バレずにできるお小遣い稼ぎ10選

働けど働けど、お小遣いが増えない。

いや、むしろ子供が生まれ、家を購入し、気付けばどんどんお小遣いが減っている。

そんな切ない状況のサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。

 

自分の趣味にお金を使えない。それどころか毎日のお昼ご飯や、仕事帰りの一杯も節約しなければならない。そんなことでは、モチベーションも上がりませんよね。

 

あと2〜3万円あったら楽なのに。

そう思っている方は必見です。

 

今回は、空いた時間にできる、サラリーマンの方に向けたお小遣い稼ぎの方法をお教えしたいと思います。

内容からメリット・デメリット、おすすめできる人や稼げる相場なども詳しく解説しています。

これから紹介する10のお小遣い稼ぎ方法の中で、やってみたいと思えるようなものがあれば幸いです。

それでは見ていきましょう。

 

▼このブログの管理人プロフィール

【関連記事】
人と関わらない仕事を選ぶならこれ!身近なところにある仕事20選

今の仕事が辛いなら|楽な仕事を見つけよう!

お金の悩みから抜け出したいサラリーマンの方必見!家でできる仕事10選

目次

サラリーマンのお小遣いは3万円台

その前に、全国のサラリーマンの方が、現状ではいくらぐらいお小遣いを貰っているのか調べてみました。

ここでは、結婚しているお父さんが対象とします。

調査している機関によって多少の差はあるのですが、平均すると”3万7,000円”前後だそうです。

 

 

これはあくまで平均であり、実際はもっと少ないという人もいるでしょう。

年代によって金額が異なり、20代は意外と高い傾向にありました。

30、40代は低く、50代からまた少し高くなっていきます。

未就学児がいる家庭よりも、小学生以上の子供がいる家庭の方が、お小遣いは少ない傾向もありました。

子供が成人した家庭は、多めにお小遣いを貰っているようです。

 

 

やはり、男性が30・40代になると、養育費、家のローンなどもっともお金がかかる時期に差し掛かります。

すると、家計で削られてしまうのが、どうしてもお父さんのお小遣いになってしまうのです。

 

 

では、3万7000円があなたのお小遣いだとすると、一日使える金額は1,200円ほどです。

これでお昼ご飯、飲み物代を賄い、お酒やタバコを飲む人はそれらに消えていくので、ほとんど手元には残りません。

 

 

また、あるアンケートでは、サラリーマンのランチ代の平均は”590円”ということが分かりました。

590円だと、どうしてもコンビニ弁当や吉野家などの牛丼屋さんなど、低価格で済ませられるお店ばかりになってしまいます。

最近では、マクドナルドなどのファーストフードでも、590円では食べたいものは食べられません。

頑張って働いてきて、毎日こんな節約しなければならない生活はきついですよね。

 

 

しかも、サラリーマンのお小遣いはどんどん減ってます。

ピークの時は77,000円前後の金額でしたが、今はその半分近くになってしまいました。そして今後もっと減っていくかもしれません。

 

ゴルフや釣りなどの趣味があっても、道具を用意するお金もなく、諦めてしまったという人も珍しくありません。

いくら家庭があるからといって、一回きりの人生を、やりたいこともできずに、毎日消化していくのはもったいないと思いませんか。

 

お金さえあれば、もっと楽しく、そして楽に生活できるのに。

そう思っている方も多いはずです。

だからこそ、仕事とは別にお小遣い稼ぎをお薦めしたいのです。

会社にも奥さんにもばれずにお小遣い稼ぎができる

「会社では副業禁止だしなぁ」

「奥さんにばれたら稼いでも家に入れさせられるだけだし・・・」

 

そんな心配は無用です。

今回ご紹介するお小遣い稼ぎは、スマホで簡単にできたり、家でできるものばかりです。

もちろん、安全であり、違法性のあるものは一切ありません。

 

 

特別な技術も知識もいらず、誰でもできます。

あくまで名目はお小遣い稼ぎなので、がっつりと稼ぐのではなく、今貰っているお小遣いの足しにするものです。

それだけでも、生活はずっと楽になりますし、やりたいことができる、食べたいものが食べられるようになります。

理想的な生活をするためのお小遣い稼ぎです。

 

 

サラリーマンの方は本業があります。

しかも、30代以降になると、責任の重い仕事を任せられるようになり、時間もどんどん削られます。

そんな時間がない中でも、お小遣い稼ぎはできます。

 

