高卒が年収1000万円稼げるようになった話

こんにちは、はんのとみひろです。

僕の周りには高卒で年収1000万円以上稼ぐ人が2人います。

今回の記事では、彼らはどのようにして年収1000万円以上稼げるようになったのかという経緯と、どんな職業に就いているのか、というお話をしていきたいと思います。

日本は学歴社会で、大卒の人と比べると年収が184万円低くなる傾向にあるそうです。

高卒だからといって、仕事の能力がないわけではないですよね。

なのに、学歴社会で年収に差が出てしまう。

これをなんとかしたいですよね。

高卒で年収1000万円目指している人にとってお役に立てれば嬉しく思います。

Aさんの場合

Aさんは高校の頃から怠け者でした。

とにかく勉強はしないし学校もサボって欠席しがちです。

あと何点取れば留年しなくてすむ
あと何日欠席すれば卒業できなくなる

というようなことをしっかりと頭に入れて、ギリギリの高校生活を送っていました。

グレてはいないので悪さは全くしません。

ただ、勉強もほとんどしないし学校を休みがちだったのです。

卒業も近づいてきた頃、当然受験勉強などもしてないかったAさんは焦りました。

けれどどうすればいいかわかりません。

親も進路は諦めていました。

結局、何も決まらずに無事?卒業しました。

大学にも行かず、就職もせず、バイトもせず、無職になりました。

無職はすることもないし、お金もないし、友人から馬鹿にされるしいいことがありません。

このままじゃ俺の人生やばいかも、と焦りが加速します。

ここでAさんは閃きます。

英語を習得すればなんとかなる!

ちょっと稚拙な考えに聞こえますが、Aさんは本気でそう思って、親に留学費用を出してほしいと頼み込んだそうです。

人生なんとかしたい!
今までサボっていた分を挽回したい!

そんなことを必死で伝えたら留学費用を出してもらえました。

そんなこんなで2年留学することになりました。

現地では友人、知人はいません。

だから最初にアパートの契約、車の購入(移動には車必須)、学校の手続きなど一人で行いました。

もちろん今まで勉強をサボってきたので片言の英語も微妙です。

ですが、ジェスチャーでなんとか乗り切りました。

毎日が必死です。

早く英語を話せるようにならないと、買い物や普段の生活に困るため、日本人とは最低限しか話さず、外人ばっかりと話しました。

彼女を作るのが手っ取り早く英語を習得できると聞いていたので、すぐに彼女を作りました。

そんなこんなで2年後には流暢に英語が話せるようになって、無事帰国しました。

早く人生立て直したいと思ったAさんはすぐに就職活動しました。

そして学歴不問、高卒でもOKの外国人相手の外資系不動産会社で営業マンとして働くことになりました。

その会社でメキメキと頭角を現してすぐにトップ営業マンになりました。

この時点で年収は1000万円を越えていました。

約3年トップ営業マンとして働いた後、ヘッドハンティングをされ別の業種の会社に転職しました。

別の会社でも当然年収は1000万円を越えていました。

何度かヘッドハンティングを繰り返し、今は外資系の金融会社で働いていて年収は2000万円を越えているようです。

Aさんのお金の使い方は豪快で、ギターが趣味なのですが、一目惚れのギターはその場で購入したりします。

50万円くらいするものですが、即決でその場でポンと買います。

ペットショップでかわいい猫がいると、その場で買います。

10人くらいいる飲み会でも2次会3次会とおごります。

B君の場合

B君は僕の中学の同級生です。

B君はスポーツマンで頭も良くてイケメンでモテモテだったのですが、中学2年の頃から見事なほどにグレました。

それはそれは見事な不良になりまして、ここでは書けないような悪いことばかりやっていました。

当然、勉強もせず学校もサボってばかりです。

でも、高校だけはなんとか行け、と両親や先生の説得で高校は入学できました。

もともと勉強ができたので、ちょっと勉強すればなんとかそれなりの高校に入学できたのです。

高校ではだんだんと不良仲間と遊ばなくなり、普通の人間に戻っていったのですが、ただ問題は勉強の意欲がなかったことです。

ギリギリの点数とギリギリの出席日数で卒業し、もちろん進路も決まっていなくてフリーター生活が始まりました。

フリーター生活はかなり辛いものがあって、同級生の友人たちは大学生活を謳歌している、バイト仲間の大学生もサークルを楽しんでいる、そう思うと人生損した気持ちになりました。

