「仕事疲れた、もう死にたい」と思う人はこれからどうやって生きていけばいい?

過酷な労働環境、労働条件で働いていたり、職場の人間関係やいじめで悩んでいる場合、

 

「仕事に行くのに疲れた」

「もう死にたい」

「今の現実から逃避したい」

 

などと考える人もいるでしょう。

 

仕事が辛く死にたいほど嫌だと感じている人は、それでもまだ生きていくためにそこで働かなくてはならないのでしょうか?

 

仕事が辛く、今の環境を変えるために転職をしたり、退職することは決して逃げることではありません。

 

仕事に疲れ、人間関係に悩んでいる人はきっと心の優しい、他人に対して思いやりのある人で、人一倍頑張り屋で責任感が強い人なのです。

 

死にたいほど今の仕事や職場の環境が嫌な人はこれからどうやって生きていけばいいのか、見てましょう。

 
▼このブログの管理人プロフィール

【関連記事】

今の仕事が辛いなら|楽な仕事を見つけよう!

仕事に疲れたときに絶対に実践したい上手なストレス解消法10選

仕事が辛いときに絶対に知っておきたい具体的な対処法31個と解決策

会社に行きたくない気持ちを我慢した僕の末路とその対処法

仕事に行きたくないなら休んでもいいんだぜ!心を軽くする対処方法と解決策

目次

死ぬほど嫌ならそこから逃げることも一つの方法

あなたは、仕事と自分の命とどちらが大切だと思いますか?

そう問われた場合、おそらく全ての人が「命」と答えるでしょう。

そうなのです、命よりも大切な物はこの世の中にはありません。

 

確かに私達は1日のうちの多くの時間を仕事に費やしており、そのおかげで報酬を貰い人並みの生活ができています。

しかし、仕事は人生において一部ではありますが、全てではありません。

 

もしあなたが、今の仕事や職場の環境が死ぬほど嫌で、辛いと感じているならそこから逃げて転職をするというのも一つの方法であることを知っておきましょう。

 

今の職場にいることで、体調を崩したり、うつ病を発症するようになるのであれば今の環境を変え転職に向けて準備をすることは決して悪いことではありません。

 

仕事に疲れて死にたいと思うのはどんな時?

 

では、このように仕事が辛い、疲れた、死にたいと思うのはどのような時なのでしょうか?

仕事をバリバリしている人の中には睡眠時間が1日2〜3時間という人も少なくありません。

過酷な労働を強いられ仕事が死ぬほど辛いと感じるのには以下のようなことが挙げられます。

 

・職場の人間関係に悩んでいる

職場には当然さまざまな考え方や自分とは違う価値観を持った人が多くいます。

仕事をしてお金をもらうということは決して楽なことではありません。

 

しかし、その中で自分と違う考え方をする人に対してどこまで我慢できるか、ここまでは我慢できるがこれ以上は無理だという線引きも時には必要でしょう。

いくら仕事だからと言っても実力以上の無理なことをさせられたり、人間関係に悩みうつ病になったり、体調を崩し欠勤ばかりするようでは本末転倒だからです。

 

職場の人間関係に悩んでいる人は、自分の健康を第一に仕事が全てではないということを踏まえ環境を変えることも検討しましょう。

 

・責任ある仕事を任せられている

会社の損益に大きく関係をするようなビッグプロジェクトを任された場合、もし失敗したら自分のせいで会社は大変なことになる、と誰もが大きなストレスを感じてしまうでしょう。

また、中間管理職という立場も当事者にとっては大きなストレスを抱える要因になります。

中間管理職は、立場上上司からはさまざまなことを求められ、部下からは仕事や人間関係の悩みを相談されたり、と板挟みになるため自身も大きなストレスを抱えることになるのです。

 

・労働に対して給料が見合わない

近年社会問題となっているのが、ブラック企業と呼ばれる違法な働き方をさせる企業です。

ブラック企業の中には月に200時間以上の残業が当たり前の、会社や休日出勤も当たり前で事実上の休みは月に1日程度という会社も多くあります。

 