なぜなら今回ご紹介するのは、時間と場所を選ばないからです。

出勤途中、帰りの電車の中、お昼休み中、帰宅後の数十分、休日など、空いた時間でできる作業ものばかりなので、身構えることもありません。

果たしてどんなお小遣い稼ぎ方法があるのか、紹介していきたいと思います。

1.アンケートモニター

■内容

企業が運営しているアンケートモニターに登録し、各種アンケートに回答するものです。

アンケートモニター用のアプリやサイトに登録したり、メールアドレスを登録する方法が一般的です。

送られてきたアンケートに回答すると、1アンケートにつき○○円、あるいは○○ポイントが貰えます。

 

アンケートの内容は、企業の商品やサービスについて、普段の生活や考えについてなどです。

現在出ている商品についてのアンケートもあれば、これから企業が開発する商品などの参考にするためのアンケートもあります。

 

 

■メリット・デメリット

いつでもどこでも、そして誰でもできるのが魅力です。

アンケートの内容も難しいものではないため、空いた時間で手軽にできます。

また、メールだと定期的に送られてくるため、自分から積極的に動かなくても、受動的にできます。

 

デメリットは、あまり稼ぐことができないという点です。

1アンケートあたり○円、○十円という、ほぼ一円・十円単位の報酬です。

中には百円単位のものもありますが、そうありません。

高報酬のアンケートは人気が高いため、すぐに応募締め切りになってしまいます。

また、アンケートには、通信量がかかるため、スマホでやる場合、通信量による速度制限にも気をつけなければなりません。

 

 

■こんな人におすすめ

毎日コツコツできる人にお薦めです。アンケートも、楽しく回答できるものもあれば、若干面倒くさいものもあります。どちらかというと、作業的な感覚で淡々とできる人が向いているでしょう。

メールで定期的にくることが多いので、毎日メールチェックしている人も向いています。

最近はLINEが連絡手段のメインとなっているため、メールはあまり見ない人も増えています。

メールを日常的に見る習慣がない人は、せっかくのアンケートも見逃してしまう可能性があり、稼ぐチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

 

■稼げる金額

0円から〜5,000円が目安となるでしょう。

1日あたり100円を目安に稼ぎ、それを30日続ければ3,000円になります。

WEBアンケートは、1件あたり数円・数十円なので、1日10件以上やれば100円以上は稼げるしょう。

中には報酬の高いものもありますので、いかに見つけることができるかです。

2.クラウドソーシング

■内容

インターネット上で、ある人が不特定多数の人に仕事の募集をかけるものです。

自分ができそうな仕事を受注し、相手の要件を満たすことができれば、報酬が貰えます。

募集要項には、仕事内容と報酬が記載されており、条件を見ながら仕事を探します。

 

日本では、「ランサーズ」」「クラウドワークス」が大手で、数多くの登録者がいます。

ここで発注されている仕事のほとんどはパソコンでできるものです。

ライター、デザイナー、入力業務、プログラム、アプリの開発など、仕事は多岐に渡っているので、自分に合った仕事を見つけることができます。

 

 

■メリット・デメリット

自分ができる仕事だけを受けることができるので、無理なくこなせることがメリットです。

ノルマはありませんので、自分が可能な範囲の依頼を受けることで、マイペースに作業ができます。

報酬が高い案件も数多く発注されておりますので、上手くやれば短い時間で稼ぐことが可能です。

 

デメリットは、報酬が高い案件は、人気が高く応募が殺到することです。

応募しても受けられるとは限らないため、結局報酬が安い案件でコツコツ稼がなければならないケースもあります。

また専門性の高い依頼もあり、案件の数は多いけれど、自分の能力によっては、対応可能な案件は限られてくるかもしれません。

 

 

■こんな人におすすめ

パソコンのスキルが高い人にお薦めです。仕事でパソコンを使っている人は、案件を見つけやすいでしょう。

特にアプリの開発やプログラム系の依頼は報酬が高い傾向にあるため、稼ぎやすくなります。

 

依頼主の依頼内容を正しく理解し、相手とのやり取りもありますので、コミュニケーション能力も求められます。

サラリーマンの方であれば、業務における基礎的な力はあると思いますので、問題ないでしょう。

 

 

■稼げる金額

1万円〜20万円が妥当です。クラウドソーシングで20万円以上稼いでいるのは、ほんの一部です。

しかも、多くがフリーランサーです。サラリーマンのお小遣い稼ぎでやるとすると、1〜3万円ほどになるでしょう。

 

