職場では色々な人間がいるからこそ、嫌がらせされることありますよね。

イライラしてしまい、仕返ししたくなる気持ちも分かります。

 

僕も嫌がらせを職場の人からされていたので、その気持ち痛いほど分かります。

しかし、嫌がらせに対して仕返しすることは実際どうなのでしょうか?

 

仕返しはしても良いのか、嫌がらせの対処法などをご紹介します。

 

職場での嫌がらせに仕返しはしない方がいい

周りに嫌な人だと思われるから

職場で嫌がらせを受けていても、周りにあなたが嫌な人だと思われる可能性があるので嫌がらせはしないでおきましょう。

 

仕返ししたくなる気持ちもあるんですが、仕返ししてしまうと、あなたもその嫌がらせをしてくる人と同じように思われてしまう可能性が高いです。

 

特に、あなたが嫌がらせを受けていることを知らない人から見ると、あなたの方が悪者だと思われ、職場で噂を流されることになりかねません。

 

噂はそのうち、事実ではないことも噂となって流されてしまうので怖いんですよね…。

僕が働いていた時にもそんなことがありました。

 

嫌がらせに対して仕返しをした先輩を見て、職場の人たちはその先輩が悪者だと言う噂を聞き、信じてしまった結果その先輩は職場にいずらくなり辞めてしまうことに…。

 

自分が嫌になるから

そのうち、仕返しをする自分が嫌になります。

あなたが被害者であることに間違いはないのですが、そのうち仕返しをしている自分が嫌になります。

 

「自分は何でこんなことをしているのだろう」

「自分も嫌がらせをしてくるやつと同じなのではないか」

などなど、自己嫌悪に陥ってしまうんですよね。

 

仕事を辞めさせられる可能性も

あなたの仕返しを証拠として残され、仕事を辞めさせられる可能性もあります。

元々嫌がらせをしてきた人に仕返しをし、それの証拠を相手が残し、被害者ぶって上司に報告してしまうかもしれません。

 

そうなったらあなたは「仕事中に何しているんだ」「職場の仲間を困らすようであれば辞めてもらう」などと言われ、職場を辞めざるを得ないかもしれないんですよね。

 

もし仕返しをしてしまったらどうなる?

これから先はしないようにする

もし仕返ししてしまったら、これからはしないようにしましょう。

仕返しを続けていれば、他の人に仕返しが見つかる可能性もありますし、相手も十分な証拠を掴む可能性が高くなります。

 

先ほどもお話したように、その証拠をもって被害者ぶり、上司に報告した結果仕事を辞めざるを得なくなってしまうかもしれません。

 

嫌がらせをしてくる人への対処法

証拠を残して上司に相談

嫌がらせをしてくる人に対しては、嫌がらせの証拠を残して上司に報告しましょう。

証拠を提示して上司に報告することで、上司も信じてくれますし、上司を味方につけることで、この先嫌がらせされたときにも対処してくれやすくなります。

 

また、本人に直接忠告してもらえる可能性もありますし、職場でのトラブルは個人で解決するのはなく、第三者(上司)を巻き込んで解決することが一番です。

 

仕事で見返す

嫌がらせをしてくる人には、仕事で見返しましょう。

あなたが周りから信頼されるほどの仕事の出来っぷりになれば、周りの人はあなたが嫌がらせを受けた時に助けてくれる可能性が高くなります。

 

また、あなたが仕事で出世して、その嫌がらせをしてくる人の上司になればさすがに嫌がらせはしてこなくなりますし、謝罪をしてくるかもしれませんね。

 

嫌がらせをしてくる人は他人の幸せが見たくない

他人の不幸は蜜の味

嫌がらせをしてくる人は他人の幸せが見たくないんです。

他人の不幸は蜜の味とはよく言いますよね。

他人が不幸になることは嬉しいと思う人がいるんです。

 

そういう風に、他人の不幸を喜ぶ人と言うのは、きっとあなたに対して何か羨ましいと思うことがあり、あなたに嫌がらせをしてくるんだと思います。

そして、嫌がらせで苦しむあなたを見て、あざ笑っているんだと思いますよ。

 

苦しそうな顔はしない

嫌がらせをしてくる人には、苦しそうな顔は見せないでください。

あなたがされた嫌がらせで、あなたが苦しんでいることが分かったら、相手は付け上がってもっと嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。

 

笑っていよう、とは言いませんが、苦しそうな顔は極力しないのがのちの為です。

 

仕返しよりも自分の幸福を追求するべき

打ち込める何かを見つける

仕返しよりも打ち込める何かを見つけましょう。

熱中できる何かがあれば、仕事が終わった後や土日は思い出すことなく趣味に没頭できますし、その趣味のために頑張ろうと思えるはずです。

 

そうすれば、気が付いたときには嫌がらせが終わっていたなんてこともあります。

 

面白おかしく友人や恋人に話す

実は私も、嫌がらせを受けていました。

職場の女上司に嫌がらせを受けていたのですが、今の旦那と仲良かったので(当時職場の上司)に面白おかしく話したところ、「君が若いからひがんでいるのかもね」と言われ気持ちが楽になりました。

 

友人や恋人に話せば「あなたのこういう所が素敵だからひがまれたのかもね」とあなたのいい所を教えてくれて、気分も楽になるかもしれませんね。

 

まとめ

・嫌がらせに仕返ししたら周りに誤解されたり、変な噂を流されたり、最悪の場合仕事を辞めさせられる可能性もあるので仕返しはしない方が良い

・仕返ししてしまったら、これからはしないようにする

・嫌がらせは証拠を残して上司に相談したり、仕事で見返す方が賢明

・嫌がらせをしてくる人にとって、他人の不幸は蜜の味だから苦しそうな顔はしないようにする

・仕返しよりも打ち込めるものを見つけたり、面白おかしく友人や恋人に話すことで気持ちが楽になる

 

嫌がらせは悪質ですが、極力仕返しは避けてください。

何も良いことは起こりません。

 

仕返しをした後はスッキリするかもしれませんが、その後あなたが悪者に思われてしまう可能性もあるので、おすすめできません。

 

証拠を武器に上司に相談したり、打ち込めることを見つけて忘れるようにしたり、友人や恋人に話すことで楽になると思います。

 

とにかく、負けて心が荒まないようにしてください。