仕事を辞めたいと思っている方必見!新しい働き方を紹介します

あなたは毎日の仕事をどう感じていますか。

 

社会人の大多数の人が働いている社会において、「仕事が楽しい!」「充実している!」と答えることができるのは、そのうち何割でしょうか。

 

おそらく、ほとんどの人が、現在の仕事に満足していないと思います。

 

あなたもこれまでに”仕事を辞めたい”と思った事はありませんか?

 

それも一度や二度ではないはずです。

 

今でも辞めたいと思っている人もいるでしょう。

 

ここであなたに知っておいてほしいのは、サラリーマンという働き方が、当たり前ではないということです。

 

現代社会では、新しい働き方が広がっていっています。

 

それはどんな働き方なのか、詳しく紹介していきたいと思います。
 
▼このブログの管理人プロフィール

目次

日本の仕事満足度は最下位!?

日本人は、仕事が生活の中心になっています。

 

それは、戦後の高度経済成長の時、働き続けることが美学と信じられ、日本も経済が急成長し、世界のトップクラスの経済大国になりました。

 

その成功体験があるからこそ、いまだに日本からは仕事第一主義が抜け出せないのかも知れません。

 

それほどまでに仕事熱心な国民性にも関わらず、悲しい事実が発覚しました。

 

それは、日本は仕事の満足度・やりがいが世界一低い国だというのです。

 

世界最大求人サイトのIndeed社調べでは、世界仕事満足度調査世界35ヵ国中最下位でした。

 

世界最大のビジネス特化型、ソーシャル・ネットワーキング・サービスLinkedinの調査では、世界26ヵ国で一番仕事にやりがいを感じていないという結果になりました。

 

仕事熱心、真面目なのが日本人の良さであり、世界からも尊敬されている点です。

 

 

ウズベキスタンでは、自分の子供に「あなたも日本人のようになりなさい」と躾の時に教えるようです。

 

戦時中に日本人捕虜が作ったナヴォイ劇場が、大地震が起きて軒並み建物が崩れ落ちた中で、悠然と崩れなかった。

 

それを見た現地の人が、捕虜という立場でありながら、立派な仕事をした日本人に感動し、尊敬するようになったと言われています。

 

 

話が少し逸れましたが、外から見れば日本人は立派な仕事をしているように見えているのに、実際の当事者たちは満足していないですし、やりがいも感じていません。

 

なぜこんなギャップが生まれるのでしょうか。

 

その理由の一つに、日本人にとって仕事がライフワークになっているからだと言われています。

 

外国では、仕事は人生を楽しむ上で、それを支える手段と考えられています。

 

外国人は、多くの時間をプライベートに、そして家族に使います。休みの日数も多く、仕事との切り分けもきちっとします。

 

では日本人はどうでしょうか。

 

休み返上で働く人もいれば、残業が当たり前になっている人もいます。

 

そんな生活が続くと、いざ休みがあっても何をしていいのか分からず、結果的に仕事に逃げてしまう、そんな人も少なくないでしょう。

 

プレミアムフライデーが導入され、金曜日に早く帰ったサラリーマンが、いざ早く切り上げても何をしてよいかわからず、街でブラブラ時間をつぶしてから帰る。

 

そんななんとも切ないニュースも記憶に新しいところです。

 

結局、人生の大半を支えている仕事が、自分を満足させていないのは、仕事が楽しくないからです。

 

無駄に長くて非効率的な会議、嫌な上司、ギスギスした人間関係、毎日同じルーティンの繰り返し。

 

目標もなければ、やりがいもない、そんな仕事を毎日続けていれば、仕事の満足度が低いのは当たり前かもしれません。

 

頑張って仕事をし続けていれば幸せになれる。

 

そんな考え方はもうなくなりつつあります。

 

今は、仕事とプライベートをバランスよく取り、どうやって人生を楽しむことを考える時代です。今後、働き方改革が始まります。

 

日本人の働き方がどう変わっていくのか、全国のサラリーマンの男性は、仕事の満足度ややりがいが高くなっていくのか、注目していきたいところです。

仕事を辞めたいと感じる時はどんな時?