ただ、ITエンジニアやWEBデザイナーは、一案件あたりの報酬が高いため、専門スキルがあればより稼げるようになります。

3.WEBライター

■内容

インターネット上に公開される何らかの記事を書き、それで報酬を得る仕事です。

雑誌や新聞などの本格的なライターとは違い、そこまでライティングのスキルは求められません。

日本語で文章が作れるのであれば、誰でもできるでしょう。

 

記事は、コラムのようなものから、ブログにアップするための記事を代行で書きます。

内容は多岐にわたっており、趣味のことから、社会、生活のことまで幅広く執筆します。

 

クラウドソーシングでは、数多くの発注が行われており、仕事は見つけやすいです。

クライアントから求められた納期までに、決められた文字数で記事を書き、納品します。

 

 

■メリット・デメリット

空いた時間でいつでもどこでもできます。特別な資格やスキルも不要なので、未経験者でも始めることが可能です。

時給1,000円も難しくないので、サラリーマンのお小遣い稼ぎの中では、非常に稼ぎやすい仕事と言えます。

 

一方で、安い単価の依頼が多いことがデメリットです。

1文字0.5円以下の依頼も多く、時給で500円ぐらいにしかならないこともあります。

基本的にはパソコンを使って書くので、文章を考えるのが得意でも、タイピングが遅い人は、苦戦するでしょう。

 

 

■こんな人におすすめ

文章を書くことが好きな人にお薦めです。

題材は、基本的にはクライアントが指定するので、自分が好きなことを書けるわけではありません。

ただ、知らないことでも、自分で調べて文章にするので、調べたり、知らないことを知りたいと思う好奇心が強い人は、楽しく作業できるでしょう。

 

自分でブログをやっていたり、頻繁にSNSに文章をアップしている人は、よりスムーズに始められます。

文章を書くのが苦手、タイピングが遅い人にはあまり向いておりません。

 

 

■稼げる金額

1万円〜5万円稼ぐことができます。

報酬は基本的に、1文字○円と決められております。

相場は、0.5円〜1円です。1,000文字の記事を0.5円で依頼を受けることで、1記事で500円稼げます。

1時間で2,000文字書くことができれば、時給1,000円です。

1日1時間、それを20日続けるだけで2万円稼ぐことができます。お小遣いとしては十分でしょう。

4.仮想通貨

■内容

仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使った新しいお金です。

今はほとんど市場で利用できるところはないため、仮想通貨の売買で利益を出そうとしている人がほとんどです。

株や為替のように、毎日金額が変動しているため、その変動を利用して、利益を出すことができます。

 

有名なのがビットコインであり、一時期は1ビットコイン200万円まで上昇しましたが、今は80万円〜100万円以下で推移しています。※2018年8月時点

小額からでも購入できますので、サラリーマンのお小遣い稼ぎとしても、始めやすい分野です。

 

 

■メリット・デメリット

最大のメリットは、多額の利益を出すことができる可能性があることです。

例えばビットコインは、2017年の始めは1ビットコイン10万円ほどでした。

それが後半には100万円に達し、最大で200万円に。つまり、1年で20倍になったのです。

もし10万円購入していたら、200万円です。

売り時を間違えなければ、利益を出すことが十分に可能です。

 

ただその一方で、購入時期、そして売り時を間違えると大損してしまうこともあります。

また株のように、業績があるわけではないため、何が金額の変動に影響するのか分かりません。

市場が読みにくいのが、仮想通貨の難しいポイントです。

 

 

■こんな人におすすめ

投資に対して抵抗のない人、そしてある程度お金に余裕がある人にお薦めです。

仮想通貨は小額から購入でき、極端な話1円でも購入できる仮想通貨はあります。

ただ、目に見えないものを買うので、投資に対してネガティブな感情を持っている人は、向いていないでしょう。

仮想通貨の世界も奥が深いので、しっかりと勉強し、購入方法や管理方法をしっかりと学んでから始めましょう。

 

 

■稼げる金額

どれぐらい稼げるのかは、未知です。

なぜなら今後仮想通貨がどのように変動していくかは、誰にもわからないからです。

しかし、短期的に見れば、毎日金額は変動しているので、少し下がったところで買い、上がってから売るということを続けることができれば、必ずプラスになります。

取引所では手数料が発生したり、一定金額以上の利益を出すと、税金が発生するので注意が必要です。

5.シェアビジネス

■内容

空き部屋、車、空き時間などの遊休資産を提供し、それを必要としている人に活用してもらい、お金を受け取るビジネスです。

比較的新しい形のビジネスであり、最近話題になった”民泊”もそれに該当します。

他にも、カーシェアリング、駐車場シェアリングなど、自分が持っている資産を、みんなにシェアしてもらおうという考えです。

 

