コミュ障にできる仕事を探す?それとも克服した方がいい?

人とコミュニケーションを取ることは、簡単なようであり、実は奥が深く、人によっては大変難しいものでもあります。

 

誰でも簡単にできるわけではありません。

 

どうやってコミュニケーションを取ってよいかわからずに苦しんでいる人もいます。

 

コミュニケーション障害、通称コミュ障と呼ばれる人たちも出てきました。

 

「俺、コミュ障だから」と笑いながら言う人もいます。

 

でも、そういう人は、本当の意味でコミュ障ではないかもしれません。

 

本当は、もっと深刻な問題であり、それこそ仕事も見つけることができないぐらい、厄介なことです。

 

コミュ障の人でもできる仕事を探した方がよいのか、それとも頑張って克服した方がよいのか。

 

あらためて、コミュ障と仕事について見てみましょう。

 

▼このブログの管理人プロフィール

目次

コミュ障ってどんな人?

コミュニケーション障害について、まずその定義を見てみましょう。

 

定義では、「対人間関係を必要とする場面で、他人と十分なコミュニケーションをとることができなくなる障害のこと。」とされています。

 

障害の原因としては、聴覚や発生器官などの身体的な障害、あるいは精神的障害、発達障害などの心理的な部分の問題の二つがあります。

 

これらは、生まれつきであったり、後発的に発生することもあります。

 

本人の能力の問題というよりも、先天的な理由や事故、トラブルによって発生しててしまうものです。

 

コミュニケーション障害の他にも、対人関係で上手く関わることができない症状として、言語障害、対人恐怖症、アスペルガー症候群といった症状もあります。

 

それらの症状を持った人が、結果的になってしまうのが、コミュニケーション障害と考えるとよいかもしれません。

 

 

一方で、コミュ障と称されるものは、単純にコミュニケーションが苦手な人を指す、ネットスラングとして使われていることが多いです。

 

本当のコミュニケーション障害というよりも、比較的軽い意味で捉えた方がよいでしょう。

 

コミュ障は、本当の意味での障害は持っておらず、単に苦手である、という人のことを指しています。

 

つまり、コミュ障はただ苦手であるというだけなので、克服しようと思えばできる状況にある人です。

 

しかし、過去の苦い経験から克服ができなかったり、コミュニケーションに価値を置いていない。

 

あるいは純粋に人と関わるのが面倒くさいと感じていて、コミュ障ということにしている人もいます。

 

また、コミュ障と聞くと、人と関わるのが苦手だったり嫌いという意味で捉えてしまいますが、決してその一面だけではありません。

 

例えば、人と話すことがすごく好きであり、積極的に関わっていきたいと考える人がいます。

 

でもその人は、会話の空気が読めなかったり、悪気なく相手の感情を逆なでしてしまうなど、上手にコミュニケーションが取れません。

 

こうした人のことも、コミュ障と呼ぶことがあります。

 

まとめると、「コミュニケーション障害」と「コミュ障」、これらは現代社会において分けて考えた方がよいでしょう。

 

前者は、肉体的要因、あるいは心理的要因によってなってしまうもの。

 

後者は、単純にコミュニケーションが苦手だが、何かしらの障害があるわけではない、と区切ることで分かりやすくなると思います。

 

ここで扱うのは、あくまで「コミュ障」と呼ばれる人のことです。

 

彼らには、どういった特徴があるのか、どういった仕事ができるのか、それを克服する方法はあるのか。

 

それらを紹介していきたいと思います。

コミュ障の特徴10選

コミュ障と呼ばれる人には、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ここでは代表的な10の特徴を挙げていきます。

 

1.人と接するのが怖い

他人と関わることを、極度に恐れてしまいます。

 

誰しも知らない人と関わることに、少しの恐れや抵抗はあるものです。

 

ただ、コミュ障と呼ばれる人は、ある程度見知った人であっても、いつまでも接することを恐れてしまう傾向にあります。

 

人から見ると、自分は嫌われている、あの人は人間嫌いなんだと思ってしまい、単にその人が恐れているとはなかなか気付きにくいです。

 

だから、本当は仲良くして信頼関係を築きたいと思っていても、なかなか人との距離が縮まらないという苦しみもあります。

 

これは、過去に人に裏切られたり、人間関係でトラブルになった人が陥りやすいです。

 

生まれつき人が怖いという人はあまりいないので、何かトラウマになってしまうような出来事があり、人と接することに恐怖を抱いている可能性があります。

 