仕事の満足度が低い、やりがいがない。

 

それだけならまだしも、仕事を辞めたいと考えるようになるといよいよ末期です。

 

辞めたいと思った瞬間から、仕事にも身が入らないですし、ネガティブな感情ばかり生まれます。

 

ただ、仕事が辞めたいという理由も人それぞれです。

 

サラリーマンの男性が辞めたいと思うのはどんな瞬間なのでしょうか。

理由トップ5を紹介します。

1位 お金
2位 人間関係
3位 仕事内容
4位 労働時間
5位 社風

 

どうでしょう。

おそらくあなたが辞めたいと思っている理由も、どこかに入っていたのではないでしょうか。

 

では、それぞれの理由を掘り下げてみましょう。

 

1位のお金は、やはり給料の安さがネックになっているようです。

 

給料を下げられた、手当もボーナスもない、頑張っても昇給しないなど、やりがいに直結する給料に対して、満足できない考える人が多くいます。

 

中には、会社の商品を自分で買わないといけない、サボっていようが頑張っていようが給料は同じなど、極端にモチベーションを下げてしまう理由もあるようです。

 

 

2位の人間関係はどうでしょう。

お金の問題は対会社ですが、人間関係は対周りです。

 

実は一番根が深い問題です。

 

特に男性の場合、昇進昇格などが絡み、同期との関係が複雑になりやすくなります。

 

同じ時期に入社したのに、いつの間にか上司・部下の立場になった、というのも珍しくありません。

 

また上司や部下との関係も難しいです。

 

特に自分が上司になった時、新入社員の扱いに困る人も多くいます。

 

最近は、すぐにパワハラ・セクハラと言われてしまうため、上司の立場も息苦しさを覚えるようです。

 

 

3位の仕事内容はシビアです。

毎日同じような作業をすることに嫌気がさした、業務内容に興味がないなどです。

 

また営業・販売の人は、明らかにこの人には必要のないだろうという商品を提案する心苦しい場面があります。

 

良心の呵責から、仕事内容に対して疑問を抱き、仕事を辞めたくなってしまうようです。

 

 

4位の労働時間と5位の社風は少し似ています。

労働時間は、やはり長時間労働の問題です。

 

休みがない、残業が長い、早く帰れない、があります。

 

これは会社の社風も関わってきます。

 

上司が残業している間、部下は帰ってはいけない、残業する人は頑張っている、といった雰囲気を醸し出す会社ほど、残業は避けられません。

 

一日24時間しかないのに、その半分を会社と通勤に使っていたら、何のために仕事をやっているのか分からなくなるでしょう。

 

人間関係の問題も、労働時間の問題も、一日単位でみれば我慢できる範囲かもしれません。

 

しかし、それが今後ずっと未来永劫続いていくと思うと、その絶望感たるや計りしれません。あなたも、そんな気持ちを抱いたことはあるでしょう。

 

そんな毎日から抜け出したいと思いませんか?

 

我慢することが正しいことではありません。

 

それよりも、どのように働きたいのかを追求することが理想的です。

仕事を辞めたい人にとって今は在宅で仕事ができる時代

「家で仕事ができたらなぁ。」

そんなことを思った事はありませんか。

 

家で仕事ができれば、毎日満員電車に乗る必要はありません。

 

暑い中、外に出かける必要もありません。

 

一緒に働く人の目を気にしたり、上司や部下との関係に悩むこともないのです。

 

在宅ワークは、好きな時間に働き、休みの調整も自分でできます。

 

他人に気を使わなくてよいのは、仕事で疲れきった人には、夢のような世界でしょう。

 

もちろん、仕事の責任は全て自分で追うというリスクはあります。

 

