メルマガアフィリエイトで一番大事なこと、それは読者さんを集めることです!!


まぁわかりきったことなのですが、読者さんを集めるのは結構大変です。


トップアフィリエイターでさえ、


「うーん、うーん」


と日々頭を捻っていかにして読者さんを集めるかを考えています。


ブログ経由で集める手がありますが、ブログに大量のアクセスを集めなければいけないので、とても大変です。


アクセスを集めるために、キーワードマーケティングを行って、ターゲットを決めて、オリジナルコンテンツで質の高い文章で、文字量も2,000文字以上。

キーワードマーケティングから1つ記事を書き上げるまで丸1日かかることもあります。というかもっとかかるでしょう。


こういう記事をたくさん書かなければアクセスが集まるブログはできませんし、書けたとしても時間がかかりすぎます。


そこで、サクッと読者さんを集めることができる「無料レポートスタンド」を使うわけですよ。


一番有名で規模が大きい無料レポートスタンドは「メルぞう」です。


メルぞうにはレポート掲載の審査があって、その基準はメルぞう内でしっかりと公表されているのですが、意外と審査に落ちる人が多いのが現状です。


メルぞうは無料会員だと週に一本しか審査のための申請ができません。


落ちたら翌週まで待たなければいけませんし、プラチナ会員以上ではないと、審査に落ちた理由を教えてくれません。


3回連続で落ちたという人もいました。


約一ヶ月もレポートが掲載されなかったということですね。
読者さんが集まらないと、当然売上もゼロです。


その売上ゼロの時間がもったいないですし、メルマガ配信スタンドの月額料金も発生しているため、僕の個人的な意見としては、時間をお金で買うという意味でもプラチナ会員になった方がいいと思います。

メルぞうプラチナ会員はこちら

ですが、無料がいい!っていうあなたのために、僕が一発で審査を通過した方法を紹介したいと思います。

メルぞうとは?

まずはメルぞうの仕組みを解説します。


メルぞうとは、有料級の様々なテーマを取り扱ったレポートを無料でダウンロードできるサービスのことです。


ユーザーは読みたいレポートを無料でダウンロードできる代わりに、メールアドレスを登録しなければいけません。


レポート提供者は、ユーザーがダウンロードしてくれる度にメールアドレスをゲットすることができます。


情報とメールアドレスの交換みたいなイメージですかね。

無料レポートは終わった?

この謎の「終わった論」は昔から言われていますし、でも今でも実際に読者さんを集めて稼いでいるアフィリエイターさんはたくさんいます。


僕もそのうちの1人です。


そもそも「終わった論」を唱えている人は、ポジショントークの方が多いです。


ツイッターで稼ぐ方法の教材を売りたい人は、


「無料レポートスタンドでは読者さんは集まらない!ツイッターだと集まるよ!」


Facebookの教材を売りたい人も同じようなことを言います。


でも実際はそんなことありません。


未だにmixで読者さんを集めている人もいます。


要するに稼げる人は、どこでも読者さんを集めることができるわけです。


話を戻すと、確かに無料レポート経由の読者さんの目的はあなたのメルマガを読むことではなく、「レポートを読む」ためなので、あなたに興味がない人もいるわけです。捨てアドの人もいます。


ですが、数は集まりますし、きちんとフォローのメールを送って、あなたのメルマガの魅力を伝えてあげれば、購読してくれるようになります。本アドで登録もしてくれます。


集まった読者さん全てが購読してくれる訳ではないため、「終わった」と言われているのかもしれません。


でも、逆に残ってくれた読者さんは、あなたのファンになる可能性は高く濃い読者さんです。


なので終わってはいませんのでご安心を。

メルぞうの審査を一発で通した15のチェック項目

やっと本題です。


以下の15項目をチェックしてください。


それぞれあまり説明する必要はないかもしれませんが、メルぞうへレポートを申請する前に、この15のチェック項目を何度も確認をしてください。


無料会員の場合は、審査は週一回です。

落ちた場合は翌週まで何もできません。

しかも落ちた理由もわからない状態です。

時間とお金を無駄にしないためにも何度も確認してください。

  1. そのPDFが本人のものなのか
  2. 他人の著作権を侵害していないか
  3. 他人を不快にさせる表現はないか
  4. 表紙画像に人物は使っていないか
  5. レポート内すべてのリンクはきちんと設定されているか
  6. 発行責任者(ペンネーム可)の記載があるか
  7. 連絡先の記載があるか(リンク可)
  8. メルマガのタイトル、解除リンクが設定されているか
  9. メルマガに「自動登録」の旨の記載があるか
  10. 1週間の申請本数は守っているか
  11. レポート名を一言一句間違えていないか
  12. レポートファイルは1.6MB以内のPDFファイルか
  13. PDFのファイルのパスワードは解除されているか
  14. 表紙画像は30KB以内のGIFファイルか
  15. これらのファイル名は半角英数字か

