自分では一生懸命仕事をしているのに「やる気あるの?!」と言われると悲しいですよね。

でも「内に秘めた情熱」は見えづらいものです。

一歩踏み込んであなたの内側を覗き込む余裕がある人も、あまりいません。

そこで今回、たくさんの社会人を見てきた私が感じる「やる気がなさそうに見える人」についてお話したいと思います。

 

やる気がないと思われがちな服装

「人は見た目じゃない」と言いますが、人の印象の55%は見た目で決まってしまうんだそうです。

 

だったらやはり見た目はけっこう重要ですよね。

学生時代だったら自分のセンスで服や髪型を決めても「個性的」とか「あの人らしい」で済んできましたが、社会人はなかなかそうはいきません。

 

まず、身だしなみを見直してみましょう。

 

●髪型

ボサボサとして清潔感がなかったり、前髪が目にかかっていたりするとだらしない印象を与えます。

ボサボサというのは、くせっ毛だとかダメージがあるとか髪質の問題ではなく、長さです。

髪にクセがあっても、短くサッパリとしていると見た目の印象がだいぶ変わりますよ。

 

●服装

スーツや作業服を着崩していたり、シャツの一部がズボンから出ていたりするのも良くありません。

また、仕事内容にふさわしくない服装をしているのも良くありません。

エプロンや上着だけ会社から支給されて、あとは自分で用意する職場ってありますよね。

そういう職場で、接客もするのにラフすぎたり、倉庫で身体を動かす仕事なのにカッチリした服を着ていたりすると「仕事する気、ある?」と思われます。

 

以前、倉庫作業の手伝いに来たはずなのに、ワイシャツ・スーツのズボン・革靴で来た男性がいました。

 

「何の仕事するか聞いてますか?」ときいたら「聞いてますよ、倉庫仕事っすよね?」と答え、
「ワイシャツ、汚れませんか?大丈夫ですか?」と言ったら「いや、大丈夫っす、気にしないでください」と言われました。

いや、いやいや、倉庫仕事なーめーてーるー!!と思い、正直イラっとしました。

 

きちんとした服を着ているからいい、ということではないのです。

仕事をする上で注意する言動

身だしなみを整えていてもやる気がないと思われるのには、言動に原因があるのかもしれません。

私が個人的に「やる気ないのかな?」と感じるのは、

 

●声が小さい。

声が小さいと元気も覇気もないように見えて、結果やる気も感じられません。

また、受け答えをしているつもりでもボソボソ言われると「独り言? それとも何か文句でも?」と思ってしまいます。

 

●挨拶をしない。

朝にすれ違ったときに「…ウス」と言って頭を少し下げるだけだったり、帰るときに誰にも何も言わなかったり。

やる気が感じられるかどうか以前に、感じ悪く映ります。

 

●返事をしない。

名前を呼ばれたときや何か指示をされたりしたときに返事をしない人は、感じも悪いしやる気も見えません。

「これ、お願いします」と言った後に返事がないと「やりたくないってこと? ふてくされてるの? なんなの?」と思ってしまいます。

 

●動きが遅い。

誰かに「ちょっと来てください」と言われたときにノロノロ歩いていったり、普段の動きがワンテンポ遅かったりするとイラっとするし、やる気がなさそうに見えます。

やる気があると思わせる方法


「やる気があると思わせるために何か演技じみたことをしなきゃいけないのか」「自分が何かを変えなきゃいけないのか」と思うかもしれません。

そんなのバカバカしいと思うかもしれません。

 

だけど、俳優が「仕事ができるエリートサラリーマン」を演じるときは、髪型を変えてピシッとスーツを着ますよね。

普段どんなにチャラく見えても、動き方や話し方でちゃんとエリートサラリーマンに見えますよね。

 

それといっしょです。

 

見た目である程度の印象が決まるし、人が受ける印象もある程度コントロールできるのなら、やる気があるように「見せる」ことも大事なのです。

 

では、どうしたらやる気があるように見えるかというと、

 

●声は大きめ、動きは早め。

意識していつもより少し声を張りましょう。

そして、動きも少しキビキビと。

動きと気持ちはつながっています。

ダラダラと動いていると気持ちもダラダラするし、少しシャキッと動くと気持ちもシャキッとしますよ。

 

●挨拶と返事をする。

幼稚園で習うことを今さら…と思うかもしれませんが、挨拶や返事をしない社会人ってけっこういます。

人と話すのが苦手なら、

・挨拶をせずに、相手の顔を見て頭を下げるだけ。
もしくは、

・挨拶をするけど相手は見ない。

どちらか気楽なほうから始めてみてください。

それができたら、相手の顔を見て挨拶をするようにしましょう。

 

●身だしなみをととのえる。

今一度、身だしなみを振り返ってみてください。

シャツを見直して、汚れていたり破れそうになっていたりしたら思いきって新しいものを買いましょう。

 

やる気を見せるためには、見た目と言動の両方がともなっていないと説得力がありません。

見た目ばっちり決めていても、言動がやる気なさそうだと「あなたのやる気は、身だしなみで使い果たしたの?」と思われてしまいますよ。

さいごに

やる気があるように見えさえすればそれでいいのかと思われそうですが、そのとおりです。

やる気があるように見られたければ、見えるように振る舞えばそれでいいのです。

そうじゃないと、せっかくやる気を持って仕事をしているのにもったいないですよ。