でも、上手くいくかどうかは自分次第、収入も自分の能力次第なので、仕事のやりがいも出てきます。

 

在宅ワークは、どうしても稼げないというイメージがあります。

 

それは、かつて家で仕事といえば、主婦が空いた時間に内職をするイメージがあったからです。

 

確かにその頃の内職といえば、袋詰やシール張り、部品の組み立てなど、わずかな収入しかないものでした。

 

でも今は違います。

なぜなら、パソコンとインターネットを使って、収入の高い仕事ができるようになったからです。

 

 

時給1,000円を超える仕事を見つけるのも難しくありません。

 

それどころか、本業よりも稼ぐことができる在宅ワークもたくさんあります。

 

実際にその道を見つけて、フリーランスとして在宅ワークで生計を立てている人は大勢います。

 

ある企業が、フリーランスで働いている人に実態調査を実施しました。

 

すると、フリーランスの収入が、前年よりも12%増加したことが分かったのです。

 

経済規模で見ると、20兆円という巨大な市場となり、日本総給与支払額の10%を突破しました。

 

また、日本の労働人口に対して、約17%がフリーランスとして働いていることも分かりました。

 

これも、2015年から3%増加しています。

 

フリーランスが全て在宅ワークとは限りません。

 

増えている理由の一つとして、家でできる仕事が増えたことも影響しています。

 

ただ、家で仕事をしている人に対して、まだ世間的なイメージはよくありません。

 

なぜなら、収入が低い、きちんとした仕事をしていないと思う人もまだまだいるからです。

 

しかし、2018年の2月には、日本政府がフリーランスを労働法の対象として保護しようという動きが始まりました。

 

世間のイメージが変わるのはまだ時間がかかるかもしれませんが、働き方に対する考え方は確実に変わっていっています。

 

 

せっかく在宅ワークの種類が増え、市場規模も高くなっているのに、それを見逃すのはもったいないと思いませんか?

 

あなたが抱えている仕事の悩みの大半が、会社に属しているから起きていることではないでしょうか。

 

毎日毎日苦しみ続けるよりも、自分の働き方を思い切って変え、その苦しみから解放された方が絶対に良いです。

 

もしここまで読んで在宅での仕事に興味を持った人は、仕事に対しての考え方が少しずつ変わり始めているといってよいでしょう。

 

それが大いなる第一歩になります。

いきなりフリーランスになるより、まずは副業から始めてみよう

でも在宅ワークはどうやって始めればよいのか、普通は分からないですよね。

 

そもそもどんな仕事があるのかも分からないですし、どこで仕事を取ってくるのかも分からないと思います。

 

だから、いきなりフリーランスになるのはちょっと危険です。

 

まずは、副業として始めてみましょう。

 

仕事が増えたり、収入が安定するようになってきたら、フリーランスになるのが理想的です。

 

フリーランスには以下の4つのタイプがあります。

・副業系すきまワーカー
・複業系パラレルワーカー
・自由業系フリーワーカー
・自営業系オーナー

 

 

まずサラリーマンの方が目指した方がよいのは、副業系すきまワーカーです。

 

これは言葉の通り、副業として空いた時間(すきま)で仕事をするものです。

 

仕事終わりや休みの日に、1~2時間作業をし、本業の収入の足しにするものです。

 

主婦や学生など、普段あまり働く機会がない人が選択する働き方なのですが、近年はサラリーマンで副業を始める人が増えてきました。

 

フリーランスの中でも、40%近くが副業系すきまワーカーが占めています。

 

ちなみに、この4つのタイプの中で、もっとも平均年収の伸び率が高いのは、自由業系フリーワーカーで、前年比28%増加となりました。

 

副業系すきまワーカーも23%増加と、高い伸び率を見せています。

 

 

空いた時間にできる、時間を有効活用できるので、非常に効率的です。

 