自分で行うのは、提供する資産を用意すること、それを提供する仕組みを作ること、そして管理です。

近年急成長を続けている分野であり、特に民泊は、訪日外国人の増加、東京オリンピックに向けて、ますますニーズが高くなっております。

 

 

■メリット・デメリット

自身が持っている資産を有効活用できることです。

例えば、車を持っているけどほとんど乗る機会がなくなった人は、固定資産税や車検代、維持費などただ費用が発生するだけです。

それをカーシェアリングで誰かに提供すれば、赤字だった資産がお金を生み出してくれます。

 

デメリットは、管理の難しさです。

民泊では、特に外国人の観光客とトラブルになるということも聞かれます。

お客様は必ずしも良い人とは限りません。

トラブルにならないように、契約書を交わすなど、未然に対策を講じる必要があります。

 

 

■こんな人におすすめ

有効な資産を持っている人、あるいは用意できる余裕がある人にお薦めです。

また、鍵や部屋の受け渡し、清掃時間などで、1〜2時間の拘束時間が生まれます。

土日でも平日でも、そういった時間を作れる人は無理なくできるでしょう。

 

ただ、他のお小遣い稼ぎと比べると、家族にばれずにやるのは難しいです。

家族に理解を得られ、且つ協力してもらえるのであれば、続けやすくなります。

 

何をシェアするのかは自由であり、まだまだ拡大余地のある分野です。

新たなアイデアが思いついたなら、始めてみると良いでしょう。

 

 

■稼げる金額

シェアするものにより収入も大きく異なるので、一概にどれぐらい稼げるのかは難しいです。

例えば民泊であれば、1泊5,000円だとして、それを20日間予約が入ったとします。

すると売り上げは10万円になるのですが、そこから賃貸であれば家賃が引かれ、また管理費や清掃費などもかかるので、利益は1〜2万円がよいところでしょう。

 

資産に対して、どんな料金設定にするか、稼働率はどれぐらい見込めるかを計算しなければ、利益を出すこと自体難しくなります。

6.フリマアプリ

■内容

メルカリなどのフリーマーケットアプリを使って、物品の売買で利益を出すものです。

自分がすでに所持している品物、新たに仕入れてきて、仕入れ値より高く売ることでお小遣い稼ぎをすることができます。

 

メルカリでは、匿名配送サービスや、らくらくメルカリ便など、出品者に対して親切なシステムがあります。メルカリ以外にもラクマなど種類があり、自分が出品したい商品の種類に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

やることは、商品の入荷、出品、購入希望者とのやり取り、配送が基本です。

スマホがあればいつでもどこでもできるので、お小遣い稼ぎにはぴったりです。

 

 

■メリット・デメリット

自分では不要と思っているものが、意外と高値で売れることもあり、予想以上の利益を出すことがあります。

何が人気の商品なのか、売れ筋は何かという知識も蓄えられるため、商品や市場に対して敏感になります。

 

デメリットは、やはりトラブルです。個人間のやり取りになるため、どうしても出品者と落札者の間でトラブルになりやすいです。

特に商品の価格や、商品の状態について揉めることがあり、自分が悪くなくても、低評価をつけられることも珍しくありません。

 

 

■こんな人におすすめ

相手との約束をしっかりと守れる人、そして規約をしっかりと読み、ルールを守れる人におすすめです。配送に関して約束を守らなかったり、商品の内容や状態を偽ってしまう人は、フリマアプリをやるべきではありません。

 

また、利益の計算ができること、コミュニケーション能力は必須条件です。

文章でのやり取りだけとはいえ、相手を不快にさせない配慮も求められます。

 

 

■稼げる金額

商品の価値次第なので、いくら稼げるかはその人次第です。

ただ、こまめに出品していれば、2〜3万円の利益を出すことはさほど難しくありません。

大切なのは、商品を安く仕入れること、ニーズの高い商品を出品することです。

特にニッチな商品は、購入する人は少ないですが、その分競合が少なく、利益が高くなりやすくなります。

 

ちなみに、フリマアプリは出品手数料がかかります。

配送料もそうですが、諸経費を含めた価格で出品しなければ、利益を出すことができません。

7.ポイントサイト

■内容

金品等と交換できるポイントを付与するサイトのことです。

お小遣いサイトとも呼ばれるなど、まさにお小遣い稼ぎにぴったりなジャンルです。

ポイントサイトでやることは主に以下です。

・送られてくるメールのアンケートに回答する
・掲載されている広告をクリックする
・紹介するオンラインサービスに登録する
・指定されたアプリをダウンロードする

 

 

これらの作業を行うことで、一定のポイントが貰えます。

貯めたポイントは現金や商品券などに交換できますので、毎日コツコツ作業していればそれなりに稼ぐことができます。

 

 

■メリット・デメリット

スマホ一台でできる手軽さがウリです。

サービスに登録したり、アプリのダウンロードも、無料でものだけを選んでできます。

リスクがないため、安心して続けることができるでしょう。

 

しかし一方で、悪質なサイトも存在しているので注意が必要です。

例えば、ポイントを換金できないというトラブルがあります。

サイトによっては、換金できるポイントの最低金額を決めているところがあります。

それがどれだけ頑張っても届かない数字に設定されているということがあり、貯めても貯めても交換に至らないケースも聞かれます。

 

 

■こんな人におすすめ

毎日コツコツ作業できる人におすすめです。

作業時間は、1日30分もあれば大丈夫です。

仕事の昼休憩時間、行き帰りの通勤時間を有効に利用したい人は向いていると思います。

また、アンケートの回答や、アプリのダウンロードなど、スマホの操作が必要です。操作が早い人は、それだけ効率よく稼ぐことができます。

 

ただし、スマホの通信量は膨大になりますので、使い放題や、大容量プランに入る、あるいはwifiを利用できる環境にあることは必須条件です。

 

 

■稼げる金額

毎日コツコツやれば、月5,000円稼ぐことは難しくありません。

1日100円〜300円が目安と言われており、複数のポイントサイトを利用すれば、5,000円前後を稼ぐことは難しくないでしょう。

 

月の収入としては物足りないかもしれませんが、1年間で考えると60,000円です。

毎月ポイントを換金するよりも、欲しいものを購入する時に換金するという使い方が良いかもしれません。

8.ドロップシッピング

■内容

直訳すると産地直送です。

商品の在庫や仕入れをせずに、消費者からの注文を受けた時に、メーカーやドロップシッピング専門業者から直接顧客に配送するシステムです。

 

ネットショップと違うのは、自分で商品の在庫を管理したり配送する必要がないことです。

あくまで、ショップを作って、何を販売するのかを決めるだけです。

あとは売れたらシッピングサイトが発注から配送まで行ってくれるので、非常に楽です。

ネットショップの入門として始める人もいます。

 

 

■メリット・デメリット

労力を少なく販売することができます。

インターネット上ですでに存在しているドロップシッピングサイトを利用すれば、在庫を抱える必要もありません。

発送も不良品などの対応も、全て企業がやってくれます。

自分でやるのは、ショップでどんな商品を販売するのかだけなので、サラリーマンのお小遣い稼ぎとして非常にやりやすいです。

 

その反面、十分な売り上げを得ることができなければ、赤字になってしまうことがあります。

必ずプラスになるという保証がないのが大きなデメリットです。

 

 

■こんな人におすすめ

まめにショップのページを更新できる人は向いてます。

また、商品をいくらで販売しなければならないのか、利益の計算も必要です。

管理能力と計算が強い人は、ドロップシッピングで成功する可能性が高いです。

 

シーズンに合わせて商品を入れ替えたり、流行り廃りにも敏感でなければ売り上げは上がりません。

SEO対策や、多くの人に見てもらえるように広告を出すなど、手間を惜しまずに営業活動ができる人は、履歴を出すことができるでしょう。

 

 

■稼げる金額

マイナス、つまり赤字になることもあれば、月収数百万円も可能な仕事です。

お小遣い稼ぎとして、確実に稼げるという分野ではありません。

しかし、取り組み方次第では、高い確率で利益を上げることができます。

大事なのは、どれぐらいの収益を求めるかです。

それによって、仕入れる商品、料金設定も変わってきます。

他のお小遣い稼ぎに比べて、計画性が最も問われるお仕事です。

9.ミステリーショッパー

■内容

いわゆる、覆面調査です。

一般客として、指定されたお店に入り、食事をしたりサービスを受けます。

その感想をレポートにまとめて、提出するお仕事です。あくまで調査だとばれないようにすることが必須条件です。

お客様目線となり、どんな改善点があるのか、きちんとサービスを提供しているのかをチェックします。基本的には応募制なので、受ければ仕事を貰えます。

サラリーマンの方ですと、平日に行うのは難しいと思いますが、休日でも仕事ができます。

週に1回の稼働でも、お小遣い稼ぎにはぴったりです。

 

