退職したい!話を切り出す勇気を持てば上手に辞められる

「会社を辞めよう」

そう決意したとしても、切り出すのは勇気が入りますよね。

 

上司が恐い、周囲に迷惑がかかるなど、優しいあなただからこそ、悩ませる理由も多いはずです。けれど、私の経験からすると、そこまで気にしなくて大丈夫です。

 

1番大事なのは、あなたのこれからの人生です。

会社を辞めようと決意するまでにも「本当にこのまま辞めていいのだろうか」と、何度も考えてきた事でしょう。

 

私もたくさん悩みましたし、友人に相談した事もありました。

それでも、今の会社を辞めようと決意したあなた。

あなたの明るい未来のために、勇気を持って一歩踏み出そうとしているのです。

その1歩は大きな1歩です。行動に移そうとしている自分に自信を持って下さい。

 

そして、いざ話を切り出せば、あとはすんなり進むはずです。

あなたの勇気を無駄にしないためにも、スムーズに辞められる方法を確認しておきましょう。

※この記事は総務経験者のプロライターさんに代筆していただきました。

 

目次

退職を切り出すのはどのタイミング?

最初に、退職を切り出す時が1番緊張しますよね。

だからこそ落ち着いて話せるように、就業時間外が理想的です。

 

また、職場の繁忙期や、上司が忙しそうにしている時なども避けた方が良いでしょう。

 

そして、あなたが予定している退職日の1~2ヶ月前には上司に相談するようにして下さい。

法律では、退職の申し出をしてから2週間で辞められる事になっていますが、職場の引継ぎなどの周囲への負担を考えたら、できるだけ早めに相談するようにしましょう。

 

 

私が総務として働いていた時には、大体1ヶ月前に申し出る人が多かったです。

そして、仕事終わりに上司に相談していましたね。

 

あなたも、冷静に落ち着いて言えるような状況で、できれば上司の周りに人があまりいない時に話しかけてみて下さいね。

上司に退職の話をするときの手順

いきなり「辞めます!」と伝える必要はありません。

まずは、直属の上司と落ち着いて話せる状況を作りましょう。

 

「今後の事で、ご相談したい事があるのですが、お時間頂けないでしょうか?」と、上司に話し掛けてみて下さい。

あなたが真剣な表情で言えば、大抵の上司は予想がつくはずです。

 

 

できれば、会議室などの個室に移動して、二人きりで話せる状況が良いですね。

それが厳しいようであれば、上司が1人でいる時などに話し掛けてみましょう。

周囲に人がいる時だと緊張しますし、詳しい事も決まっていないのに同じ職場の人に知られたら、あなた自身も余計に言いづらくなります。

事前に上司の予定を確認しておくと安心ですよ。

 

 

そして、会議室に移動したら「辞めさせて下さい」と、退職の意思を伝えてみて下さい。

すでに、転職先の入社日などが決まっている場合は厳しいかもしれませんが、上司と相談して退職日を決め、今後の引継ぎについても話し合う形になるはずです。

 

私の場合は、事前にメールでアポイントを取るようにしました。

ほかの要件の最後に「ご相談したい事があるので、あとでお時間頂けないでしょうか?」とメールしたあと、上司が平気そうな時に、直接声を掛けて相談していました。

 

上司も、メールの内容から薄々気付いていたようで、上司の方から「会議室に移動しようか」と言ってくれましたよ。

慰留されない転職理由を用意しておこう

すでに転職先が決まっている場合は問題ありませんが、曖昧な理由だと引き止められやすくなってしまいます。

 

建前でも問題ありませんので、上司が引き止めにくくなるような転職理由を事前に考えておきましょう。

・違う分野の仕事に挑戦したい
・新しい会社で自分の実力を試したい
・家庭の事情で引っ越す事になり通勤が難しい
・家業を手伝う事になった
・海外留学を考えている
・独立する予定だ

 

その場で考えると、ついつい本音がポロっと出てしまう場合もあります。

上司の性格は、一緒に仕事をした事があるのであれば、あなたもよく知っているはずです。

 

直属の上司が断りにくそうな理由を、あくまで謙虚な姿勢で伝えるようにしてみて下さい。

退職を伝えるときに注意する点

退職するのだから、今までの不平不満を言いたくなるものです。

私も、会社や職場の人間関係など我慢していた事はたくさんありましたので、言いたい気持ちはよく分かります。

でも、そこはぐっと堪えて、できるだけ感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

 

退職理由を言う前に、「大変お世話になりました」や「心から感謝しております」などを付け加えるようにし、「この会社に対しては不満がない」という前提で話すようにしてみて下さい。

 

あなたの転職先や、今後付き合う取引先など、今の上司や職場の人がどこで繋がっているか分かりません。

 

できるだけ印象良く退職するためにも、あくまで本音は心の中に留めておいて、あなた自身の今後のためにも個人的な理由にしておきましょう。

退職を伝えるのは誰でも勇気がいるもの

頭の中では分かっているつもりでも、実際に行動するのは、やはり勇気が入りますよね。

 

私も経験がありますが、どのタイミングで話し掛けようかドキドキしていたものです。

でも、どんな事を言われても辞めるつもりでいましたので、迷いはありませんでした。

 

むしろ、清々しいぐらいの気持ちでしたね。

なぜなら、苦しくて嫌な職場から離れて、やりたい事に挑戦できるからです。

 

 

それでも、嫌いな上司に対しても、最後にお礼を言う時は涙が出ました。

あんなに「辞めたい」と毎日思っていた会社だったのに、不思議なもので、最後は感謝の言葉しか出ませんでした。

 

私自身、真剣に毎日仕事と向き合ってきたつもりでしたし、職場に仲が良い人もいましたからね。

「この職場を出入りするのもあと少しか」と思ったら、込み上げてくるものがありました。

 

「あまりにも辛くて辞めたい」「挑戦したい事ができた」など、理由は様々でしょう。

将来への不安もあるかと思います。

 

それでも、あなたが真剣に悩み、だした答えであれば迷う必要などありません。

頑張ってきたあなたを見ていた人ならば、きっと応援してくれるはずです。

自信をもって、大きな1歩を踏み出して下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次