ニートにとって最も重くのしかかる問題はお金を稼ぐ方法です。

いつまでも親を頼りにするわけにはいかないと思いつつも、「会社勤めは嫌」「家の中でネットやゲームをして暮らしていきたい」というのが本音ではないでしょうか。

 

今回は、今すぐ始められる「ニートの稼ぎ方」を、簡単なものから少々難しいものまで紹介します。

 

まずは「簡単な稼ぎ方」からチャレンジしてみましょう。最初のうちは、収入が少ない状態が続くかもしれませんが、ものによってはリスクと投資はゼロ。専門知識を必要としない稼ぎやすい方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生きているだけでもお金はかかる……

ニート生活を送っていても、どうしてもお金は必要不可欠なもの。ニートという無職が生きていくためには、生活に使うお金をどうやって得ていくのか決めなければなりません。

 

でも、部屋から外に出ることを好まないニートという人種が、お金を稼ぐことはかなり難しいです。

 

親が資産家などの特殊なケースを除いてお金はニートにとって深刻な問題です。もし将来一人で生きていくとしたら収入を得る方法を確立しないと飢え死にが確定です。

 

光熱費や家賃なども合わせると、最低でもひと月に10万円程度は必要になるはずです。
ニートでいられる期間の間に、将来への対策をうっておく必要があるのです。

 

簡単なものは存在するが収益は薄い

最も簡単にお金を稼ぐ方法はポイントサイトやアンケートモニターでしょう。

ただし、どんなに頑張っても、大金を稼ぐことは難しいと考えてください。月に数千円の儲けが出る程度です。

 

しかし、まったく何もしないでいるのであれば、試してみる価値はあるはずです。詳細はこちらでも扱っています。

→【社畜必見!】明日からできる小銭稼ぎの方法4つへリンク

 

コツコツやるか元手があれば投資を狙うか

ポイントサイト、在宅ワーク、アンケートモニターなどでは気が済まない、もっと稼ぎたいという方もいるのでは?そのような方には、アフィリエイトや投資にチャレンジすることをおすすめします。

 

コツコツとアフィリエイト

自分の趣味を活かして稼ごうとするのであれば、アフィリエイトでブログを立ち上げることをおすすめします。

何より、ブログ運営の魅力は元手がまったくかからないこと。0円で始めることができ、工夫と頑張り次第では大金を手にすることも決して夢ではありません。

 

また、ブログのみならず、あらゆる情報を集約した「まとめサイト」や商品紹介サイト、ゲーム実況などの動画配信でアフィリエイターとして稼げたら文句なしです。

 

難点は時間的リスクですがニートであれば低いリスクのはずです。しっかりと情報収集をして魅力的なブログを書けば資産へと変貌するのです。

 

元手があれば少額での投資も視野に入るone tap buy

one tap buy(ワンタップバイ)は、株式取引を初めて行う人やライトユーザー向けのサービス。1万円あれば複数の銘柄を保有・資産運用をすることができます。1000円単位で購入・売却が可能なので、リスクは少ないと言えるでしょう。

 

仮想通貨

仮想通貨とは、お金の価値を持った電子通貨のこと。この仮想通貨で儲けることも可能なのです。「発行枚数が限られている」「値上がりする可能性が高い」「必要とする人が多い」というのがその理由です。

 

身を削れば不可能ではないかも 治験

危険なイメージが強い治験バイト。薬の使用について、国の許可を得るための最終段階のテストなので、後遺症や事故の可能性は低いと思われます。

 

報酬額は案件によりますが、1日1万~2万円程度から数日の入院で数十万円と高額なものも存在します。外に出ることにはなりますが、一気に稼ぐことができるので少しくらい我慢しましょう。

ただし、事前に健康診断を受けて、合格した人のみが治験バイトとして採用されます。不採用の場合はあきらめましょう。

 

稼ぐためには「元手」か「努力」が必要

知識も元手もスキルもまったくない状態で、ニート生活をキープさせるだけの稼ぎを生み出すことはまず無理です。

 

今回紹介した稼ぎのテクニックを活用して、少額でも構いませんから稼ぐことを意識してください。最初は、小遣い稼ぎ程度の結果しかでなくても継続することでお金は増えていき、やがて生活は安定するでしょう。

 

本当にやる気があれば、すぐにでも始められるブログ記事作成がおすすめです。きちんとしたSEO対策を立てて、オリジナリティのある読み応えのある文章を書けば、おのずと成果が表れますよ。詳しい方法は無料メルマガで配信していますのでぜひ登録してくださいね。