2.極度の緊張しい

人前で話したり、自分に視線が集まると、極端に緊張してしまうという特徴があります。

 

人前で話すことは多くの人が苦手ではあります。

 

ただ、それが極端に出てしまい、中には2~3人の視線が集まるだけで、もう無理と感じてしまうこともあるようです。

 

症状としては、異常な汗をかく、動悸が早くなる、声が出てこないというものです。

 

何とか言葉を絞りだそうとしても、脳と体が追い付かずに、「あー」「えー」ばかりになってしまいます。

 

その結果、人前で話すことに失敗してしまい、その経験から更に人前で話すことが苦手になる人もいます。

 

多くの人は、場数を踏めば徐々に慣れていくものですが、コミュ障と呼ばれる人は、なかなか慣れることがありません。

 

3.自意識過剰

自分自身が、人から常に見られていると思いすぎる傾向があります。

 

だから、人目を気にし過ぎて服装や容姿に異常なこだわりを見せたり、一挙手一投足を過剰に意識してしまいます。

 

本来、人はそこまで他人のことを見てはいません。

 

だから人の細やかな変化など、ほとんど気付かない人ばかりです。

 

でも、コミュ障の人は、人目が常に自分に向けられていると思ってしまい、自分自身を束縛してしまいます。

 

自分が抱いている幻想に陥ってしまい、他の人をしっかりと見ることができません。

 

ゆえに相手とも上手くコミュニケーションが取れなくなってしまう傾向があります。

 

自己アピールに必死になりすぎて、周りのことが見えなくなるのも特徴です。

 

4.人の目を見て話せない

人の目を見て話すことができないという特徴があります。

 

話している時に、思わず下を向いてしまったり、視線を外してしまう、どこを見て話しているのか分かりません。

 

『目は口ほどにもものを言う』ということわざがあるように、目を見て話すことは大切なことです。

 

もし目を見て話せない人がいたら、何か隠し事があるのではないか、人の話を聞いてない、自分のことが嫌いなのかな、とネガティブな感情を持たれてしまいます。

 

ただ、ずっと相手の目を見て話すのは、ちょっと恥ずかしい気持ちになります。

 

それが苦手で目を見ることができない人もいます。

 

恥ずかしさからなのか、本当に苦手で目を見て話せないのか、他社からはなかなか判断がつかないです。

 

しかし、他人からすると、ちょっとコミュ障なのかなと思われる可能性があります。

 

5.空気が読めない

場の空気を読むことができない、会話の流れを読むことができない人も、コミュ障の疑いがあります。

 

例えば、会社の中のある部署で、営業成績が悪くてみんなピリピリしている中で、ヘラヘラしたり、仕事を早く切り上げて一人だけ帰ったりしてしまいます。

 

それをあえてやっているのであれば、何か意図があるかもしれません。

 

でも、コミュ障の人は、それを天然的にやってしまいます。

 

その結果、周囲から反感を買ってしまい、人から距離を置かれてしまうことがあります。

 

会話においても、悪気があるわけではないのに、知らないうちに人を傷つけたり、不快な思いをさせてしまうこともあります。

 

空気を気にし過ぎて萎縮してしまうのも問題ですが、あまりに読めなさすぎると、社会を上手く立ち回れなくなってしまいます。

 

6.会話が成り立たない

人と会話することが苦手で、特に会話が成り立たないほどの人は、コミュ障かもしれません。会話は言葉と言葉のキャッチボールです。

 

でも、コミュ障の人は、相手の話を聞かずに一方的にしゃべり続けたり、逆に人から何を聞かれても答えられないなど、極端になってしまいます。

 

「あの人は人の話を聞かない」「自分のことばかり喋る」と言われたり、「こっちが質問しても何も答えてくれない」「ずっと黙っている」などと悪い噂が立ち、結果的に誰とも仲良くなることができません。

 

特に多いのが、メールやLINEでは饒舌なのに、リアルな会話の時は静か、という人です。

 

この類いの人は、コミュ障に多く見られます。近年は、ネットに依存し、普段人との会話をしない人もいるため、コミュ障ではなかったのに、自然と会話が苦手になってしまう人もいます。

 

7.恥をかくことを極端に恐れる

コミュ障の人は、恥をかいてしまうことを極端に恐れる傾向があります。

 

特に、人に格好悪いことを見せることを嫌います。

 

だから、人から話題を振られても答えることを拒否したり、人前に出たがりません。

 

