定年後に退職金と年金だけで暮らしていけるかどうか心配ですよね。

老後の生活費を知っておくことで、今からどのくらいお金が必要になるかイメージしやすくなります。

そこで、老後に必要なお金と効率よく貯金する方法についてまとめました。

 

定年後に必要な平均生活費

そもそも老後資金とは、一般的に60歳から亡くなるまでの間の収入から支出を差し引いた金額と言われています。

その為収支がマイナスになる場合は収入を増やすか支出を減らすなどの対策が必要になります。

〈平均支出(夫婦2人の場合)〉
生活費 月額22万から30万程度

食費:約7万円
住居費:約2万円
光熱費:約2万円
交通費、通信費:約2万円
医療費:約1万5千円
娯楽:約2万円

 

老後の生活資金は生活スタイルによっても大きく変わります。

賃貸や持ち家かによっても違いますし、年金の額によっても変わります。

 

世帯主が60歳以上で2人暮らしの家庭では毎月の実収入が平均18万円程度なのに対して支出額は25万程度なので毎月赤字になってしまいます。

 

仮に85歳まで生きるとして、65歳から20年あります。

夫婦で月に25万円の生活費が必要となると年間300万円、20年で6000万円が必要になる計算になります。

 

一人暮らしだとしても3000万円は必要です。

それ以外にも病気や事故にあった時や介護が必要になった時のためのお金も必要です。もしものお金がなければ生活は一気に苦しくなってしまいます。

 

 

先程、夫婦の生活費は25万と説明しましたが、これはあくまで最低の金額です。

ゆとりある生活をするには毎月約35万円が必要だと言われています。働いていない状態で貯金と年金だけでその金額を捻出するには本当に大変です。

 

老後は現役の頃とは違ってライフスタイルも変わります。

食費が減っても医療費が増えたりするので、できるだけ余裕のある老後設計をしておくと安心です。

その為、1つの目安として5000万円~1億円の貯蓄を目指しましょう。

 

老後の平均収入(年金など)

高齢者世帯の年収は平均300万円のようです。

これはだいたい現役時代の半分に収入が減ると思っておくと良いです。

 

 

【年金】

定年後の主な収入は公的年金です。公的年金の平均受給額は厚生年金で月額約14万円、国民年金で月額約5万円です。

現在公的年金がもらえるのは65歳からとなります。その為、60歳で退職した場合には公的年金がもらえるまでに5年間の無収入期間があります。

 

この間に再就職して働くかどうかも老後の資金準備に大きな影響があります。

ちなみに国民年金の場合、支給される金額は月額で約6万円、年間で約78万円です。

厚生年金の場合は地域や給料によっても差がありますが、約14万円のようです。

 

 

【退職金】

定年退職金の一人平均額は約2000万円です。

この金額は大学を卒業してからずっと同じ職場で働いていた人だけでなく、途中転職をしている人も含まれます。

また退職金の受け取り方によっても大きく変わってきます。

 

それは退職金を一時金で受け取る方法と退職金を年金として受け取る方法です。

一番おすすめの方法は税金がかからない範囲で一時金として受け取り、それでも余る場合は年金として受け取る方法です。

 

効率的な貯金方法について

年金や退職金だけでは不足する分を計画的に準備しておく必要があります。

 

【確定拠出年金】

金融機関で口座を開き、毎月一定額を積み立て、年金を準備する方法です。

「企業型」「自営業型」「個人型」の2種類あり、加入者が60歳になった時から年金または一時金として受け取る事が出来ます。

 

ポイントは積み立てた掛け金が全額所得控除として税制待遇を受けられる対象になるということです。

そして、積み立てたお金を定期預金や投資信託などを選んで運用することもできます。

税制優遇が受けられるのでとても注目されています。

 

 

【低解約辺戻金型終身保険】

名前だけ聞くと難しそうですが、安心してください。

この保険は運用によるお金の増減がなく将来もらえるお金は固定されているので安心して積み立てる事が出来ます。

解約せずに続けると70歳時点で約35万円お金を増やす事が出来ます。

 

要するに保険料をしっかり払っていくとお金が増えて死亡保障にもなる保険です。

ただし、保険料払い込み期間が終わる前に解約してしまうと保険料総額より減ってしまうので注意が必要です。

 

 

【個人年金保険】

この保険は死亡保障の機能をもたず、老後の貯蓄をするためのものです。

コツコツお金を貯めたい人やできるだけリスクを少なくしてお金を貯めていきたい人におすすめの保険です。

民間の個人年金に加入すると銀行の貯金より高い金利でお金を貯蓄する事が出来ます。

 

 

【ネットバンク】

少しでも高い利息の銀行に預けたい方はネットバンクがおすすめです。

一般的に店頭を持たないネットバンクでは人件費や店舗運営費がかからないので利息の還元率が高いです。

 

 

【銀行の定期預金】

保険や資産運用はあまりしたくないという方におすすめです。

定期預金は普通預金と比較して高い金利が設定されています。

まとまったお金で定期預金に預けておけば放っておいても金利分がプラスされて返ってきます。

 

 

【住宅ローンは繰り上げて返済する】

住宅ローンの借入金にかかる金利はとても高いです。

ボーナスなどでまとまったお金が入ったら最優先で住宅ローンを繰り上げて返済して借入金を減らすようにしましょう。

 

 

【NISA(ニーサ)】

株式投資や投資信託をしている場合は、配当金に課税されるので、配当金でプラスになったとしても20%の税金がかかってしまいます。

しかし、ニーサを利用すれば配当金の一定金額までが非課税になります。

投資額や期間に決まりはありますが、非課税になるのとならないのでは大きな差が出ます。

 

まとめ

・老後にゆとりある生活をするのであれば毎月約35万円は必要となる。

・高齢者世帯の年収は平均300万円のようです。もらえる年金は月額約14万なのでゆとりある生活をしたいとなると赤字になってしまいます。

・保険や定期預金を利用して賢く貯金をしましょう。

 

老後は年金で楽しく暮らす…ということは難しいかもしれません。

定年した後も出来る限りは働いて収入を確保して、出来るだけ早いうちから老後の資金作りをしましょう。