中でも一番嬉しいのが、本業以外に収入ができることではないでしょうか。

 

収入源が二つあるというのは、思いの外安心できるものです。

 

一つの会社に縛られていないため、本業にも良い影響を及ぼします。

 

無理に残業する必要がない、上司に無駄に媚びへつらう必要がないという気持ちになり、効率的な仕事もできるようになります。

 

 

副業として始めると無理なくできることもメリットです。

 

ノルマもないですし、仕事量も自分で調整できます。

 

1日1時間程度の作業にしておこうと決めて、最初はコツコツと始めてみてください。

 

すると、徐々にコツを掴んでいき、どうやったら稼げるようになるのか、本業とのバランスの取り方もわかるようになります。

 

大事なのは、できるだけ”毎日”副業に触れることです。

 

少しでもやらない期間ができてしまうと、やらなくなってしまうので、無理のない範囲で毎日続けましょう。それが在宅ワークで副業を続けるコツです。

 

在宅ワークは自由な反面、自己管理が大切になります。

 

自宅には集中力を削いでしまうようなものがたくさんあります。

 

短時間でもいかに集中してできるのか、そこを重点的に意識してみてください。

 

さて、次からはいよいよ、サラリーマンの方が、副業で、そして在宅でできる仕事を5つほど紹介したいと思います。

 

今回紹介するのは、在宅副業の代表的なものであり、収入面も高い仕事ばかりです。

 

是非参考にしていただきたいと思います。

1.アフィリエイト

■内容

商品の広告を売るための活動をします。

 

その主な活動は企業の商品の広告を貼ることです。

 

例えば、ネットでブログを見てみると、ページの横に企業の商品やサービスの広告を見かけると思います。

 

それをクリックして商品を購入すると、実はブログのアップした人が、報酬を得ることができます。

 

アフィリエイトをする人は、アフィリエイターと呼ばれます。

 

広告主にとって、テレビCMよりもピンポイントで消費者に宣伝できる、どれぐらい売り上げに繋がったか分かりやすいという利点があります。

 

成功報酬型なので、商品が売れるか、広告がクリックされた時報酬を支払うことになります。

 

無駄な宣伝費用にならないのも、企業側にとってはありがたいでしょう。

 

 

■必要なスキル・知識

専門的なスキルや知識は必要ありません。

 

ただ、インターネット環境と、コンテンツを作成するツールが必要となります。

 

アフィリエイトは、広告を貼ることができるものであれば、何を作成してもよいです。

 

ブログが代表ですが、それ以外にもメールマガジン、まとめサイト、ホームページなど、自分がやりたいコンテンツで始めることができます。

 

これらのコンテンツを作成するスキルや知識は必要ですが、さほど難しいものではありません。

 

ブログだと、FC2など無料でアフィリエイトできるサイトもあるので、初期費用も必要ありません。

 

本気で稼ぎたい場合、独自の運営サイトを作る必要があり、その場合、サーバーを借りたりするので、多少ネット関係の知識は必要となります。

 

 

■メリット・デメリット

空いた時間にできることが一番のメリットです。

 

何も家にいる時だけ作業をする必要もありません。

 

サラリーマンの方であれば、通勤時間、仕事の休憩時間に作業することができます。

 

宣伝する商品も自分で選ぶことができるので、自分で売れそうな商品を探してくる楽しみもあります。

 

続けていると、Webマーケティングスキルも身に付くでしょう。

 

一方デメリットは、成果が出ないと報酬が出ないことです。

 

どれだけコンテンツを作成しても、訪れる人が少なければ、広告も見られず報酬になりません。

 

新規で参入したばかりの時は、なかなか結果が出づらく、ある程度長く続けることで、成果が出やすくなります。

 

だから、コツコツと続けていくためのモチベーションがなければ、続けることが難しくなるでしょう。

 

 

