節約をするには、昔から家計簿を付けるという方法があります。

入ってきたお金はいくらで、出費は何にいくら使ったのかを把握し、無駄な出費や今後の家計を考えるためのものです。

昔はノートとペンを用意して、レシートの金額と内訳を書いていくという方法でしたが、今はとても便利になり、自動で計算してくれるアプリも登場しました。

複雑な家計簿を一括でわかりやすく管理

私が使っていておすすめのアプリは「マネーフォワード」です。

有料のプレミアム機能がありますが、無料の機能で十分です。

マネーフォワードは、銀行口座残高、クレジットカードの支払情報、証券口座、年金、電子マネー、マイル、ポイントの所持数などを管理してくれるツールです。

これだけの情報を把握するのは難しいので、これを一括で管理できるのはとても便利です。

家計簿の機能は、何に使ったかをアイコンでわかりやすく項目分けができ、レシートを撮るだけで反映してくれます。

これらの情報をグラフで見ることもできるので、「何に使ったか」が分かります。

「何に使ったか」が分かれば無駄な出費が見つけやすくなります。

いつでもどこでも自分の資産が分かる

マネーフォワードは、パソコンとスマホの両方から見ることができるので、いつでもどこでも現在の口座残高、支払い、クレカ情報などから「今の自分の資産」が分かります。

普段、自分の資産がいくらあるのか気にしたことはないですよね。

自分の資産がどれだけあるのか、何にいくら使ったかを常に確認できるので、先の計画を立てることができます。

というわけで、お金を管理するならマネーフォワードはおすすめです。