全く希望なんてしていないのに、他の部署へ異動させられて悩んでいませんか?

慣れ親しんだ部署から突然の異動・・・辛いですよね。

 

私も異動なんて全く希望していないのに、何の前触れもなく異動させられたことがありました。

とてもショックを受け、上司に理由を聞きに行ったほどです。

 

それでも会社で働くにあたって異動はつきものです。

私の経験をもとに、異動のストレスと向き合うためのアドバイスをしたいと思います。

※この記事は現役看護師さんに代筆していただきました。

 

移動先に馴染めない・・・。

同じ会社といえど部署が違えば仕事の内容も違うこともあるし、同じ仕事でも部署によってやり方だって違いますよね。

新しい仕事を覚えるのにストレスフルな毎日・・・本当につらいですよね。

 

でもそんな新生活で一番ストレスになっているのは、やはり人間関係ではないでしょうか。

人見知りなんて全然しない!という人はいいでしょうが、私のように愛想もなくコミュニケーション能力が低い人は苦労すると思います。

 

もともと出来上がっている人間関係の中に自分一人で入っていかなければならないのです。

人間関係を気にしすぎて仕事が手につかなくなると言っても過言ではないほど、ものすごいストレスですよね。

 

頑張って今の職場に馴染もうとして、無理に話を合わせた周囲の機嫌を伺いながら仕事をする毎日。

 

そんな慣れない環境の中忙しく働いていると、ふと「同じような仕事を前は○○さんと一緒にやりとげたな」とか「こんなとき○○さんが居てくれたら・・・」なんて以前の気の置けない仲間たちのことを思い出してしまい・・・。

なんだか悲しくなってきちゃいます。

まずはこの5つをやってみよう!

すぐに馴染めないからといって落ち込んでいてはいけません!

落ち込んでいる人の周りには誰も近づいてきてはくれません。

職場の人間関係なんて些細なことでくよくよせず、前向きに考えましょう!

 

仕事を頑張って早く覚えよう!

職場の人間関係は大事ですが、そもそも職場とは仕事をする場所なので、仕事ができなければ居る意味がありません。

人間関係に悩む前に、まずは仕事に慣れて新しい職場でも一人前になれるよう努力しましょう。

 

私も入職時は同期に恵まれず苦労したこともありましたが、仕事を一生懸命こなしていく中で、先輩との距離が縮まっていきました。

今ではプライベートでも遊びに行くような仲の先輩もいます。

 

あなたの努力は必ず周りも見てくれています。

自分から「良い人間関係を作ろう」と意識しなくても、仕事を頑張っていればあなたに好意を持って近づいてくれる人が現れるでしょう。

 

社会人としての基本!あいさつは毎日欠かさない!

どんな人でもあいさつをされて嫌な気持ちになる人はいないですよね。

あいさつはコミュニケーションの基本です。

 

出勤してすれ違った人には必ずあいさつするようにしましょう。

その際には、明るいトーンでハキハキと声に出すことが重要です。

 

私は声が小さすぎてあいさつが周囲に聞こえてなかったことがありました。

普段の声が小さい!という人もあいさつぐらいは元気にやっていきましょう。

 

同僚や上司の顔と名前を早く覚えよう!

慣れていないから仕方がないとはいっても、名前を間違えられると嫌な気持ちになりますよね。

私も入職したて頃、先輩の名前を間違えてしまい、「誰に話しかけてるの?」とすっごく怒らせてしまったことがありました。

仕事でも差し支えると思うので、失礼のないように職場の人の顔と名前は早めに覚えておきましょう!

 

職場の決まり事は遵守する!

同じ会社でも部署によってやり方が違ったり、決まり事があったりしますよね。

前の部署では当たり前だったことでも、今の部署ではそうではないことも・・・。

そういった決まり事は早い段階で把握しておくことをおススメします。もしかしたら、新たな発見があり仕事がスムーズに進むこともあるかもしれません。

万が一納得できない場合でも、最初のうちはおとなしく従っておくほうが無難でしょう。

 

職場の飲み会など皆が集まる場には必ず参加しよう!

「職場の飲み会とかだるい・・・」と思うかもしれませんが、仕事から離れたところでコミュニケーションをとることも大事だと思います。

 

お酒が入ることでお互いに気が緩まり、職場では話さないようなことを話すことで仲が深まるかもしれません。

普段は「話しかけにくい人だな」と思っている人も、お酒が入るとまた違った一面が見えてくるかも!?ただハメの外しすぎには注意しましょう。

お互いに節度を守って楽しめるといいですね。

ストレスを味方に。

そうはいっても人間関係について、まったくストレスを無くすということは難しいでしょう。

そういう場合には、発想を変えることが必要です。

 

例えば、あなたは同僚が自分の悪口を言っていたのを聞いてしまいました。

すごく悲しくなって落ち込みますよね。

 

でもそこで同時に「この人との付き合い方を変えよう。これは良い経験だった」と思うのです。

そうすることで、少し気持ちが変わってきませんか?

人生、良いこともあれば悪いこともあります。悪い出来事に対する経験ができたことは、今後の自分にとって必ずプラスになる!と前向きに考えることによって、今の困難な状況を乗り越えることができるでしょう。