仕事が辛い!そんな時どう乗り切る?有効な対処法とは?

私たちは、どんなに辛い状態にあっても生きていくために働かなくてはなりません。

 

生きていくためには最低限の衣食住は欠かせません。

 

そして、衣服、食べ物、住む場所を得るためにはそれなりのお金が必要です。

 

しかし、会社に嫌いな上司がいたり、過酷な労働環境の中にいると精神的にも肉体的にも仕事に行くことが辛いと感じる人は少なくありません。

 

このような場合どう乗り切ればいいのでしょうか?

 

心の持ちようについてご紹介していきたいと思います。

 

▼このブログの管理人プロフィール

目次

仕事に行くのが辛い時の乗り切り方とは?

仕事に行くのが辛いと感じる人の悩みとしては、

「職場の上司から嫌がらせを受けている」

「職場の人間関係に悩んでいる」

「給料が少ない」

「自分のスキルを活かした仕事ではない」

 

などさまざまなものがあるでしょう。

 

このように悩んでいる人に対してはどのような対処法があるのでしょうか?

 

求人情報メディアなどが実施したアンケートによると、仕事でかなり強いストレスを感じている人の割合は20代で32%、30代で35%、40代で37%となっており年齢が上がるにつれて高くなっていることがわかります。

 

この調査結果からもわかるように、どの年代の人も多かれ少なかれ仕事に対してストレスを感じていることがわかります。

仕事に行くのが辛い!強いストレスがある場合の対処法

このように、多くの人がストレスを抱えながら仕事をしています。

 

仕事に対して強いストレスがある場合、どのように対処すればいいのでしょう。

 

体を壊すほどの無理はせずにしっかり休む

体力的にも精神的にも限界を迎える前に、一度その環境から離れることを考えましょう。

 

無理をせずに有給休暇を取るなどして、リフレッシュすることが大切です。

 

昔好きだった映画を見る、趣味の時間に没頭する、友人と旅行に出かけるなど日頃できないことをすると、心身ともに元気を取り戻すことができるでしょう。

 

僕たちは、人が忙しく働いている時に自分だけ休むことに対して罪悪感や申し訳なさをもつ傾向があります。

 

しかし、体を壊して、精神を病んでまで働くことはありません。

 

どうしても罪悪感や申し訳なさがある人は、少しだけ休息を取りそれからまた頑張ったらいいのだと考え方を変えるようにしましょう。

 

ストレスの少ない仕事を選ぶ

世の中にはたくさんの仕事がありますが、仕事柄ストレスの多い職業、少ない職業はあります。

 

例えば、接客業やサービス業、お客様からの苦情を受けるコールセンターのお仕事などお客様相手の仕事の場合、ストレスが多くなります。

 

また、医師や弁護士、看護師、介護士、教職員など責任の大きな職業もストレスが多くなるでしょう。

 

この他にも営業で厳しいノルマがある、職場の人間関係に問題がある場合などもストレスが大きくなります。

 

一方で、製造業や研究職など比較的人と接する機会の少ない仕事は、ストレスが少なくなります。

 

また残業を許さない、人間関係が良好、任された仕事だけをすればよい、一人で作業ができる、ノルマがないというような職場はストレスが少ないと言えるでしょう。

 

これらを考え、なるべくストレスの少ない業界、職種、環境を選ぶようにすることも必要です。

 

考え方を変えてみる

世の中には、同じ境遇、環境にいてもストレスを敏感に受けやすい性格の人がいます。

 

性格的に言うと下記のような人はストレスを抱え込みやすいので注意しましょう。

・几帳面な人
・全て完璧にしたい人
・全て自分一人で行い人に頼ることが苦手な人
・真面目な人
・自分の弱さを他人にさらけ出すことができない人
・責任感の強い人
・すべてにおいて悲観的な考え方の人
・内にため込みやすく、悩み事などを人に相談できない人、または相談できる人がいない

 

 

このような性格の人は自分でも気が付かないうちに大きなストレスを抱え込んでしまう傾向が強いのです。

 

上記にあてはまる項目が多い人は、自身がストレスを抱え込みやすい性格なのだということをまず認識し、考え方を少し変えてみることも大切です。

 