■稼ぐためのコツ

利益率の高い商品を探して売ることです。

アフィリエイトでは、どの商品を売ればよいのかわからない、というのが最初につまずくところです。

 

どんな分野がアフィリエイトに適しているのか、調べましょう。

 

コンテンツ作りは、できるだけボリュームを増やし、読みやすい、見やすい文章やレイアウトを意識してください。

 

特にトップページや、文章の出だしは重要です。

 

いかに最初で訪問者を惹きつけることができるかが、稼ぐためのコツになります。

2.記事作成、ライティング

■内容

クライアントから依頼された内容の記事を書くお仕事です。

 

記事は、主にインターネット上にアップされる、ブログや情報サイト、あるいはネットニュースに掲載されます。

 

ライティングは、オフィスにいなくても自宅でできるので、在宅ワーカーに依頼するケースも増えています。

 

特にフリーランスが活躍しやすい職業です。ライターは基本的には個人でできますので、サラリーマンの副業として、在宅ワークを行っている方も多いようです。

 

書いた文字数によって報酬が決まっているものもあれば、1記事あたりの報酬が決まっているものもあります。

 

専門性の高い依頼内容ほど、報酬単価が高くなる傾向があります。

 

 

■必要なスキル・知識

特殊なスキルは不要です。

ただ、最低限正しい日本語が利用できなければなりません。

 

あくまで人に読んでもらうための文章なので、文章構成力がなければ魅力的な文章を書くことができません。

 

また、クライアントからは、どんな依頼がくるか分かりません。

 

自分が知らない分野を依頼された場合、下調べをしてから書くことになります。

 

インターネットや文献を使って、情報を調べる力も問われる仕事です。

 

クライアントは、記事が多くの人に読まれることを望んでます。

 

SEOの知識があれば、どんな記事の内容にすれば、検索エンジンの検索結果の上位になれるのかも分かります。

 

SEOについてある程度勉強しておくと、クライアントから喜んでもらえる記事を掛けるようになるでしょう。

 

 

■メリット・デメリット

書けば書くほど、報酬が貰えるのがメリットです。

 

報酬は記事単位で発生するため、毎月どれぐらいの収入になるのか見たてがしやすいです。

 

クライアントに信頼してもらえれば、仕事を多く依頼してもらえます。

 

自分の実力で、どんどん仕事が増えていくことに、喜びを感じることでしょう。

 

また、作業はパソコンがあればよいので、在宅はもちろん、カフェや喫茶店など、気分転換に色々な場所で作業できます。

 

一方でメリットは、書くスピードやタイピングが遅い人は稼ぎにくいということです。

 

いくら良い文章を作成できる能力があっても、執筆完了までに時間がかかったり、タイピングが遅いと、あまり稼げません。

 

 

■稼ぐためのコツ

報酬の文字単価を上げることです。

 

一般的に記事作成は、1文字あたり○円という形式で報酬が決められます。

 

誰でも書ける記事内容は、0.1~1円というのが相場です。

 

専門性が高い記事になると1文字2~10円など、高単価になりやすいです。

 

最低でも1文字0.5円はないと、時給1,000円は難しくなります。

 

自身のライティングスピードも踏まえ、時給1,000円以上となるような文字単価の依頼を受けるようにしましょう。

3.クラウドソーシング

■内容

インターネット上で、企業(個人事業主含む)が、不特定多数の人に、業務を発注する業務形態です。

 

日本では、ランサーズやクラウドワークスが有名です。

 

アウトソーシングが特定の業者、あるいは人に対して業務委託をするのに対し、クラウドソーシングは、不特定多数の外部に向けて発注するのが大きな違いです。

 

依頼主は、依頼を受けてくれる人が現れるのを待てばよく、個別に委託先を探す必要はありません。

 

受ける側も、自分ができる仕事に応募すればよく、自分のスキルを生かしやすい仕事です。

 

クラウドソーシング上で発注される仕事は多種多様です。

 