返答にどもってしまったり、人前で上手くできないことが嫌なので、最初からチャレンジしません。

 

常に愛想笑いでごまかしたり、なるべく自分に話題や視線が集まらないように徹します。

 

ある意味、賢いのかもしれませんが、コミュニケーションとしては不十分です。

 

人と信頼関係をなかなか築けないため、本当に親しい人を見つけにくくなってしまいます。

 

デリケートな神経の持ち主だったり、ナイーブな人も、恥をかくことを極度に恐れると言われています。

 

8.見栄を張る

自分自身を少しでも大きく見せようと、見栄を張ってしまうのもコミュ障の人に多く見られます。

 

周りの視線を気にして、何もかもを上手くやろうとし過ぎます。その意識が自分にプレッシャーをかけ、気疲れしてしまいます。

 

誰かといる時には力が入りすぎてしまい、一人になった時にどっと疲れます。

 

それが続くことで、他者と関わることは疲れることだと認識してしまい、徐々に人と関わることを避けていくようになります。

 

中には、相手を見下したい、自慢したいという気持ちから、見栄を張ってしまう人もいます。

 

コミュ障の人は、自分を卑下している傾向があり、虚栄心を見せることで人とバランスを取ろうとしてしまいます。

 

9.相手の気持ちが分からない

人は、言葉だけではなく、相手の表情や仕草、雰囲気から感情を読み取ることができます。

 

しかしコミュ障の人は、そういった非言語のものから、相手の気持ちが分からない傾向があります。

 

だから、相手が悲しんでいるのに普通に話しかけたり、逆に笑顔で話しかけられても笑顔で応えることができません。

 

喜怒哀楽の感情が分からないため、状況に応じたコミュニケーションを取ることができないのです。

 

それが続くことで、知らない内に人に嫌われたり、距離を置かれてしまい、疎外感を感じるようになります。

 

本人は原因が分かっていないため、直接誰かに言われない限り、改善することが難しくなります。

 

厄介なのは、本人に何の悪気がないことです。

 

悪気がないからこそ、なぜ相手が不快に感じるのか、嫌われてしまうのかが分かりません。

 

10.挙動不審

コミュ障の人は、やや挙動不審になることがあります。

 

人目があるところはどこにいても落ち着かないため、態度や行動がどことなく怪しいものになります。

 

本人は、何か隠し事があったり、後ろめたいことがあるわけでもありません。

 

ただ、自分に自信がなかったり、人の視線を気にし過ぎて、それが行動に表れてしまうのです。

 

挙動不審の人は、目の動きが不自然だったり、どこか落ち着きがない様子でいたりします。

 

また感情の起伏も激しくなるため、他人からするとやや扱いにくい人と映ってしまいます。

コミュ障になってしまう原因

そもそも、コミュ障になってしまう人は、何が原因なのでしょうか。

 

細かく分類すると、多くの原因があるでしょう。ただ、大きく分けると二つに分けられます。

 

その二つが、”人目を気にし過ぎてしまうこと””過去に人間関係でトラブルになったことがある”です。

 

人目を気にするのは、人からよく思われたいという願望があります。

 

元々日本人は、和の精神を大切にします。

 

だから、空気を読むというのは、ある意味日本人特有の性質です。

 

人から嫌われないようにする、周りに迷惑をかけないように行動するといったことを最優先します。

 

ただ、それが強すぎる人は、何をするにも人目が気になってしまい、結果的に自分の思った事ができなくなります。

 

その結果、人と上手くコミュニケーションが取れなくなり、コミュ障になってしまいます。

 

過去に人間関係でトラブルになったことがある人は、もっと深刻かもしれません。

 

学校でいじめられた経験がある、先生から嫌われていた、親から心ない言葉を浴びせられた、他人に裏切られた、などです。

 

これらの出来事がその人の心に大きな傷を与えてしまい、人とコミュニケーションを取ることができなくなってしまいます。

 

トラウマと呼ぶこともありますが、過去の苦い経験とも言えるでしょう。

 

乗り越えて前に進もうと強い意志を見せない限り、コミュ障はずっと続いていくでしょう。

 

何かきっかけがあれば、また他者と上手く関わることができるようになるかもしれません。

 

でも、人間関係のトラブルはずっと尾を引いてしまうことがあり、なかなか解決することが難しい問題です。

 

この二つの原因によって、コミュ障の方は人と関わることが苦手になります。

 

どちらも根底にあるのは、人ともっと上手にコミュニケーションを取りたいという願望です。

 