物事の考え方次第で僕たちは幸せにも、不幸にもなるのです。

 

例えば、同じように仕事で失敗をしても下記のように考え方次第でその後は大きく変わってしまうのです。

 

物事を悲観的に考える人

「失敗したのは全て自分のせいだ」

「自分は何をやっても駄目だ」

「何をやってもできない」

「周りに迷惑をかけてばかりいる」

「自分なんていない方がましだ」

など全て悪い方向に考えてしまいます。

 

このような考え方をしていると、運気も下がりますし良い方向に向かって進んでいたことも失敗してしまいます。

 

悲観的に考える人は、自尊心が育っていない、自分に自信がない、完璧主義、他者の評価を異常に気にする、などの特徴があります。

 

自分には何の価値もない、何をやっても駄目だと思ってしまうとその先の未来はありませんし、やる気も無くなってしまいます。

 

うつ病になる人は、うつ病の症状が悪化していくとどうしても悲観的な言葉が多くなり、考え方もネガティブになってしまいます。

 

一度このような思考になると、そこから抜け出すことは難しく、結果あなた自身を苦しめることにもなります。

 

物事をポジティブに考える人

これに対して、物事を常にポジティブに考えられる人というのは、

「今回は失敗したけど反省点を活かして次は頑張ろう」

「自分は精一杯頑張った結果なのだから仕方ない」

「また次頑張ればいい」

「人間なのだから時には失敗する事もある」

など常に前向きに物事を考えています。

 

このように、物事を前向きに明るく考えられる人の周りにはやはりポジティブな思考の人が集まり、運気も上がりその結果仕事も成功するのです。

 

「悲しいこと」「苦しいこと」が起こったらその対義語である「嬉しいこと」「楽しいこと」を探してみましょう。

 

「もうこれ以上は無理」と思ったらその反対の「できること」を自分なりに探してみましょう。

 

いきなりネガティブな考え方の人をポジティブにすることは難しいかもしれませんが、発想の転換をすることを意識してみてください。

仕事が辛くてうつ病になる人が増加!うつ病になったらどうしたらいい?

ブラック企業という言葉がありますが、近年、仕事や働く環境が辛すぎて会社を辞める人、我慢して働き続けてうつ病を発症する人が増加しています。

 

社会で生きていく上で誰でも多少はストレスを抱えて生きているものです。

 

しかし、ストレスとそれを抱える許容量とのバランスが崩れた時うつ病を発症してしまうのです。

 

うつ病と一言でいっても軽度のものから重度のものまであります。

 

軽度のものから重症なものまで全て合算すると年間で500万人がうつ病の傾向がみられると言われています。

 

ストレスチェック表

もしかして、あなたも気付かないうちに大きなストレスを抱えているかもしれません。

 

うつ病を発症する前に自分のストレスの度合いを下記のチェック表で確認してみましょう。

 

下記のチェックリストに2週間以上継続して続いているものが半分以上ある場合はストレス過多の可能性があり要注意です。

 

・常に気分が重く何をするのも憂鬱である
・周りのことや活動に興味や喜びを感じない
・食欲や体重の増減が著しい
・眠りが浅い、または寝すぎる夜中や早朝に目が覚める
・焦燥感がある、または物事がスムーズに進まない
・気力がなくすぐに疲れる、疲労感が残る
・自分は価値のない人間、能力がないと感じる
・思考力、集中力が減退、または決断困難な状態が続いている
・逃避したい、死にたいと考えている

 

この他にも厚生労働省のホームページ上に57問のストレスチェックがありますので、参考にしてみてください。

仕事がしたくないと感じた場合の対処法

心身共に疲れている時には、一旦職場から離れて長期休暇をすることで脳を休ませることが大切です。

 

休んでいる間は、仕事のことはできるだけ考えずに、仕事関係の人からの連絡も受けないようにし、心を休ませるようにします。

 

特に今まで仕事人間だった人は、休日も仕事に出かけていたり、自宅に仕事を持ち帰っていたりしているため、なかなかプライベートと仕事を切り離すことは難しいかもしれません。

 