このような労働条件下で働かされ、ひと月の給料は10数万円という企業も珍しくないため、労働に対して給料が伴っていない、仕事ばかりの毎日に社員は「疲れた」「もう今の現実から離れたい」「死にたい」と感じるようになるのです。

 

・異動などで自分の不得意なポジションに移された

部署の異動も自分の専門性を活かせない部署である場合社員にとっては大きなストレスになります。

新しい部署の仕事がどうしても自分に合わない場合や、苦手な人がその部署にいる場合やはりそれだけでストレスになります。

 

・大きなミスをしてしまった

大きなプロジェクトを任され自分なりに頑張ったが、あるところで取り返しのつかない大きなミスを犯してしまった、会社に多大な迷惑と損害を掛けてしまったという場合、自分を責めてしまい「仕事を辞めたい」「死にたい」と強く思うようになります。

 

死にたいと思うほど仕事に疲れた人が仕事を続けるリスク

今の仕事が辛くて月曜日の朝がくるのが怖い人、休み明けに会社に行こうとしてもベッドから起き上がれない人。

このような人は仕事に行くことが死ぬほど辛いと体が悲鳴を上げている証拠だと思います。

 

このように心身共に疲弊してしまい、最終的に体調を崩してまで今の仕事を続ける必要はあるのでしょうか?

私たち日本人は特に、勤勉、真面目、誠実、忠実である、と言われています。

このような国民性も仕事を辞めるという判断を遅らせている要因になっているのではないでしょうか?

 

多くの人は「仕事を辞める」=「辛いことからすぐに逃げる」=「悪いことだ」「我慢が足りない」と考えています。

仕事に疲れた、辞めたいと感じ始めた当初多くの人は下記のような考えをしています。

 

・同僚はみな自分のように「辞めたい」と言わずに辛いことも頑張っている
・辞めるのは逃げることではないか
・石の上にも3年というから3年は我慢しなくてはいけない
・転職してもまた同じことになるのではないか

 

 

しかし、もう体も心も限界まで来ているのに、無理をして出社したら最終的にうつ病になったり、高度障害を患ったり、最悪の場合過労死をするケースもあります。

死にたいと感じるほど仕事が辛いのに、それでも仕事を続けるリスクは「命」を落とすことなのです。

 

この世の中に命以上に大切なものはありません。もちろん生きていくためには働かなくてはなりませんが、今世の中にはさまざまな職業があり働き方も多様化しています。

私たちはいつでも自分に合った職業や働き方を選ぶことができるということを、今一度考えることが大切です。

 

死にたいと思うほど仕事に疲れた場合の対処法

ではこのように死にたくなるほど仕事に疲れた人は、どうすればいいのでしょうか?

これは特に昔ながらの考えを持つ中高年男性に多いのですが、「多少のことは仕事だから我慢しなくてはいけない」「仕事が辛いからと言って転職するのは逃げることと同じ」「逃げることはよくない」このような考え方をする人も少なくありません。

 

確かに生きていれば嫌なこともたくさんあり、社会の中で生活していく以上さまざまな人と関係を築かなくてはいけません。

しかし、それは死にたいと思い体調を崩してまでやることではありません。

死ぬほど仕事や人間関係が辛い場合は、下記のような対処法を検討してみましょう。

 

・部署異動や転職を考える

今の職場に苦手な人がいるのなら、信頼できる人に相談をして部署異動をすることも一つの方法です。

しかし、部署異動をしても同じ会社にいる以上顔を合わせる機会もありますし、公にすることで会社に居づらくなってしまう恐れもあります。

このような場合は思い切って転職をすることも考えましょう。

 

しかし、転職する場合計画的に行うこと、その前にしっかりと貯金をすること、取得できる資格等は取っておくことなどは重要になりますので覚えておきましょう。

 

・不労所得を得ることを考える

多くの人は、仕事が好きで働いているというよりは生活をしていく上で必要になるお金をもらうために仕方なく働いています。

しかし、不労所得を得ることができれば実際に自分が働かなくてもお金に働いてもらうことができます。

 