本心から人と関わりたくないと思っている人は、コミュ障とは言えません。

コミュ障は仕事が続かない

コミュ障で一番厄介なのは、仕事が長続きしないことです。

 

なるべく家から出ない生活をしていれば、コミュ障でもさほど生活に影響はありません。

 

でも仕事は違います。仕事は人との会話が基本です。

 

コミュ障の人は、単純に人と話すことが苦手だから、仕事そのものが長続きしなくなります。

内面では、人と話すことにそこまで苦手意識がなくても、コミュニケーションが上手くない人もいます。仕事では、スタッフ同士の連携や意思伝達が大切です。

 

それができないと、ミスに繋がったり、お客様に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

コミュニケーションが苦手、というのはそれだけで致命的な弱点になってしまうのです。

 

仕事ができないと、人間関係も悪化し、やがて居心地が悪くなります。

 

そして毎日会社に行くのが嫌になり、やがて追われるように会社を辞めてしまいます。

 

仕事が長続きしない人は、社会的評価も低くなります。

 

新しい仕事を探そうにも、職歴が短かったり、辞めては別の会社に入り、ということを繰り返している人を、会社は雇いたいとは思いません。

 

雇用には費用がかかりますので、すぐに辞められたら困るからです。

 

どんな仕事でも、まずは長く続けられるかどうかを考える必要があります。

 

仕事が続けば、生活も安定し、心身ともに健康な状態で生活を送ることができるでしょう。

 

そのためにも、自分自身のコミュ障をなんとかする必要があります。

コミュ障を克服する方法

いつまでもコミュ障だと、社会人で成功することができません。

 

仕事上、必ず他者とコミュニケーションを取らないといけない場面があります。

 

同僚や先輩、上司など同じ会社の人との関わりもあれば、お客様やクライアント、取引先など、人との関わりは多岐にわたります。

 

「自分はコミュ障なので」という言い訳は通用しません。

 

時に会社を代表して客先に出向くこともあり、もし自分がおかしな言動を取れば、会社の評判にも関わります。

だから、早めにコミュ障は克服しましょう。

 

そのためには、思考を変えること、そして行動を変えること、この二つが重要になります。

 

思考を変える方法

・人に嫌われることは当たり前だと思う
・理想を高く持ちすぎない
・他人を過大評価しない

 

コミュ障の人は、他人の目を異常に気にし過ぎるきらいがあります。

 

常に人の視線が自分に向けられていると思い、嫌われないように行動したいと考えがちです。

 

どんな人にも相性があります。

 

普通にしていて好かれる人もいれば、嫌われてしまう人もいます。

 

それに対していちいち悩んでいたらキリがありません。

 

ならば、最初から人に嫌われることは当たり前だと考えてしまえばいいのです。

 

そうすれば、他人の目が気にならなくなり、本来の自分の姿をさらけ出すことができます。

 

そうすると、自分と合う人や相性の良い人と自然と仲良くなることができるでしょう。

 

自分自身のことは、理想を高く持ちすぎないようにしてください。

 

極端な話、自分は大したことがない人間だと割り切ってみましょう。

 

そうすれば、常に謙虚な姿勢になります。

 

謙虚にしていれば、自然と他人からの評価も高くなったり、親しみやすくなるので、人との人間関係も築きやすくなります。

 

また、他人を過大評価するのもやめましょう。

 

人は誰しも、良い点と悪い点があります。

 

他人の良いところばかり目を向けて過大評価してしまうと、惨めな気持ちになってしまいます。

 

自分は自分、他人は他人と、割り切った方が、自分に自信を持つことができます。

 

行動を変える

・あいさつを自分からする
・相手に興味を持ち聞き上手になる
・なるべく笑顔をつくる

 

 

まず大事なのは挨拶です。特に初対面の人は、第一印象が全てと言われています。

 

第一印象が良ければ、最後まで良い印象を持ってもらいやすくなります。

 

逆に印象が悪ければ、どれだけ仲良くなろうと頑張っても、なかなか距離が縮まりません。

 

そのための挨拶です。

 

挨拶をされて不快になる人はいません。

 

元気に明るく自分から挨拶をするだけで、相手から好印象を持ってもらいます。

 

社会人であれば、「おはようございます」「お疲れ様です」と、朝と帰りの挨拶をしっかりすることを、まず心がけましょう。

 

 

会話で重要なのは、相手のことに興味を持つことです。

 

コミュ障の人は、相手のことを知ろうとしません。

 