しかし、休暇中はできるだけ仕事を連想させるものや職場からの連絡は避けるようにしましょう。

 

また、仕事のやり方に変化を付けることも大切です。

 

1日のうちの大半を職場で過ごすことになります。

 

だからこそただダラダラと長時間仕事をするのではなく、仕事に優先順位を付けて、今やるべきことを短い時間で集中してやるようにしましょう。

 

また、自分の不得意な分野や苦手とすることは自分一人でやろうとせず、周囲の強力や助けを借りながら進めていくようにしたり、仕事に全力を注ごうと考えず、できる範囲のことをしていくようにしましょう。

 

このように考えることで、負の感情や苦手意識が和らぎ仕事への負担も減ります。

 

この他にも趣味の時間を持ったり、ボランティア活動をすることで自信の回復にも繋がります。

 

自分の興味があること、好きなことをすることで僕たちは自然と笑みがこぼれたり、心から楽しいと思う事ができます。

 

心をリフレッシュすることで、嫌なことや辛いことがあってもまた次頑張ろうと思えるのです。

 

このほかにもボランティア活動をすることで、仕事以外のコミュニティを持つことができますし、人に喜んでもらうことで自身も喜びを感じることができます。

 

仕事以外にも興味のある世界やコミュニティがあれば仕事を一時的に忘れ、そこでストレスを解消できます。

 

うつ病は放っておくと危険

うつ病は、1日を通してずっと心や体が重く憂鬱な状態が続くのではありません。

 

うつ病を発症した人の多くが特に朝起きる時が辛いと言われています。

 

これは、うつ病の特徴でもある「日内変動」と呼ばれる症状で、1日のうち身体や心の調子が上下に動くことを言います。

 

朝起きる時に頭痛がしたり、吐き気や倦怠感などがひどい場合は、昼頃から夕方にかけて徐々に改善されていき、帰宅する頃には普段通りに戻っているので家族にも気づかれにくいという特徴があります。

 

また、朝仕事ができなかったので午後からは集中してその分の遅れを取り戻そうとして頑張りすぎる人、夕方には気分や体調が戻りうつ病に気が付かない人などがいます。

 

このようなことを繰り返すうちに、段々と症状が悪化し、ついには朝起き上がることができなくなる人も少なくありません。

 

うつ病は、周囲に気付かれにくい病気で、さぼっている、仮病を使っているのではないかと誤解されたり、自分が甘えているだけなのかもしれないと思う患者も多いのです。

 

しかし、素人判断で無理を続けるのは辞め気になる症状が2週間以上継続して現れた場合は、早めに専門家に相談しましょう。

 

今後どうしていくのかを冷静に考える

心身共に疲れていたのがリセットされ少し元気になったら、今後の働き方を冷静に考えていかなくてはいけません。

 

今までの職場でそのまま働き続けるのか、人間関係の改善に努力するのか、どうしても今の職場で継続して働くことができない場合は転職をするのか、起業するなどして働き方自体を変えるのか、自分に一番あった道を探しましょう。

 

日本人は諸外国の人たちから見ると、働きすぎと言われます。

 

国民の幸福度が最も高いデンマークを例に見ると、デンマーク人は仕事よりもプライベートを重視する人が多くいます。

 

デンマーク人は趣味の時間、家族や友人と過ごす時間、遊びの時間、睡眠時間などを生活の中で重視しています。

 

このような考え方を見習い、僕たち日本人も仕事よりも個々の幸せを大切にできる社会になればストレスは多少減るのでなないでしょうか。

 

また、同じ正社員でも在宅勤務で働く人、週に3~4回オフィスに出向きあとは在宅で好きな時間に働く人、1日に働く時間を短くして時短勤務として働く人さまざまな雇用形態があります。

 

小さな子供のいる世帯、高齢者のいる世帯、子供のいない世帯、などそれぞれのライフスタイルに応じ無理のない働き方を選択することが大切になります。

仕事が辛くて辞めたい!こんな状況だったら辞めてもいい

「仕事が忙しくて家に帰れない」

「人間関係が悪い」

「経営者と考え方が合わない」

「給料が安い」

など仕事を辞めたいと思う理由はさまざまです。

 