さらに、「高卒フリーター」という現実から、自分に自信がなく、学歴コンプレックスを抱いていていました。

実際に高卒フリーターとバカにされたこともありました。

中学のときに不良になったこと、高校の頃勉強をしなかったこと、大学受験しなかったこと、いろいろと後悔しました。

そんな状況の中、B君は心に決めました。

今まで勉強しなかった分、仕事で結果を出そう。

そう決めてIT系の会社にアルバイトとして入社します。

そこで仕事を一生懸命頑張ってバイトリーダーになりました。

数年働き、そこの会社の上司に就職させてほしいと交渉し、見事正社員として入社することができました。

そこからさらに猛烈に仕事を頑張りました。

仕事だけではなく社内、社外との人脈づくりも頑張りました。

そして役職が就くまで上り詰めたのです。

そして数年後、B君は独立をします。

これまで積み上げてきた経験と人脈を使って会社を立ち上げたのです。

今まで頑張ってきたのは独立するためでした。

いくら、役職がついたとしても、周りの人からは「あの人高卒でしょ」と学歴を理由にバカにされたりします。

でも自分が一番トップになってしまえばそんなことを言う人はいなくなります。

それに、高卒だから給料も低いのです。

しかし、自分が社長になれば収入も高くなります。

だから独立したのです。

独立して数年たちますが、起業からずっと右肩上がりだそうで、年収も1000万以上です。

高卒が年収1000万円稼ぐためにはどうすればいいか?

Aさんの場合、留学して英語スキルを身に着け、外資系の会社に就職しました。

B君の場合、アルバイト先で仕事を頑張って役職がつくまで上り詰めて起業しました。

どちらのケースも、かなり大変な努力が必要で、しかも数年かかります。

高卒で年収1000万円稼げる職業は、歩合制の営業マン、専門資格を持つエキスパート職、経営者と絞られてきます。

歩合制の営業マンは、かなりしんどくブラック体質で体を壊してしまう可能性があります。

精神的に強くないとつとまりません。

専門資格を持つエキスパート職も資格を取得するのに何年も時間が必要で、また就職先は狭き門です。

経営者は莫大な資金が必要でリスクが大きいでしょう。

B君のようにうまくいくとも限りません。

低リスクで、比較的早く年収を上げる方法として、副業でネットビジネスがいいでしょう。

副業でやるならリスクがないし、三ヶ月必死でやればサラリーマン以上の収入が得られるようになります。

ネットビジネスといっても難しいことはなくて、ブログとメルマガを書けばいいだけです。

つまり、文章を書くだけでいいのです。

これなら何年も頑張る必要もなくて、資金もかからないし、副業でできるし、手軽だし、自分のペースでできるし、いいことだらけです。

ネットビジネスって稼げるんですよ。

月収100万円稼ぐ人はゴロゴロといます。

ネットビジネスって怪しいイメージですが、今や誰でもブログをやっている時代です。

個人でメルマガをやっている人もわんさかいます。

長い人生の中でたった三ヶ月です。

三ヶ月頑張れば年収1000万円が見えてくるのです。

三ヶ月なら頑張れると思いませんか?

三ヶ月頑張れないなら、資格取得も起業も難しいと思います。

厳しい言い方ですが年収1000万円は諦めた方がよいでしょう。

メルマガでネットビジネスの無料講座をやっているので、頑張れそうな人はぜひ登録してみてください。