1、そのPDFが本人のものなのか

当たり前過ぎますけど自分のPDFを申請しましょう。

2、他人の著作権を侵害していないか

当然、他人が作成したものやコピペはダメです。
著作権法違反です。


かと言って完全にゼロベースでノウハウを作るのは不可能に近いので、他の人のレポートや書籍、メルマガなどを参考に、もう少し分かりやすく書いてあげたり、説明が足りないと思う部分に解説を加えてあげたり、また、あなたの意見や主張、独自の視点を交えてオリジナルコンテンツにしましょう。


分かりやすくしたり解説を加えることで、丁寧なレポートになり、読者さんに喜ばれます。
また、あなたの意見や主張、独自視点を交えることによって、共感してくれてる方が出てきます。


共感してくれた方はあなたと価値観の合う読者さんです。
メルマガをしっかりと読んでくれ、オファーをすれば商品を購入してくれる可能性が高いと言えます。

3、他人を不快にさせる表現はないか

誰も不快になるような文章を読みたいとは思いませんよね。
アダルト系もNGです。

4、表紙画像に人物は使っていないか

メルぞう側が肖像権を確認することができないため、人物を表紙に使うことはできません。

5、レポート内すべてのリンクはきちんと設定されているか

リンク切れは結構見落としがちなようです。
たまにPDFに変換するとリンクが切れてしまうことがあるようです。


PDFに変換したら実際にクリックして確かめましょう。
また、リンク先に間違いがないかも併せて確認しましょう。

6、発行責任者(ペンネーム可)の記載があるか

これはルールでもありますし、
誰が発行しているのか分からないレポートなんて読みたくないですよね。

7、連絡先の記載があるか(リンク可)

連絡が取れるメールアドレスか、お問い合わせフォームのリンクを設置しましょう。

8、メルマガのタイトル、解除リンクが設定されているか

レポートをダウンロードするとメールアドレスが代理登録されるため、どのような名称のメルマガが送られてくるのかが分かるように、メルマガのタイトルを記載する必要があります。

解除リンクも記載しなければいけません。

タイトルだけ記載して解除リンクを忘れてしまうことがあるので、しっかり確認しましょう。

9、メルマガに「自動登録」の旨の記載があるか

ダウンロードし方にメールを送るため、しっかりと断りの記載をする必要があります。

10、1週間の申請本数は守っているか

メルぞうの無料会員は週に1本までしか申請できません。
きっと審査する方も大変でしょうから、ルールは守りましょう。

11、レポート名を一語一句間違えていないか

これに引っかかって審査に落ちる人が多いようです。


PDFに記載したタイトルと、申請時に記載したタイトルが一語一句同じでなければいけません。


基本的にコピペをすればいいのですが、なぜか半角スペースが紛れ込んでしまったりする場合があります。
見た目だけでは分かりにくいのでマウスを合わせてみて確認をしましょう。

12、レポートファイルは1.6MB以内のPDFファイルか

容量ですね。
申請する前にファイルの容量の確認をしておきましょう。
容量が多い場合は、クッションを挟むといいと思います。

2,3PくらいのPDFを提出して、そのPDF内に本レポートのダウンロードURLのリンクを差し込む方法です。

この方法だと容量を気にしなくても大丈夫です。

13、PDFのファイルのパスワードは解除されているか

パスワードがかかっていないかどうかってことです。

14、表紙画像は30KB以内のGIFファイルか

表紙は、容量に関しては問題ないかと思いますが、拡張子だけは気をつけましょう。
gifファイルです。


gifファイルにしたい場合は、
http://www.bannerkoubou.com/photoeditor/conversion


このサイトに表紙画像をアップして、拡張子を変換してダウンロードすればOKです。

サイズは200px×260pxが推奨されています。

15、これらのファイル名は半角英数字か

ファイル名が日本語だと申請できません。

半角英数にしましょう。

多くの人はreport.pdfにしてますね。

僕は自分で管理しやすいように、レポートタイトルに合わせています。

あと、審査には関係ない項目ですが、目次を設定しているかどうかもチェックしましょう。

ダウンロードした方にとって分かりやすいレポートの方がいいですよね。

なので目次も付けてあげましょう。

まとめ

以上が、「一発でメルぞう審査に通すための15のチェック項目解説」でした。

審査に落ちて時間を取られないよう、しっかりとチェックして一発で審査を通してくださいね。

でも、個人的にはプラチナ会員になることをおすすめします。

月額5,980円かかってしまいますが、それを上回るメリットが多いですからね。


メルぞうのメリットをもっと詳しく知りたい方はコチラを読んで下さいね。
ケチらないでメルぞうは黙ってプラチナ会員に入っておけ!

この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです。