仕事で精神的に疲れてしまった…。

なにも楽しく感じないし、心が苦しくて涙が出てしまうということがあるのではないでしょうか。

 

私もいくら楽しく仕事をしていても、職場の人間関係や大変な仕事の量に日に日にストレスが溜まっていき「疲れた…」と口癖のようにでてしまうことがありました。

休みの日も仕事のことを考え、その状態でずっと過ごしていると、最終的にうつ病に近い症状があらわれてしまったことがあります。

 

そうした時は、職場の人や上司の了解を得てお休みをいただくこともありましたが、どうしても気分転換をしたくても心も体もボロボロの状態なのでしっかりと休めたことはありませんでした。

そんな仕事での疲れを癒すにはどんな方法が一番良いのでしょうか。

 

【関連記事】

仕事に疲れたときに絶対に実践したい上手なストレス解消法10選

 

仕事での精神的な疲れに1番効くのは「睡眠」だった…!?

実は「睡眠」は疲労も回復してくれるだけではなく、ストレスも解消することが出来ます。

但し、睡眠を一定期間とれたとしても眠りが浅い場合はストレスは減りにくいといわれています。

 

それでは、深い眠りには何が必要なのかというと、『起きて1時間以内に太陽の光をあびること』なのだそうです。

日光を浴びることによって睡眠をつかさどるホルモンが減り、脳が目覚めます。

そして夜になるとホルモンが増え熟睡できるようになります。

生活リズムを整えることが睡眠の質を向上させることにつながります。

 

 

また、以下のようなことも質の良い睡眠へとつながります。

・お風呂から出て1時間以上たってから寝る
・うつ伏せで寝る(腹式呼吸になりやすいため)
・寝る3時間前には夕食を終える
・暖かい飲み物を飲む
・ぬるめのお湯につかる
・自分の体に合った寝具を選ぶ

 

 

睡眠をとることで、イライラしていた気持ちが起きた時には解消するほどではないけれど少し落ち着いているという経験があるのではないでしょうか。

睡眠は1日の記憶を整理し、脳も休めてくれます。その働きにより、嫌な記憶も忘れさせようとしてくれています。

 

また、寝始めてから3時間の間に分泌される成長ホルモンは気力の回復など精神面に良い影響を与える効果があるそうです。

睡眠は脳を休めてストレスを緩和させる癒しの効果が抜群です。

しかし、現代人はどうしても仕事等で睡眠時間を削りがちです。

 

 

また、悩み事や心配事があるとなかなか寝付けない人もいるでしょう。

「睡眠の時間の長さ」よりも「睡眠の質」をあげることで、ストレスを解消しましょう。

精神的な疲れを言葉にして、心の外に出してみよう!

何か悩み事がある時、なんでも相談できる人は側にいるでしょうか。

どうしても仕事の深い悩みは自分の心の奥底にしまってしまいがちです。

 

私も、職場の人との人間関係に悩んだときは誰に話してもよいのか悩んでいました。

悩むことでどんどん暗い考えになっていき、落ち込んでいっていたのを覚えています。

疲れていることを我慢して内に秘めていてはいけません。誰かに話すことで解決はしなくても心が少しスッキリすることもあるものです。

また、人に話す以外にも発散する方法はありますよ。

 

・大きな声で歌を歌う

私も良くイライラした時にしていたのですが、カラオケに行っても良いですし、一番手軽なのが入浴時、運転時に大きな声で歌う事です。

歌うことに集中することで心のもやもやを考えずに済み、しっかりと呼吸もできるので少し心が落ち着きます。

人目を気にせず大きな声を出せる場所で恥ずかしがらずに歌ってみてはどうでしょうか。

 

・紙に書いてびりびりに破く

自分が思っていることを言葉にするのが難しいのであれば紙に書き出してみるという方法もあります。

書いているうちに頭の中が整理されていき、さらに書いた紙を破くことで、すっきりするかもしれません。

 

 

・信頼できる人に話を聞いてもらう

上司でも同僚でも、友人でも両親でもいいので、現状を話せる分だけ話して聞いてもらうのも良いでしょう。

特に、仕事の内容や職場の現状を知る人に聞いてもらうのが解決につながるかもしれませんし、より状況をわかってもらえるのでアドバイスをしてもらえることもあるかもしれません。

 

また、仕事に関係のない話をして気分転換をするのも良いです。話を聞いてもらうだけでも、心が軽くなると思いますよ。

 

これ以上悪化させないために…プロの力も借りてみませんか?

近くにいる人の誰にも相談できない、もう何も考えられないという時にはプロの力を借りてみましょう。

躊躇してしまうかもしれませんが、それ以上悪化させてしまっては良くなるまでにより時間がかかるようになってしまうかもしれません。

 

・病院に行ってみる

今までと体調がおかしいと感じた時には病院に行ってみましょう。

「何も楽しくない」「ずっと気分がふさぎ込んでいる」「食欲がわかない」「何もしていないのに涙が出る」といった症状があらわれている場合は心療内科を受診してみることをお勧めします。

いきなり心療内科は…という方はまずはかかりつけの内科に相談してみましょう。

症状に合わせた適切な治療を受けることが出来ますし、臨床心理士にカウンセリングをしてもらうこともできます。

 

・思い切って仕事を辞めて転職する

精神的に疲れてしまった今の状態を改善するには「ストレスの原因から離れる事」が一番です。

まずはストレスの要因となっているものを排除していくことが重要です。

転職をすることで今の職場から確実に抜け出せます。

 

しかし、気を付けたいのが転職先を選ぶときにしっかりと準備して慎重に行動することです。

転職先でも同じような状況になってしまっては意味がありません。

転職先で自分が求める働き方の優先順位をはっきりとさせておくことでスムーズに活動をすることが出来るでしょう。

 

精神的に疲れてしまったと感じたら、無理をせず体と心を休めましょう。

症状が悪くなり、立ち直れなくなってしまう前に。