大手企業を中心に、今や欠かせない存在の派遣社員。

私の職場でも、派遣さんは当たり前のように仕事を手伝ってもらっていました。

仕事上では、あくまでサポートとして期間限定で業務をこなしてもらい、そこまで責任のある仕事は任せていなかった印象です。

けれど、会社によっては正社員と同様の扱いをして、仕事を任せる会社もありますよね。

そのせいか、それを見ている周囲の正社員や派遣先の上司など、直接雇用でないのをいい事に、まるで八つ当たりのようなパワハラをする職場も残念ながらあります。

パワハラという行為は、相手を精神的にも身体的にも追い込んでいく恐ろしいハラスメントです。

あなたが深く傷つく前に、どのように対処するのがベストなのか、対処方法を確認しておきましょう。

※この記事は社会人歴10年のプロライターさんに代筆していただきました。

 

派遣社員へのパワハラにはどんなものがある?

そもそもパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的もしくは身体的苦痛を与える行為」をいいます。

この「職場の優位性」という観点から、直接雇用でない派遣社員は狙われやすい対象といえるのです。

 

その行為は、いじめのような悪質なものばかりです。

・見た目や性格など人格否定された
・早く辞職するように脅された
・仕事の引継ぎをしてくれない
・物を隠すなどの嫌がらせをされる
・失敗を派遣社員のせいにする

 

 

ほかにも、業務時間外に仕事を押しつけたり、社員全員の前で罵倒するなど、私からすればどうしてそんな事ができるのか理解できない行為ばかりです。

あなたが明らかに精神的に傷ついたのであれば、立派なパワハラです。

「派遣社員だから」と我慢せず、ひどくなる前に対策を考えましょう。

派遣先からパワハラを受けた時はどこに相談するのがいい?

まずは、派遣会社の担当者に相談するようにしましょう。

パワハラされた内容を思い出すのは、とても辛い事だとは思いますが、できるだけ正確に、ありのままを報告するようにしましょう。

そうする事によって、派遣会社の担当者が間に入って、派遣先の会社へ伝えてくれるはずです。

 

 

あくまで、あなたは派遣会社の社員です。

派遣会社も、大事な社員に何かあったら大変です。

真面目で優しい人ほど遠慮してしまう傾向がありますが、最初は電話でも構いません。

あなたがこれ以上傷つく前に、早めに相談するようにしましょう。

 

もし、担当者に言いづらいという事であれば、派遣会社によっては「相談室」と言った窓口もあります。ぜひ利用してみて下さい。

派遣会社は守ってくれない!?

私の職場では、契約している派遣会社は3社ほどありましたが、定期的に担当者が代わっていました。担当者が代わるというよりは、精神的に大変な事もあり、派遣会社自体の人の入れ替わりも激しいようです。

そんな背景から、あなたの担当者が代わる可能性もあります。

そうすると、パワハラで困っていたとしても一から説明しなければいけないので、理解されにくい状況がうまれるのです。

 

 

また、悲しい現実ではありますが、派遣会社によっては派遣スタッフを変更するだけで対処してくれない場合もあります。

さらには、相談しただけなのに、契約打ち切りにされてしまう事もあるのです。

そうなってしまうと、大変なのはあなたです。

あなた自身が、派遣先の上司や採用担当者に苦情を出すのは大変勇気がいる事です。

 

私からすれば、そのような派遣会社で働く事は避けて、できるだけ、あなたと相性が良い派遣会社と契約すべきです。

もし伝えても改善されないような派遣会社であれば、あなたから契約終了するぐらいの気持ちでいましょう。

派遣先からのパワハラ対処法

「もしかして、これはパワハラでは?」と少しでも思ったら、辛い作業ではありますが、できるだけ正確に記録しておくようにしましょう。

 

・日時
・場所
・誰に何をされたか
・どれだけの苦痛を感じたか
・仕事への悪影響

 

第三者に詳しく説明できるように、書類やメールなどの証拠を集めておきましょう。

そうすれば、初めて知った人でも、あなたの辛さを理解しやすいはずです。

 

 

また、可能な限り、パワハラをしてくる相手と距離を置き、言われた事を真に受けないようにしましょう。

あなたは何も間違っていません。一生懸命仕事をしているだけです。

それなのに、なぜ悪く言われなければいけないのでしょうか?

 

 

パワハラをしてくる人は深く考えていません。

ただ自分の仕事がうまくいっていないから、誰かに八つ当たりして発散したいだけなのです。

そんな人のために、あなたの精神が病んでしまうなんて、あまりにももったいない話です。

言われた時は傷つくでしょうが「私は間違っていない」と受けとめて、担当者に「派遣先の会社を変更して欲しい」と早めに伝えるようにしましょう。

最後は自分が「どうしたいか」による

派遣社員のメリットと言えば、パートやアルバイトよりも時給が良く、期間が決められているので、契約を更新するかしないか自由に選べる事ではないでしょうか?

だからこそ、派遣先で辛い思いをしているなら、その会社にこだわる必要もないです。

 

 

パワハラが原因で精神的に病んでしまうと、そのあと働きたくても恐怖心が勝ってしまい、職場復帰できない人も多いです。

そうなる前に、あなた自身が行動に移す必要があります。

「もう少し頑張っていれば、環境が変わるかも」と思えるなら、ほかの社員に相談しながら働き続けるのでも構いません。

「辛くて耐えられない」と思うのであれば、早めに担当者に相談して派遣先を変更してもらうようにしましょう。

正社員や契約社員と違って、その判断は自由にできるはずです。

 

「派遣の仕事は社歴には入らない」と言う人がいますが、そんな事はありません。

私からすれば、派遣社員さんは様々な職場を経験するため、マルチになんでもこなせるような優秀な人が多いです。

だからこそ自信を持って、次の職場で笑顔では働けるように、我慢せず助けを求めるようにして下さいね。