もし、あなたが今仕事が辛くて辞めたいと思っていても置かれている状況などによってすぐに辞めない方がいい場合もあります。

 

どのような状況だったら辞めた方がいいのか詳しくみてみましょう。

 

また辞めない方がいい状況についても考えてみましょう。

 

こんな状況なら辞めた方がいい

まず、すぐにでも仕事を辞めた方がいい状況とは、下記のようなものがあります。

 

・職場の人間関係やいじめで悩んでいる場合

自分を変えることは今すぐできますが、他人を変えようとすれば時間がかかります。

 

・仕事に対する価値観や考え方が合わない
根本的な部分が異なる場合、そこで働き続けることは難しいでしょう。

 

・うつ病を発症するなど身体に影響が出ている場合、または出そうな場合

仕事のストレスから既に、身体や心に影響が出ています。このような場合は無理して今の会社で働いても悪くなる一方です。

 

・働き続けることで得られるプラス面よりも、マイナス面の方が多い

働くことで給料をもらえますが、それ以上に健康を害する、家族との時間が全くなくなるなどマイナス面が多ければ辞めた方がいいです。

こんな状況の場合は今すぐに辞めない方がいい

では、辞めない方がいい状況についてもみてみましょう。

 

・結婚や介護を理由に辞める場合

結婚をするから、出産をするからという理由で辞める場合は、産休や育休制度などがある企業を除き再び元の会社に戻ることは難しくなります。

 

また親の介護などを理由に辞める場合も同様です。

 

介護が終わったあとに、大きなブランクがあり再就職するのが困難になります。

介護が終わった後の自分の人生もしっかりと考え慎重に検討しましょう。

 

・疲れているから辞めたい

日々の仕事が激務で体力的に疲れている場合、有給休暇を申請し少し休みましょう。

 

ただ単に体がしんどい、疲れているという理由で辞めるのではなく今後どうしていくのかその間に真剣に考えることもできます。

 

仕事が辛い時の危険なサイン!自律神経失調症を見逃すな

仕事を頑張りすぎた結果、体に異変がでる場合があります。

 

その一つ「自律神経失調症」について下記のようなサインが出たら危険ですので見逃さないようにしてください。

 

・動悸やめまい
・息切れ
・頭痛や吐き気
・汗が大量に出る

 

など症状は多岐にわたりますが、このような症状が見られたらすぐに専門医を受診してください。

 

自律神経失調症になりやすい原因は次のようなものがあります。

 

職場の人間関係が悪化、仕事が激務になった、家庭内不和、将来への過大な不安、過重労働による体へのストレスなどが原因として考えられます。

 

当初は期待に応えたい、頑張りたいと頑張っていたが、やがてエネルギーが無くなり心身共に限界を超えた時に体の不調として現れるのです。

 

自律神経失調症は心の病です。このような症状が現れた場合の対処法として下記の方法がおすすめです。

 

・深呼吸をする

緊張が高まると、呼吸は浅くなります。そのままにしておくと過呼吸を発症する危険もありますので、一度深く息を吸い深呼吸をしましょう。

 

 

・睡眠時間をしっかりと確保する

睡眠は、私たちの心と体を休ませ、リラックスさせてくれます。疲労が回復することで自律神経の働きも改善されます

 

 

・軽減できるストレスがないか

無理なストレスがかかっていないか、今抱えているストレスを和らげる方法を見つけていきます。

 

 

・症状が緩和されてきたら適度な運動を

少しずつ症状が改善されてきたら、毎日の生活の中に適度な運動を取り入れていきましょう。

 

特に呼吸法を整え体をリラックスさせてくれるヨガはおすすめです。

 

仕事によって、体調を崩したり精神的に追い込まれる前に適正な判断をして自分の体を守るように努めましょう。

仕事は辛くて当たり前?転職しても現状は変わらない?

