仕事で何がしたいか分からない人のための解決策

自分に合った仕事を見つけるのって大変ですよね。

これから仕事を探そうとしている人なら

「やりたい仕事が分からない」
「何の仕事をしていいか分からない」
「どんな仕事が自分に合ってないか分からない」

という悩みがあったり、今仕事をしていている人なら

「今働いている会社の仕事が自分に合っているか分からない」
「いろいろな仕事を経験したが自分に合った仕事に出会えていない」
「仕事を探しているが自分のやりたい仕事が分からなくて決められない」

そんなことを考えてしまいますよね。

今どんな環境にいようと、仕事は人生や生活、生き方を決めるものですから、仕事で何がしたいか分からないというのはとても辛いものだと思います。

自分が何をしたいかわからないという状態でアクションしたら、例え就職できたとしてもすぐに辞めてしまったり、転職癖がついてしまったります。

そんな人生は嫌ですよね。

この記事では、他の人たちはどのようにやりたい仕事を見つけたのか、そしてあなた自身のやりたい仕事の探し方を解説していきたいと思います。

やりたい仕事に就いている人なんてほとんどいない

まず最初にお伝えしたいのが、実は自分がやりたい仕事に就いている人はほとんどいない、もっというと自分が何をやりたいか分かっている人、どんな仕事が自分に合っているのか適しているのか分かっているなんて人はほんの一握りだということです。

ほとんどの人が、自分に合っているかどうか分からないまま働いていたり、自分には合わないと思って働いているのが現実です。

また、自分に合っていると思って就職して、実際に働いてみて合わないなと思って転職する人も大勢います。

実は同じ職場で長く働いている人はほとんどいないし、転職をして職種を変える人はたくさんいるのです。

だからあなたは特別ではなく普通の人だということを知っておいてほしいと思います。

 

また、やりたい仕事を見つけなければいけないわけではない、ということも知ってほしいと思います。

仕事は生活するためにしなくてはいけないものですから、仕方なしに働いている人は多いのです。

みんなどうにか自分の気持ちと折り合いをつけて、割り切って働いています。

もしくは今の仕事に無理やり何かしら意義をもたせて働いています。

中には意義を持たない人もいます。

そもそも仕事をしたいと思う人はいないと思います。

生活できるんだったら働かないと思います。

 

僕が大学のときの就活の話なのですが、最初僕はどこの会社を受けていいか分かりませんでした。

みんな志望する業界や企業があってびっくりしたのを覚えています。自分にはなかったからです。

どのように行きたい会社を決めたのか聞いたら、給料がいい、年間休日がたくさんある、とかそんなものでした。

一部自己分析とか業界分析とかしまくってエントリーする会社を決めている人がいたが、小さい頃からの夢だった、とかやりたい仕事につきたいという人間はいませんでした。

僕は結局探偵という道を選びました。

理由は、小さな頃に一瞬憧れたという、それだけの理由です。

だからといってすごくなりたかったわけでも夢だったわけではありませんでした。

「そういえば、昔少し憧れたな」というのを思い出して決めただけでした。

給料や労働条件、業界とかを調べたりするのが面倒だったし、その探偵社を選んだのも自宅から近いからという理由です。

探偵という業界が今後伸びるとか給料がいいとか年間休日が多いとか知らずにとりあえず近場の探偵社に電話して受けたという感じでした。

 

案外就職先を決めるものなんてのは、そんなものなのです。

数年後、自己分析とか業界分析とかしまくっていた人も含めて大学時代の友人たちは辞めていました。

仕事が自分には合わない、この業界は合わない、上司と合わない、まぁそんな理由が大半でした。

 

このように、自分が何をやりたいか分かって就職する人はほとんどいないし、やりたい仕事がある人の方が珍しいわけです。

そして、長く働かず1年2年で辞めていくわけです。

どんなに自己分析をしたり、業界分析したとしても辞めていくのが現実です。

やりたい仕事の見つけ方

とはいえ、就職先はどこでもいいというわけではありませんよね。

できるだけ条件のいいところでなおかつ自分がやりたい仕事、そして自分に合った仕事につきたいと思うのは当然のことだと思います。

ここからは自分に合った職場に就職する方法を解説していきます。

順番にやっていけば、自分に合う職種だったり自分がやりたいと思う就職先に出会える可能性がグッと上がります。

 

