どうしても仕事に行きたくない日、ありますよね。

僕も職場の人間関係に疲れてしまった時や、あまりにも休みが少ない時には疲れ果てて「明日、仕事行きたくないな…」と思ったこともありました。

 

そういう時にパッと休めるかと言えば、仕事なのですから、色々なことが気になってきます。真面目な方なら尚更「仕事をこんなことで休む何て…」と自分を悪者にしてしまうかもしれません。

 

しかし、時には休むことも大切だと私は思います。気づかない間に、貴方は休まなければならない状況にあるかもしれません。

 

「仕事を辞めてしまいたい」と思ってしまったり、行動に移してしまう前に、仕事を休んでリフレッシュしてみませんか?

【関連記事】
会社を休むための理由とうまい言い訳、注意点をご紹介!波風立てず会社を休もう!

仕事に行きたくないなら休んでもいいんだぜ!心を軽くする対処方法と解決策

仕事休む理由その1 体調不良

一番使いやすいのはこの「体調不良」ではないでしょうか。

特に、休みたいと思った当日でも簡単に使える理由の1つです。

 

「風邪をひいてしまったくらいで休むなんて自己管理がなっていない」と思われるかもしれませんが、この理由が一番自分が罪悪感を感じず、相手もそこまで疑いにくく受け入れやすいかと思います。

 

体調不良といっても様々なものがあり、「頭痛」「嘔吐」「風邪」「腹痛」「体調不良のため検査」等実は色々な内容があります。

 

・頭痛
頭痛は突然現れるので当日に使いやすい体調不良です。また、頭痛といっても「片頭痛」なのかそれとも全く違う病気なのかによって事態は変わってきます。また、精神的なストレスからくるものも連想させますので、上司も受け入れやすいでしょう。

 

・嘔吐
緊急性があるのは明らかで、嘔吐しているのに「会社に今すぐ来い」と言われることはまず少ないでしょう。嘔吐は「感染症」「食中毒」等連想させます。特に感染症を疑われた場合、職員に移されてはたまったものではないので使いやすい理由です。

 

・風邪
1年中使いやすい理由の1つです。「風邪を引いた」と聞くと頭痛や咳、鼻水やくしゃみそして熱等症状を確認しなくても聞いた側は想像しやすい病気です。

 

・腹痛
腹痛は下痢や食あたりなどが考えられますが「薬を飲んで良くなったら出勤してほしい」と言われてしまう可能性があります。他の症状に比べると重症性があまりありません。

 

このように様々なバリエーションがあるので使いやすいですが、その代わりに注意してほしいのが「体調不良で休むこと」を何度もしてはいけません。

 

一度や二度ならまだしも、何度も繰り返すようなら「またか」と思われてしまうかもしれません。

日頃から頻繁には使わないようにするほうがよいでしょう。

仕事休む理由その2 身内の不幸をよそおう

こちらも定番の休む理由の一つです。

「子供が病気になった」「父、もしくは母が倒れてしまった」「親戚が亡くなった」等忌引き休暇を取得することもできます。

 

しかし、身内の不幸、特に「葬式」を理由にする場合には注意が必要になります。

まずは、「日柄」です。結婚式等でもいえることですが、「葬式を行わない日」というのがあります。

「友引」は「ともをひく」、この日に葬式をすると親しい人も一緒に連れていかれてしまうという意味で葬儀は避けるのが一般的です。

間違ってもこの「友引」の日に「葬式」を理由に休んでしまうと気づいた人には「サボり」であることはバレバレです。

また、その年の「年賀状」にも注意が必要です。

身内に不幸があった場合、年賀状を出すことはありえません。

間違ってもいつも通りに送らないように気を付けなければなりません。

毎年きまって年賀状を出す間柄の人には前もって「今年は年賀状を出せない」ことを話しておくと、後々楽です。

このように「身内に不幸」があったということで休むのは、かなりリスクを伴います。

仕事休む理由その3 役所手続き系

市役所等に書類を取りに行く場合、平日でなければいけません。

貴方が勤める会社が土日休みが基本である場合、なかなか役所に行く時間も取れませんよね。そういったことから休む理由に使うことが出来ます。

 

手続きとしては

・市役所(平日は夕方までしか開いていない)
・銀行(15時までしか手続きができない)
・免許の更新
・パスポートの取得、更新手続き

 

等がありますが、運転免許の更新は誕生月の1か月前から等決まりもあるのでそういった所をきちんと把握したうえでばれないようにしなければなりません。

 

また、役所での手続きに関しては半日も休まなければならないほど時間のかかることなのかという点が少し問題です。

どのくらいその手続きに時間がかかるのかも知っておかないと仕事を休む理由としてはイマイチかもしれませんね。

 

 

仕事を休むことは、自分以外の職場の人に迷惑が掛かってしまう行為です。

また、ズル休みをするとなると罪悪感もわいてしまうでしょう。

 

僕も真面目な性格のためか「こんな日に休んでしまって悪かったな。大変だろうな」とせっかく1日お休みをいただいたのに色々と考えてしまってエンジョイできないことが多かったです。それでは、もったいない。

 

罪悪感無く仕事を休むには日頃から職場の人間関係を良好にしておくこと、信頼を築いておくことが大切です。

そうすることで、ズル休みでもずる休みでなくても休みやすい環境を整えることが出来ます。

 

また、ズル休みは自分のためにも多用しないほうが身のためです。少し嫌なことがあっただけでも逃げてしまう癖がついてしまいます。

 

何か嫌なことがあったわけではないけれど「休みたい」と思う日は必ずだれにでもあることです。

精神的にキツイ時などは休むことが貴方のためにもなりますから、無理せずお休みをとってくださいね。