不労所得とは、一度その仕組みを作ればある程度の期間継続してお金を生み出してくれるものを言います。

具体的には、不動産の家賃収入や、本や楽曲の印税、アフィリエイトの広告収入、ネットビジネスなどがあります。

 

これらはどれも、会社の煩わしい人間関係に左右されることなく、労働時間に拘束されることなく、自分の好きな時に働くことができるという点が今までと大きく違います。

 

・誰かに話を聞いてもらう

自分の悩みや、愚痴、死にたいほど辛い思いを誰かに話すことで多少疲れた心が落ち着き救われることもあるでしょう。

しかし、これは一時的な回避でしかなく根本的な解決にはなりません。

時間が経てばまた同じように仕事や人間関係においてストレスが溜まっていき、死にたいほど辛いと感じるようになります。

 

現状に疲れたら転職も一つの選択である!転職する時の注意点

私たちは「仕事を辞める」ことは「悪いこと」であると考えがちです。

しかし、先ほどのように命を落とす、または体を壊す、精神を病むなどというリスクがある場合はそこから一旦離れ、別の仕事を探すことは決して悪いことではありません。

 

またそのような選択をしたことで自分自身を責めたり、情けなく感じる必要は全くありません。

世の中には約17,000もの職業があり働き方も自由になってきています。

例えば、会社に出向くことなく働くことができたり、自宅をオフィスにしてネットビジネスで稼いだり今までの固定概念を捨てることができれば、自分らしく自由な働き方をすることができるのです。

 

まずは会社を辞めたい理由を書きだしてみよう

世の中には、さまざまな性格の人がいます。特に飽きっぽい性格の人、我慢ができない人、何事もコツコツと忍耐強く進めることができない人などは、新しい仕事に就いてもすぐに転職をしてしまいます。

 

このような場合、会社が悪いわけでも、周囲の人間関係、職場の雰囲気が悪いわけでもありません。

転職したいと思ったらまずは、どのようなことが原因で会社を辞めたいのか紙に書きだしてみましょう。

自分の気持ちや思いを紙に書くことで、自分を客観的に見ることができますし、自分が悩んでいることも明確になります。

 

例えば、仕事を辞めたい理由が「休みが少ない」「旅行したいのに長期の休暇が取れない」「仕事内容が合わない」などという場合は、有給休暇を取得したり、人事に相談し部署の異動願を出したりすることで問題が解決できるかもしれません。

 

いずれにしても、会社には労働基準法という労働者を守る法律があります。

これらをしっかりと活用し、今の仕事が継続できそうならば続けた方が自分にとってもメリットがあります。

 

転職をするかどうかの判断基準として自分で解決できそうな問題に関しては対策をして転職をしない方がよいでしょう。

しかし、自分だけではどうにもならない問題の場合は転職した方がいいでしょう。

例えば職場の人間関係やいじめ、上司の嫌がらせ、会社の経営方針が合わないなどの問題については、自分ではどうにもできませんから転職することをおすすめします。

 

このように、仕事を辞めたい理由によっては会社を辞めて転職をした方がいい場合と、そのまま残って仕事を続けた方がよい場合があることを知っておきましょう。

 

転職したからと言って必ずしも希望通りの職業に就けるわけではない!

ある調査によると転職した人の約4人に1人が「転職したことを後悔している」または、「以前の会社よりも労働環境や収入が悪くなった」と感じています。

転職する時には、ハローワークや求人サイトを見て多くの人が職探しをします。

事前に十分に情報を集め今度こそ失敗しないようにと転職しても、サービス残業ばかりだったり、上司や人間関係が悪いブラック企業に転職してしまうケースも少なくないからです。

やっとの思いで前職を辞めて転職をしてもすべての人が自分の思い通りの会社に転職できるわけではありません。

 

転職してどんなことを後悔した?10位までのランキング

それでは、転職をして後悔したことについて10位までをみてみましょう。

1位 給料が希望していたものと違う
2位 経営者や社員と考え方、価値観が合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態が悪く将来が不安
5位 残業や休日出勤が多い
6位 仕事内容が希望していたものと異なる
7位 組織や働く環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 自分を正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップが望めない