会話も相手が質問してきてくれるのを待つだけになり、結果的に会話が続かなくなります。

 

まずは自分から相手に興味を持ちましょう。

 

そうすれば、自然と質問もたくさん出てきて、聞き上手な人になります。

 

人は、誰かに自分のことを話したいと思っているものです。

 

聞き上手な人は好かれやすいので、人間関係も良好に築けるようになります。

 

そして一番大事なのは笑顔です。

 

話しかけられたら反射的に笑顔になるぐらい、笑顔を自然に出せるようにしましょう。

 

笑顔の人は、人から話しかけられやすいですし、親しみを持ってもらえます。

 

会話がヘタでも、明るい人には、自然と人が寄ってきます。

 

それぐらい笑顔でいることは大切です。

コミュ障でもできる仕事5選

社会人は、仕事をしなければ生活することができません。

 

コミュ障だからといって、働かないわけにはいきません。

 

では、コミュ障の方でもできる仕事、苦痛ではない仕事はどんなものでしょうか。

 

厳選したものをいくつか紹介したいと思います。

 

1.工場勤務

工場勤務は、部品の組み立てや食品の製造など、同じ作業を繰り返し行う業務がメインです。

 

あらかじめ決められた位置に配置され、そこで同じことを繰り返し行うことになるので、高いコミュニケーション能力は必要とされません。

 

上司から業務命令はされますので、それさえ理解して行動できれば、仕事上でもトラブルなく過ごせます。人と関わるのは、お昼の休憩時間ぐらいです。

 

ただ、人と関わることが苦手な人が多いので、無理に会話しなくても問題ないでしょう。

 

デメリットとしては、単調な作業なので、どうしても飽きてしまうことです。

 

毎日同じことを繰り返し行うのはけっこう苦痛です。

 

また、食品のライン工場であれば衛生面にうるさいですし、工場のラインはもたもたしていたら他の人に迷惑をかけてしまいます。

 

その点から、仕事に慣れるまでは大変でしょう。

 

また、工場勤務はベテランが多いので、すでにコミュニティができている場合、はじめは疎外感を感じるかもしれません。

 

給料面では、誰にでもできる仕事なので、そこまで高い賃金は期待できません。

 

また、工場勤務は派遣で行われることが多いので、正社員では難しいでしょう。

 

2.清掃業

清掃業は、ほとんど人と会話することがありませんので、コミュ障の人でも無理なく続けることができます。

 

決められた時間に、黙々と清掃を行うものであり、頭もそこまで使いません。

 

給料は安く、臭いもきつかったり汚れるような仕事なので、そもそも人気がありません。

 

集まってくるのは、無口でシャイな人や、やや高齢な方ばかりです。

 

仕事仲間とはいえ、みんなそれぞれ深く関わろうとしない側面があるので、コミュニケーションの機会がほとんどありません。

 

唯一あるとすれば、複数人で同じ作業を行う場面です。その際の役割分担を決める時は、必要最低限の会話が必要となります。

 

デメリットは、肉体労働なので、キツイということです。

 

労働3Kの、きつい、汚い、臭いの三つ全てが入っている仕事なので、慣れるまでは辛いものになるでしょう。

 

また、一緒に働くのは、わけありの人であることが多く、仕事上必要な会話もままならないこともあります。指示もくれなければ、良いも悪いも言ってくれません。

 

だから、見よう見まねで仕事を覚えて、早く独り立ちする必要があります。

 

3.プログラマー

プログラムを動かすためのシステムやソフトウェアを作る仕事です。

 

システムエンジニアとは違い、基本的にはひたすら決められたプログラム言語をパソコンに打ち続けます。

 

基本的には、チームが組まれ、プログラマーが集められて一つのシステム等を作っていきます。

 

ただ、一人一人役割が分けられますので、黙々と自分の作業に打ち込むことができるでしょう。

 

設計書を渡されてプログラムを組み立てていくことになりますが、細かく全てが書いてあるわけではありません。

 

分からない点があれば、システムエンジニアと相談しなければならない場面が出てくるでしょう。IT系の仕事なので、給料もそこそこ高いです。

 

残業することも多く、残業代を含めるとかなりの高収入が期待できます。

 

デメリットは、職場が色々と変わることです。

 

プログラマーは、プロジェクトによってさまざまな場所へ派遣されることになります。

 

働く場所がその都度変わりますので、同じ場所で同じ仕事をしたい人にとっては辛いかもしれません。

 