仕事なのだから多少辛いことがあるのは当たり前、上司に相談しても自分たちの時はもっと大変だったという言葉が返ってくると自分は甘えているのではないか、我慢が足りないのではないかと思う人もいるでしょう。

 

このように私たちの中には、滞在的な認識として「仕事が多少辛くても我慢すべき」「それを乗り越えてこそ1人前になれる」という考えが根強くあることは事実です。

 

しかし、転職することで労働環境や人間関係は変えられます。どうしても、今の環境が死にたいほど辛く、体を壊しているような状態であれば転職して環境を変えることも考えましょう。

 

転職をしたからと言って、必ずしも辛さが全て解消されるわけではありませんが、まずは一歩を踏み出す勇気を持つことが大切です。

 

何となく転職しても現状はあまり変わらない?

ただ何となく転職をしても、次の職場でも必ず不満はでてきます。

 

辛い現状を変えたいと転職をする場合、何となく転職をするのは辞めましょう。

 

今の仕事のどのような所が嫌で、我慢できないのか、死にたいほど辛いと思う原因は何なかを明確にして、次の転職に活かすようにしましょう。

 

そのためには、「自分に何が我慢できるのか、どの程度までは妥協することができるのか」を考え「これは絶対に我慢できない、妥協することはできない」というものも明確にしておきましょう。

 

例えば、給料、残業や休日、人間関係、仕事の内容、やりがい、上司や会社の価値観の違い、方針の違いなどがあります。

 

これらの中から我慢できること、どうしても我慢できないことなどを分けて転職時の参考にしましょう。

 

また、転職を機に自分は人生において仕事にどれくらいの重みを置いているのか、プライベートとのバランスをどうとるのか、という点についてももう一度考えてみましょう。

 

転職することで変えられること

転職することで、人間関係や労働環境は変えることができます。

 

例えば、今の職場に自分とどうしても合わない人がいた場合人間の相性は変えられません。

 

特に職場は1日のうちの大半を過ごすため、付き合いが長くなれば次第に慣れていきお互いに嫌な部分も見えてきます。

 

その会社や仕事内容に魅力を感じ入社しても、いつしか人間関係が嫌で会社に行きたくないと思うようになってしまうのです。

 

仕事での人間関係に悩むと、仕事以外の時間もつまらなく憂鬱なものになってしまうのです。

 

また、仕事の人間関係や職場の雰囲気が悪いと当然仕事の効率も下がります。

 

このように、職場の人間関係や会社の雰囲気は仕事面、プライベートにも大きく影響を与えるようになります。

 

転職することで、今の人間関係や労働環境を変えることはできます。

 

例えば、給料面で不満がある場合今よりも高い給料をもらえる会社を探すことであなたの不満は解消されます。

 

また、残業や休日出勤ばかりで休みがほとんどない職場の場合、転職してしっかりと休みが取れる会社を選ぶ、激務ではない部署を選ぶことで今の環境を変えることができます。

 

 

給料や休日など労働環境に対して不満がある場合は転職することで変えることができます。

 

しかし、人間関係については、転職することで解決する場合もあれば、そうでないケースもあることを覚えておきましょう。

 

転職は一瞬にして今の環境を変えることができる解決策であることは間違いありませんが、社会の中で働く以上人との関係は必ずあります。

 

このことを十分理解した上で転職するのか、現職に残るのかを検討しましょう。

仕事が辛いという人の特徴とは?環境を改善していくための解決法

今の環境がとても辛くて耐えられないという人には、下記のような特徴があります。

 

当てはまる人は、すぐに環境を改善していくための努力をしましょう。

 

仕事が辛い人という人の特徴

・残業が多く仕事ばかりの毎日を送っている

仕事が辛いと感じている人の多くは、1日のうち仕事の割合が多くを占めており休日に趣味に出かける暇がなかったり、家族や友人と過ごすことができない状態になっています。

 

仕事に追われていると、段々と自分は何のために生きているのか、わからなくなります。

 

そしてプライベートの時間も減るため睡眠時間も当然少なくなり健康にも支障がでます。

 

 

・自分のやりたい仕事に就いていない

仕事が辛くて仕方ないという人には、今の仕事にやりがいをもっていない、本当に好きな仕事に就いていないという人が多くいます。

 

本当に好きで、やりがいを感じていれば多少の辛さや苦しさも耐えられるのです。

 

 

・通勤時間が長い

通勤に2時間、3時間かかる人も少なくありません。

 