基本となるのは、インターネットを使った仕事です。

 

データ入力、アプリ開発、システム関連、ライティングなどの仕事が多く見られます。

 

 

■必要なスキル・知識

応募する仕事によっては、専門的なスキルや知識を必要とします。

 

ほとんどの依頼内容には、応募条件が書かれています。

 

「○○ができる人を希望します」「○○の資格所持者」などです。

 

特に、システム系や、アプリ開発は、プログラミングやエンジニアの知識が求められる傾向があります。

 

データ入力や、文字起こし、ライティングなどは、さほど専門的なスキルは必要としません。

 

ただ、タイピングの早さは必要であり、ワードやエクセルは、最低限利用できるぐらいの知識はあった方がよいでしょう。

 

必要なスキルや知識は、応募する仕事次第なので、やる前から身構えなくても大丈夫です。

 

 

■メリット・デメリット

メリットは、やりたい仕事を選ぶことができることです。

 

特定のクライアントがいないため、単純に仕事内容や報酬で仕事を選ぶことが可能です。

 

営業や面接もなく、審査もありません。

 

企業側とマッチングすれば、仕事を貰うことができます。

 

また、時間や場所の拘束もありません。

 

仕事には締め切りがありますが、それさえ守れば、自由な時間に仕事ができます。

 

場所も選ばないため、自由に仕事をすることができるでしょう。

 

デメリットは、報酬が安価になりやすい点です。

 

特に、誰でもできるような仕事は、低報酬です。

 

逆に報酬が高い案件は、応募が殺到するため、受注できるとは限りません。

 

ある程度実績を残すまでは、低報酬でコツコツやっていかなければならないでしょう。

 

 

■稼ぐためのコツ

クライアントの信頼を得ることです。

 

クラウドソーシングは、あくまで不特定多数の人に対して案件を発注します。

 

依頼を受け、クライアントの満足のいく仕事を提供することができれば、次回は個別に依頼されることが多くなります。

 

すると、報酬も高くしてくれることがあり、稼ぎやすくなります。

 

クラウドソーシングで仕事に応募するのもよいですが、特定のクライアントを見つけて依頼を受ける方が、稼ぎやすくなります。

4.シェアビジネス

■内容

自身が所有している資産を、多くの人にシェアしてもらい、利益をいただく、新しい形のビジネスです。

 

カーシェアリングが最も有名であり、他にも自宅の空きスペースや投資物件を貸し出す”空きスペースシェアリング”、駐車場を時間貸しする副収入を得る”空き駐車場シェアリング”もあります。

 

シェアの形は手広く拡がっており、ブランドバッグのシェアや、長距離移動する際に、同乗者を募集する、長距離ライドシェアなどもあります。

 

物品を資産とすることもあれば、自分自身を資産として、労働力や知識を提供することもあり、今後もさまざまなシェアリングサービスが誕生することが期待されます。

 

 

■必要なスキル・知識

専門的なスキルや知識は不要です。シェアビジネスは既存のサイトを利用することができますので、最低限インターネットを利用できる環境と知識があれば問題ありません。

 

また、シェアする時には、利用者とメールや電話でやり取りをします。

 

コミュニケーション能力がなければ、スムーズに手続きを進めることが難しくなるでしょう。

 

何をシェアするのかを考え、どれぐらい利用者がいるのか、あらかじめ算段する必要があります。

 

もし手元にシェアできるものがない場合、これから資産を導入しなければなりません。

 

そのための費用が必要であり、他の副業に比べると初期費用がかかる可能性があります。

 

 

■メリット・デメリット

遊休資産を有効活用することができるのが、大きなメリットです。

 

使わなくなった車、空き部屋など、普段持て余している資産を、必要としている人に利用してもらえます。

 

それがビジネスになるので、win-winな関係が築けます。

 

すでに資産を持っている人は、初期費用がかからないので、リスクは限りなく低いと言えるでしょう。

 