 

■メリット・デメリット

ただで食事やサービスを受けられて、しかも報酬まで貰えます。

調査するお店の中には、もしかしたら自分が気になっていたお店があるかもしれません。

楽しみながら、報酬も貰えるお得な仕事です。

しかも、仮に会社の人に見つかっても、お小遣い稼ぎ中とは思われないので、バレても安心です。

 

ただ、報酬はあまり期待できません。

一件あたり、1,000円〜3,000円が妥当です。

受けるサービス内容と合わせるともっと価値は高くなりますが、現金ではほんのわずかなお金にしかならないことは覚悟しなければなりません。

また応募に受からないと仕事が入らないので、収入を計算しにくい面もあります。

 

 

■こんな人におすすめ

好奇心旺盛な人にお薦めです。

自分の好きなジャンルばかり応募していても、なかなか受かりません。

だから、ジャンル問わず幅広く応募することがポイントです。

中には自分の興味がない分野もあるかもしれませんが、それも楽しめる人は、無理なく続けることができるでしょう。

 

覆面調査は、さまざまなお店に行きますので、フットワークの軽さも必要です。

アクティブな人ほど向いています。調査とばれてはいけないので、多少のしたたかさも求められます。

 

 

■稼げる金額

よくて月1万円がよいところでしょう。

一件あたり1,000円の案件が多いので、土日に一件ずつ行って、月8,000円です。

どちらかというと、食事やサービスをタダで受けられて、ちょっとした謝礼も貰える、という感覚で行う仕事です。

がっつり稼ぐことは難しいのですが、ちょっとしたお小遣いにはなります。

無理なく稼ぎたい人にはぴったりの仕事です。

10.アフィリエイト

■内容

成果報酬型の広告のことです。自分のホームページ、ブログ、あるいは配信するメルマガに企業や商品の広告を掲載します。

訪問した人が、その広告をクリックし、商品を購入したり、サービスに申し込みすると、広告主に一部報酬が貰えます。

 

やることは、コンテンツを作成すること、そこに広告を貼りつけることです。

訪問者が多ければ多いほど、広告をクリックする可能性が高くなるため、いかに魅力的なコンテンツを作ることができるのかが重要です。

アフィリエイトやっている人のことを、アフィリエイターと呼びます。

 

 

■メリット・デメリット

ある程度稼げる仕組みを作ってしまえば、安定して収入を得られるようになります。

人によっては、月に100万円以上稼いでいる人もおり、お小遣い稼ぎの中でも高収入の可能性が最も高い仕事です。

ブログやメルマガであれば、外出先からも更新できるので、仕事の昼休みや通勤時間も活用できます。

 

ただ、アフィリエイトは稼げるようになるまで時間がかかってしまいます。

競合相手も多いので、魅力的なコンテンツを作成できなければ、なかなか訪問者は増えていきません。

 

 

■こんな人におすすめ

魅力的なページや文章を作成できる人は、アフィリエイトに向いています。

最初はまめに更新できても、途中でネタがつきてしまいがちです。

できるだけ多方面に目を向けて、色々なネタを仕入れることが、長続きするコツです。

 

最初は収入を得ることは難しいので、根気強く続けられるかどうかも、向き不向きに大きく影響します。

自分のページのどこが人を惹きつけないのか、どうすればたくさんの人に来てもらえるのか、客観的に考えるのも、必要な能力でしょう。

 

 

■稼げる金額

アフィリエイトは格差の大きい仕事です。

ある調査によると、50%近くが、収入5,000円以下です。

 

うち、23%は収入無しという厳しい世界です。

ただ、10%近くが100万円以上稼いでおり、10人に1人は月収100万円以上を達成しております。

お小遣い稼ぎであれば、まずは、月1万円から5万円を目指しましょう。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今のお小遣いのちょっとでも足しにしたい、趣味や好きなことにお金を使いたい、そう考えているのであれば、すぐにでもお小遣い稼ぎを始めてみましょう。

 

もっとお小遣い稼ぎの方法を具体的に知りたい、どうすれば稼げるのか勉強したい、という人はまずはメルマガに登録してみてください。

きっとあなたの力になるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次