あとは、当然パソコンに向き合いっぱなしなので、眼精疲労や、首・肩のこりを感じるようになります。

 

4.職人

職人は、無口でも構いません。むしろ口数少ない方が、職人として好まれる傾向があります。

 

料理人や、靴職人、工芸品、建築物、などさまざまな分野で職人がいます。

 

自分の得意な分野の仕事を見つけ、求められる作品を創り上げていくことになります。

 

仕事は、一つのことに集中し、黙々と作業をし続けることになります。

 

ほとんど人と会話することはなく、基本的には一人作業です。

 

職人は、近年日本で減りつつあります。

 

手に職をつけるぐらいの技術がつけば、競合相手も少ないですし、多くの仕事が舞い込んでくるかもしれません。

 

ただ、職人は一人前になるまでに時間がかかります。

 

また、誰かの弟子になり技術を盗んで成長していきます。

 

職人に弟子入りする場合、多少理不尽なことがあっても、我慢しなければなりません。

 

根気強く、一歩一歩成長していくという精神力が求められます。

 

5.新聞配達・ポスティング

新聞配達は、誰でもできる簡単な仕事です。

 

決められた新聞を、決められたポストに投函するだけなので、ほとんど頭を使いません。

 

高校生や高齢者でもやっている仕事でありながら、常に仕事の募集があります。

 

よほどのことがない限り、働きたいと思ったら、すぐに働くことができるでしょう。

 

新聞配達で大切なのは道順です。

 

自分なりに効率の良いルートを見つけることができれば、配達も早く終わります。

 

デメリットは給料が安いことです。

 

時給は800円前後が妥当です。

 

朝も早く、4時には起きなければならないでしょう。

 

雨の日でも配達しなければなりませんので、体調管理には気をつけなければなりません。

在宅ワークならコミュ障はバレない!

本来であれば、コミュ障は克服したいですよね。

 

ただ、それが簡単にできるなら苦労しません。

 

いくら自分で工夫したり頑張ったりしても、なかなか治らない人もいます。

 

であれば、もう最初からコミュ障のまま生きていくと腹をくくったらどうでしょうか。

 

 

仕事上、コミュ障は致命的であると述べました。

 

それはあくまで他人と関わることが前提であるからです。

 

でも在宅ワークは違います。家で一人で仕事ができます。

 

もし他者と関わることがあっても、メールのやり取りなどであり、対面で会うことはほぼありません。

 

もちろん、コミュニケーション能力はあるに越したことはありませんが、在宅ワークの場合、なくても致命的にならないのが利点です。

 

在宅ワークといっても、職種はさまざまです。

 

ライターやデザイナーのように、ある程度クリエイティビティが求められる仕事もあります。

 

一方で、データ入力や文字起こしのように、ただひたすら入力作業をするものもあります。

 

アフィリエイトは、会社の商品を売るために、いかに多くの訪問者を呼び込めるか、考えてサイトやブログを作る能力が必要です。

 

せどりやネットショップでは、今どんな商品が売れるのか調べるための調査能力と、利益を出すために数字に強い必要があります。

 

自分の能力や好みに合った仕事を選ぶことができるのも、在宅ワークの魅力です。

 

また、何も一つの仕事だけに拘る必要はありません。

 

複数の職種をやり、収入を増やしていくという手段もあります。

近年の在宅ワークは、インターネットさえあれば、始めることができるものばかりです。

 

初期費用もかからないものも多いですし、専門的な知識はスキルも問われません。

 

全ては自分のやり方次第で、結果が変わっていきます。

 

仕事上でコミュ障と他人にバレないことで、安心して仕事を続けることができるのではないでしょうか。

 

仕事をし、生計を立てることができれば、コミュ障であることにも悩む時間もなくなっていきます。

 

まさに、心身ともに健康な状態で生活を送ることができるようになります。

まとめ

コミュ障に悩んでいる人はたくさんいます。

 

克服したいと日々もがいている人もいれば、すでに諦めてしまっている人もいるでしょう。

 

ただ、知っておいてほしいのは、コミュ障でも仕事はできるということです。

 

仕事が続かない、仕事ができないということを、コミュ障のせいにするのではなく、それでもできる仕事を探した方が賢明です。

 

本文では、在宅ワークについて触れました。

 

もし少しでも興味がある方は、是非メルマガに無料登録してください。

 

メルマガにはアフィリエイトで稼ぐ方法が書いてあります。

 

読んでいただけたら、コミュ障と仕事で悩んでいる人の、少しでも手助けになると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次