通勤時間が長くなると当然、家で家族と過ごす時間も少なくなり、睡眠時間も減ります。このようなことが続くと、健康状態や精神状態にも影響を与えます。

 

 

・仕事に対する目標が明確ではない

日々仕事をすることだけで精一杯な人は、仕事に対する目標がなく淡々と仕事をするだけで毎日時間が過ぎていきます。

 

目標がなければ、頑張ることもできませんし、希望がないとモチベーションもアップしません。

 

 

・真面目な性格

真面目過ぎる人は、仕事面でも完璧を求める傾向があります。

 

完璧にしなくてはいけないと自分を追い込んでしまうと、精神的にも疲れてしまいますし、少しのミスでも大きく落ち込んでしまいます。

 

死にたいと思い詰める人は、真面目過ぎる性格の人が多いため時には適度な不真面目さも必要でしょう。

 

改善していくための方法

では、死にたいほど辛い状況を改善するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今の働き方に疑問を持っている人、不安がある人にはぜひ働き方や職場は一つではないことを知ってもらいたいです。

 

今あなたが生きている、知っている世界はとても小さい世界であること、生きている限り可能性は無限大にあること、自分がやろうと思えばどんなことにでもチャレンジできることを知ってほしいです。

 

僕たちは今いる世界が全てだと思いがちですし、また他の世界に足を踏み入れる時には、失敗を恐れてしまうためとても勇気がいります。

 

しかし、このまま一生を終えたくない、辛い現状を変えたいと強く願うならばやはり何かしら行動をしなくてはなりません。

 

社会の中で働いていくためには、どのような職場でも人間関係は少なからず必要になります。

 

アンケート結果からもわかるように、転職をしたい人の多くは人間関係に悩んでいます。

 

人間関係を気にすることなく働ける職場というと、ネットビジネスでしょう。

 

ネットビジネスの中でもアフィリエイトは、商品を仕入れるコストもかかりませんし、在庫管理や決済をする必要もありません。

 

アフィリエイトとは、インターネットを使った広告の1つで、自分のブログやメルマガを使い企業の商品を紹介しそこから実際に商品を購入した場合手数料をもらう仕組みになっています。

 

アフィリエイトで扱っている商品は、携帯電話会社、電力会社、化粧品、食品、電化製品など多岐にわたります。

 

その中から自分の得意な分野や人気のある商品を選択し紹介するのです。

 

アフィリエイトと、一般的な働き方の大きな違いは、働いた労働時間に対する報酬を貰うのではなく、自動で収益が上がる仕組みを作ることです。

 

ブログに商品の紹介をすれば、24時間365日いつでもどこからでもアクセスすることができるので、自分が寝ていても、遊んでいる間も24時間営業をしていることになります。

 

 

今はどこにいてもネット環境が繋がっていますし、ブログは誰でも無料で簡単に始めることができます。

 

このような自動で稼ぐ仕組みを構築しておくことで、激務に追われて体調を崩すこともなくなりますし、家族との時間が全くないほど仕事をすることもなくなります。

 

またネットビジネスの強みは自宅やカフェなど場所や時間を選ばずに仕事ができる点です。

 

自分が働きたい時に働き、休みたい時に休む、他人を気にする必要もありませんし、人間関係に悩むこともありません。

 

当然会社員として働いていた時のように通勤時間もなく、自由度が増えるため仕事が死ぬほど辛いと悩むこともなくなるでしょう。

まとめ

本当に不幸なことは、自分の世界しか知らないまま一生を終えてしまうことです。

 

あなたが今死ぬほど辛い、今の環境をどうにかしたいと悩んでいるのなら一歩踏み出す勇気と行動力を持ってください。

 

誰でも知らない世界に足を踏み入れることは誰でも不安や恐れがあります。

 

しかし、変化を恐れ何も行動をしないでいると今のまま、またはそれ以下になってしまいます。

 

働き方や職場は一つではないのです。

 

特にインターネットが普及している現代社会では働き方は無数にあります。

 

その中でもアフィリエイトは誰でも簡単に始めることができ、初期費用もかかりません。

 

あなたが今死ぬほどつらい、今の環境を変えたいと強く願うならまずはチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次