ただし、不特定多数との間でシェアするため、トラブルが発生しやすくなります。

 

決められたルールを守らない、資産が破損している、弁償代を請求しても支払われないといったトラブルは避けられないでしょう。

 

まだ法律の整備が追い付いていないので、利用者との間でしっかりと取り決めや契約を交わしておく必要があります。

 

 

■稼ぐためのコツ

自分がシェアしようとしている資産が、どれだけのニーズがあるのか把握しておくことが重要です。そして利用料金の設定も大事です。

 

他の人がどれぐらいの料金設定をしていないか調べておかないと、相場がわかりません。

 

あまりにかけ離れた料金で設定してしまうと、利用者が増えず、稼げないでしょう。

 

稼ぐためには、何をどれぐらいの料金でシェアするのか、それが一番重要な要素となります。

5.せどり

■内容

古本や、CD・DVDなどを安く仕入れて、ネット上で買値より高く売り利益を得る行為のことをいいます。

 

元々、転売業者が古本屋で、本の背中のタイトルを見て、購入する本を選んだことから、「背取り(せどり)」という言葉ができました。

 

今は、古本に限らず、家電やおもちゃなど幅広くジャンルを扱うようになりました。

 

かつては、古本屋やブックオフなどで商品を仕入れる人が多かったのですが、近年はインターネットの発達により、調達先も幅広くなりました。

 

せどりという言葉時代が非常に幅が広くなり、単純に商品を安く仕入れて、高く売る行為のことを総じて、せどりと呼んでいます。

 

 

■必要なスキル・知識

かつては、高額で売れる商品を手に入れるために、商品知識と経験が必要とされました。

 

しかし現在は、携帯やスマホで、商品の相場金額を調べることができるようになったため、さほど専門的な知識はいりません。

 

売りだす時は、ヤフオクや、アマゾンマーケットプレイスを利用することが多く、最低限インターネットを利用するための知識はいります。

 

また、ネットショップを利用する場合、利用料や送料がかかります。

 

仕入れ値、サイト利用料、送料を含めて、いくらで売りだせば利益が出るのか計算する能力も必要です。

 

 

■メリット・デメリット

とにかく簡単に始めることができるのがメリットです。

 

モノを買って売るだけなので、専門的な知識もいらないですし、始めようと思えば当日から始めることができます。

 

自分の家にある不要なものを売るのであれば、元手はゼロなので利益が出やすくなります。

 

また、商品を仕入れる時、売れる時は、嬉しさと楽しさが共存し、やりがいも出てくるでしょう。

 

デメリットは最初に資金がかかることです。

 

商品を揃えるためにはある程度資金が必要なので、初期費用は想定しておきましょう。

 

また、在庫を抱えるリスクもあります。

 

モノが売れなければ家に在庫として残り続けるので、家のスペースが狭くなってしまうでしょう。

 

 

■稼ぐためのコツ

稼ぐためにはとにかく足を運ぶことです。

 

周辺の中古本屋やブックオフなど、こまめに足を運んで商品をチェックしましょう。

 

レアモノや市場価値の高い商品があれば、迷わず購入する即決力が鍵です。

 

せどりはライバルが多いので、スピード勝負です。今は何が人気商品なのか、どれぐらいの価格で売れるのか把握しておかないと、稼ぐことは難しくなります。

 

誰でも始めることができますが、ライバルと差別化するためには、フットワークの軽さと商品知識が物を言う世界です。

まとめ

仕事を辞めたいと思っている方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

もし少しでも興味がわいた方は、今日から一歩目を踏み出してみましょう。

 

そして、現在誰でもアフィリエイトで稼げるような方法を紹介しています。

 

興味があれば、まずはメルマガに登録してみてください。

 

もちろん無料です。

 

「仕事を辞めたい」という願望が、「辞めても大丈夫なんだ」と、安心に変わっていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次