まずは紙とペンを用意してください。

そしてやりたくないことを書き出してみてください。

ペコペコ頭を下げたくない、営業はやりたくない、立ち仕事は嫌だ、座りっぱなしの仕事は嫌だ、スーツは着たくない、なんでもいいからたくさん書き出してください。

こうやって消去法で自分が入りたくない職場を絞っていきます。

 

次は条件で絞っていきます。

今度はどんな仕事をしたいかを書き出していってください

事務仕事がいい、年収○万円以上がいい、スーツ仕事がいい、近場の職場がいい、これもなんでもいいからたくさん書いてください。

 

次は人に聞いていきましょう。

友人や先輩、先生などのツテだったり、頼れる人をとにかく見つけて、時間を作ってもらって、仕事や業界のことを聞きまくってください。

視野を広く持つことが大事だし、たくさん情報を仕入れないと、やりたいことや自分に合った仕事というのは見つかりません。

そもそもやりたい仕事を見つけるためにリサーチをたくさんしましたか?

なので情報を仕入れるためにも人に聞いてみましょう。

インターネットで調べるのもいいのですが、大体が経験したことのない人が書いている妄想だったりしますので、あまり信頼できません。

ライターさんを雇って記事作成していたりするので、内容も薄いものが多く役に立つ記事が少ないのが現実です。

それよりもリアルで会って話す方がよっぽど有益な情報が得られます。

 

このようにして、やりたくないこと、条件、リサーチした内容から自分に合う仕事を探していくのです。

これでも見つからない場合は、割り切るという手もあります。

仕事とは、人生を充実させるための一つの手段に過ぎません。

そのためあまり深くこだわらなくても、趣味や人間関係、やりたいことが充実していれば人生は豊かだったりします。

むしろそっちの方が大事です。

仕事が充実しているのは喜ばしいことですが、仕事は人生の幸福度にとって、さして重要なことではありません。

人が死ぬ前に後悔することの一つに、仕事をセーブしてもっと趣味や遊び、人間関係に時間や労力を費やせばよかった、という人が大勢いるそうです。

要するに人生の重点を仕事に置きすぎたから後悔しているということです。

ということは、幸福になるためには、仕事はあまり重要ではなく、それよりも人生を楽しむ方法を模索した方がよいでしょう。

そして、幸せになる手段の一つとして仕事があると割り切るのが賢い生き方かもしれません。

 

あとは、熱中できる趣味ややりたいことがない、という場合は、趣味のことについて調べてみたり、友人に遊びについて教えてもらったりするのがいいでしょう。

そしてそれを仕事の原動力にするのです。

遊ぶために仕事をする、というイメージです。

 

また、収入が高ければ、やりたくない仕事でも辞めないということもありますね。

お金があれば趣味に散財できますし、人間関係にもお金は必要だし、取りうる選択肢は増えるから人生は充実します。

お金があれば安心もするし、銀行通帳が楽しみになります。

だから収入という面だけで仕事を決めてもいいし、副業という手もあります。

 

僕のブログ読者さんに仕事が合わないといって転職して、そこの仕事も合わないといった男性がいました。

結構な回数の転職を繰り返していて、自分がやりたい仕事、合う仕事が分からないと困っていました。

また、ネットビジネスに興味があるが本当に稼げるのか疑問だという悩みも持っていました。

僕は、今の会社はそのまま続けて副業として始めてみてはと提案しました。

彼は人生を変えたかったのか、一生懸命ネットビジネスに取り組んでいました。

副業だから平日は夜仕事から帰宅してからの数時間と土日祝日を使ってコツコツと作業を進めました。

そして、三ヶ月頑張って月10万円稼げるようになったとき、彼の人生は変わっていました。

生きる目的がお金に変わっていたのです。

趣味がお金稼ぎみたいな感覚になっていて、早く本業の仕事を終わらせて家に帰宅するか、そして副業でいかにして稼ぐか、なんというかゲーム感覚で毎日を送るようになっていきました

半年後には本業の収入を超えるようになって、独立してネットビジネス一本で食べていくことにしました。

 

彼はうまくいきすぎですが、彼のようにお金を稼ぐという方法も賢い選択です

お金があれば楽しいことできるし、人生は豊かになります。

お金は仕事よりも人生を充実させるためのもっと大きな手段です。

こういった道もあるということを知っていてほしいと思います。