直すようになってきました。

 

つまり、働く人にとってホワイト企業で働くことは、理想的なことのように思えます。

パワハラ・セクハラもなく、長時間労働もない、給与や福利厚生もしっかりしている、そんな環境が整っている会社は多くはありません。

にも関わらず、辞めたいと思っているのは一体なぜなのでしょうか。これはホワイト企業で働き続けることを、つまらないと感じる人がいるためです。

 

ホワイト企業は、すでに労働環境が整っていたり、業務が安定しているため、そこまで力を入れなくても物事がうまく進むことが多いです。

 

それがメリハリを生まずに、毎日同じ単調な生活をしているように感じるようになってしまいます。

やはり仕事は多少つらくても楽しい方がよい、そう感じる人がホワイト企業でも辞めたいと思うようになるのです。

 

ホワイト企業なのに鬱

中にはホワイト企業で働いているにも関わらず、鬱になってしまう人もいらっしゃいます。仕事上のストレスの一番の原因は人間関係です。

 

実は、社内の人間関係の善し悪しは、ホワイトかブラックかということには関係ありません。

もちろん、ブラック企業で働くよりもホワイト企業で働く方が、モラルや社会通念を守り、心にゆとりが生まれるようになります。

 

でも、人同士は時に考え方の違いで衝突したり、相性が悪く仲が悪くなることがあります。それが原因で人間関係が悪化し、結果的に会社に居づらくなり、うつになってしまうようです。

 

また、ホワイト企業と聞くとゆっくり自分のペースで仕事をしているイメージを持たれるかもしれません。

でも実際はそんなことはありません。むしろ、残業をできるだけさせない風潮なのですから、当然時間内で仕事を終わらせることが求められます。

 

仕事の効率化、スピードアップ、連携強化など、求められる能力は高いです。それについていけずに取り残されていくと、段々と自分が嫌になっていき、それが原因でうつ状態になることもあります。

 

このように、いくらホワイト企業といっても、全てが上手くいくわけではありません。

人には適材適所という言葉があるように、適した場所、適した会社があります。会社としての評価はホワイトであっても、実際に働く人が合わなければ、辛い職場になってしまうことがあるのです。

 

せっかくのホワイトなのに、つまらない、うつだ…そんな状況から抜け出すには?

ホワイト企業でも辞めたいと感じる人はいます。

毎日決められた仕事をすることがつまらないと感じる、人間関係が悪い、職場の雰囲気に合わない、原因は様々です。

これらは、組織に属していることから生まれる悩みでもあるのです。人間は、何かの組織に属していないと不安を感じるものですが、中にはそれらが窮屈に感じて、離れたいと強く願う人もいらっしゃるのです。

 

そんな人にとって理想的な働き方がフリーランスです。

最近はSOHOという言葉が知られるようなったのですが、自宅を会社にして、自分の力だけで働く人が増えてきております。

これはインターネットの発達により、オフィスを構えなくても、全国で様々なお客様と仕事ができるようになったことが影響しております。

 

 

インターネットを使った職業の中でもお薦めなのがアフィリエイトです。

自分でブログを書き、そこに商品の広告を貼り、その広告料を報酬として生活している人がいます。ブログに書くことは自由です。

 

趣味のことでも、自分が興味ある事でも何でもよいです。とにかく大事なのはアクセス数を稼ぐこと。

そのためには、いかに多くの人の目を引くのかが重要になります。そのためには、魅力的な記事を書く能力、そして分析力、情報収集力など、色々な力が問われます。全ては自分次第で稼げるかどうかが決まる、アフィリエイトはそんな世界です。

 

ホワイト企業が自分の肌に合わなかった方、組織に属さずに仕事をしたいと思っている方は、アフィリエイトの道へ進んでみてはいかがでしょうか。

 

ホワイト企業で働いているけど、毎日がつまらない、退屈である、そう感じている人はおりませんでしょうか。

そんな方は、アフィリエイトで稼ぐことをお薦めいたします。まずは副業から始めても良いでしょう。アフィリエイトで稼ぐということはどういうことなのか知りたい方は、是非メルマガに登録してみてください。もちろん無料で購読できます。