 

などがあります。

転職は自分一人で情報を集めることには限界がありますし、偏った見方をしてしまうリスクもあります。

 

転職する場合は、さまざまな情報サイトを利用したり、多くの人の意見を参考にしながら進めていくと後悔や失敗も少なくなるでしょう。

 

また転職する場合生活費などの面からすぐに働かなくてはならない人もいますが、焦って転職してしまうと給料や労働環境、仕事内容などに妥協が出てしまいます。

焦って転職活動をしなくてもよいように、転職する前は事前に計画を立て資金面でも余裕を持っておくことが大切です。

これは、転職をきっかけに自身で起業する場合も同様です。

仕事を辞めるまでには、自身で事業計画書、初期費用、起業する際に必要になるもの、届け出などを確認しておくと安心です。

 

・多くの人が求める理想の仕事の条件とは?

では、多くの人が求める理想の仕事の条件とはどのようなものがあるのでしょうか?

理想の仕事の条件として共通しているのが下記の3つです。

・仕事が楽しい、楽しくできる環境がある
・仕事に対する報酬が経済的に保証されている
・自分のスキルを仕事に活用できる

 

これらを全て満たしている事が理想の仕事の条件となります。

仕事に費やす時間は1日のうち約3分の1を占めていますので、自分自身が楽しく、最低限生活できるだけの収入を得ることができ、なおかつスキルを活かせることができれば言うことはありません。

 

上記3点の中でも多くの人が最も重視する点として収入が安定しているということがあります。

これは転職して後悔したランキングにも繋がることですが、働くということに対して、私達が最も不安を抱いているのはお金であることがわかります。

 

転職する場合最も重視する点は収入!その他の注意点も確認

転職したからと言って理想の職場で働けるとは限りませんが、仕事に疲れたと感じている人は転職することも考えましょう。

この時に転職先の情報をしっかりとリサーチしたり、周囲の人に聞いておかないと転職は失敗してしまい後悔することにもなりかねません。

 

特に収入面は大きな問題ですので、転職する際には実際に税金等を引いた手取りでどれくらい貰えるのか、通勤費の補助はどれくらい出るのか、一般的な社員の平均給料はどれくらいなのかなど詳しく調べておく必要があります。

 

この他にも注意する点として下記のようなことがあります。

・人間関係をうまく築けるか

以前の会社の人間関係や、いじめなどが原因で転職したという人は少なくないでしょう。だからこそ転職先の人間関係などは特に注意する点だと言えます。

 

・将来キャリアアップできるか

前職と異なる業種に転職した場合、未経験からのスタートになります。

一から仕事を覚える場合、未経験でもキャリアアップしていくことが可能なのか確認しておきましょう。

また、反対に前職と同じ業種で働くことになった場合、会社からは即戦力として期待されがちです。

これが本人に強いプレッシャーやストレスを与えるリスクもあることを覚えておきましょう。

 

・会社の雰囲気や経営者の考え方はどうか

会社の雰囲気はどんな感じなのか、経営者や上司の考え方、価値観は合いそうかという点に不安を持つ人もいます。

 

転職を考えるとき収入面以外にも上記のような不安、注意点などがあります。

少しでも不安を減らせるように、会社のホームページで調べる、面接時に勤務時間、残業の有無等についても詳しく聞いてみる、周囲の評判を参考にするなどの対策も必要でしょう。

現状を回避する転職以外の方法はある?

死ぬほど辛い仕事をしている場合、転職も一つの方法ではありますが、転職したからと言って必ずしも理想の職場で働けるわけではありません。

現状を回避するための方法として、転職以外に何か有効な方法はあるのでしょうか?

 

仕事に疲れたと感じている人が今の職場を辞めて、他の方法で収入を手にするためには下記のような方法もあります。

 

貯金をして宝くじを購入したりFXや株式投資にチャレンジする

サラリーマンとして働いている間に、毎月少しずつでも貯金をしておくといざという時の資金として使うことができます。

例えば、宝くじを購入して一攫千金にかけたり、株式投資をして資産運用をする、FXで稼ぐなどの方法があります。

 

しかし、株式投資やFXなどの運用は全く知識のない素人では難しく、ある程度の知識が必要になります。

またレバレッジを大きくしすぎると、1円の落差でも大きな損失になるため自己破産をする人も少なくありません。

 

また、株式やFX投資をする場合ある程度の資金が必要になります。

このように資産運用は、ある程度の資金が必要になる、大きなリスクがあることを理解しておきましょう。

 

雇われの身が嫌ならいっそのこと独立する

仕事を辞めたいと考えている人の多くは、経営者との意見や価値観が合わない、労働に対して賃金が合わない、人間関係に悩んでいるなどの理由が多く挙げられます。

 

しかし、私たちは会社に雇われて働く以上どこに行っても少なからずこのような悩みはあるのではないでしょうか?

 

「雇われている身だからある程度は仕方ない」と諦めることができればよいですが、死にたいと思うほど今の職場にいることに疲れたなら、いっそのこと独立して自分が経営者になるという方法もあります。

 

経営者になれば、全て自分で決断をしたり行動しなくてはならず、大変な面も多くありますが人間関係の煩わしさや、経営者との価値観の相違、などはなくなります。

 

毎日周りの人間に気を遣い、仕事以外のことで多くのストレスを感じていた人や、残業時間や、休日出勤が多いなどの悩みを持っている人には独立することも一つの有効な方法でしょう。

 

自身で会社を立ち上げた場合、人間関係の煩わしさはなくなり、売上さえ上がっていれば出勤時間や休日も自由に決めることができます。

 

起業するほどの資金や勇気がないという人は、「クラウドソーシング」という働き方もあります。

これは、仕事を依頼したい企業や個人がサイト上に「こんな仕事ができる人を募集しています」と記載し、それを見た多くのクラウドワーカーが応募して委託契約を交わして仕事を請け負うという新しい働き方です。

 

企業や個人もわざわざ人を雇わなくても仕事を受注することができ人件費の削減、面接などの時間的ロスを省く、ネットを見た多くの人から募集がくるためより優秀な人物が集まりやすいなど多くのメリットがあります。

 

ワーカーにとっても、得意な仕事、単価の高い仕事、隙間時間に働くことができるなど多くのメリットがあります。

 

不労所得を得る

このほかにも不労所得を得るという方法もあります。

多くの人は、時間単価で働いて収入を得たり、1日いくらと決められていて働いた日数分の給料が入ってきたり、毎月決められた給料が入るなどの方法で収入を得ています。

 

しかし、不労所得とは働いた分だけ収入がもらえるという仕組みではなくお金が入る仕組みを作ることを言います。

例えば、不動産所得や印税、ネットショップ、情報教材を売る、などがあります。

 

・不動産所得

8室あるアパート1棟を購入し、毎月5万円の家賃が入る場合、すべて満室になると40万円の家賃収入になります。

これはアパートを購入し、家賃収入が入る仕組みを作ったためあなた自身が働かなくても収入が勝手に入ってくるのです。

 

・印税

小説を書いて有名な賞を取り多くの人が読んでベストセラーになると、毎年印税が入ってきます。

このほかにも音楽を作詞作曲した場合も売れると、多くの人がCDを購入したり、カラオケで歌ったり、アプリからダウンロードすると印税が入ってきます。

このように一度大きな賞をとったり、売れてしまえばその後活躍できなくてもその作品については一生印税が入ってくる仕組みになっています。

 

・ネットを使った不労所得

不動産所得は膨大な資金が必要になりますし、印税はそれなりの才能が必要になります。

これらは誰でも簡単に始められるものではないため、ハードルが高く、始めにくい人も少なくないでしょう。

 

これらの中で最も始めやすいのがネットを使った不労所得ではないでしょうか?

例えば、資金ゼロでも始められるネットショップは、人件費や宣伝費などの経費を最小限に抑えつつ、自宅にいながら自分のお店を持つことができます。

 

ネットを使った不労所得で近年人気なのが、アフィリエイトで稼ぐ方法です。

アフィリエイトという言葉は知っていても実際にどんなものかよくわからない人、アフィリエイトで稼ぐことは難しいと考えている人などに、アフィリエイトの仕組みを少しお話ししましょう。

アフィリエイトって何?実際にアフィリエイトで稼ぐことはできる?

まずアフィリエイトとはどんなものなのかを少しおさらいしていきましょう。

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のことを意味します。

 

アフィリエイトで収入を得るための仕組みは下記のようになっています。

・自分のホームページやブログに、企業の商品説明や、写真、口コミなどを載せる
・それを見た消費者が企業の商品について問い合わせをしたり、口コミを見て実際に購入したりする
・企業側から宣伝広告費として報酬が支払われる

 

報酬は、企業によってさまざまです。例えば、広告や口コミを見て消費者が購入したら○○円、クリックしたら○○円、問い合わせや資料請求をしてきたら○○円、などそれぞれ貰える報酬は異なります。

 

ですから当然人気のブロガーが載せている商品については、多くの人の目に留まるためアフィリエイトでの収入も多くなります。

このほかにも、紹介する商品の人気度、知名度、ブログの見やすさ、デザインなどによっても収入は異なります。

 

アフィリエイトについては、大まかな仕組みはなんとなく理解できたでしょうか?

では一番気になるアフィリエイトで実際に稼ぐことができるのかどうかという点について探ってみましょう。

アフィリエイトは実際に収入を得ている人からコツや、やり方を学び、根気強く続けることで稼ぐことは可能です。

 

しかし、結果が出るまでには数か月から数年以上かかる人もいるため、途中で挫折してしまう人が大半です。

多くの人はここで結果が出ないからと辞めてしまうため、全体の9割以上の人はアフィリエイトで稼ぐことは難しいと考えるのです。

 

アフィリエイトで稼ぐには、商品のことを誰よりもよく調べ、消費者が求めている情報や悩みに対する答えを用意しておくことが重要です。

今多くの人が不労所得としてネットで簡単に始められることができるアフィリエイトに興味を持っています。

このように挑戦する人が増えた中であなたのブログのファンになってもらうためには、そこにアクセスすれば必ず自分のためになる情報がある、勉強になる、他では知ることのできない情報を得られると感じさせる必要があります。

 

アフィリエイトは誰でも簡単に資金ゼロから始めることができるものです。

しかし、思うような収入を得るためには、継続してやり続ける根気強さと、成功者から集客力や情報収集などのコツを学ぶことが大切なのです。

 

学ぶより真似ろという言葉があるように、その道で成功するためにはやはりその道のプロに聞くのが一番早いでしょう。

あなたがもし、今の死にたいほど辛い現実を変えたい、どうにかしたいと思っているのなら自己資金がほとんどかからず、すぐに始めることができるアフィリエイトがおすすめです。

儲かる仕組みさえ作っておけば、あとは働かなくても昼間も夜も関係なくお金が勝手に働いてくれるのです。

まとめ

あなたがもし今仕事に疲れたり、死にたいほど辛い職場で働いているのなら、転職をする、独立する、資産運用をするなどさまざまな方法があることをまず知っておいてください。

 

その中でも比較的コストがかからず、どこにいても誰でも特別な資格がなくてもすぐに始めることができるのがアフィリエイトです。

アフィリエイトで一度書いた記事は、自分で削除しない限り永遠に残ります。

書けば書くほど多くの人の目に触れ、商品の宣伝効果も高まり売れる仕組みが自然とできていくのです。

あなたは不動産や株式同様にネット上に大きな資産を持つことができるのです。

 

今までのように体調を崩したり、精神的に不安定になってまでも、会社に出社する必要はなくなりますし、あなたに代わり働いてお金を生み出してくれます。

アフィリエイトで生み出した資産は、最終的にあなたを助け、守ってくれる存在になるでしょう。

 

現在お金に対する不安や、将来への不安、今の職場に不満がある方や、人間関係に悩んでいる方は、一度チャレンジしてみる価値はありますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次